アサリの砂抜きは不要?

アサリの砂抜きは常識ですが、実際は潮干狩りで取ったアサリを良く洗えば直ぐ食べれます??

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

3年ぶりの再開

2016-04-07 01:52:46 | RunLogger

 久しぶりにブログ再開です。

 3年前に100万人に3人程度の奇病で、左足が効かなくなる状態になりましたが、現在は70%程度には回復してきているので、またダイエット?用の自転車や散歩ができるようになりました。。。が、記録用のアプリ=RunLoggerがiOSのバージョンアップに伴い動かなくなってました。

 現在のiOS=9.3用に改修して動くようにしてみましたが、ユーザインターフェースが大きく変わっており、ボタンやラベル位置がズレる現象が発生していました。改修も面倒なので、いっその事作り替えることにします。

 どうせ作るならとObjective-CからSwiftに変更中ですが。。。。なかなかSwiftは面白い言語です。C/C++からネーティブコードにコンパイルする言語の後継者が出てきていませんでしたが、やっと出てきたのかも知れません。一時期、EiffelやDが後継と思っていましたが中々広がりませんでした。

 SwiftはオープンソースになりLinuxにも移植とかIBMとクラウド対応とかの話題も出てきており有望ですね。

 iOSアプリを書く上ではObjective-Cでは、ヘッダ−(h)とソース(m)の2ファイル記述だったのが、ソース(swift)のみになり記述量が少ないのが単純に良いですね。機能的にもpythonやrubyなどのような便利な機能があり、全体的なソース記述量が少なくなりそう(=バグが少ない)です。

 現状はMAP表示、緯度、経度、方向、加速度収集と保存、ルート表示機能が動作できる程度ですが、ソースがコンパクトになっています。

 今後は、以前の機能+αが簡単に出来そうです。例えば、1)行き先を住所や名称で検索して決める。2)行き先までのルートを検索する。3)ルートに沿ったRunLog表示と残距離表示。。。などナビゲーション機能も現在のiOS機能で作成できてしまいます(以前は色々な制約でできませんでした)。すごい時代ですね。。。しばらくは楽しめそうです。

 

コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 画像処理の進歩にビックリ(... | トップ | Xcode7.3インストールは大変... »
最新の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
待ってました! (Bench Warmer)
2016-05-07 20:15:21
お久し振りです。
RunLogger愛好者のBench Warmerです(^^♪
病気の方は少し良くなられた様で良かったです。
無理せず新しいアプリの開発楽しんで下さいね。
自分用で一般には公開はされないのかな?
公開される事を楽しみに待ってます(^^;

ご実家が益城町と知り吃驚しております。
でも大事に至らず良かったですね。
まだまだ余震が続いておりますがお気を付け下さいね。

コメントを投稿

RunLogger」カテゴリの最新記事