BFI交配 トランスぺコスラットスネーク

トランスぺコスラットスネークの繁殖を目的としたブログです。
動物取扱業者登録:北海道第010710118号

今年2度目の交配です。

2013年06月28日 | Weblog

先日産卵を終えたバター♀に、今年2度目の交配を行いました。
今度のお相手♂はパステルアメラニです。
外見を見た感じ♀のバターとほとんど同じですが、このアメラニは背中の斑紋が極めて薄くなるタイプで、今回が初めての交配です。
どんな子供が生まれて来るかわ結果を見ないと判りません。

 

コメント

卵の回収。

2013年06月28日 | Weblog

イエロースノーストライプは昨夜で産卵終了。
結局小振りな卵を20卵以上産んでいました。

 

コメント

イエロースノーストライプの産卵。

2013年06月27日 | Weblog

未受精卵も見られますが、十数個は産卵してると思います。

この交配は雌雄共に派手に黄色が現れるスノーストライプを使っていますので、生まれる子供たちも親同様に黄色くなると思います。
繁殖用の♂親は↓。

コメント

昨年生まれのスノーペコスのベビー。

2013年06月19日 | Weblog

孵化後8ヵ月を経過してだいぶ白さが際立って来ました。

この色合いでアダルトまで育ってくれると思います。

 

 

コメント

前日のハイポブラレとハイポピューターの子供。

2013年06月18日 | Weblog

昨年孵化の9ヵ月ベビーです。

このサイズのベビーでこの位発色してるのですから、3年後のアダルトに期待します。

親のハイポブラレと同じ位の血赤色にると良いのですが。

 

 

コメント

ハイポブラレとハイポピューターの交配。

2013年06月18日 | Weblog

♀はハイポブラレにハイポピューターの♂を交配しました。


♀親の形質は素晴らしいのですが体質が虚弱体質で、それの改善の為に血の繋がりの無い別系統の親を交配し、生まれて来る子供を普通に強権な体質の子供に戻します。
この交配で何匹の子供が取れるかは判りませんが、昨年は同交配で僅かに3匹でした。
卵はそこそこの数を産んでくれたのですが、産んだ殆どの卵は未受精卵でしたので。
このハイポブラレの系統は将来の繁殖親として数匹は残したいのですが。

 

コメント

今年初めての産卵が始まりました。

2013年06月13日 | Weblog

バター×バターの交配で、♂親は全身真っ黄色で背中の赤い斑紋もほとんど消えた個体を使用してます。

生まれて来るベビー達も全身真っ黄色で綺麗な個体に育つと思います。

普通に出回ってる地色が白っぽい名ばかりのバターとは違い、十数年もかけて地色が鮮黄色になる系統を選抜し繁殖親に使いました。

 

コメント

けっこう太くなって来たんだけど、大丈夫?。

2013年06月12日 | Weblog

まだ発情前なのに、やればやっただけ食べてしまう。

そんなに無制限に食べて大丈夫?。

肥満体も心配だけど、卵の肥大し過ぎの方がもっと心配。

卵は小さくても正常に生まれ育つけど、大き過ぎると卵詰りの可能性大。

できるならそのまますんなり産卵を終わらせたい。

コメント