アサリの砂抜きは不要?

アサリの砂抜きは常識ですが、実際は潮干狩りで取ったアサリを良く洗えば直ぐ食べれます??

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ASUS P5B-V でPC組み立て

2007-01-29 01:37:00 | 開発

 VISTAでの開発作業も目処が立ってきたので、別作業で必要なPCを組み立てる事にした。PCIボードや、PCI-Expressボードを使用するために、拡張スロットが・PCI Express x16×2・PCI Express x1×2・PCI×3のASUS P5B-V を使用する事になった。CPUも最初は・Core 2 Duoを使用したかったが、そこまでの性能は不要なので・Celeron Dにしようと思っていたが、数千円の違いだったのでFSB800MHZのP4-531にしてしまった。最終スペックは以下のようになった。
メインボード:ASUS P5B-V
CPU: Intel P4-531(3Ghz)
メモリー:エリクサー 512MBx2=1G
ディスク:250G
DVD/RW
筐体:Scythe SCY-0311BK
             幅200x高430x奥行440mm
ディスプレー:I/Oデータ A174VB
            幅380x高390x奥行185mm
 それにしても、PCは安くなったもので。CPUのみ低スペックだが(それでも十分以上の性能)、拡張性を考慮したPCがOSを入れても12~13万で作れてしまうのだから。。
<部品を取り付けて無事起動>
 
実際は、メインボードへの電源接続(2箇所)の1箇所を忘れていて立ち上がらず、青くなって何度もCPU,メモリー、DISKの接続を確認したりしてしまいましたが。。。危ないところでした。
それにしても、透明なカバーはなかなか良いですね。内部が分かるのは、自作時には確認が容易なのでお勧めかも。また、ブルーのLEDも綺麗です。
<恒例のHDBENCH>

結構良い結果がでました。最新CPUと比べると劣りますが、十分です。私のノートより早い。。さすがに3GとFSB800MHZの威力のようです。

(PS)
1.久しぶりに自作すると世の中の進歩が分かります。CPUの取り付け方法が、年々簡単で確実になっているようです。またCPUには昔みたいなPINがなくなっており圧力で接点を接触させる方式になっているのは驚きでした。またCPUクーラが上から4隅のピンを押し込むだけで取り付けられるのは簡単でトラブルが少ない良い方法です。この辺は機械屋さん腕の見せ所だったのでしょう。
2.筐体は全体的に「静音」を意識している物が多くなっているようだ。巨大な大口径の低速ファンがついているものは、あちこちに空気抜きの穴が開いているものなど多くの工夫が見れて感心させられた。
3.メインボード:ASUS P5B-V は、Core2Duoも使用でき拡張スロットの種類も多く、その他のI/Fも豊富であり何にでも使用できるコストパーフォースの良いボードですね。RAID構成も取れるので社内で使用するデータサーバなども作れそう。。。また、Q-Connectorは、システムパネルからの接続を簡単にしてくれる優れたアイテムでした。
4.筐体:Scythe SCY-0311BK は、綺麗です。ドライバー不要でサイドパネルが外せるのは便利です。全体的な作業性はそんなに良くはありませんが、悪くもありません。。。ただし、何も説明書が着いていないのはマイナスか?  前面パネルの開け方が分からず少しドタバタしました。FANがサイドについており尚且つCPUダクトとなっているので熱的な対応は良さそうですが、前面、裏面にFANが無いので若干心配です(追加でFANを前後に設置できるので、追加で購入するか??)

コメント

Windows VISTA での開発(2)

2007-01-23 03:17:01 | 開発
 C:Program Files以下のアクセス問題は、調べるとちゃんと出ているので、MSとしては責任はなく、こちらの調査不足だった。。。いつもやって見てから考えるタイプなので。。。反省。
 詳しくは。。。
http://www.microsoft.com/japan/msdn/windowsvista/compatibility/default.aspx
http://www.microsoft.com/japan/msdn/windowsvista/general/AppComp.aspx
http://www.yoshibaworks.com/ayacy/inasoft/talk/h200610a.html
http://journal.mycom.co.jp/column/winxp/231/

それにしても、VISTAはウザッタイ。 なにか操作すると一々管理者権限で動作してよいか聞いてくる。。それも何回も何回も。また、\Program Files など、管理されているフォルダーへアクセスすると、勝手にユーザのVirtualStoreにリダイレクトされてしまう。 ユーザを信じていないのだろうが、これでは嫌われてしまうのではと思う。 とくに、何回も操作確認するのは疑問だ。 意味がわからない人はOKをとにかく押すか、そこでパニックになりニッチもサッチモいかなくなりそう。また、わかる人は、もともとそのような確認自体が不要なのでメンドウと思うだけなので、どちらにしても不要に思われる。
(PS)
 UAC(=User Account Control)は、ウザッタイ。個人的にはUACをとめてXPと同じように使いたいのでHKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Policies\Systemの「EnableLUA」を0にしてUACを切った状態で使いたいものだ。
コメント

Windows VISTA での開発

2007-01-22 01:30:30 | 開発
 年末、年始から今までWindowsVISTAでの開発ではまっていたが、ようやく目処がたってきた。
 システム関連をいじっているため、起動しなくなる事を前提としているので、開発環境はVMwareServer上にWindwosVistaRC1を作成している。
 案の定、最初は再起動や修正を元に戻す事を繰り返して、一歩一歩進める形だったので、VMwareServerの「SnapShot」を有効利用させてもらった。
 開発が少し進んだ場合、「TakeSnapShot」で、復元ポイントを登録してき、次の変更で動かなくなったときは、「Revert to SnapShot」で登録した復元ポイントに戻す。。事を何回実行したことか。もし、この機能が無かったら、WindowsVISTAを再インストールやリカバリーインストールの繰り返しだっただろうから、それだけでも+10日程度の工数が必要なので、討ち死にになっただろう。
 機能開発が大体済んで、テストに入っているが、そこでとんでもないことが分かった。ユーザ状態でC:\Program Files\xxx (=A)にアクセスすると指定した位置ではなくC:\Users\ユーザ名\AppData\Local\VirtualStore\Program Files\xxx(=B)をアクセスするようだ。しかしシステム状態でC:\Program Files\xxx(=A)をアクセスすると、そのままC:\Program Files\xxx(=A)をアクセスする(当たり前)。 そのため、システムとユーザでは異なるファイルをアクセスするためにデータの同期が取れない。
 いい加減にしてよね。。。。MSさん。。どうしろと言うの。。。こんな使い方、皆しているだろうに。。。これが分かるのに1週間もかかってしまった。。。どうするの。。。もう時間が無いのに。。余計なことはしないでよ。。本当にもう!!!
コメント

モンブラン

2007-01-03 23:26:12 | Weblog

ね~ねが「旨くケーキができない」と言っていたので、嫁さんの「ケーキ作りの特訓」が有りました。。昨年収穫し冷凍保存していた栗を使ったモンブラン作りのようです(1時から始まり、3時半まで。。)。

<気づいたときにはもう裏ごしした栗のデコレーション中でした>

<出来上がり。形は不恰好ですが。。>

いつもですが、家で作るケーキは、程よい甘さで、買ったケーキには無いおいしさがあります。今回のモンブランもしっかりと栗の味がしており、(個人的には、買った甘ったるいモンブランは嫌いですが、手作りのこのケーキは)おいしく頂きました。

コメント

年末年始

2007-01-03 11:41:49 | Weblog

12月27日:博多の「写真展」に行った時に、綱渡り中の受験生がいるので、学問の神様大宰府に寄りました。。
大宰府に「神頼み」。。これで、2x5=10点UPか?>


<油布信和 写真展。一枚の写真を撮るため3年かかった。。など、写真にまつわる話を聞きながら見ると、見方も変わり、写真の新しい発見があります。。。由布岳の写真を頂ける事になりました。ラッキー>

バイクでツーリングしていたとき、「道の駅:湯布院」で、油布さんに会い、それがご縁で写真展を見に行ったら、素敵な写真までもらえる事になりました。不思議な縁で、良い年末になりました。


<折角、車で来たので「名代ラーメン亭」の豚万を買って帰る事に。。電車で、臭いがキツイノデは持って帰れませんから>


<博多駅の「駅弁スタジアム」で買った駅弁。真ん中の「天草大王」の地鶏弁当は最高!!鳥が違います>

宣伝文句:一度は絶滅してしまったわが国最大級の地鶏「天草大王」。半世紀の時を超え復活に成功。その地鶏を使いこくのあるかしわめしの上に弾力のある肉をのせた食べごたえのある一品

1月1日:綱渡り中の受験生のために、代理で護国神社へ初詣。夕方なら空いているとの予想で、夕方6時頃に車で行き、無事駐車場に入れました。1月1日に車で神社の真横まで行って初詣が出来るなど大分ならではの話ですね。
<合格祈願のお守り購入。巨大絵馬と破魔矢が有りました>
  
   
今度は3人で来たので5x3=15点UP!!

コメント

旅行グルメ

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ
にほんブログ村