アサリの砂抜きは不要?

アサリの砂抜きは常識ですが、実際は潮干狩りで取ったアサリを良く洗えば直ぐ食べれます??

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

XCode4.2を入れる

2011-07-25 11:22:42 | iPhone開発
iPhoneの開発環境としてXCode4.2が出ていたのでダウンロードした。
現在仕様中の環境はXCode4.2.5なおで複数環境を同居させる事になる。
複数環境の同居方法は他のブログにも有るが、要は別フォルダーとしてDeveloperを存在させるだけなので以下のようにしてインストールしたDeveloperをリネームしている。
 > sudo mv Developer Developer4.2
ココで、私は特にDeveloperとしてフォルダーは残さず、Xcodeの実行ファイルのエイリアスを作成してディスクトップに置いている。
 エイリアスは Xcode3.2.5/Xcode4.2などで、必要に応じて異なるXcodeを起動して使用しているが特に問題はないようだ。
 リンクをはったり、一々再度リネームしてDeveloperにしたりしなくても良いので複数環境で同時に開発する事もできます。
コメント

なにか始めようと。。。

2011-07-01 21:29:34 | iPhone開発

 ようやくAndroidの作業も終わったので、何かする気がでてきました。久しぶりにXcodeを触ったら、開発関連の証明書も期限切れで、iTuneコネクトで再作成&ダウンロードして。。。後は何をすれば良かったか。。と、うろ覚え(なんせ8ヶ月ぶり?)の操作をしてなんとか開発できるようになった(マニュアルなんて読まないからな~~)。

 Xcodeも4.0.2 が出ていたのでダウンロードして、Xcode3.2.5/4.0.2の2つの体制にした。Xcode4.0.2は3.xxと異なりユーザインターフェースが変わっているので証明書の設定ぶぶんなど探すのに手間取ってまだ、Code Sign error: Provisioning profile 'xxxxxxxxx' can't be found のエラーが取れない。証明書の設定を新しくダウンンロードした物に設定しているつもりだが。。仕方が無いのでマニュアルを読むか(^^)。

 また、前は出来ていなかった(?)アプリとiTune間のデータ転送も出来るようになっていたのは嬉しい事ですね。簡単にデータ転送が出来るので、これならばdxfやshpファイルを転送してgoogleマップとの合成や、ポイント情報をcsvにして基準点として使用するのも簡単に出来そうです。そうすると3Gが取れない山の中でも転送した地図はベースとして表示できるので山歩きにも使えるアプリになるかも。

 また、dxfファイルを見るものを探しましたが、あまり良さそうな物が見つからなかったので、自作しようかな?? せめてAutoCAD-WS位の操作はしたいですよね。

 同じようにshpファイルのViewerもあまり無い様なので、自作するしか無いのかな? まあ、大した事では無いから作ってしまえば使う人も居るかもしれません。

コメント

iPhone AdHocインストールまとめ

2010-10-01 10:56:15 | iPhone開発
初めてAdHocを利用してインストールしたので作業をまとめて置きます。

以下のサイトを参考にさせて頂きました(感謝)。
  http://www.sukechan.net/archives/185/
  http://d.hatena.ne.jp/yositosi/20090724/p1

<手順1>
1。インストールするiPhoneの UDID を取得する。
2。UDIDを設定してプロビジョニングプロファイルを作成&ダウンロードする(A)
  ここまではいろいろなサイトに書いてある事と同じ。

  以下が良くわからなかった点。
3。配布したいaplのプロジェクトを開く。
4。XCodeで プロジェクトープロジェクト設定を編集ー構成 を表示。Distributionを複製してAdHocDistributionを作成する(名称は何でもオッケー)。
5。XCodeで コンパイルターゲットをAdHocDistributionに設定する。
6。XCodeで プロジェクトーアクティブターゲット"xxxxx"を編集-ビルド を表示。コード署名ID/Any iOS Deviceに(A)を指定する。
7。XCodeで コンパイルする。xxxx.app フォルダーが作成される。(B)

  以後はいろいろなサイトに書いてある事と同じ。
8。(A)と(B)をAdHoc配布先に送る。
9。プロジェクトをそのまま使用した場合は「iPhone構成ユーティリティ3.1」を利用してインストールする。

  ドラック&ドロップでのインストール方法も有る様ですが今ひとつ分からなかったので「iPhone構成ユーティリティ3.1」を利用しました。



コメント (2)

ひさしぶり RunLogger

2010-08-21 00:30:30 | iPhone開発
twitterのまとめばかりで、ブログをまともに書いていなかったので、雑感を久しぶりに書いてみます。

1。iPhone開発とOAuth Echo
  引っかかっていたTwitter機能のOAuth Echo対応が終わったので一安心。8月一杯でBasic認証が使えなくなるので、twitte部分はxOauth対応していたが、画像投稿部分(twitpic)はOAuthEchoなので色々試行錯誤していた。twitpicのAPIを見ても、Net記事を見ても良くわからず、色々試していた。結局、一度xOauthでtwitterにログインして、その時使用してOAuth部分の値を利用してOAuthEcho実行したら旨く行った。。。この方法で良いかは不明??だが、問題なく動いているようなのでまあ。。良いか。。と。。。このような「い~かげん」な性格が、この業界で長く生きているノウハウです。マトモに考えていたら胃に穴が開いてしまいますから。

2。RunLogger 2.0.6/1.6.9
OAuth Echo対応以外は、app-store審査対応を行った。
  1)カメラ画像のスクリーンキャプチャーNG対応
    カメラ画像をスクリーンキャプチャーして高速連射カメラ機能を作っていたが、その関数使用を禁止されたので、
   審査を通す為に、一旦高速連射カメラ機能を削除した。iOS4では別な機構で同様の事が出来るようにAPIが追加された
   ので、iOS4にすれば良いが、3GユーザなどOS3.1.xで使い続ける人も居るだろうからiOS4に全面的に移行するのも
   どうかな?と、悩んでいる所です。また個人的にiOS4の動きで気に入らない所も有るので、なかなか決断できないのも
   原因ですが。。
  2)googleが見えるように
    急にMAP画面でgoogleの文字が見えないのでNGとなっていたので、ボタン位置を調整して見えるようにした。
    まあ~googleさんにはお世話になっている訳で、いままでご免なさい。。ですね。

3。問題点
  自分で使っていて問題点がいくつか分かっているが、OAuth Echo対応を第一にしていたのでまだ残っている。
  1)tweet画面が最初は正しくでない。また、画像を選択しているとtweet画面が消える事がある。
    内部動作を見ているとtweet画面(UIView)が、再作成されるような場合がランダムに発生しているようだ。
    3Gでよく見るのでメモリー不足などかな?と、思っているが気持ちが悪いので原因追及しなければ。。
  2)データ保存が正しく終わらず、再起動後計測が続いている場合がある。昔から報告が有るが、原因が不明。
    また、保存したつもりが途中までした保存出来ていなかった事が1回あった。
  3)「実時間計測」が、自転車以上の計測はそれなりに正確だが、歩き/走りの場合は使えそうにない。
    GPS計測で移動スピードが遅いと、殆ど0になり実時間計測判定で「動いていない」になる。結果、値が
    殆ど信用できない物になるようだ。次回のバージョンアップでは、歩き/走りの場合は実時間計測機能
    をカットするように変更予定です。

3。機能拡張
  1)日本語対応
    メニューなどを全て日本語にするかな。。。と
  2)MAP上のINFO項目全表示
    MAP上には時間/距離/速度などを表示しているが、全てを表示するモードを追加するかな。。と。
    自分で使っていて、複数同時に見たいと思う場合がありましたので。。

4。RunLoggerZero
iOS4に完全対応したBGでの計測機能。兎に角軽量にして、サクサク動き、電池消費を最低限にする。
  今までのRunLoggerのサポートプログラムにして、表示などはRunLoggerを使う。。と良いかな。


。。と、まあこんな事を考えてはいるが。。。いつになるか。。。RunLoggerProもそのままだし。。

近頃、OpenDolphinと言う楽しい物も手に入れたので、そちらもイジッテいるし。。。






コメント

こまった(2)

2010-07-27 13:21:43 | iPhone開発
 Ngになっていたと思ったRunLoggerバージョンアップが幾つか通っていて、本日Ver 2.0.5/1.6.8がダウンロード可能になった(ラッキー)。バグフィックバージョンだったので、一安心。

<ver2.0.5/1.6.8>
1。カメラ画像への位置情報設定問題修正。
2。twitterダイアログ表示できない問題修正。

ただし、RunLogger6のみはNGのままなので、対応が必要だが。。。iOS4正式対応にしてUIGetScreenImage関数を正式版に変える方向にするしかなさそうですね。
コメント

こまったな

2010-07-27 00:21:09 | iPhone開発
 App-Storeに審査を出していたアプリが却下になった。いままでは見過ごされていたUiGetScreenImage関数が駄目との話です。iOS4には、同様の関数が新設されたのでiOS4にすれば良いのだが。。。
 現在、iOS4では、カメラ画像保存フォルダーが以前とは異なるようで、緯度、経度の位置情報をRunLoggerから旨く設定できない問題があるし、3GユーザはiOS4にするか疑問なので。。。さあて困った。方法は2つで。。

1)iOS4対応にする
  ◎スクリーンショットが使えるので、0.1秒/枚の高速撮影は可能。
  ×カメラ画像に位置情報設定は出来な。
2)OS3.1のままにすると
  ×スクリーンショットが使えないので、0.1秒/枚の高速撮影は出来ない。
  ◎カメラ画像に位置情報設定が出来る。

さあて、どちらにするか。。。


コメント

RunLogger(1) 実時間計測

2010-07-11 11:28:21 | iPhone開発
  • @j_s_g_a_r_a_g_e  本当にアメリカは太っ腹です。基準局を利用したGPSを触っていますがそれだと安くても数cmの誤差です。いつかわ真似て数10cm程度の誤差にiPhoneもならないかな。。と思っているところです。 posted at 22:36:03
  • @j_s_g_a_r_a_g_e 昔はわざとGPS電波に誤差を持たせて100m以上の誤差を入れていましたから止まっていても150m程度の範囲でふらふらしていました。現在は数m程度のようなのでそのままでも十分使える。。良い世の中ですね。 posted at 21:21:02
  • @j_s_g_a_r_a_g_e 実験するとGPSが振れるので「止まっている」検出が完全にはできませんでした。一応1m以内の振れは「止まっている」としてみましたが、1m以上振れる場合もあるようです。依然と比べると「実移動時間」に相当近くはなったのでアップします。 posted at 20:44:51
  • 諏訪山帰り ver 2.0.4/1.6.7 テスト/2010-07-04 13:40:47,13:53:02 +0900/00h09m10s/3.1km/20.0kmh/ http://twitpic.com/22b41g http://twitpic.com/22b426 posted at 16:38:56
  • @j_s_g_a_r_a_g_e 一応、GPS計測でき、位置が前と同じ場合は時間カウントを除くようにして、実際の移動時間を求めています。大体は良さそうです(微妙な誤差はご勘弁を)。後、どのように表示するかで試行錯誤中。一応、「リアルタイム」の場合は、黄色にして違いを出そうかと。 posted at 09:46:37
  • @amru1957 Rl6/2010-05-27 15:08:50,15:17:30 +0900/00h06m37s/1.8km/16.6kmh/Run=2 /test http://twitpic.com/225gcy posted at 05:22:12
  • @amru1957 Rl6/2010-05-27 15:08:50,15:17:30 +0900/00h06m37s/1.8km/16.6kmh/Run=2 /test http://twitpic.com/225fk2 posted at 05:19:25
  • @jognote c 2010-05-27 00h06m37s 1.8km Rl6 test posted at 05:18:58
  • @N5S16 臼杵も雷が鳴り始めてきました。プログラムを保存しておかなければ。 posted at 03:26:59
  • @j_s_g_a_r_a_g_e 報告ありがとうございます。大体bug修正はできました。現在、平均速度計算の確認中です(実際の移動時間のみで計算するモード realTime追加)。もう少しで終わりそうです。 posted at 03:26:00

コメント

6月30日のtwitter

2010-06-30 23:56:14 | iPhone開発
 雨が少し止んでいたので、自転車で一回り。結果をjogNoteへ投稿する時に、画像添付もしてみたら、無事に記録も更新され、日記に画像のurlもついていた。
==>
 この形式は使える。。。「RunLoggerユーザから、jogNote投稿画面に、画像設定を追加して」との要望が有ったので、実験したら使えますね。
 これは便利。一度の投稿ですみます。。。。次のパージョン機能として加えます。

@jognote c 2010-06-30 00h16m18s 4.2km 一回り ver2.0.3 xAuthtest http://twitpic.com/216btk http://twitpic.com/216bu5
posted at 16:30:46




@mini5550 フォーマット的には良さそうですが、投稿できていませんね。申し訳有りませんが、ちょっと原因に心当たりありません。
posted at 15:15:24


@yfuji9 負けたので天が怒っているのか? 凄い音がしましたね。
posted at 07:20:00


@yfuji9 まあ、理想的な負け方です。ボコボコにならず、PKですから、負けずに帰って来れるのですから。負けずに帰れるのは優勝以外はめったに有りません。
posted at 03:11:52


さあ、次はスペインvsポルトガルだ。。。後1時間半。。仕事しよう。
posted at 01:52:34


まあ良くやったのでしょう。ベスト16は立派な成績でした。PK戦は半分は運ですから仕方が無いですね。あのロベルトバッジヨも外したのだから。
posted at 01:50:14


コメント (2)

RunLogger ジョグノート連携使用方法

2010-06-27 23:54:54 | iPhone開発
RunLogger Web サイト のブログ抜粋です。実際は ジョグノート連携使用方法 を参照してください。


あらかじめ、twitter設定と、jogNote連携設定が必要です。

(1) logを押します

(2) 詳細ログを表示します。

(3) jogNoteを押します。

(4) jogNoteへのtweet内容を確認して、sendボタンで投稿するとjogNoteへrun種類、時間、距離が登録されます。

距離の後には、メモを記述できますので、必要に応じて自由に書き込んでください。
コメント

RunLogger ジョグノート連携設定

2010-06-27 23:48:16 | iPhone開発
RunLogger Web サイト のブログ抜粋です。実際は ジョグノート連携設定 を参照してください。



(1) jogNote http://www.jognote.com/top で、最初にアカウントを作成します。

(2) jogNoteにログイン後、設定を押します。

(3) ユーザ設定を押します。

(4) 事前にtwitterにログイン後、twitter連携を押します。
(5) twitter画面で連携確認が出ますので[許可する」を押します

jogNoteのtwitter連携を設定した後に、RunLoggerのjogNnote連携を使用できます。


jogNoteは 株式会社ウイングスタイル / WingStyle Co., Ltd.  が運営するSNSです。
 詳細は以下のサイトをご覧ください。
     http://www.wingstyle.co.jp/
     http://www.jognote.com/
 また、twitter連携については以下のサイトも参照して下さい。
     http://jognote.wingstyle.co.jp/?eid=1381800


コメント

旅行グルメ

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ
にほんブログ村