アサリの砂抜きは不要?

アサリの砂抜きは常識ですが、実際は潮干狩りで取ったアサリを良く洗えば直ぐ食べれます??

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ようやく原因が分かった

2011-09-11 23:06:11 | RunLogger
 MapCompass19Jが何度app-storeにバージョンアップ申請してもリジェクトされていた(4回ていど討ち死にしていた)。app-storeのレビユーでは「起動しない」との報告が来るが、テストでは問題なく立ち上がるので、怪しそうな所を色々修正していたが、本日ようやく現象が再現して修正出来た。

<立ち上がらない現象>
1。最初のインストール時点でしか発生しない。
2。起動時に以下の様な「あり得ない」フローで動作していた。
 1)メイン画面がロードされる。
 2)ホームボタンを「押した」時に発生する以下のイベント関数が実行されている
    - (void)applicationWillResignActive:(UIApplication *)application
 3)これは、終了時に発生する予定なので、BG動作をOFFにしている場合は、exit(0) で終了する
   様にしていた(=ここで終了してしまうので起動しない)。
<修正>
1。MapCompass19Jでは、国土地理院のメッセージ表示を行っている。上記動作はその前なので、国土地理院のメッセージ表示前に発生したapplicationWillResignActiveは無視するように修正した。

<現象が発生しないパターン>
1。テスト環境はiPhone/iPadだが、以前のバージョンが有ると上記の現象は発生しない。
2。また「位置情報サービス-OFF」でも発生しない。
3。MapCompass19Jの元になったMapCompassでも発生しない。
。。。なので、いつまでも現象が発生せずにトラブル対応が出来なかった。

<現象の再現方法>
1。まっさらな状態にするために、アプリ名称を変えて「最初のインストール時点」を作成する。
2。例)XCodeのプロジェクト/名称変更でアプリ名称を変更する
    必要に応じてバンドル名/IDを変更する。
3。上記のように名称を変更してコンパイル/実行すると「最初」の状態になるので、現象が再現する。

(PS)
 今後も「最初」にしか発生しない現象が有るかもしれないので、上記の様な「最初」にしてからのテストも必要ですね。


コメント   この記事についてブログを書く
« 東京巡業3日目 | トップ | RunLoggerVer3.3.7アップロード »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

RunLogger」カテゴリの最新記事