アートインプレッション

株式会社アートインプレッションは、美術展の企画を主な業務としている会社です。

バウハウス100ジャパン SNSのご紹介

2018-05-30 16:03:14 | バウハウス100展
バウハウス100ジャパン SNSのご紹介




今回は、バウハウス100ジャパンの公式ホームページとSNSアカウントをご紹介させて頂きます

まずは、今夏に開設予定であるバウハウス100ジャパン公式ホームページです。
覗いてみると、NOSIGHNER主宰 太刀川英輔氏がデザインした、こだわりのロゴが目に飛び込んできます。


バウハウス100ジャパン ロゴ (画像:バウハウス100ジャパン Facebookより)

ページを開いた直後は、○△□と平面の図形が並んでいるだけの様に見えますが・・・
しばらくすると、くるっと斜めに一回転。なんとロゴが動きます
そして、真正面に収まると、100という数字が浮かび上がります・・・
この仕掛けだけで、とってもワクワクしますよね
静止画のロゴだけではなく、ぜひ動くロゴをご覧下さい

バウハウス100ジャパン公式ホームページはこちら

ご覧頂いた様に、こだわりのつまったホームページであり、完成を待ち望むばかりです。
しかし、ホームページの完成を待たずとも、バウハウス100ジャパンの情報はSNSから入手できますよ〜

Instagram、Facebook、Twitterの公式アカウントが開設されています

Instagramでは、様々な季節や年代に撮影されたバウハウス・デッサウ校舎などの写真が多数掲載されています
ファサードだけではなく、その内部にも迫った写真は、なかなかお目にかかれませんよね!
デザインや建築を学ばれている学生も必見です

Facebookでは、関連展覧会の情報や、トークイベントの動画が更新されています。
ロゴの制作秘話、「金属の祭」記者会見当日の様子など、ここでしか知り得ない情報が盛りだくさんです
また、Facebookでもバウハウス校舎の写真が公開されていますが、インスタグラムよりも詳細な解説が掲載されており、
バウハウス100ジャパンのSNSの中では最も情報量が多いです

Twitterでは、Facebookの情報に加え、各メディアが発信するバウハウス関連のポストもチェックすることができます
手軽に、そして広く情報がチェックできるのは、Twitterアカウントの良いところですよね!
ついつい毎日チェックしちゃいます・・・

バウハウス100ジャパン各SNSはこちらからご覧下さい
instagram Facebook Twitter

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

アートインプレッションのブログでも、「バウハウス100ジャパン」について随時ご紹介して参りますので、
その時まで、楽しみにお待ち下さいませ〜

コメント

バウハウス100ジャパン 金属の祭

2018-02-27 10:41:15 | バウハウス100展
バウハウス100ジャパン 金属の祭



みなさま、こんにちは

2月9日に、バウハウス100周年プロジェクトの記者会見「金属の祭」が開催されました

バウハウスは2019年に、創立100周年を迎えます
それを記念し、約3年間に及ぶプロジェクトが日本でスタートしています。

バウハウスとはーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1919年に建築家であったヴァルター・グロピウスがワイマールに設立した造形芸術学校。
芸術を建築のもとに総合するという目標を掲げ、芸術と工芸の見直し、そして旧来とは異なる芸術教育の実践を推進します。
パウル・クレーやカンディンスキー、ヨハネス・イッテンらが教師となり、20世紀芸術に大きな影響を及ぼしました。
また、水谷武彦、山道巌・道子夫妻など日本人留学生を受け入れ、日本のデザイン教育にも影響を与えたことで知られています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


今回開催された「金属の祭」では、1929年2月9日にバウハウスにて開催された「金属の祭」に因み、ドレスコードは金属
皆さま思い思いの「金属」を身に付けて出席されていました

運営キュレーター深川雅文氏は、手の込んだ装飾品をお召しに
弊社代表市川は、なんとこの日のために特注したゴールドのクリノリンスカートを身に付けて登場です
スタッフも気合いを入れて、ブローチやアクセサリーを手作りしました


画面左から:弊社スタッフ野本美咲・弊社代表市川飛砂・運営キュレーター深川雅文氏・弊社スタッフ鈴木彩希



ゲーテ・インスティテュート2階 踊り場



会場も写真の様に、アルミホイルでメタリックに飾りました

開催館の学芸員もご参加下さいました。東京ステーションギャラリーの成相学芸員は、なんとアルミで出来たフルフェイスのマスクをご着用です


画面左から:東京ステーションギャラリー成相肇学芸員、弊社代表市川飛砂、東京ステーションギャラリー冨田章館長



ゲーテ・インスティテュート所長ペーター・アンダース氏によるご挨拶



NOSIGNERの太刀川英輔氏を迎えたスペシャルトークに始まり、ゲーテ・インスティテュート所長ペーターアンダース氏、
バウハウス100周年委員向井周太郎教授によるご挨拶、そして、運営の杣田(そまだ)佳穂学芸員(ミサワバウハウスコレクション)によるプロジェクト説明など
盛りだくさんの内容でした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今後、詳細が決定し次第、弊社のブログでもお知らせいたしますので、楽しみにしていてくださいね
今夏には、公式サイトにも情報が掲載される予定のようです!展示ともに、今から待ちきれません

バウハウス100ジャパン公式ホームページURL→http://www.bauhaus.ac/bauhaus100/

バウハウス100ジャパンfacebook→https://www.facebook.com/bauhaus100jp/

コメント