アサリの砂抜きは不要?

アサリの砂抜きは常識ですが、実際は潮干狩りで取ったアサリを良く洗えば直ぐ食べれます??

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

RunLogger(2):測定誤差

2009-07-23 23:59:52 | 開発

 トンネルなどGPSデータ受信できない場合の誤差対策をしてテストしたところ。。   

1)補正なしの場合 6km程度の距離が20kmになっていた。
2)補正結果6.2kmなので許せる範囲になったようだ。

同じところを、RunKeeperとMotion-Xで計ったら、6.1kmと5.9km なので、同様の処理(以上の事)をやっているようだ。御見それしました。 さすがに、この2つは別格のようですね。

<Motion-x/RunKeeper/RunLoggerの結果>
補正処理結果、大体同じような値が取れるようになった。

<補正しない場合の結果>
トンネル往復で、20kmとは。。。使えませんね。

 

コメント

RunLogger(1):測定誤差と電池消費量

2009-07-22 23:52:47 | 開発

 iPhone用のGPSロガーアプリは以下のような画面で動作中。 同様なソフトが多くあるようなのでそれらに勝てる特徴が必要ですが、今のところ、以下のような点では勝てそう。

1)MAPとルート、距離・速度などの情報がリアルタイムに見える。

2)リアルタイムのMAP/グラフ連動しているのはなさそう。また、 ログの位置指定で詳細情報がわかるのもなさそう。RunKeeperの Web上ではできるようだが、iPhone単独ではなさそう。

3)GPSの精度で勝てそう。GPSデータをそのまま単純に使用すると トンネルなどがあると大きな誤差になるので、それなりの補正が必要だが、そのような補正をしているのはすくなさそう。ぐーぐる 携帯のGPS機能も、補正していないようなので、大きな誤差があるようだ(人柱でぐーぐる携帯を買ったO君情報)。

<開始画面から~ログ開始まで>
 

<最初の計測誤差>
最初の値は信用できない。動いていないのに急に1km移動したことになっている。これはold-newの距離がGPSデータとして取得されるが、oldはどこか?別な点を覚えている結果でしょう。きっと。。。なので、無視する必要がありそう。
 ここで+1km誤差発生。

<1つ目のトンネル誤差>
トンネルの前後で、距離が7.4km程度増加しているが車のメータでは2.4km程度だったので、+5km誤差が発生しているようだ。
  測定結果を見るとトンネルで、GPSデータが取得できない場合、元の基地局位置が取得され、それが不要点になり、大きな誤差となっている。。と、思われる。

<トンネルが無い場合は誤差はほとんどなさそう>
 

<2つ目のトンネル誤差>
トンネルの前後で、距離が3.5km程度増加しているが車のメータでは2.8km程度だったので、+0.7km誤差が発生しているようだ。
ここもトンネル1と同じで不要点が取得されているのが誤差の原因でしょう。


<以後は誤差の増加はなかった>

<計測終了と全体誤差> 
結局、トータル44.8Km(計測) vs 36.5km(車のメータ)だったので、+8.3km程度の誤差になった。初期+2トンネル誤差が6.7Kmなので、その他にも誤差が発生しているようだが、初期とトンネル部分を対応すれば格段に誤差は少なくなりそうなので、修正して再実験予定。

 <電池の消費量>
iPhoneアプリの問題点として電池の消費量が多いことがあげられる。今回の測定では91%から78%に電池が低下した。
  13%低下=40分測定なので、計算上はフル充電で5時間程度の測定が出来そうである。たたしMAPを常時見たりすると、もっと短くなりそう。。。。 

<操作画面例>
以下のような操作が可能。。。。説明は。。。見ればわかるか

コメント

RunLoggerFree(2)

2009-07-21 23:38:39 | 開発

 MacのiWebで写真のHTMLサイトを作成して、コメントを追加して一応製品のURLを作成した(Free版と有償版として以下の2つをUPLOADした)。

  RunLoggerFree

     RunLoggerMini

次に700文字以内で説明文を作成する必要があるので、日本語で書いて、日英変換ソフトで概略変換して、微修正する。大体以下のように、機能の羅列で勘弁してもらう。

RunLoggerFree It has the following features.
A.Real time RUN View.
 Time, distance, average speed, speed/altitude graph
  and highest speed/minimum and the highest altitude.
B.Real time Map View.
 A route, time, distance, average speed speed,
  and altitude.
C.A display unit can be specified.
 km/h mph m/sec sec/km.
D.A Logging result can be saved as a file.
  A "comment" can be added to a log file.
   and can be saved a maximum of 7 files.   
E.The present position of a log can be moved and
  the following information can be displayed.
 Time, distance, average speed speed, and altitude.

後は、アプリケーションを圧縮してアップルストアへのUPLOADだが、。。。。Macでアプリケーションフォルダーが見つからない。ネットや本を見ると RunLoggerFree.app フォルダーがあるはずだが、見当たらない。予定では
  xxxx/Build/Distribution-iphonos/yyyy.app となるはずだが
  xxxx/Build/Distribution-iphonos/yyyy しかない
最終手段として、ターミナルを開いて、findしたら。。。
  xxxx/Build/Distribution-iphonos/yyyy.app  がある。???
==>
  要は、MacのFinderが勝手にyyyy.appをyyyyと表示しているのね。Mac使いには常識かも知れませんが。。もういや!!
 近頃のWindowsもそうですが、「使いやすい」との錦の御旗で、勝手に表示を変えたりするのは、古い人には耐えられませんね。そのままで良いじゃない。余計な親切は、成長を妨げますよ。ゆとり教育なんて何を考えているの。。。チョッと脱線。

  なにはともあれ、yyyy.app が見つかったのでzip圧縮して無事UPLOADと思ったら、アイコンサイズが違うとのエラーで51x51ではなく57x57サイズにして無事終了。現在、審査中!!

  もう少ししたら有償版もUPLOADしよう

 

(PS)

説明にはGPSロガー/GPS Logger などの文字も入れたほうが良いのかな。。。

 

 

 

 

コメント

RunLogger Free (1)

2009-07-20 20:09:47 | 開発

テスト的に始めたiPhone開発もひと段落したのでアップルストアで売ろうと思って調べたら、RunKeeper以外にも多くの同様なソフトがあった。特にMotionXには驚かされた。機能や画面がプロの物で、これではとても売り出しても無駄だ。とてもかなわないと一瞬思ったが使ってみると目的が違うようだ。機能的には問題ないが、複雑すぎるような。。。機能があちこちにあり、「まとめて見る」事ができず、速度などのグラフ表示が無い。。。など、使い方は十人十色なので、これならば十分競争力は在りそうなのでアップルストアにUPすることにしたが、やはりお試し版が必要なようなので「Run Logger Free」を作成することにした。機能的にはほとんど同じだが、ログリストとして最大3~7程度に制限するつもりだ(MotionXのFreeeは1つのみだった)

 アップルストアに登録するには、いろいろ手続きが必要のようだが、サポートURLも必要なので、AppleのMobaileMeに登録してiWebで写真ギャラリーを作成したり、ブログを作成したりして対応しようとトライ中。。なかなか便利ですね。

(PS) MobaileMeは今流行の「クラウド」環境なので、その実験もかねて使ってみることにした。

コメント

旅行グルメ

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ
にほんブログ村