アートインプレッション

株式会社アートインプレッションは、美術展の企画を主な業務としている会社です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

陶酔のパリ・モンマルトル展 見所紹介!

2012-01-31 16:03:17 | 陶酔のパリ・モンマルトル
陶酔のパリ・モンマルトル展
群馬県立近代美術館見所紹介!!


寒い日が続いていますが皆さんお変わりないですか?
防寒対策はもちろん、この頃は乾燥対策も欠かせないですね。

今日は、以前ご紹介したロイ・フラーにまつわる作品のうち、群馬県立近代美術館限定で出品している作品をご紹介します!


左:《1900年のパリ万国博覧会「ロイ・フラー劇場」のポスター》エマニュエル・オラジ 1900年
右:《「フォリー=ベルジェール」のロイ・フラー・ショーのポスター》フェルディナン・バック 1892年


左はパリ万博で大いに賑わった「ロイ・フラー劇場」のポスター。ロイ・フラーはもちろん、海外巡業中の川上音二郎・貞奴夫婦も出演したと言われています。画面中央に描かれている模様など、ジャポニズムの影響が色濃く見られるのが印象的ですね。
右はロイ・フラーのデビュー当時に制作された「フォリー=ベルジェール」のポスター。人気を得はじめた頃の様子を垣間見れる貴重な1枚です。


《「フォリー=ベルジェール」のロイ・フラー・ショーのポスター》 パル 1898年

そして同じく「フォリー=ベルジェール」でのショーを描いたのがこちら
同じ題材でもデビュー6年後とあってか、心なし照明がパワーアップしているような...。
6年を経て人気に影がさすどころか、シェレやスタンラン、ロートレックなど、そうそうたる前衛芸術家の注目を集め、まさに絶頂を迎えようとしている頃の作品です。



ロイ・フラー関連作品を展示しているコーナー。
会場デザイン 吉野弘 (吉野弘建築設計事務所)


ポスター以外にも映像や書籍など、当時のエンターテイメントを代表する存在としてロイ・フラー関連作品を多く展示しています。
また、会期中は学芸員による作品解説会、19世紀フランス文学がご専門の鹿島茂氏による記念講演会の他、プレイエル・ピアノによるコンサートなど、イベントが目白押しです。お見逃しなく!
*イベント詳細は群馬県立近代美術館 関連事業ページ( http://mmag.pref.gunma.jp/art-event/paris.htm )をご覧下さい。




群馬県立近代美術館
■バス
「高崎駅東口」から市内循環バスぐるりんに乗車。約35分。「群馬の森」下車徒歩5分
■タクシー
高崎駅より約25分

詳しくは群馬県立近代美術館交通情報をご覧下さい。

↓↓陶酔のパリ展公式twitterはコチラ↓↓






コメント

陶酔のパリ・モンマルトル展 ~ 群馬県立近代美術館散策~

2012-01-20 13:10:34 | 陶酔のパリ・モンマルトル
陶酔のパリ・モンマルトル1880-1910
~群馬県立近代美術館散策~




群馬県立近代美術館前の芝生でくつろぐ猫


雪も降り気温がグッと下がりましたが、みなさんお変わりないですか?
今日ご紹介するのは、ではなく陶酔のパリ展の展覧会場です。


展覧会場の模型写真
デザイン・制作 吉野弘 (吉野弘建築設計事務所)


この可愛らしい画像は、群馬会場のためだけにデザインしていただいた展示模型。
こう見えて入り口のカーテンは爪楊枝で調整するくらいミニチュアサイズなので、初めて模型を見た時には、その精巧さにスタッフ全員で見入ってしまいました。



実際の会場には1910年にフランスで製作されたプレイエル・ピアノも設置され、絵画作品と合わせて当時のカフェ・コンセールを偲ばせます。




展覧会期間中は学芸員による作品解説会、19世紀フランス文学がご専門の鹿島茂氏による記念講演会の他、上でご紹介したプレイエル・ピアノによるコンサートなど、イベントが目白押しです。お見逃しなく!
*イベント詳細は群馬県立近代美術館 関連事業ページ( http://mmag.pref.gunma.jp/art-event/paris.htm )をご覧下さい。




群馬県立近代美術館
■バス
「高崎駅東口」から市内循環バスぐるりんに乗車。約35分。「群馬の森」下車徒歩5分
■タクシー
高崎駅より約25分

詳しくは群馬県立近代美術館交通情報をご覧下さい。

↓↓陶酔のパリ展公式twitterはコチラ↓↓



コメント

群馬県立近代美術館 Twitter 日々更新中!

2012-01-19 14:59:34 | 陶酔のパリ・モンマルトル
群馬県立近代美術館 Twitter 日々更新中!


群馬県立近代美術館にて開催されております
「陶酔のパリ・モンマルトル 1880-1910」展ですが、
この展覧会用に、Twitterをしています。

展示作品やイベント情報等を写真も入れて、
毎日つぶやいています

Twitterをされている方々は是非フォローしてみてください
まだされていない方も登録はとっても簡単なので覗きにいってみてくださいね!

ここをクリック
群馬県立近代美術館 
「陶酔のパリ・モンマルトル1880-1910
  -シャ・ノワール(黒猫)をめぐるキャバレー文化と芸術家たち-」
 



群馬県立近代美術館
■バス
「高崎駅東口」から市内循環バスぐるりんに乗車。約35分。「群馬の森」下車徒歩5分
■タクシー
高崎駅より約25分

詳しくは群馬県立近代美術館交通情報をご覧下さい。
コメント

「皇帝の愛したガラス」展カタログ、HPにて販売中!

2012-01-10 16:44:58 | 皇帝の愛したガラス
「皇帝の愛したガラス」展カタログ
HPにて販売中!


昨年、巡回をしていました
「国立エルミタージュ美術館所蔵 皇帝の愛したガラス」展 ですが、
そのカタログが弊社HPでも販売開始となりました。

表紙デザインはこちら


もちろん、出品作品はすべてカラー掲載ですので、
日本初公開となったロシアガラスもじっくりと
ご覧頂くことができます。

お求めは、弊社HPのグッズ販売サイトから「購入のお申し込み」、そして「ご注文メールフォーム」をクリック

是非お申し込みください
コメント

謹んで新年のご挨拶を申し上げますーArt Impression

2012-01-01 10:00:00 | Weblog
謹んで新年のご挨拶を申し上げます




昨年は多くの方々のご協力のもと、
「国立エルミタージュ美術館所蔵 皇帝の愛したガラス」展を
開催することができ、延べ8万人を超える方々にご来場いただきました。
誠にありがとうございました。

本年は、昨年に引き続き「陶酔のパリ・モンマルトル1880-1910」展が巡回
(群馬県立近代美術館、八王子市夢美術館)、
8月からは日本で過去最大のレーピン回顧展を開催致します。
宜しくご指導くださいますようお願い申し上げます。
(展覧会の詳細は、HPをご覧くださいませ。)

株式会社アートインプレッション
代表 市川 飛砂
   近藤 あや
   木村 はるか


-------------------------------------------------------------------------------
「国立トレチャコフ美術館所蔵 レーピン」展
 Bunkamuraザ・ミュージアム
 浜松市美術館
 姫路市立美術館
 神奈川県立近代美術館・葉山  巡回予定
コメント