アートインプレッション

株式会社アートインプレッションは、美術展の企画を主な業務としている会社です。

リサ・ラーソンとエンドレ・ネーメス

2020-11-06 11:16:45 | リサ・ラーソン

 

みなさまこんにちは!

今日はリサ・ラーソンと画家、グラフィックアーティストであったエンドレ・ネーメスの関係性について

ご紹介いたします!

 

エンドレ・ネーメス Endre Nemes(1909-1985)

ハンガリー系スウェーデン人画家、グラフィックアーティスト。

シュルレアリスムの作品や、抽象的なモチーフの作品を制作していました。

ヨーテボリのヴァーランド美術大学 (ヴァーランド・ オブ ・ ファインアート ) の ディレクター を 1947- 1955年まで務め、 

リサの夫、グンナル・ラーソンの恩師でもありました。

 

エンドレ・ネーメス やましい心  1964年 ©Lisa Larson / Alvaro Campo

 
 
エンドレ・ネーメスはリサと夫のグンナルにとって非常に大きな影響を受けた人です。
 
リサがグスタフスベリ社で働く誘いを受けたとき、後押しをし、
夫グンナルとの結婚に際しては、証人を務めました。
 
夫婦共に憧れをいただき、尊敬する人がいたということはとても素敵なことですよね
 

北海道立函館美術館にて開催中の「リサ・ラーソン展ー創作と出会いをめぐる旅」では、

リサとグンナルの人生に大きな影響を与えたエンドレ・ネーメスの作品を実際にご覧いただくことができます。

 

本展は11月29日まで開催しておりますので、お近くに行かれるご予定のある方はぜひご来場ください

北海道立函館美術館

〒040-0001 
北海道函館市五稜郭町37-6

Tel:0138-56-6311

■会期 
2020年10月3日(土)〜11月29日(日)

■休館日
毎週月曜日(11/2 、11/23は開館)、11月24日(火)

■時間
午前9時30分から午後5時まで(展示室への入場は閉館30分前まで)

■入場料

  • 一般 1,200円(1000円)
  • 高・高専・大生 700円(500円)
  • 小・中生 400円(300円)
  • 小学生以下無料(要保護者同伴)

注:( )内は前売、リピーター割引、どうなんアートリンクおよび10名以上の団体割引料金

■アクセス

【市電】
「函館駅前」から湯の川方面乗車、「五稜郭公園前」下車 徒歩7分

【バス】
「函館駅前」から函館バス 19,25,30,30A,33,411,47,50,51,53,55A,55B,59,60,60A,61,610,67系統 乗車、「五稜郭公園入口」下車 徒歩3分

【タクシー】
JR函館駅より 10分
函館空港より 20分

【駐車場】
函館市芸術ホール駐車場をご利用ください。当館ご利用の方は駐車料金が2時間まで無料になります。

 

リサ・ラーソン展は下記会場を巡回します。

大分市美術館 2021年1月8日(金)〜2月21日(日)

新潟市新津美術館 2021年4月10日(土)〜6月13日(日)

 

展覧会の詳細はこちらをチェック→


コメント   この記事についてブログを書く
« リサ・ラーソン展 11月29日(... | トップ | 生誕100年記念 日本画家・横... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

リサ・ラーソン」カテゴリの最新記事