林檎の唄 ~ アップルビデオ高津店オフィシャルブログ

東京の西の方で活動しているアコースティック・ロックバンド「アップルビデオ高津店」のブログ
毎日更新目指して頑張ってます

サベージ改造日記9:フォークブーツその3

2018年05月22日 07時13分06秒 | バイク

こんばんわ。
アップルビデオ高津店 フォークブーツ大好きブルームです。


激レアっていうか珍車・サベージ650
昭和末期からの生き残りバイクのくせに
何故かピンポイントで現代風なフォークガード。


先代の(っつっても半年しか乗らんかった)エストレヤ、

先々代・先々々代の旧エボ・新エボスポーツスターと、


3台続けてこの部位にはフォークブーツが付いておりました。
俺的にはもう、コレがないと落ち着かないくらいマストなパーツです。

それほど古バイクでもなく、悪路メインで走る訳でもないので
機能的にはあっても無くてもいいパーツですが
やはり見た目的に必要なんですよ、フォークブーツって。


そんな訳で、近代的なフォークガードは取り外し
レトロなフォークブーツへ交換するのです。

トップブリッジの構造上、フォークを外すのが大変なので
縦に切り裂いて取り付け、ボンドで閉じます。
ゆえに若干太めのものを買ってきたはいいのだけれど…

短かったよ…


なんつって。もちろん想定内。
事前に長さを測ってから購入しております。
太さ・長さの合いそうなのが見つかんないので
延ばして装着することを想定した許容範囲の長さです。
上下ともタイラップで固定するので大丈夫。なハズだ。

って思ったら、ボトム側がブッカブカでうまく縛れない。
上は1mm差なので問題ないけど下は3mmも細かった。


そこで思いついたのが、フォークガードの再利用。

ブーツをやめて元のフォークガードに戻そう、ってんじゃなくて
フォークガード切断&整形して、ボトムの径を増やしてみる作戦。

カット&サンディング。電動工具であっちゅう間。


先に下側をこれで固定し、引っ張りながら上を縛る。

うむ、いい感じ。

やっぱ古っぽいバイクにはフォークブーツだ。



ジャンル:
ドレスアップ
コメント   この記事についてブログを書く
« VROOOM宅で手料理だと... | トップ | ギブソンギター特集? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

バイク」カテゴリの最新記事