アートインプレッション

株式会社アートインプレッションは、美術展の企画を主な業務としている会社です。

ロトチェンコ 労働者クラブのチェステーブル&チェア

2009-10-19 18:04:05 | ロシアの夢
ロトチェンコ 労働者クラブのチェステーブル&チェア 復刻限定販売

『労働者クラブ』のインテリアの1アイテムとしてデザインされた物を復刻しました。テーブルとチェアとチェスの駒が赤と黒の二色で塗り分けられいます。
この作品の面白いところは、テーブルとチェアが一体型で、対戦する二人は天板を回転させ、垂直に立てて席に着く仕掛けになっています。天板は両面がチェス盤となっていて、くるりと天板を回せば、席を移動しなくても駒の色を交換できるすぐれもの。
この仕掛けは単に利便性だけではなく、プレーヤーがゲーム途中で席を立つことはできないというウィットも。

元々はチェステーブルとしてはデザインされた物ですが、普段の生活に「デザイン」を取り入れてみてはいかがでしょうか?

<労働者クラブのチェステーブル&チェア> ¥1,470,000



完全受注生産
監修:アレクサンドル・ラヴレンティエフ
制作指導:吉島忠男

※2003年グッドデザイン審査委員長特別賞受賞

<お問い合わせ>
埼玉県立近代美術館
アートインプレッション
コメント

ロトチェンコ 労働者クラブの読書テーブル&チェア

2009-10-19 17:40:38 | ロシアの夢
ロトチェンコ 労働者クラブの読書テーブル&チェア 復刻限定販売

ロドチェンコの『労働者クラブ』のデザインでは構成主義の理念が具現化された、『読書テーブル&チェア』は、この『労働者クラブ』のインテリアの中心的なアイテムです。白を基調としながら、グレー、クールグレー、そしてアクセントの赤を程良く配することによって家具を構成する各部位のフォルムが明快に表現。テーブルの天板は、水平、斜め、垂直と三段階に折りたためるバタフライ式で、用途に合わせて自在に調節できます。

また、今回は、チェアだけの販売もあります。
自宅にセットはちょっと・・・という方も、チェアを1脚おくだけでも、お家の雰囲気が変わって、デザインを楽しんで頂けるのではないでしょうか?

《「労働者クラブ」の読書テーブル&チェア》 ¥3,150,000



シンプルで直線的なプロポーションが美しい、読書テーブル&チェア。読書テーブルの天板は、引き上げればふつうのテーブルとして使用することもできます。

《「労働者クラブ」のチェア》 ¥315,000


両肘をつき、反り返った姿勢で新聞や本を読むために、肘掛はふつうの椅子より高い位置にあります。

完全受注生産
監修:アレクサンドル・ラヴレンティエフ
制作指導:吉島忠男
埼玉県立近代美術館会期中のみ受注

※2003年グッドデザイン審査委員長特別賞受賞

<お問い合わせ>  
埼玉県立近代美術館

アートインプレッション
コメント

「ロシアの夢 1917-1937」グッズ情報

2009-10-19 17:09:20 | ロシアの夢
  ” ロトチェンコ ”    
チェステーブル&チェア 読書テーブル&チェア       復刻販売 !!   
 

アレクサンドル・ロトチェンコ( Aleksandr Rodchenko )デザインの、《労働者クラブのチェステーブル&チェア》《労働者クラブの読書テーブル&チェア》が、埼玉県立近代美術館限定販売となっています!

1925年のパリで開催された「現代産業装飾芸術国際博覧会(アール・デコ博)」。ロドチェンコはこの展覧会に、「労働者クラブ」のための家具デザインを発表しました。
「労働者クラブ」とは、1917年のロシア革命以降、特権階級のためのサロンに変わってロシア各地につくられた、労働者のための文化施設のことをいいます。
労働者の新しいライフスタイルを提案する、新しい社会のためのインテリア。
アヴァンギャルドのデザインが、現実の物として人々の目に触れることになった作品たちです。

この労働者クラブのインテリアが、ロトチェンコの孫であるアレクサンドル・ラヴレンティエフ氏の監修、当時のパリ装飾美術展の写真をもとに、日本の職人たちの手で復刻されました。

この機会を逃すと、もう手に入れる事は難しくなります。
是非、ご興味のある方は、会場に足をお運び頂くか、お問い合わせ下さい。

埼玉県立近代美術館 ミュージアムショップ フレンド http://www.momas.jp/index.html
株式会社アートインプレッション http://www.artimpression.co.jp/
コメント

「ロシアの夢展 1917-1937」ついに開幕!

2009-10-13 17:24:58 | ロシアの夢
埼玉県立近代美術館にて「ロシアの夢 1917-1937」展 開幕!

    

先日、こちらにupさせて頂きましたロシア・アヴァンギャルドの作品を集めた展覧会がOPENしました。
ポスターや雑誌、絵本などのグラフィック・デザインや、食器やテキスタイルなどの生活用品、演劇の舞台原画、建築のエスキース、また当時を彷彿とさせる写真資料の数々。
とてもユニークで見応えのあるものになったと思います。

今回は、グッズも色々取り揃えているので、是非お楽しみに!


<埼玉県立近代美術館>
北浦和の駅から徒歩3分
緑豊かな北浦和公園内 休日に足を伸ばしてみてはいかが?



コメント

エカテリーナ2世の四大ディナーセット展 広島で開催

2009-10-13 16:55:02 | エルミタージュ展

広島「海の見える杜美術館にて 
      エカテリーナ2世の四大ディナーセット展開催中!


広島安芸の宮島をのぞむ「海の見える杜美術館」にて、
10月3日~12月3日まで開催しております。

宮島へもアクセスの良い「宮島口」駅から、タクシーで5分。
見晴らしの良い山の上にある美術館。

今回は、エルミタージュ美術館内の写真を使用し、
まるであの豪華なエルミタージュ館内にいるかのような雰囲気を醸し出しています。

展覧会を堪能して頂いた後は、敷地内にあるおしゃれなレストランで地元食材を使用した
お食事でもよし、安芸の宮島へ直行してもよし。
行楽日和の続くこの時期だからこそ、是非足を伸ばして頂ければと存じます。

海の見える杜美術館 http://www.umam.jp/
コメント

トレチャコフ展 広島県立美術館にて開催中!

2009-10-09 10:05:13 | エルミタージュ展
トレチャコフ美術館展、広島県立美術館にて開催中!

トレチャコフ美術館展が、2009年7月28日ー10月18日まで、広島県立美術館にて開催中です。
多くのお客様にご来館頂き、大変好評を得ております。
是非、この期間に広島県立美術館にお立ち寄り下さいませ。
会場では、展覧会の作品を一覧する事ができるカタログも好評のうち、販売しております。
お手に取ってご覧下さいませ。

展覧会に関する詳しい情報は、
広島県立美術館の下記のサイトをご覧下さいませ。
広島県立美術館(2009年7月28日ー10月18日)
コメント

「ロシアの夢1917-1937」開幕

2009-10-01 15:28:00 | ロシアの夢
「ロシアの夢1917-1937」間もなく開幕!!

弊社企画の「ロシアの夢1917-1937」が、埼玉県立近代美術館にて10月10日より開幕致します。

今回の展覧会は、現在巡回中の「トレチャコフ美術館点 忘れえぬロシア」「エルミタージュ美術館所蔵 エカテリーナ2世の四大ディナーセット」とは、趣がかわり、20世紀始めのロシア・アヴァンギャルドの展覧会となっています。

1917年にロシア革命が起った頃、古い伝統を打ち壊す過激な芸術の革命がロシアの詩人や画家の間でも起こり、革命に参加していきます。内戦が続く中、彼らが生み出した、革命思想を浸透させるプロパガンダの役割を担ったポスターや演劇、陶磁器の数々をこの展覧会では取り上げて行きます。
1937年から始まる粛清を境に、この活動は沈黙してしまいますが、この約20年間、ロシア・アヴァンギャルドが見た夢と、時代の熱に触れてみてはいかがでしょうか?

埼玉県立近代美術館 2009年10月10日~12月6日
岡崎市美術博物館  2010年1月30日(土)~3月28日(日)
山 形 美 術 館  2010年4月3日(土)~5月9日(日)



マヤコフスキイ/ステパノヴァ《「アカトウガラシ」の購読者だけが心から笑えるのです》1925年 サンクトペテルブルグ ロシア国立図書館蔵 National Library of Russia St.Petersburg
コメント