山 本 あ け み 「緑ゆたかな環境をこどもたちへ」

杉並区議会議員/立憲民主党所属/3期目

オフィシャルサイト
http://yamamotoakemi.com/

ご報告です。民進党に離党届を提出致しました。

2017-11-20 | 活動日誌

応援をして下さっている皆様へ。


いつも山本あけみの活動にご理解とご支援をいただき、改めて感謝を申し上げます。

この度、長く所属をしていました民進党(旧民主党)に離党届を提出しましたのでこの場をお借りしてご報告申し上げます。


私は、杉並区に転入し子供が幼稚園に入るころ、住まいの近隣にある緑豊かな旧NHKグラウンドが突然閉鎖、マンションや大型ショッピングセンターに売却されるとの噂があり、子供たちの世代に緑を残して行きたいとの思いから市民活動を始めました。


この活動を通じて様々な東京都議会議員、杉並区議会議員へと相談をしていた所、活動を広げていきたいなら区議になる方法がある、多くの情報をいち早く知る事が出来る、とのお話をいただきました。そのお話をして下さった方が当時の民主党都議であった事から、自然な形で民主党からの出馬となりました。


党に所属をすると言う事がイメージできないまま区議となりましたが、数々の政治に携わる人たちとの出会いが私を成長させてくれた事に関して党には、大変感謝をしております。


その様な中、先般行われた第48回衆議院議員総選挙において、前代表主導による党運営の不手際から全国で多くの混乱を招き、結果として政権与党の安定や憲法改正への道筋を作り、また国内の政治不信を招いた事は誠に痛惜に堪えられない出来事でした。


東京都第8区(杉並区)では市民の方々の不断の努力により、野党共闘がまとまりかけていたものの、この混乱で実りを得ることが出来なかった事はお詫びを申し上げても決して仕切れるものでは無いと考えています。私は党との橋渡し役で市民の方々の後押しをしていましたので、大変悔しい思いをしました。

 

これ以上地方議員として民進党を支える立場で活動を続けることは出来ないとの判断から、 民進党代表宛に10月30日に離党届の提出を致しましたのでご報告申し上げます。

今後とも、地元杉並での活動を第一に考え、より一層の見識を深めながら諸課題解決のためのより良い形を作っていく為、立憲民主党への入党を念頭に活動を前に進めてまいります。


「草の根からの民主主義」を掲げる立憲民主党は、私の市民活動時代に市民の声を政治に届けることの難しさを痛感してきた身としては、大きく共感するところです。


私はこれまでの国政選挙の応援の街頭演説でいつも言っていた「いつになったら政治が私たちの方を見てくれるのか。」という思いに通じるものだと考え、力いっぱい立憲民主党の下支えをしていきたいと考えています。


皆様からの引き続きのご指導ご鞭撻を頂けますよう、よろしくお願い申し上げます。

 

また、同じ思いを持つ自治体議員で下記のイベントを計画しております。

ご興味のある方は是非下記の「こくちーず」でのお申し込みをお待ちしております。



==========================================

「草の根カフェ TOKYOサポーターズ キックオフミーティング」

 

2017年12月16日(土) 15:00〜18:00 会場:tiny peace kitchen (千代田区平河町2-5-3)

こくちーず お申し込み先:http://www.kokuchpro.com/event/5247cd647f3e00f88971c0ad2fa3e6e8/



==========================================

 

 

平成29年11月吉日

杉並区議会議員山本あけみ

 

 

 

コメント

第46回 木曜茶話会&区民意見交換会のお知らせ

2017-11-01 | 「木曜茶話会」のこと

毎月第4木曜日に「木曜茶話会・区民意見交換会」を開催し

日ごろの区政への疑問や質問、また貴重なご提言など、自由な意見交換の場として47回目となりました。

【開催日時・場所】
日時:平成29年11日23日(木曜日・祝日)

  15:15~17:15※時間にご注意ください。
場所:高井戸地域区民センター3階 第9集会室
   (杉並区高井戸東3-7-5

今回のテーマは「杉並区立施設再編整備計画」です。
前半はテーマに沿って、後半は自由に意見交換の予定です

区内600か所近くある公共施設は高度成長期に主に建設され、建て替えの時期を次々に迎えます。当区の取組と問題点、区議会を通じてこれまで要望してきたことなどをお話しし、区民の皆様からはご提言やご要望を伺う機会としたいと考えています。

皆様是非お運びくださいませ!

コメント