アートインプレッション

株式会社アートインプレッションは、美術展の企画を主な業務としている会社です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「皇帝の愛したガラス」展 オリジナルグッズ HPにて販売開始!

2012-03-01 13:56:13 | 皇帝の愛したガラス
「皇帝の愛したガラス」展 
オリジナルグッズ HPにて販売開始!


昨年、国内3カ所を巡回していた展覧会、
国立エルミタージュ美術館所蔵「皇帝の愛したガラス」展ですが、
カタログに引き続き、オリジナルグッズもHP上での通販を始めました。

人気だったドームの「チューリップを描いた花器」の
クリアファイルや


一筆箋


コンパクトにまとまったソーイングセット
 

この模様は「婚礼用のダブル・カップ」からとったもの。

こんなユニークな作品だったんですよ。


ご注文はHPから。
グッズご注文フォームクリック

コメント

「皇帝の愛したガラス」展カタログ、HPにて販売中!

2012-01-10 16:44:58 | 皇帝の愛したガラス
「皇帝の愛したガラス」展カタログ
HPにて販売中!


昨年、巡回をしていました
「国立エルミタージュ美術館所蔵 皇帝の愛したガラス」展 ですが、
そのカタログが弊社HPでも販売開始となりました。

表紙デザインはこちら


もちろん、出品作品はすべてカラー掲載ですので、
日本初公開となったロシアガラスもじっくりと
ご覧頂くことができます。

お求めは、弊社HPのグッズ販売サイトから「購入のお申し込み」、そして「ご注文メールフォーム」をクリック

是非お申し込みください
コメント

国立エルミタージュ美術館所蔵 皇帝の愛したガラス展 終了

2011-12-05 18:13:40 | 皇帝の愛したガラス
国立エルミタージュ美術館所蔵 皇帝の愛したガラス展 終了





6月から北海道立近代美術館、7月から東京都庭園美術館、そして、10月からこの岡山県立美術館に巡回していました、
「国立エルミタージュ美術館所蔵 皇帝の愛したガラス」展ですが、11月6日をもって終了しました

延べ8万人を超えるたくさんの方々にご来場いただきました。
本当にありがとうございました

震災後には、たくさんの方々のご協力によって
北海道で無事に開幕することができました。

夏は、東京では日々節電を呼びかける毎日でしたが、
暑い中、庭園美術館にもたくさんのお客様に足をお運びいただきました。
キラキラと輝くガラス作品を観て、「涼しくなったわ~」
「きれいなものを見れてよかったわ~」という声を聞くのもうれしかったです。

岡山は、県内だけでなく、神戸や四国からわざわざいらしてくださる方も
いらっしゃったようで、リピーターの方もいらしたとか。

みなさま、本当にありがとうございました!!

さて、アートインプレッションのHPでは、今後、
この展覧会のカタログ販売、そして、グッズの販売もしていきます。
準備できましたら、ブログでも告知させていただきますね

 


買い忘れた方、見逃した方!
ぜひ、弊社までご連絡ください。

コメント

岡山県立美術館 閉幕間近!!

2011-10-31 14:54:57 | 皇帝の愛したガラス
岡山県立美術館「皇帝の愛したガラス展」
もうすぐ閉幕!!


現在、岡山県立美術館で開催されている
国立エルミタージュ美術館所蔵 皇帝の愛したガラス展が、11月6日(日)、今週末をもって閉幕となります



これを逃してしまうと、もうこの作品たちにはあえません!!
この展覧会は、岡山県立美術館で終了。
エルミタージュ美術館に返さなくてはなりません。

あの作品も・・・



この作品も・・・



あれも・・・


これも・・・


み~んな・・・

    


もう見れなくなってしまいます。
エルミタージュ美術館に行ったとしても、膨大な作品を収集しているので、展示されているとは限りません

是非、この機会を逃さないように、岡山県立美術館におでかけください。

ちなみに、お向かいにある後楽園。


菊花大会が開催中。
菊も、そしてサザンカも見頃だそうですよ

上記写真は後楽園HPより


<岡山県立美術館へのアクセス>
2011年10月1日~11月6日 開催中

詳細はこちらをクリック岡山県立美術館ー交通のご案内
JR岡山駅から徒歩15分
路面電車/岡山駅前電停1番乗り場
       東山行「城下」下車徒歩3分
岡電バス/岡山駅バスターミナル4番乗り場
       藤原団地行「美術館前」下車すぐ
地下駐車場:38台(入口は当館北側)

コメント

岡山県立美術館 皇帝の愛したガラス展 ワークシートも必見!

2011-10-25 11:57:01 | 皇帝の愛したガラス
岡山県立美術館 皇帝の愛したガラス展
ワークシートも必見!


現在、岡山県立美術館で開催されている「国立エルミタージュ美術館所蔵 皇帝の愛したガラス」展ですが、
その見所の一つに、ワークシートがあります。
これは岡山県立美術館のスタッフの方が制作されたもの。
それがとってもすてきなんです

2バージョンあって、
どうぶつ編~難易度やさしい
じんぶつ編~難易度ちょっと難しい
となっています。





いずれも、今回出品されている作品に描かれているものを抜き出して
作られています。
どれがどの作品の一部なのか???
こんなにかわいく作られているからって、なめてはいけません

かわいいコメントもついているので、見るだけで気持ちがほっこり
といっても、なめてはいけません

”どうぶつ編~難易度やさしい” でも、すべて見つけるにはかなり苦戦します

お子さんや、一緒にいかれたお友達と一緒にトライしてみてはいかがでしょうか?
静かに一つ一つ作品鑑賞するのも楽しみの一つですが、
こんな風に遊び心のある楽しみ方もいいですよね

ワークシートは館内、またはHPからダウンロードも出来ますので、
是非、これを片手に展覧会をお楽しみください


<岡山県立美術館へのアクセス>
2011年10月1日~11月6日 開催中

詳細はこちらをクリック岡山県立美術館ー交通のご案内
JR岡山駅から徒歩15分
路面電車/岡山駅前電停1番乗り場
       東山行「城下」下車徒歩3分
岡電バス/岡山駅バスターミナル4番乗り場
       藤原団地行「美術館前」下車すぐ
地下駐車場:38台(入口は当館北側)
コメント

岡山県立美術館 ワークショップ開催!

2011-10-24 16:12:57 | 皇帝の愛したガラス
岡山県立美術館
ワークショップ 開催!!


10月15日、16日に、岡山県立美術館にてワークショップが開催されました。
倉敷芸術科学大学の田邊茉子先生を講師にお迎えして、スタート

両日とも事前に定員に達してしまうほど、人気だったようです。


たくさんの色ガラス



この中からしっかりと材料を選んで・・・



みなさん、一生懸命制作中!!

そうして・・・

  


こんなすてきな作品たちが出来上がりました
額と組み合わせると、立派なガラス作品。
とても2時間で仕上げたとは思えませんよね。

そして、中にはこんなユニークな作品も・・・

見ているこちらが思わず微笑んでしまうような作品もありました。

残念ながらこのシリーズのワークショップは終わってしまいましたが、
今週末は下記のようなイベントとワークショップが開催されます。

美術の夕べ
「国立エルミタージュ美術館所蔵 皇帝の愛したガラス」展をみる
日時:10月28日(金曜日)18時~19時
場所:地下一階展示室
講師:福冨幸(当館学芸員) ※申込不要、要観覧券

ワークショップ第3弾
日時:10月29日(土曜日)10時30分~12時/13時30分~15時
  定員:各20名
  材料費:500円
  講師:当館職員
  ※10時30分~低学年向きコース、13時30分~高学年向きコース

28日の「美術の夕べ」では、本展覧会の担当学芸員 福冨先生が講師となって、
展覧会を案内してくださいます。
それも夜
18時ともなれば、この時期はもう既に日没。暗くなっています。
夜の美術館、キラキラとライトアップされたガラス作品を観たあとは、
そのままおいしいものを食べにいきたいですね~
まさに、秋の夜長

是非おたのしみください

<岡山県立美術館の交通案内>
2011年10月1日~11月6日 開催中

詳細はこちらをクリック岡山県立美術館ー交通のご案内
JR岡山駅から徒歩15分
路面電車/岡山駅前電停1番乗り場
       東山行「城下」下車徒歩3分
岡電バス/岡山駅バスターミナル4番乗り場
       藤原団地行「美術館前」下車すぐ
地下駐車場:38台(入口は当館北側)

コメント

岡山県立美術館 「皇帝の愛したガラス」見所紹介!

2011-10-14 17:33:05 | 皇帝の愛したガラス
岡山県立美術館 「皇帝の愛したガラス」見所紹介!



岡山県立美術館で開催されている「国立エルミタージュ美術館所蔵 皇帝の愛したガラス」展ですが、
今回は、館内の展示風景をご紹介しちゃいます

まずは、庭園美術館でも目玉の一つとなっていたセット展示


広々とした空間に、ピンクのカーペットをしいた、とても女性的で伸びやかな雰囲気の展示となりました。



こちらはグリーンの板をあてていて、とてもさわやかで、作品が引き立つ展示



ロシアガラスのコーナーもすてきな照明で、その良さが引き立っているように思えます



皆さん、どうでしょう?すてきだと思いません?
やはりガラスなので、台やバックの色が変わるだけで、
大きく印象も変わるんですね~

そんな作品たちもこの会場で見納め。
11月にはロシアに帰ってしまいます。
是非、岡山県立美術館へお出かけください


<岡山県立美術館の交通案内>
詳細はこちらをクリック岡山県立美術館ー交通のご案内
JR岡山駅から徒歩15分
路面電車/岡山駅前電停1番乗り場
       東山行「城下」下車徒歩3分
岡電バス/岡山駅バスターミナル4番乗り場
       藤原団地行「美術館前」下車すぐ
地下駐車場:38台(入口は当館北側)



国立エルミタージュ美術館所蔵 皇帝の愛したガラス
北海道立近代美術館 2011年6月9日~7月3日 
東京都庭園美術館  2011年6月14日~9月25日
岡山県立美術館   2011年10月1日~11月6日 開催中
コメント

岡山県立美術館 講演会開催

2011-10-13 13:54:44 | 皇帝の愛したガラス
岡山県立美術館にて
「皇帝の愛したガラス」展 記念講演会 開催


現在、岡山県立美術館で開催されている「国立エルミタージュ美術館所蔵 皇帝の愛したガラス」展。
この連休に、講演会が開催されました。

その名も「珠玉のガラス芸術-国立エルミタージュ美術館からの贈り物」
講師には、庭園美術館でも講演会を引き受けてくださいました、水田順子先生(北海道立近代美術館学芸部長)です



たくさんの画像資料をスクリーンに映し出しながら、
ガラスの歴史をお話ししてくださいました。
その制作方法やガラスの歴史にまつわるエピソードはとても魅力的
展示をご覧になってない方でも、既にご覧になった方でも楽しめる内容だったと思います。

今後も、岡山県立美術館では展覧会にまつわるイベントが目白多し!
10月15日、16日、29日はそれぞれワークショップが開催となります。
いずれもガラスを使用した作品作りをするようです
15日と16日は申し込み定員に達してしまっているそう
29日にご都合の良い方は是非

お問い合わせはこちらまで岡山県立美術館
              http://www.pref.okayama.jp/seikatsu/kenbi/exh_glass.html

国立エルミタージュ美術館所蔵 皇帝の愛したガラス
北海道立近代美術館 2011年6月9日~7月3日 
東京都庭園美術館  2011年6月14日~9月25日
岡山県立美術館   2011年10月1日~11月6日 開催中
コメント

岡山県立美術館 ~ その見どころ

2011-10-07 18:21:13 | 皇帝の愛したガラス
岡山県立美術館~その見どころ


今日は、「エルミタージュ美術館所蔵 皇帝の愛したガラス」展を開催している
岡山県立美術館をご紹介します

岡山県立美術館は、岡山駅から徒歩15分と町の中心地にあります。
もちろん、お店をのぞきながら歩いても良いのですが、
岡山駅から出ている路面電車に乗るのもおススメ!
なんと乗車賃100円
路面なので、町の雰囲気を味わいながら「城下」駅で下車。

すると、目の前に烏城と呼ばれる「岡山城」と「後楽園」、そのお向かいに「岡山県立美術館」が見えます。


画像=岡山県立美術館HPより


美術館正面入り口にある展覧会バナー


美術館のお向かいは、日本三大名園の一つ 後楽園があります。
これから紅葉の時季



美術館とお庭、美しいものずくしの一日を過ごしてみるのはいかがでしょうか?

  

(左)10月下旬から11月中旬までは菊花大会 (右)文化の日に復元された能舞台で後楽能が催されます。
写真は後楽園HPより


後楽園についてはHPへどうぞ http://www.okayama-korakuen.jp/

そして、後楽園の隣にあるのが岡山城
別名「烏城」といわれるように、外観が黒く特徴のある姿をしています。


岡山城の外観(写真は岡山城HPより)


中に入ることも出来ますので、こちらもコースに組み込んではいかがでしょうか?

岡山城に関してはHPをどうぞhttp://www.city.okayama.jp/kankou/midokoro/shisetsu/okayamajo/ujo/index.html

岡山県立美術館~後楽園~岡山城と見るもの盛りだくさん
ぜひ、このいい季節に足を伸ばしてみてください!


国立エルミタージュ美術館所蔵 皇帝の愛したガラス
北海道立近代美術館 2011年6月9日~7月3日 
東京都庭園美術館  2011年6月14日~9月25日
岡山県立美術館   2011年10月1日~11月6日 開催中



コメント

岡山県立美術館にて「エルミタージュ美術館所蔵 皇帝の愛したガラス展」開幕!!

2011-10-03 17:50:50 | 皇帝の愛したガラス
岡山県立美術館にて
「エルミタージュ美術館所蔵 皇帝の愛したガラス展」開幕!!


東京都庭園美術館での開催も好評の内に終了し、今度は・・・
岡山県立美術館にて開催です


これは美術館入り口
タイトルの「愛」をハート型に。
左には出品作品の一つでキューピットの描かれた大杯
この取り合わせとってもかわいらしいですよね



10月1日には、会場ロビーにてオープニングレセプションも開催されました。

↑在大阪ロシア連邦総領事 プロポロフ氏がご出席くださり、
スピーチもしていただきました。

そして、華やかにテープカット


岡山県立美術館での展示も、北海道立近代美術館、東京都庭園美術館とも異なる雰囲気。
作品たちのまた違った表情を見つけることができます。
いつも思うのですが、私たちは立場上、全会場で展示作業に携わるのですが、
その都度、作品たちの新しい魅力を見つけることができるのは、本当に幸せ

これから観光シーズン
美術館は、あの有名な後楽園のすぐそばですから、是非お出かけください!

国立エルミタージュ美術館所蔵 皇帝の愛したガラス
北海道立近代美術館 2011年6月9日~7月3日 
東京都庭園美術館  2011年6月14日~9月25日
岡山県立美術館   2011年10月1日~11月6日 開催中

コメント