山 本 あ け み  ~杉並区の緑ゆたかな環境をこどもたちへ~         

杉並区議会議員 

オフィシャルサイト
http://yamamotoakemi.com/

士業連携を推進しています。

2020-01-11 | 議会報告

ちょっと遅くなりましたが、昨年秋の決算特別委員会報告です。

皆さんは、士業というと何を思い浮かべますか?弁護士や税理士など、士が付く職業をサムライ業として専門性の高い職業としています。かくいう私も建築士です。

 

参考:社会人の教科書、士業とは?全14種類の士業 

https://business-textbooks.com/professional/

 

昨年秋に行われた、決算特別委員会に置いて、士業の連携を提言しました。実は、これまでも区内他士業のある団体から、災害時にも備えて区内士業の連携を図る必要があるとご提言をいただき、<wbr />区に提案をしてきました。

今回は更に日常的な区民の相談窓口の充実を目指す取り組みという<wbr />事で再度提言を致しました。

現在、区民からの各種相談を士業の方々がそれぞれ別の相談窓口となって区民相談をしていますが、相談が多岐の分野にまたがる事も多いのが実情です。

参考:杉並区区民相談のご案内

https://www.city.suginami.tokyo.jp/guide/soudan/kuminsoudan/index.html

 

港区では、10士業の連携による「港区くらしと事業の無料相談会」が開催されました。

https://www.library.metro.tokyo.jp/guide/event/various/4872_20180723.html

東京都不動産鑑定士協会等主催の法律相談会に、弁護士・税理士・不動産鑑定士・司法書士・行政書士・建築士・土地家屋調査士・社会保険労務士・公認会計士・弁理士の10の専門家、総勢60数名が参加。くらしや事業に関する問題を抱える相談者に対し、異なる業種の専門家3名ほどがチームを組んで相談に応じ、相談者にとって貴重な機会となったと考え、当区でも同様の取組を行う様、要望しました。

そして、先日同じような発案で、福祉関連で区内でご尽力いただいている士業の方から、連携のご相談をいただきました。専門性を活かしながら、社会貢献をして行きたいという大変ありがたいお話です。

今後に繋げて行きたいと考えています。

 

 

 
コメント

「プレーバック、プレーパーク! 遊び場をめぐる冒険」に行ってきました。

2020-01-10 | 活動日誌

皆様、子どもプレイパークってご存知でしょうか?

プレイリーダーが見守りをしながら、お仕着せの遊びでは無く、子ども達が自分自身で遊びを作り出す場所です。泥んこになったり、木に結び付けたロープで遊びを作り出したり、子どもの目がクリクリとまん丸くなっちゃう程楽しい場所。「自分の責任で 自由に遊ぶ」って、今の時代実現するのって案外難しいですよね。

本日は、国内で初めて誕生した「羽根木プレイパーク」に関する歴史を振り返る展覧会に行ってきました。https://www.setagaya-ldc.net/program/466/

※写真が横になってしまいます。すみません!

会場は世田谷区三軒茶屋のキャロットタワーにある、世田谷区文化生活情報センター 生活工房。どんな場所だろうと分からないまま行ってみると、展示会場と市民活動の場が混然としていて、何とも魅力的な人が集まる雰囲気でした。

生活工房のホームページには、「世田谷区が設置した、美術館でも、博物館でも、公民館でもない、ユニークな公共の文化施設です。生活工房では、日常の暮らしに身近なデザイン、文化、環境などをテーマに、展示、ワークショップ、セミナーなど、子どもから高齢者までが参加できるプログラムや、手作り品のフリーマーケットなど地域に密着したイベントを実施しています。また、コミュニティキッチンや、ワークショップ、ミーティングなどに利用できる部屋の貸出しも行います。」とあります。何とも、おしゃれな取り組み。

羽根木プレイパークには何度か子どもを連れて遊びに行ったことがあります。高低差のある雑木林の中に、手作りの小屋や遊び道具があり、手作り感満載の遊び場には時間を忘れて子ども達が自由に過ごしています。事の起こりはそこに住む子育て世代が熱心に作り出した空間で、その継続を行政が後押しする様子を振り返る事が出来ました。

私は小学生の頃、とにかく木登りが好きで、高い木の上に登って、下を歩く人を驚かせたものです。いわゆる、おてんば娘。でも、思いっきり自由に遊んでいた思い出は、今となっても大切なものの一つです。私の息子にも木登りを沢山させて来ました。だから、子どもプレイパークを多くの子ども達に体験して欲しいと願っています。

 

杉並区内でも、多くの方々のご尽力で、柏宮公園、善福寺公園などで開催されいます。沢山の子ども達が笑顔で遊んでいます。弾けたように自由に遊ぶって、本当に素晴らしい!場を作り出して下さる方々に感謝、感謝です。

私も微力ながら、区議として初めての一般質問で、子どもプレイパークの取り組みを求めました。区ではその後、協働事業として試行の後に事業化をし、現在も継続してくれています。

山本あけみ平成23年第2定例会一般質問→http://suginami.gijiroku.com/voices/g07_Video_View.asp?SrchID=803

※注:Windows7のサポート終了に伴い、令和2年1月14日をもって、平成27年以前の本会議の録画映像は視聴できなくなります。

杉並区HP 子どもプレイパーク→ https://www.city.suginami.tokyo.jp/guide/kosodate/jdoukan/1055491.html

 

現在、整備が進む都立高井戸公園に隣接する富士見ヶ丘小・中学校の敷地内に、常設の子どもプレイパークを作る事が出来ないか、杉並区に提言しています!

実現を願って、頑張ります!

 

 

コメント

区政報告発行 休止に関するお知らせ

2020-01-10 | 活動日誌

皆様に区政や山本あけみの取組をご報告するために、これまで区政報告の発行を続けて参りましたが、止む無く見直しの為、休止と致しましたので、ご報告をさせていただきます. 

初当選以来9年間に亘って、原稿を作成し、デザイン・印刷・封入・送付に関しては外注とし、経費を全て政務活動費から拠出して参りました。

これまで発行の区政報告 http://www.yamamotoakemi.com/kuseihokoku/kusei.html

 

政務活動費とは議員活動に関しての経費で、杉並区から支給される範囲内で、基準に則って広報活動や視察などの宿泊・交通費、区民意見交換会等の会場費や講師料などに使用し、領収証を添付の上、区議会議長に報告の義務がある公費です。

昨今、大変残念な事ですが、他自治体での不正流用などのニュースなどもあり、使途に関しては、当たり前とは思いますが、常に厳しい目が向けられています。

 

使途基準は都度見直し案が検討されてきましたが、区政報告には区政と関りの薄い事項も含まれる場合があることから、経費を100%計上出来なくなるという案が出てきました。 

わたくしはこれまで国政や政党関係は別に印刷物を作成し、公費を使う区政報告に掲載する場合には面積按分によって”相応”の個人負担をしてきました。

しかしながら、自治体によっては何をもって”相応”とするか議論が分かれる基準では無く、製作費の半額を議員個人の負担としている場合があり、もし現在の発行形態で同様の個人負担を求められた場合には、これまでの様に郵送で区政報告をお届けする事は出来ないという判断を致しました。

基準の変更が遡って適用を求められるケースもあり、到底負担できない額となります。

 

区民生活に一番身近な自治体の議員として、これまで区民の皆様からご意見を頂きながら区政へと提言をし、そのご報告をするというスタイルで活動をして参りました。

今後は区政報告発行に替えて、経費が掛からない形でのご報告を模索して参ります。

別途で「山本あけみメールニュース」の月次発行をしており、紙ベースの区政報告発行に替えて内容を充実する為の検討をしています。まだお手元に届いていない場合には、下記宛に是非メールアドレスをお知らせ下さい。

その他、活動報告をブログで発信し、政策やこれまでの活動をまとめた「山本あけみオフィシャルサイト」もございます。パソコンが身近で無い場合には、ご用命いただければ、こちらでプリントアウトしたものを郵送させていただきます。

今後とも、どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

令和2年1月10日 杉並区議会議員 山本あけみ

オフィシャルサイト http://www.yamamotoakemi.com/

メールアドレス Yamamoto.akemi1965@gmail.com

コメント

阿佐ケ谷駅北東地区地区計画の決定案の審議が行われます

2019-12-18 | 議会報告

区政の中でも都市計画分野は、大変分かりづらいと思っています。

東京都や杉並区による道路や公園、まちづくりなどの計画決定までの段階はいくつもあり、何時どうやって、どの様な議論があり決まっていくのか、また行ったのかを知るのは本当に難しいです。計画を知った時には、既に決定後で変更は出来ないと言う事が多くあると考えています。納税者にとっては大変なジレンマです。

 

私の地元久我山でも、大型幹線道路沿いに相応しいまちづくりを進めるための地区計画策定が行われました。生活の環境を大きく変える道路計画や地区計画を知る為に、市民活動をしていた頃は都や区の会議の議事録などを時系列で読み勉強会もしました。

また、区議となってからは内容に関し機を捉えて提言を続けてきました。今では建て替えが進み、地区計画に則った、大変良いまちなみに生まれ変わりつつあります。(もちろん、もっとこうして欲しかったという部分はありますが。)

参考⇒玉川上水・放射5号線周辺地区地区計画 https://www.city.suginami.tokyo.jp/_res/projects/default_project/_page_/001/004/948/hougo_pnf201903.pdf

 

 

JR阿佐ヶ谷駅の北東地区では、小学校と病院の移転を含む地区計画の議論が進み、平成29年から行われてきた計画策定の最終段階となって来ました。これまでも様々な議論が議会でも行われて来たことから、ご関心をお持ちの区民の方も多くいらっしゃる事と思います。

 

地区計画とは、地区の課題や特徴を踏まえ、住民と区市町村とが連携しながら、地区の目指すべき将来像を設定し、その実現に向けて都市計画に位置づけて「まちづくり」を進めていく手法で、具体的にはその土地にどれ位の大きさや高さ、用途の建築物を建てることが出来るかなどを決定して行きます。

参考⇒地区計画(東京都都市整備局)http://www.toshiseibi.metro.tokyo.jp/kenchiku/chiku/chiku_1.htm

 

私は、住民を交えて、まちの課題解決を図る事が出来る地区計画の取組を推進しています。道路は道路だけ、公園は公園だけ、防災は防災だけを考えていても解決は難しく、また、住民の意見を集約して成案まで結びつけるためには、決まった制度に則って進めて行く事が必須と考えているからです。

 

区議へ転身をする以前は、住宅の設計に20年間携わって来ました。私がプランをしたモデルハウスがまだ幾つかあるようです。出来上がりを想定しながら平面での計画をし、最終的には立体を作り出します。その大変さを実感してきました。設計を進めるに当たって、クリアしなければならない条件は無数にあり、あらゆる項目をできる限り実現を目指しながら全体最適を探り、最終決定をして行きます。杉並区で行われている地区計画を含むまちづくりも同様だと考えています。ただ、まちづくりは影響を受ける人が多い分、住宅設計よりも遥かに大変です。

 

東京都の地区計画決定状況を確認すると、お隣の世田谷区は70か所、中野区は10か所、練馬区は38か所に比べて、杉並区は8か所でとても少なく、私はもっと住民の発意に基づく地区計画制度を活用して、住みやすいまちづくりを目指すべきと提言しています。

参考:杉並区の地区計画決定状況 https://www.city.suginami.tokyo.jp/guide/sumai/ie/1004948.html

   世田谷区の地区計画決定状況 https://www.city.setagaya.lg.jp/mokuji/sumai/003/004/d00150524.html

   東京都の地区計画決定状況 http://www.toshiseibi.metro.tokyo.jp/kenchiku/chiku/chiku_5.htm

 

特に世田谷区の「区役所周辺地区地区計画」では、計画区域内で十分な安全性を備えた広域避難所と災害に強い市街地を目指し、また、日常の暮らしやすさや利便性の確保や非常時に助け合えるコミュニティづくりを目指してかなり広範囲に取り組みを進めており、大変参考になります。  

参考:世田谷区役所周辺地区地区計画 https://www.city.setagaya.lg.jp/mokuji/sumai/003/002/001/d00123698.html

 

これまで阿佐ヶ谷駅北東地区では、下記の課題などがあると考えてきました。

・老朽化による小学校の改築、これを機により良い環境づくり。

・河北病院は災害時に緊急医療救護所が開設される為、受け入れ態勢の充実。

 https://www.city.suginami.tokyo.jp/shisetsu/bousai/kyugo/index.html

・平常時にも多くの救急患者が運ばれてくるため、病院への救急車両の円滑な運行。

・商店街など周辺の道路幅を広げ、歩行者や買い物客が安心して通行できる環境づくり。

・杉一馬橋公園通りの拡幅により木造密集地帯への避難路の早期確保。

・街路樹増設など、緑被率向上が望まれる。

・駅前周辺全体を踏まえた土地利用や街並みの検討。

 

この計画の最終審議が行われる第190回都市計画審議会が下記の通り行われます。私も委員として審議に加わる予定です。この審議が終わるとその結果は区長へと答申され、最終決定となります。

◆開催日:令和1年12月23日(月曜日)

◆開催時間:10:00~12:00(予定)

◆開催場所:杉並区役所 第3・4委員会室(中棟5階)杉並区阿佐谷1-15-1 杉並区役所

◆内容:

  • 東京都市計画地区計画阿佐ケ谷駅北東地区地区計画の案(杉並区決定)(予定)
  • 東京都市計画高度地区の変更案(杉並区決定)(予定)
  • 東京都市計画防火地域及び準防火地域の変更案(杉並区決定)(予定)
  • 東京都市計画用途地域の変更案〔東京都決定〕(予定)

◆審議会委員:https://www.city.suginami.tokyo.jp/_res/projects/default_project/_page_/001/005/056/iinnmeibo0924.pdf

◆これまでの経緯:https://www.city.suginami.tokyo.jp/kusei/toshiseibi/machi/1037301.html

 

都計審とは都市計画を定めるときに、都市計画法に基づき都市計画案を調査審議する機関です。都市計画は都市の将来の姿を決定するものであり、住民の生活に大きな影響を及ぼします。このため、都市計画を定めるときは、行政機関だけで判断するのではなく、学識経験者や議会の議員、関係する機関などから構成される審議会の調査審議を経て決定することとなっています。

 

本計画には様々なご心配のお声を聞きます。いわゆるけやき屋敷の既存木を守るために、区では敷地内に保存緑地と歴史的景観緑地を定めた上で最低の緑被率を25%(制度上の上限)と定め、できる限りの保存に努めています。希少生物の保護にもしっかりと対応を求めて行きます。

また、区が作成する資料は行政資料の域を出ず、一般には理解するのが大変だと思います。文字と図面だけでは全て読み込んだとしても、一向に計画の全体像がつかめないのが現状では無いでしょうか。

民間は利益追求の為にマンション販売などではイメージ優先の資料を作るため、行政が作成する資料と差があり過ぎます。

住民のご理解を得るためには、資料作成などの工夫がもっと出来るだろうと考え、区に求めています。

個人的には病院建築の工夫をして、まちを行き交う人や病院に行かれる方々の憩いの場となる様、25%に留まらず、もっと多くの緑を残し、また増やして貰いたいと考えています。

本地区計画では、多くの沿道緑化が盛り込まれている為、現在よりも目に入る緑は確実に増えると考えています。

また、新しく植える街路樹にはまちとしての統一感を持たせ、歩道の舗装や段差にも気を配ってほしいと考えています。

 

緑を残して欲しいというお考えをお持ちの方の中には、区で土地を購入して公園として開放をして欲しいという方がいらっしゃいますが、私有地ですので所有者のお考えが最優先であろうと思います。

 

ご質問などがございましたら、出来るだけお答えして行きたいと考えておりますので、是非お寄せください。よろしくお願い申し上げます。

 

 山本あけみメールアドレス:yamamoto.akemi1965@gmail.com

 

 

 

 

 

 

コメント

第2回AI・スマート住宅EXPOに行ってきました

2019-12-13 | 活動日誌

昨日、青海展示棟で行われている、第2回AI・スマート住宅EXPOに行ってきました。

展示場では、住宅・ビル・施設に関連する商材が並び、AI(人工知能)・IoTを使ったスマート住宅技術、ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)関連設備やまちづくりを含めた実際の取組などが一堂に出展していて、相互に理解を深め横断的な取り組みが期待出来る展示会でした。

こんなにも規模が大きく、また成長している分野なのだと実感。来場者は住宅メーカーや工務店、ゼネコン、マンション、設計事務所、リフォーム会社などの関係者が対象となっていました。

参考:https://www.aihome-expo.jp/ja-jp.html


以前住宅の設計をしていた頃に行っていた展示会の商材と言えば住宅設計用の輸入建材や設備が目立ちましたが、今回の「第2回AI・スマート住宅EXPO」ではその名の通り、AIやIotを使っていかに効率よくスマートな建物を作っていくかが主眼に置かれ、アドバイザーリー委員には建築・工務店・不動産・ゼネコン・設計・住宅メーカー・家電・住設の経営者が名を連ねるなど、業界横断的な取り組みのすごさに驚きました。


同時開催のセミナーもスマートウェルネス、ZEH、スマートビル、スマートシティなど時代の最先端を走る方々のセミナーはどれも魅力的なものが用意されていました。


区議が畑違いの展示会場に足を運んでいる、と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

私は地元久我山のまちづくりに関心を持ったことがきっかけで区議となり、議会が開かれていない時期には区政を中心に幅広く調査活動をしています。今回はその一環として行ってきました。


現在、区の重要課題の一つは区立施設の再編整備と、それを契機にした公共施設マネジメントだと考えています。

参考:杉並区区立施設再編整備計画 https://www.city.suginami.tokyo.jp/kusei/seisaku/gyousei/bumon1/1013498.html

   公共施設マネジメント http://management.furusato-ppp.jp/?dest=guide


区内に凡そ600か所ある区立施設は老朽化や役割の変化から再編が必要となっていますが、改修・改築のみに止まらず、これまでの単純な「管理」の対象であった公共施設を、より効率よく「運営」するための公共施設マネジメントも併せて重要な課題と考えています。また財政面でも単年度収支に止まらず、将来負担を見据えた再編計画として行かなくてはなりません。これは杉並のみならず、全国の自治体が抱える、とても大きな課題です。


公共施設マネジメントを考えていくときには、どうやったら最先端の技術を無理なく取り込むことが出来るのかを、もっと自治体側が欲張りに情報を集め、積極的に議論し、取捨選択しながら進めていく必要があると考えています。

こんなにも多くの民間の技術力がありながら、旧態依然とした建築物の作り方を繰り返していては、「公共施設=時代に取り残された建築物」となってしまうのではないか、という危機感もあります。

 

これまで、公共施設マネジメントの積極的な取り組みを区に提言してきました。具体的には、

・中央図書館改修時に省エネ建築物に作り直し、改修前と後のエネルギー効率を比較し、費用対効果を測り次へと繋げる

・環境配慮型公共施設整備指針の策定(例:さいたま市https://www.city.saitama.jp/001/009/015/001/p035738.html

・設計者選定をプロポーザルで実施し、最先端の技術を公共施設に取り込む工夫をする

 ⇒中央図書館改修と富士見丘小・中学校改築で実現しました。

などです。


いったん公共施設の計画が始まると、熟議をもって事を進める事が本当に難しく、ましてや事後報告を貰う区議の立場からすると本当に歯がゆい思いを抱えています。


私は公有地の活用は地区計画を含めて広い範囲で行い、公共建築物の計画は土地活用から建築物の省エネルギー性能の最大限の追及や初期コストとランニングコストを抑えていく設計とし、その分の予算を教育・福祉に回して行って貰いたいと考えています。言葉にするのは簡単なのですが、これを区役所側に同じ思いを持ってもらい、実現へと繋げていく事が本当に難しい。


力の無さを感じつつ、こういった提言の積み重ねが区民生活が少しでも良くなり、引いては地球温暖化抑制に少しでも貢献できる様願い、提言力を磨きます。


日々流れてくるグレタ トゥンベリーさんの想いに応えていく為には、私たち大人はもっと頑張らなくてはと想いを新たにしています。

CNNのご紹介:https://www.cnn.co.jp/showbiz/35146757.html


頑張るぞ!

 

コメント

障害者・障害児に関して、一般質問を行いました。

2019-11-23 | 議会・一般質問のご報告

本年4月の区議会議員選挙の公約にも掲げた、障害者・障害児への取組の推進を目指し、令和元年11月20日「障害者・障害児について」一般質問に臨みました。

※以前の写真です。

動画⇒http://suginami.gijiroku.com/voices/g07_Video_View.asp?SrchID=6186

 

立憲民主党は多様な個性や価値観が認められ、基本的人権が尊重される「共に生きる社会」を実現する為の活動を続けており、当区でもより一層の推進を図って欲しいという立場から質問を致します 。

当区では、昨年3月「第5期杉並区障害福祉計画」と「第1期杉並区障害福祉計画」を一体的に策定しました。計画策定にあたり、社会情勢の変化と前計画との主な変更点、両計画を一体的に策定した意義について確認をすると共に、質疑を通して、

・放課後等デイサービスの利用拡大への取り組み

次世代育成基金事業などを活用し、障害のある無しに関わらず参加できる、福祉的な視点を入れた取り組み

民間事業者と連携した、障害者の就労支援への取り組み

精神障害者への障害年金の制度周知の為の取り組み
・共生社会実現の為のハードとしての公共施設や公園づくりの取り組み

等を要望しました。

全般的には、要望に対する答弁が良い内容であったと思い今後の事業の参考にして下さると思いますが、放課後等デイサービスに関してと、公共施設づくりに今回の質問した趣旨がどれくらい盛り込まれていくか、今後とも注視が必要と考えます。

 

以下、質疑と答弁を全文掲載いたします。(若干ですが、原稿と実際が違う部分があります)

 

 

私は、立憲民主党杉並区議団の一員として、通告に基づき質問を致します。

質問項目は「障害者・障害児施策」についてです。

さて、人々の幸福とはどういったものか、哲学的でもあるこのテーマには世界各国や、また国内においても、尺度の違いこそあるものの、大規模な調査が行われています。

その一つ、国連の関連団体が毎年発表している「世界幸福度リポート」は、「どれくらい幸せと感じているか」を評価した調査に加え、GDP、平均余命、寛大さ、社会的支援、自由度、腐敗度といった要素を元に、幸福度を計るというものです。

日本は「人生選択の自由さ」や「寛容度」が低く幸福度を押し下げ、年々順位を下げており、大変残念な事に2019年には58位と先進国で最低レベルにあります。

この調査では、上からフィンランド、デンマーク、ノルウェー、、、アイスランド、オランダ、スイス、スウェーデンが続きます。

北欧諸国は税金が高いものの社会保障が手厚く、質の高い教育をしていることで知られ、ジェンダーギャップを縮める取り組みにも積極的です。

 

私は、25年ほど前、前職の設計の研修でオランダとスウェーデンを訪れ学ぶ機会がありました。

オランダの公営住宅では、車いす利用の方の一人住まいを拝見しました。キッチンの作業台は上下にアジャストできるようになっており、使いやすいように自由に変えることが出来ました。

当時の日本ではこういった物は無く、大変驚きました。

また、スウェーデンではストックホルム近郊の小さな自治体が運営する、補助器具センターを視察しました。補助器具とは日本の福祉用具に当たるもので、機能障害を持つ人に提供することは自治体の責任であり、使用者の様々なニーズに応えるべく豊富な種類と量を揃え、基本的に無料もしくは安価でレンタルされます。

※28歳の頃。スウェーデンの補助器具センターにて。若い!

生活を支えるシステムが充実し、ノーマライゼーションを具現化している様子を拝見し、そこで暮らす人々の幸福を社会が支えていく重要さを知った、大変貴重な機会でした。

 立憲民主党は多様な個性や価値観が認められ、基本的人権が尊重される「共に生きる社会」を実現して行く為の活動を続けており、当区でもより一層の推進を図って欲しいという立場から以下質問を致します。

 Q1

当区では、昨年3月に「第5期杉並区障害福祉計画」と「第1期杉並区障害児福祉計画」を一体的に策定しました。計画策定にあたり、社会情勢の変化と前計画との主な変更点、両計画を一体的に策定した意義についてお伺いします。

 Q2

また、本計画と、「杉並区障害者計画」の違い、両計画の関係性についてお伺いします。

A1&2

平成28年の障害者差別解消法の施行と、障害者総合支援法の改正、さらには、平成30年4月からの障害者雇用率の引き上げなど、大きな変化があり、こうしたことに計画では的確に対応している。また、新たに障害福祉分野の計画における共通の基本理念と、3つの基本的方向を掲げた点が前計画との違い。

両計画の一体的策定の意義は、児童福祉法の改正により、障害児福祉計画の策定が義務化された事を受け、第1期の計画を策定するにあたり、計画間の連携を図り効果的に施策を推進していく観点から、第5期杉並区障害福祉計画と一体的に策定。

両計画と杉並区障害者計画との連携に関し、杉並区障害者計画は、杉並区保健福祉計画に包含された、障害福祉分野における基本計画として、両計画の上位の位置づけであり、整合性を図りつつ、国が定めた基本指針に基づき、サービス等の提供体制の成果目標や事業の見込み量を定めるなど、施策をより具体的に推進するための計画。

 計画の実効性を高めるためには、実態把握が十分なされているかが重要です。 本計画の「杉並区の障害者を取り巻く現状」を確認しますと、障害種別の手帳所持者数の推移が掲載され、例えば精神障害者が、平成25年度から4年後には34%の高い伸び率となっていますが、内訳が示されて無いため、詳細を知る事が出来ません。

精神障害は主に思春期・青年期に発症することが多く、統合失調症の様に経過が長期にわたり支援が必要となる場合や、うつなどの投薬により症状が抑えられる場合など障害者が抱える大変さはひとり一人違うため、より詳しく実態の把握が必要となります。

うつ病等の気分障害と自殺との関連性に関しては広く知られてきた所ですが、一体杉並区ではどれ位の人がどういう障害を抱えているのかを細かく把握する事は自殺予防などの関連した施策の充実にも繋がると考え、取り組みを要望します。

Q3

次に障害児 通所 給付費について、平成24年度は1億6千8百万円強であったものが、平成28年度には8億7千3百万円強と5倍以上に増えていることを再確認致しました。例え費用が増えてでも成長過程にある子ども達への手厚い支援を要望するところですが、区ではこのまま増加していくとお考えか、ご見解をお伺いします。

A3

給付費はこの間、年々増加している。乳幼児健診やあそびのグループなどを通じて、発達に課題等のある児童について、児童発達相談窓口をご案内し、早期の療育につなげる仕組みを、この間、整えてきたことなどによるもの。

さらに、近年、保護者の発達障害への理解が広がり、相談件数が増加し、今後も障害児を対象としたサービスの需要が伸びることが予想され、給付費の増加傾向は当面続くと考える。

 

本計画では、

Q4

国が示した基本指針と、それに対する区の成果目標を細かく記しています。その概要はいかがか確認を致します。

Q5

本年は、本計画の真ん中の年に当たりますが、これまでの進捗状況と達成までの課題、達成に向けてどのように進めていくのかお伺いします。

 A4&5

国の基本指針では、福祉施設から一般就労への移行など、5つの分野について、区に成果目標の設定を求めており、区では、これまでの実績と現状を踏まえ、基本指針を上回る目標を設定。H30年度末の実績では、定量的な目標は、若干目標値を下回っているものが一部にあるが、おおむね目標を達成。定性的な目標に関しても計画に従い着実に取り組んでいる。

課題は、どの分野にも共通して、障害者が地域生活を送る上で必要な支援を受けられるための相談の充実があり、さらに重度化、高齢化した障害者へのサービスを担う人材の確保も課題。サービスを実施する民間事業者とも連携し、相談支援体制の充実と、人材の確保策の検討を進めている。

現在、計画の中間点を過ぎたところで、引き続き各分野の取り組み項目にしっかりと取り組み、目標の達成に努めていく。

 

次に就労支援についてお伺いします。

昨年の障害者の法定雇用率の引き上げにより就労が進んで行く事で、一人一人が特性を生かし、生き生きと暮らせる社会へと近づいていく事を願っています。

本計画にも、特別支援学校から福祉施設を利用せずに一般就労する方が増えてきたといった記述があります。

 インターネットで障害者、就労といったキーワードを入力すれば、多数の民間事業者の取り組みが出てきます。

例えば聴覚障がいをお持ちの36歳女性はブライダル会社の人材育成担当、 また、視覚障がいをお持ちの51歳女性は情報・通信会社の人事部で働く事例が掲載され、大変満足しやりがいを持って働く姿が紹介されています。

 先日、当区在住の障害者就労支援の民間事業者の、第一線で働いている方にお話を伺う機会がありました。社会に必要とされる新たな事業を任されており、生き生きと話す姿が印象的でした。

改めて考えてみると、当区でも同様の支援の体制がこれまでにもあり、公が担うべき部分とはいったい何なのか疑問を持ちました。

Q6

このように民間事業者の参入も増えていると聞いている所ですが、当区の障害者雇用支援事業団との役割についてどのように考えているかお尋ねします。

A6

障害者の就労を支援する障害者就労移行支援事業所は現在、区が出資して設立した杉並区障害者雇用支援事業団のほか、社会福祉法人や民間事業者が運営する事業所が6か所ある。

杉並区障害者雇用支援事業団の役割は、他の事業所と同様に、障害者就労移行支援事業所として、通勤のための訓練、体験実習の実施、求職活動の支援、職場への定着のための支援等を担っている。

さらに、地域の支援力の向上を図る為、関係機関が参加する雇用支援ネットワーク会議や事業所連絡会などを開催し、困難ケースの事例検討や企業見学会、指導員研修等を行うなど、中核的団体としての役割も果たしている。

今後は民間事業者の業務範囲やそれぞれの特性を調査し、民業圧迫にならない様、区で行っている支援と相互に連携できる関係づくりを目指す等、更なる取り組みを要望致します。

 

次に、

障害者地域相談支援センター、通称すまいるの周知が進み、相談実績が増えてきました。区のご努力に感謝いたします。

 私はこれまで質疑を通して、同じ障害に関する相談先が区内に複数あるため、一人の人が複数の窓口に相談しているのでは無いか、また、相談先の相談件数を纏めるカテゴリーにも統一性が無い事から、相談者と件数の実数の把握が出来ない現状があるのでは無いかと訴え、改善を求めてきました。すまいるが出来た事で、一元化して実態把握ができる様になったことは、大きな進捗であると大変評価をしています。

 また、平成24年の一般質問において、成人期における発達障害者の特徴や現状を訴え、支援の着手を求めました。当区ではその後、

Q7

独自に成人期の発達障害に関して、アセスメントシートを利用した支援を開始していますが、今年度の実施状況と支援による効果はいかがかお尋ねします。

A7

保健センターや地域ネットワーク推進係り、杉並区障害者地域相談支援センター「すまいる」で、アセスメントシートを作成した方は、本年10月末現在、34名。

専門プログラムの利用により、本人の特性が明確化することから、支援者にとって支援方針を立てやすくなり、本人にも気づきが生まれることで、次のステップに進みやすくなるという効果があると考える。

 

次に、平成16年に策定された「精神保健医療福祉の改革ビジョン」において  「入院医療中心から地域生活中心へ」という理念が示されて以降、少しずつですが進捗が見られ、昨年6月の社会保障審議会障害者部会では、各自治体における精神障害に係る障害福祉計画の 実現のための具体的な取組が話し合われました。当事者の入院から地域への願いが叶いつつあります。

 Q8

本計画には「精神障害にも対応した地域包括ケアシステムの構築」という項目がありますが、その概要、対象者はどれくらいいるのかお伺いします。

また、区内には精神科病院がありません。

どのように他自治体の関係機関と連携を進めているのかお伺いします。

A8

精神障害者の地域移行をさらに進める観点から示されたもの。国の調査では、H30年6月現在、精神科病棟に1年以上入院をしている方は377名。その方たちの地域移行促進の為、地域自立支援協議会の中の、地域移行促進部会で民間事業所等の協力のもと、チームを組んで区外の精神科病院を訪問するなど、顔の見える連携作りを進めている。

 世田谷区から本年2月発行の、「精神障害者施策の充実に向けて」という報告書を見ました。

その中には、未治療や治療中断等の対応が困難な精神疾患等に対応するために、雇上げの専門医師を含む多職種チームによる訪問支援を実施する事、

また、世田谷区内にある東京都中部総合精神保健福祉センターとの連携がある事などが書かれ、これ以上は望めないほどの体制だと感じました。

訪問支援・アウトリーチへのご要望も長く当事者のご家族の方々から頂いております。実現への道を拓かれるよう、取り組みを要望します。

 加えて、地方から上京し単身で杉並区にお住いの精神障害者の方々は、家族による見守りなどが無いため、支援に繋がる事が出来ずに孤立し、長期入院などのままとなるケースが考えられます。特段の手厚いご対応をお願い致します。

 

次に、

今回の質問を纏めるに当たり、東京23区と、隣接する武蔵野、三鷹市の障害者・障害児への支援体制など関して独自のアンケートを実施しました。

以下、アンケート結果を踏まえて質問を致します。

 

まず、「放課後等デイサービス」についてお伺いします。

一人当たりの年間利用日数は最大の豊島区の216日、大田区の180日、板橋区の139.9日に比べて、杉並区は68.9日と少なく、また、当区が定める学童クラブと併用に関してのルールや制限を設けていない区が8区ありました。

 他区のこういった状況や、

Q9

計画の活動指標の中にある、利用の見込量だけ見ると、縮小していくように見え、心配するところです。当区のご見解をお伺いします。

 民間事業者によるサービスを、公費を使って利用する場合には、サービスの質に関しても厳しい目を持って見て行かなくてはならないと考えます。

一方で、利用制限が厳しい自治体では事業採算性が合わずに、良い事業者さんであっても他区へと移ってしまうのでは無いかという心配も出てきます。

ここで改めて、

 Q10

放課後等デイサービスを必要とする児童・生徒の利用や、学童クラブとの併用に関する区の考え方を確認致します。

利用者のご家族からは、子どもの成長に大きく寄与するこのサービスをもっと多く利用をしたいというお声をいただき、また、ある事業者からは子どもは必要としているのに、行政によって利用回数を制限されているのでは無いか、といった心配のお声を頂きます。

 

Q11

区の考え方について、事業者や保護者に対して理解をしてもらえるよう取り組む必要があると考えますがいかがか、お尋ねします。

 A9&10&11

 見込み量は、「放課後等デイサービス」利用者と対象が一部重なる「学童期発達支援事業」をH29年度から始めた事により、そこに移行する利用者が一定数生じ、見込み量は減少したが、両事業を合わせると増加。

 利用は、厚生労働省の通知に基づき、障害児の心身の状況や年齢に合わせた無理の無い利用日数を目安として定めている。具体的には、小学校1,2年生が週1日から2日、小学校3年生から6年生が週2日から3日とし、中学生以上が週5日以内。学童クラブと併用の場合は、週2日とし、必用に応じて目安の利用日数を超え支給決定している。保護者に対しては利用相談などの際、また、事業者に対しては連絡会などの場を通じ、制度の説明をし理解を得る様にしている。今後も個々のケースに応じ、丁寧な説明に努める。

本サービスは、まだまだ発展途上であると考えます。他自治体の取り組みを参考としながら、区民のお声を大切に、何よりも必要とする子ども達の為に今後とも改善をして行かれるよう、強く要望をしておきます。

 

次に、

そもそも共生社会実現の為には、障害者・障害児施策は福祉分野の関係者だけが考え、実行して行けば良いという事では無く、広く皆が同じ思いを共有する必要があると考えます。

 当区では次世代育成基金を活用した事業を行っていますが、現在はスポーツや海外留学、宿泊体験など、障害をお持ちのお子さんが参加しづらい現状があるのではと危惧しています。

 例えば当区の保養施設であるコニファーいわびつの充実した施設を利用して、パラリンピックスポーツなどを楽しみながら、障害がある無しに関わらず交流が出来、大自然の中で親元を離れて過ごす宿泊型のバスツアーを計画したり、全国各地で取り組みが進む、発達障害や自閉症の子どもたちと馬との触れ合いを通じて社会生活能力を育成するとされているホースセラピーを体験するなど、

 Q12

様々な企画が考えられると思いますが、これからの共生社会の実現のため、次世代育成基金事業などを活用し、障害のある無しに関わらず、多くの子どもたちが参加できる、福祉的な視点を入れた事業にも取り組んで行ってもらいたいと要望しますがいかがかお尋ねいたします。

A12

ご指摘の通り、こうした事業実施は共生社会の実現に向けて大変重要。今後、関係課と連携しつつ、同様の取り組み実績のある団体等へ、区の次世代育成基金を活用した民間助成事業に提案して頂くように働きかけるなど、取り組んでいく。

 

 次に公園整備に関してお伺いします。

Q13

先日の新聞報道では障害のある子もない子も一緒に遊べる「インクルーシブ」とも「ユニバーサルデザイン」ともいわれる公園が、都内に誕生するといった記事がありました。

 都立砧公園は来年4月に、車いすの子どもがゆるやかなスロープをのぼって大型遊具で遊び、体がぐらつきやすい子が背もたれの付いたブランコでゆらゆらする。地面にはクッション性のあるゴムチップ舗装がされて転んでも大丈夫といった公園に生まれ変わるとの事です。渋谷区も検討を始め豊島区でも前向きな動きがあるとの事です。

 国土交通省では、バリアフリー新法に基づいて、園路の幅を車いすで通れるようにするなどの基準があるものの、遊具は安全性に関するガイドラインだけでその内容は各自治体が決めているのが実情であると考えますが、当区の対応はどうか確認を致します。

 Q14

東京都は共生社会に向けて「すべての子どもたちがともに遊び、学ぶ機会を積極的に提供する」という方針を打ち出し、砧公園のほかに府中の森公園で改修事業を始めたとありますが、

当区においては都立公園が既に3か所あり、数年後には都市計画高井戸公園が開園する段階となりました。

都立公園は規模も大きいため、こういった遊具が設置しやすいと考え、都に設置を求めるよう、要望を致します。

また、当区の区立公園でも同様な遊具の設置を求めますがいかがか見解を求めます。

A13&14

当区の遊具選定は、立地や利用状況、地域の意見を踏まえながら国の遊具に関する指針や関係協会による安全基準などを考慮して決定。

すべての子ども達がともに遊べる遊具については、比較的新しい取り組みと言う事もあり、遊具などに改善の余地が必要との意見もあると聞いているので、東京都や他自治体の先進的な取り組みを参考にしながら、検討を進める。

 

Q15

次に障害者の住まいに関する課題認識と、これまでの取組および今後の取組についての考えをお伺いします。

A15

障害者が住み慣れた地域で自立した生活を送る為には、住まいの確保への支援が必要。特に障害者の高齢化に伴う、親亡き後の住まいの確保が喫緊の課題。

こうしたことから、区有地等を活用したグループホームの整備を進めると共に運営支援を行ってきた。障害者施設整備にあたり地域の中での障害者への様々な誤解や偏見を解く事が不可欠。不動産事業者やオーナー向けにセミナーを開催するなど、障害理解促進の取り組みも併せて進めている。

引き続き、民間賃貸住宅への入居の推進や、グループホームの整備の促進など、多様な手法で障害者の住まいの確保を支援していく。

アンケート結果からは、23区中6区において、グループホームの待機者数を把握しているという回答を得ました。この数字に関しては、捉え方に差があるものと推察しますが、まずはしっかりと需要を把握していく、その上で目標達成へと進んで行かれるよう要望を致します。

 

次に、

単身者や親亡き後の障害者の生活では、先ず生活資金確保が重要となります。 

身体や知的障害に関しては中途障害を除き、通常は小さい頃から保護者の元で育ち、様々な支援と繋がっており、障害年金に関する情報もお持ちと考えますが、主に青年期から発症する事が多い精神障害者に関しては、障害年金受給の為の申請書づくりから必要な書類を揃えるなど、分かり辛く煩雑な手続きが足かせとなります。

そもそもそういう年金がある事さえ知らない方も多くいらっしゃるのでは無いでしょうか。

未成年での初診日を証明する書類が必要となるなど高いハードルがあり、残念ながら受給に繋がらない現状もがあるのでは無いかと危惧しています。

 

そこでお尋ねいたします。

Q16

精神障害者の障害特性に合った様々な障害年金受給の為の周知や相談先に関して、区ではどの様に対応しているのでしょうか。

また、社労士などによる講演会などの実施を求めますがどうかお尋ねします。

A16

障害年金業務は日本年金機構が実施主体であり、制度周知等は同機構が主に行うものと考える。

こうしたことから、区では講演会などは予定していないが、区民に身近な窓口として、国保年金課で相談をお受けしているほか、広報誌やホームページ等で制度を周知している。

また、障害者手帳の申請に訪れる保健センター等においても、障害年金について、国保年金課や年金事務所の窓口を適切にご案内している。

 

次に、今回のアンケートで、

自治体独自の福祉手当に関して、障害種別及び級ごとの額や、平成30年度の一般会計歳出決算額に占める割合などを調べたところ、自治体による取り組みの違いが分かってきました。

 まず、身体障害者手帳3級及び愛の手帳4度と精神障害者保険福祉手帳1級の

支給額が、同額である区は7区、異なる区は4区、そして、未だ精神障害者に対して支給を行っていない区が12区ありました。

 精神障害も他と同額にして欲しいというご要望を、障害者団体から長くいただいております。当区においても検討を進めるよう強く要望を致します。

 次に障害者が利用しやすい施設環境づくりに関して、考えを進めるためにも調査をしました。

 当区では・日中活動 ・児童発達支援事業 ・相談事業、また障害者交流館や障害者福祉会館、アイプラザなど9施設があります。比較的築浅の為、改修改築に関して現状では議論の対象となっていません。

 しかしながら今後これらの施設はどうあるべきか、といった議論を先送りにせず、当事者やご家族などの意見聴取にも努めて頂きたいと考えています。

また、まちのバリアフリーも進んでいません。道路の段差や点字ブロックのメンテナンスは確実に行われているか等にも注意を払っていただきたい。

 これまで当事者の声に耳を傾け、障害者の方々が集う専用の場所を作ってきた当区の姿勢には敬意を示すところですが、では、今ある施設をそのままの形で作り直すと言う事が最善の策かというと、例えばアイプラザは駅から遠く、環八を渡る為危険がある事などから、移す事は出来ないかと考えますし、また障害者が専用に集える良さを残しつつ、区内各所にある地域区民センターを利用しやすくする等で活動の場を広げ、障害がある無しに関わらず、杉並区民が共に過ごせる場所を区内に増やして行く事も可能だと考えます。

 今後ますますインクルーシブ教育の実践の場となる学校建築を含めて、区立施設再編をハード部分の再整備のみで考える事無く、これから共生社会を作って行くためには、ではどういった施設づくりが必要なのか、といった新たな視点での議論が始まる事を大いに期待し、力強い取り組みを要望いたします。

 Q17

今後は特に障害児、障害者の社会参加、差別解消、権利擁護が重要であり、担当課のみならず、多方面の取組を進めることが必要であると考えます。

杉並区が共生社会の実現を先頭に立って進める事で、障害がある無しに関わらず住みやすい地域となっていくよう、今後とも力強い取組を要望しますがいかがかお尋ねします。

A17(区長答弁)

私は、すべての人々が障害の有無によって分け隔てられることなく、相互に人格と個性を尊重し合いながら、地域で共生する社会の実現を目指している。そのためには、広く区民に対して障害理解の促進や差別解消に向けた普及啓発、バリアフリー化やユニバーサルデザインによる施設の整備など、多方面の取組を進めていく必要があると考えている。

こうしたことから、講演会の実施や「すぎなみフェスタ」や「福祉会館まつり」などの身近なイベントの機会を捉え、障害体験や当事者の話を聞くコーナーを設けるなどの障害理解の促進に取り組んでいる。

さらに、障害者の差別解消を進める会議に、新たに町会・自治会関係者などの地域で活動している方や、学校関係の方々にもご参加いただき、地域活動やイベント、教育活動の中での差別解消に向けた普及啓発を推進するなど、多様な取り組みを進めている。

また、障害者等の移動の円滑化促進の為、バリアフリー基本構想に基づき、駅のエレベーターや点字ブロックの設置、道路の段差解消などに取り組んでいる。さらに、区内の体育施設や集会施設において、障害当事者による実地の見学会と、施設の運営管理者との意見交換会を実施するなど、誰もが使いやすい施設となるための取組も進めている。

私は、共生社会の実現に向け、本日議員から頂いた、障害者の社会参加や就労、住まいや遊び場などに関するご意見も踏まえ、引き続き、障害者施策の推進に、福祉部門のみならず、全庁的に力強く取り組んで行きたい。

 

最後に、本質問を纏めるに当たり、アンケート調査に多大なるご協力を頂きました区議会事務局に感謝を申し上げます。

本質問が支え合いながら共に生きる社会の実現に向け、一助となる様願いましてわたくしの質問を終わります。

以上

 

 

コメント

都市計画高井戸公園 名称について

2019-10-20 | 都市計画高井戸公園のこと

杉並区の南西の端、久我山2丁目には都市計画高井戸公園の予定地があります。

 

これまではNHKグランド、王子製紙、財務省の3つのグランドとして長く親しまれてきましたが、順次東京都により買収され、都立公園としての整備が始まっています。

旧王子製紙グラウンドは2020年、旧財務省グランドは2021年、そして旧NHKグラウンドは2022~2024年に整備予定となっています。


本格供用後の名称はどうなるのか?

これまで多くの区民からご質問やご提言を頂いてきました。

住所地は杉並区久我山2丁目、自治会は久我山南自治会と富士見ヶ丘自治会にまたがり、最寄りの駅は京王井の頭線久我山駅と富士見ヶ丘駅で、どちらかというと富士見ヶ丘駅からの方が近いです。

と、皆様お気づきの通り、どこにも高井戸が出て来ません。

以前はこの辺り一帯が高井戸村であった事から、都市計画上の名称は高井戸公園となっていたようです。


現在の高井戸駅は遠く、とても最寄りの駅とは言えず、震災時には広域避難所として4万人以上が避難をするための場所として整備を進めていくという防災上の目的も大きく、それであるならば、「高井戸公園」という名称ではかえって避難者が迷ってしまうのでは、と心配しています。


本年9月11日の東京都による工事説明会の質疑応答で、名称に関しては都市計画上の名前を付けるのが通例であり、もし地域の話し合いにより名称が提案されれば採用をしたケースがあるというお話がありました。

ご参考までに、都立公園の名称に関して、こちらで纏めた資料をアップします。

杉並区ではこれまで本格的な供用後の名称に関して話し合いが無かった事は本当に残念です。

最終決定までに猶予があるとするならば、是非この公園に相応しい、玉川上水と神田川に挟まれ、都会にありながらも広い空を仰ぐことが出来る空間を表したような名称を公募し、末永く地域に愛される公園となって行って欲しいと考え、杉並区に取り組みを求めてきました。

 

是非、皆様のご意見をお寄せください。


コメント

感謝!3期目を力強くスタートさせていただく事が出来ました。

2019-04-25 | 活動日誌

4月21日投票日の杉並区議会議員選挙におきまして、

4336.425名の方々からご信託を賜り、

9位で当選させていただきました。


多くの皆様からの

ご信託に感謝し3期目を全力で

杉並区の発展に向けて頑張って参ります。


 立憲民主党公認候補5名は全て当選させていただき、

杉並区において力強く区民の皆様と共に、

「ボトムアップの政治」の実現を目指し

尽力して行くと思いを

新たにしています。


一票の積み重ねが4000以上、

お一人お一人が「山本あけみ」と書いてくださった、

重み。


寝たきりのご主人を車いすに乗せて、

久我山の坂道を下って投票所に行って下さった方がいる。

障がいをお持ちの方が「山本あけみ」と

何回も練習をして書いてくださる。


その全ての重さを感じながら、

出来る限りの努力を積み重ねて、

しっかりと働いて参ります。

 

今後とも、

どうぞ、ご指導ご鞭撻を頂けますよう、

よろしくお願い申し上げます。



コメント

杉並区議会議員選挙2019 最終日 枝野幸男立憲民主党代表が阿佐ヶ谷駅前街宣へ! 杉並大作戦

2019-04-20 | 活動日誌

本日は、選挙戦最終日。

枝野幸男立憲民主党代表が阿佐ヶ谷駅に公認候補5人の応援に来てくださいました。

多くの皆様にお運びいただき、私も区政に対する想いをお話しさせていただきました。

 

杉並区議会議員選挙2019 最終日 枝野幸男立憲民主党代表が阿佐ヶ谷駅前街宣へ! 杉並大作戦

コメント

杉並区議会議員選挙2019 最終日 山本あけみ候補者 阿佐ヶ谷駅前街宣 杉並大作戦

2019-04-20 | 活動日誌

本日は、選挙戦最終日!

JR阿佐ヶ谷駅南口で「杉並大作戦」と題して、

公認候補5人が揃って街宣活動をしました。

200名以上の皆様にお越しいただきました。

 

枝野幸男代表も応援に駆け付け、

最終日に多くの皆様に区政に対する想いを

お話しさせていただきました。

 

明日は、いよいよ投票日。

是非とも、山本あけみへの一票をいただけますよう、

よろしくお願い申し上げます。


杉並区議会議員選挙2019 最終日 山本あけみ候補者 阿佐ヶ谷駅前街宣 杉並大作戦

コメント

「新潟の奇跡」を実現!市民&野党共闘の中心人物 佐々木寛先生からの応援メッセージ!~杉並区議会議員候補者 山本あけみへ~

2019-04-20 | 活動日誌

「新潟の奇跡」を実現!市民&野党共闘の中心人物 佐々木寛先生からの応援メッセージ!~杉並区議会議員候補者 山本あけみへ~

コメント

本日は選挙戦6日目、全力で杉並を駆け抜けています!

2019-04-19 | 活動日誌

本日は選挙戦6日目、全力で杉並を駆け抜けています!

 

コメント

おしどりマコ&ケンさんと河合弘之弁護士をお迎えしての「山本あけみと区政を語る会」を開催しました。

2019-04-18 | 活動日誌

4月3日に久我山会館で、

おしどりマコ&ケンさんと河合弘之弁護士をお迎えしての「山本あけみと区政を語る会」を開催しました。

キレッキレの語り口調で、原発ゼロの社会に向けての活動の様子をお話しいただきました。


写真:左より おしどりケンさん、おしどりマコさん、山本あけみ、村男さん、山縣有斗さん


第一部と第二部の間の5分間という限られた時間でしたが、
村男さんによる、パフォーマンスをしていただきました。

充実した時間を、地元久我山で作り出すことができました。

お越しいただいた皆様へ、ありがとうございました。



おしどりマコさんの応援メッセージ
https://www.youtube.com/watch?v=pFlppQEraoI

村男さんの
「'11.06.11うた工房の夜 第27夜より 作詞/作曲:村男」
https://www.youtube.com/watch?v=SPl6Fu3Ub4Y

 
コメント

善福寺のプレイパークの広場にお邪魔しました!

2019-04-18 | 活動日誌

先日、善福寺プレイパークをしているcocoonさんにお邪魔をしてきました。

いつもは水曜の午後、善福寺公園の一角でプレイパークをされていて、

沢山の子どもが一杯ですが、この日はお休み。

でも、選対本部長の夫とちょっとしたドライブ。

善福寺の緑の豊かさと、cocoonさんの取組みを選対内で共有し、

山本あけみの公約と取組みを改めて考えなおすきっかけとなりました。

子ども達の笑顔を見たい!

子どもプレイパーク、全力で支援して参ります!

COCOONさんの前でパシャリ。

 

 

 

 

 

コメント

杉並区議会議員立候補者 山本あけみから区民の皆様へのメッセージ

2019-04-18 | 活動日誌

いよいよ杉並区議会議員選挙も終盤戦となって参りました!

杉並区は48議席に対して70名以上が立候補をするという大変な激戦区です。

山本あけみは、これまでの2期8年にわたる活動と、

しっかりと区政に位置付けられた実績、

そして、今後4年間にわたって取組みを進めていきたい内容をまとめ、

「一人一人が大切にされる社会」の実現に向けて尽力をして行く事をお約束し、

力強いご支援をいただけるよう訴えていきます。

皆様の貴重な1票を、是非山本あけみへご投票いただけますようお願いいたします。

また、周りの方へのお声掛けをいただけますよう、重ねてよろしくお願い申し上げます。

※山本あけみオフィシャルサイト http://yamamotoakemi.com/

 

杉並区議会議員立候補者 山本あけみから区民の皆様へのメッセージ (選挙前に撮影)

コメント