アートインプレッション

株式会社アートインプレッションは、美術展の企画を主な業務としている会社です。

浜松市美術館 レーピン展「作品鑑賞ワークシート」

2012-11-15 15:51:17 | レーピン展
浜松市美術館 レーピン展
「作品鑑賞ワークシート」


浜松市美術館で開催しているレーピン展。
浜松の美術館では、こんなワークシートも作成してくださっているようです

  

「レーピン展」を10倍楽しめる!ガイド と ☆ロシアミニクイズ☆


ロシアって案外、身近な国ではないですよね?
どうも分かりにくい・・・
そんな中、こんなクイズ形式のワークシートがあるとわかりやすいですよね

今回の展覧会は、風景画というよりも肖像画や風俗画が多いので、
その時代や歴史背景が少し頭の中にあると、格段に興味深く見ることができます
お子様だけではなく、是非大人の方々も、このワークシートを片手に
鑑賞してみませんか?

ワークシートはHPからダウンロードできます。
http://www.city.hamamatsu.shizuoka.jp/artmuse/





浜松市美術館
JR東海道線 浜松駅下車 北口バスターミナル1番乗り場(遠鉄バス)乗車約8分「美術館」下車
美術館駐車場、第2駐車場、浜松城講演駐車場等も通年利用可
詳しくは下記公式HPをご覧ください。
http://www.city.hamamatsu.shizuoka.jp/artmuse/

また、浜松市美術館公式ツイッターは下記をクリック
https://twitter.com/hamamatsushibi
コメント

レーピン展 浜松市美術館にてテルミン・マトリョミンコンサート開催♪

2012-11-13 14:21:35 | レーピン展
レーピン展 浜松市美術館にて
テルミン・マトリョミンコンサート開催♪


巡回中のレーピン展は、今、浜松市美術館にて開催しております。
美術館では、様々なイベントを企画されているのですが、
今回、ご紹介するのは・・・
「テルミン・マトリョミンコンサート」

みなさん、テルミンやマトリョミンという楽器はご存知でしたか?

「テルミン」は、「のだめカンタービレ」という人気ドラマにも出てきたので、
若い方でもご存知の方もいらっしゃるかもしれませんね。

「テルミン」は、ロシア生まれで楽器に触れずに、空間に手をかざすことで音を奏でる世界最古の電子楽器。
1920年に天才物理学者でありチェロの名手だったテルミン氏が発明したそうです。
”シンセサイザーの祖”とも言われているそうです。

テルミンを演奏するテルミン氏:wikipediaより


手をかざすことで奏でるということは、演奏者の耳と、訓練された正確な所作だけが
音の高さを定めるよりどころとなるので、演奏者の心理状態や性格までもはっきり音に表されるそうです。
良くも悪くも、演奏する人が持っているものを正直に音に変換してしまう楽器なので、
よく訓練された奏者によるテルミン演奏は表現力に富み、あたたかく、存在感のある音印象を醸し出す。

もともと奏法習得が極めて難しいとされていた上、東西冷戦によりロシアからテルミンに関する情報が
ほとんど発信されなかったことから、 あまり知られていないようです。

日本では2001年にドキュメント映画「テルミン」が公開されたり、
2007年には小型組み立てキットのテルミンが付属したムック「大人の科学マガジン」が発刊され、
20万を超える発行部数を記録したそう。(そういえばCMが流れていたかも・・・)


そして、「マトリョミン」
この楽器は、マトリョーシカの中にテルミンの機能を収めたもので、
竹内正実が代表を務める電子楽器メーカーMandarin Electronという会社が開発、製造、販売する
要はマトリョーシカ型テルミン。



今回のイベントでは、「モスクワ郊外の夕べ」や「ひばり」など、ロシアの曲を中心に奏でてくださるようです。
テルミンとマトリョミン。
しかもマトリョミンはアンサンブルで
事前申込不要ですし、休日の午後のひとときを美術館で過ごしてみるのはいかがでしょうか?

日時:2012年11月25日(日) 午後1時~、午後3時~ (約30分間)
演奏者:竹内正実氏、濱口晶生氏(テルミン)、
          Mable、Da(マトリョミン・アンサンブル)

竹内正実氏のプロフィール
1993年ロシアに渡り、テルミン演奏法をリディア・カヴィナに師事した、日本におけるテルミン演奏の第一人者。
演奏活動と並行し、延べ500名以上にテルミン演奏法を教授。映画「のだめカンタービレ最終楽章 後編」において、
テルミン演奏の吹き替えを担当。国内外でコンサート、テレビ・ラジオに多数出演。
マトリョミン・アンサンブル
Mable
竹内氏のテルミン教室の優秀な弟子を選抜して編成したマトリョミン・アンサンブル。
海外でのコンサート出演経験も多く、招待公演多数。
Da
竹内氏のマトリョミン教室を受講する生徒さんにより編成されたマトリョミン・アンサンブル。
場所:美術館ロビー
定員:50名程度(当日ご観覧の方) 事前申込不要
聴講料:無料(観覧料が別途必要です)



浜松市美術館
JR東海道線 浜松駅下車 北口バスターミナル1番乗り場(遠鉄バス)乗車約8分「美術館」下車
美術館駐車場、第2駐車場、浜松城講演駐車場等も通年利用可
詳しくは下記公式HPをご覧ください。
http://www.city.hamamatsu.shizuoka.jp/artmuse/

また、浜松市美術館公式ツイッターは下記をクリック
https://twitter.com/hamamatsushibi
コメント

まだ間に合う! 浜松市美術館でレーピン展関連ワークショップ

2012-11-01 12:36:41 | レーピン展
まだ間に合う!
浜松市美術館でレーピン展関連ワークショップ


浜松市美術館にて開催中の、「国立トレチャコフ美術館所蔵 レーピン」展

先日もご紹介したように、美術館では様々なイベントが開催されています。
まだ、申し込み締め切りに間に合うイベントもあるので、ご紹介を。

その名も・・・
レーピン展関連ワークショップ
もうすぐクリスマス!みんなでアート・ツリーをつくろう」

大きなツリー型のモニュメントに、みんなの感性で飾り付けをし、
美術館に飾りましょう
(ツリー完成後、展覧会の会期中展示します。)

ご存知の通り、浜松市美術館の会期は12月24日まで
ツリーの飾り付けをして、それが美術館に展示されるなんて
とっても楽しい企画ですよね

申し込み方法は下記の通り。
(美術館HPにも掲載されていますので、そちらもご覧ください。クリック

申込方法
 往復はがきかメールにて、希望者全員の住所、氏名、年齢、電話番号、
 希望するワークショップの番号をご記入のうえ、
 美術館(〒430-0947 浜松市中区松城町100-1、
     E-mail:art-muse@city.hamamatsu.shizuoka.jp)まで
 お送りください。
 応募者多数の場合は、抽選とさせていただきます。

申込締切
 2012年11月25日(日)必着




浜松市美術館
JR東海道線 浜松駅下車 北口バスターミナル1番乗り場(遠鉄バス)乗車約8分「美術館」下車
美術館駐車場、第2駐車場、浜松城講演駐車場等も通年利用可
詳しくは下記公式HPをご覧ください。
http://www.city.hamamatsu.shizuoka.jp/artmuse/

また、浜松市美術館公式ツイッターは下記をクリック
https://twitter.com/hamamatsushibi

コメント