アートインプレッション

株式会社アートインプレッションは、美術展の企画を主な業務としている会社です。

リサ・ラーソン展 来場者10,000人達成!!

2020-11-24 12:37:33 | リサ・ラーソン

リサ・ラーソン展 来場者10,000人達成!

 

北海道立函館美術館 「リサ・ラーソン展ー創作と出会いをめぐる旅」チラシ表面

 

みなさま、こんにちは

この度、北海道立函館美術館にて開催中の「リサ・ラーソン展-創作と出会いをめぐる旅」

のご来場者が10,000人を達成いたしました!!

多くのお客様にご来場いただきましたこと大変嬉しく思っています

本展はまもなく閉幕を迎えます。

11月29日(日)まで開催しておりますので、お近くに行くご予定のある方や、

リサ・ラーソンの作品にご興味のある方はぜひご来場ください!

 

北海道立函館美術館

〒040-0001 
北海道函館市五稜郭町37-6

Tel:0138-56-6311

■会期 
2020年10月3日(土)〜11月29日(日)

■休館日
毎週月曜日(11/2 、11/23は開館)、11月24日(火)

■時間
午前9時30分から午後5時まで(展示室への入場は閉館30分前まで)

■入場料

  • 一般 1,200円(1000円)
  • 高・高専・大生 700円(500円)
  • 小・中生 400円(300円)
  • 小学生以下無料(要保護者同伴)

注:( )内は前売、リピーター割引、どうなんアートリンクおよび10名以上の団体割引料金

■アクセス

【市電】
「函館駅前」から湯の川方面乗車、「五稜郭公園前」下車 徒歩7分

【バス】
「函館駅前」から函館バス 19,25,30,30A,33,411,47,50,51,53,55A,55B,59,60,60A,61,610,67系統 乗車、「五稜郭公園入口」下車 徒歩3分

【タクシー】
JR函館駅より 10分
函館空港より 20分

【駐車場】
函館市芸術ホール駐車場をご利用ください。当館ご利用の方は駐車料金が2時間まで無料になります。

 

リサ・ラーソン展は下記会場を巡回します。

大分市美術館 2021年1月8日(金)〜2月21日(日)

新潟市新津美術館 2021年4月10日(土)〜6月13日(日)

 

展覧会の詳細はこちらをチェック→

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

生誕100年記念 日本画家・横山操展  -その画業と知られざる顔- 閉幕しました

2020-11-17 12:00:32 | 横山操

生誕100年記念 日本画家・横山操展

 -その画業と知られざる顔- 閉幕しました

 

富山県水墨美術館「生誕100年記念 日本画家・横山操展-その画業と知られざる顔-」チラシ表面

 

みなさまこんにちは!

11月3日(火・祝)をもちまして、富山県水墨美術館にて開催していた「生誕100年記念 日本画家・横山操展-その画業と知られざる顔-」が閉幕いたしました。

多くのお客様にご来場いただけましたこと大変嬉しく思います。

ありがとうございました!

 

今回の展示を見逃してしまった方!

まだチャンスがございます

本展は新潟市新津美術館へ巡回いたします

会期は来年、2021年1月23日(土)から3月21日(日)を予定しています。

お近くにお住まいの方や新潟に行くご予定のある方はぜひご来場ください

 

「生誕100年記念 日本画家・横山操展-その画業と知られざる顔-」では

第二次世界大戦後に活躍した日本画家、横山操(1920-1973)が*青龍展出品した作品や

今まで公開されることの少なかった小品、素描を通して、横山操はどのように美術愛好家や

一般の人たちの支持を得たのか、当時の現代日本画壇の中で期待されていったのか

を探りながら数々の素晴らしい作品をご覧いただけます。

(*青龍展...日本画家の川端龍子(1885-1966)が主宰した展覧会)

 

展覧会の詳細や最新情報は下記、新潟市新津美術館の公式サイトをご覧ください

https://www.city.niigata.lg.jp/nam/index.html

 

新潟市新津美術館では新型コロナウイルス感染症の拡大防止対策を実施中です。

ご来館の際は、マスク着用や手指の消毒など感染防止の取り組みにご協力ください。

 

皆様のご来場を心よりお待ちしています

 

新潟市新津美術館

〒956-0846 
新潟市秋葉区蒲ケ沢109番地1

電話:0250-25-1300

■会期 
2021年1月23日(土)〜3月21日(日)

■休館日

毎週月曜日(祝日、2月22日、3月15日は開館)

■時間

午前10時から午後5時(観覧券販売は閉館30分前まで)

■入場料

観覧料 一般1,000円 大学・高校生500円 中学生以下無料

前売券 一般800円

■アクセス

【JR】

  • JR古津駅から徒歩約25分。
  • JR新津駅からタクシーで約15分、JR矢代田駅からタクシーで約5分。

【車】 

  • 新潟方面から国道49号線経由、国道403号線を加茂・新津方面に進み「県立植物園入口」交差点で左折し、

 道なり約3分(新潟駅から約20キロ、約45分)。

  • 磐越自動車道、福島・会津若松方面から「新津IC」より約20分。または新潟方面から「新津西スマートIC」より約15分。

※無料駐車場250台。県立植物園無料駐車場も利用可能。大型バスは県立植物園駐車場に3台駐車可能。

【バス】  

  • JR新津駅東口から

秋葉区バス「新津駅西口行」に乗車約25分、「美術館・植物園前」で下車、徒歩すぐ。
または、新潟交通バス「矢代田経由白根・潟東行」に乗車約15分、「新津美術館入口」で下車、徒歩約5分。
※新津駅西口発の秋葉区バスは「美術館・植物園前」まで約55分かかりますので、
  新津駅東口発のバスか矢代田駅発のバスをご利用ください。

バス時刻表は下記URLをご確認ください。

https://www.city.niigata.lg.jp/nam/kotsuannai/index.html

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

リサ・ラーソンとエンドレ・ネーメス

2020-11-06 11:16:45 | リサ・ラーソン

 

みなさまこんにちは!

今日はリサ・ラーソンと画家、グラフィックアーティストであったエンドレ・ネーメスの関係性について

ご紹介いたします!

 

エンドレ・ネーメス Endre Nemes(1909-1985)

ハンガリー系スウェーデン人画家、グラフィックアーティスト。

シュルレアリスムの作品や、抽象的なモチーフの作品を制作していました。

ヨーテボリのヴァーランド美術大学 (ヴァーランド・ オブ ・ ファインアート ) の ディレクター を 1947- 1955年まで務め、 

リサの夫、グンナル・ラーソンの恩師でもありました。

 

エンドレ・ネーメス やましい心  1964年 ©Lisa Larson / Alvaro Campo

 
 
エンドレ・ネーメスはリサと夫のグンナルにとって非常に大きな影響を受けた人です。
 
リサがグスタフスベリ社で働く誘いを受けたとき、後押しをし、
夫グンナルとの結婚に際しては、証人を務めました。
 
夫婦共に憧れをいただき、尊敬する人がいたということはとても素敵なことですよね
 

北海道立函館美術館にて開催中の「リサ・ラーソン展ー創作と出会いをめぐる旅」では、

リサとグンナルの人生に大きな影響を与えたエンドレ・ネーメスの作品を実際にご覧いただくことができます。

 

本展は11月29日まで開催しておりますので、お近くに行かれるご予定のある方はぜひご来場ください

北海道立函館美術館

〒040-0001 
北海道函館市五稜郭町37-6

Tel:0138-56-6311

■会期 
2020年10月3日(土)〜11月29日(日)

■休館日
毎週月曜日(11/2 、11/23は開館)、11月24日(火)

■時間
午前9時30分から午後5時まで(展示室への入場は閉館30分前まで)

■入場料

  • 一般 1,200円(1000円)
  • 高・高専・大生 700円(500円)
  • 小・中生 400円(300円)
  • 小学生以下無料(要保護者同伴)

注:( )内は前売、リピーター割引、どうなんアートリンクおよび10名以上の団体割引料金

■アクセス

【市電】
「函館駅前」から湯の川方面乗車、「五稜郭公園前」下車 徒歩7分

【バス】
「函館駅前」から函館バス 19,25,30,30A,33,411,47,50,51,53,55A,55B,59,60,60A,61,610,67系統 乗車、「五稜郭公園入口」下車 徒歩3分

【タクシー】
JR函館駅より 10分
函館空港より 20分

【駐車場】
函館市芸術ホール駐車場をご利用ください。当館ご利用の方は駐車料金が2時間まで無料になります。

 

リサ・ラーソン展は下記会場を巡回します。

大分市美術館 2021年1月8日(金)〜2月21日(日)

新潟市新津美術館 2021年4月10日(土)〜6月13日(日)

 

展覧会の詳細はこちらをチェック→

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

リサ・ラーソン展 11月29日(日)まで開催中

2020-11-02 11:20:44 | リサ・ラーソン

リサ・ラーソン展 11月29日(日)まで開催中

 

北海道立函館美術館 「リサ・ラーソン展ー創作と出会いをめぐる旅」看板
撮影:弊社スタッフ 野本

 

みなさま、こんにちは

 

「リサ・ラーソン展-創作と出会いをめぐる旅」が北海道立函館美術館で開幕して約一ヶ月が経ちました!

時間がすぎるのはあっという間ですね。

 

展覧会の会期は残すところ一ヶ月を切りました。

函館でリサ・ラーソンの作品を実際に観ることができる貴重な機会ですので、お見逃しなく

(本展は北海道立函館美術館にて、11月29日(日)まで開催しています。)

 

本日は、展覧会に出展している作品のうちの2点をご紹介いたします

ご紹介するのは、ブルドックの作品

 

右:ブルドック(マキシ)製造1972 -1980年代 左:ブルドック(ミディアム) 製造1972 -1987年
撮影:弊社スタッフ 野本

 

ふっくらとしたお顔と優しい目つきに癒されます

大きなブルドッグと小さなブルドッグが並ぶと、なんだか親子のようで

温かみを感じられる方もいらっしゃるのではないでしょうか

 

余談ですが、リサ・ラーソンが作品を創作して長い年月がたった今も、

イヌの作品の中で一番お気に入りなのはブルドックモチーフの作品だそうです

 

その他、近年に制作されたイヌがモチーフの作品は過去のブログでご紹介しています。

気になる方はこちらのURLをご覧ください

 

https://blog.goo.ne.jp/artimpression/e/3d1438c899de2c0cb9f837f46220fc7c

 
「リサ・ラーソン展-創作と出会いをめぐる旅」は
北海道立函館美術館にて、11月29日(日)まで開催しています
 
皆様のご来場を心よりお待ちしています
 

 

北海道立函館美術館

〒040-0001 
北海道函館市五稜郭町37-6

Tel:0138-56-6311

■会期 
2020年10月3日(土)〜11月29日(日)

■休館日
毎週月曜日(11/2 、11/23は開館)、11月24日(火)

■時間
午前9時30分から午後5時まで(展示室への入場は閉館30分前まで)

■入場料

  • 一般 1,200円(1000円)
  • 高・高専・大生 700円(500円)
  • 小・中生 400円(300円)
  • 小学生以下無料(要保護者同伴)

注:( )内は前売、リピーター割引、どうなんアートリンクおよび10名以上の団体割引料金

■アクセス

【市電】
「函館駅前」から湯の川方面乗車、「五稜郭公園前」下車 徒歩7分

【バス】
「函館駅前」から函館バス 19,25,30,30A,33,411,47,50,51,53,55A,55B,59,60,60A,61,610,67系統 乗車、「五稜郭公園入口」下車 徒歩3分

【タクシー】
JR函館駅より 10分
函館空港より 20分

【駐車場】
函館市芸術ホール駐車場をご利用ください。当館ご利用の方は駐車料金が2時間まで無料になります。

 

リサ・ラーソン展は下記会場を巡回します。

大分市美術館 2021年1月8日(金)〜2月21日(日)

新潟市新津美術館 2021年4月10日(土)〜6月13日(日)

 

展覧会の詳細はこちらをチェック→

コメント
この記事をはてなブックマークに追加