山 本 あ け み  ~杉並区の緑ゆたかな環境をこどもたちへ~         

杉並区議会議員 

オフィシャルサイト
http://yamamotoakemi.com/

福島県及びその他地域のこどもに対する放射線被曝量「年間1ミリシーベルト」基準の遵守を求める意見書

2011-06-29 | 放射能対応のこと

昨日、第一回定例議会が終了いたしました。

最終日はこれまで委員会で審議をしてきた議案の経過の報告と議員全員での採択、

人事案件、そして3件の新しい議案を審議いたしました。


その中のひとつが

  議員提出議案第12号、

福島県及びその他地域のこどもに対する放射線被曝量「年間1ミリシーベルト」基準の遵守を求める意見書」です。

http://www.gikai.city.suginami.tokyo.jp/pdf/2011/gitei230212.pdf


私はこの原文を作成させていただきました。


福島県だけでなく、全国のこどもを守るために、

「年間放射線被曝量1ミリシーベルトを遵守すべき、

またそれを超えた場合には保護措置をとる事を望む」という意見書です。


先日の福島県に住むママ達のがんばりには心打たれました。

私も同じくママとして、何か出来ないかと考えていました。

福島のママの援護射撃をする意味と、福島だけではなく、全ての子供を守っていく姿勢を

はっきりと打ち出したい気持ちがありました。


杉並区議会議員48名中、45名のご賛同を持って無事に採択をされました。

45名という数字は、党派を超えて賛同を得られた、という数字です。


原文を作成したものには、正直言って感激でした。。。


あて先は総理大臣、文部科学大臣、そして厚生労働大臣です。

返事をいただけるものかどうか、、、それでも「善処する」との答えを強く希望しています。

コメント

脱原発を求めて、国民投票を乞う。

2011-06-26 | 活動日誌

脱原発の国民投票があれば、皆様は行きますか?


考えただけでも「早く行きたい!」と心安らかでは居られなくなります。

イタリアが本当に羨ましくさえ思います。

この投票があれば、投票率は格段に上がるのだろうと思います。


「脱原発!」と乞い、叫ぶ気持ちと、

今は電力需要の一定量を確保していてすぐには辞めることは出来ないのでは?という疑問、

そして、そこで働く人たちの生活をどうするのか?という躊躇。


でも、やはり私は東日本大震災の被害状況を見て、

今すぐにでも脱原発路線を政府に示して欲しいと考えています。


では、杉並区議としてどのような行動を取るべきか?

何が出来るのか?まだ疑問の中に居ます。


民主党の参議院議員の桜井 充さんが力強い声を上げてくれています。

歯がゆい思いを抱えながら、まずはご紹介まで。

http://www.dr-sakurai.jp/blog110616155525.html

 

 

 

コメント

杉並区で平成24年度から中学校などで使用する「教科書見本」を展示しています。

2011-06-25 | 活動日誌

現在、杉並区の4箇所の図書館と済美教育センター

 平成24年度から中学校などで使用する文部科学省検定済みの「教科書見本」を展示しています。

既に閲覧期間が終わってしまった会場もありますが、

私は27日に高井戸図書館でじっくりと見てこようと思っております。

http://www2.city.suginami.tokyo.jp/news/news.asp?news=11999


公立の小中学校での教育は政治や宗教等全てに偏ることなく、

事実を教えることが必須と考えています。

また、全ての子どもが生きていくためのベースとなる

教育を受ける場を提供することが自体の責務と考えています。


皆様も是非お出かけくださいませ。

 

コメント

杉並区の放射線量を知るために。都内における各地の空間放射線量の測定結果が出ました。

2011-06-22 | 放射能対応のこと

遅きに失した感がありますが、東京都による空間放射線量の測定結果が発表されました。

杉並区内では3箇所、

杉並区 成田西三丁目 区立杉並第二小学校 0.05 0.05 6月20日
杉並区 宮前五丁目 区立大宮前保育園 0.04 0.05 6月20日
杉並区 下井草一丁目 区立東原中学校 0.06 0.06 6月20日

という結果です。

http://monitoring.tokyo-eiken.go.jp/monitoring/tonai/d20110620.html

当面の危険性はないと思われますが、継続してもっと測定箇所を増やし、

結果を公表していって欲しいと思います。


自治体による測定方法の違いは本来あるべきではなく、

23区を統治する東京都により、責任を持った測定をするべきと考えます。


福島県内の子供への影響が心配される中、実際の福島での動きがぞくぞくと報告されている。

子どもたちの体に異常が起きていることは大変憂慮すべきで、

一個人としては、早急に全域の退避命令を国が出すべきと考えている。


以下に福島の記事を全文載せさせていただく。

これは少しでも福島のことを知っていただくために、また、一助となるために。

 

NPJ 再び福島へ――その1――


福島の子ども達を救え小児科医ネットワーク
NPJ代表 梓澤和幸」

 


 6月19日(日)、福島市のホリスティカかまたで、原発の放射能のことで悩むお父さん・お母さんと子ども達の健康相談会が開かれた。 子どもたちを放射能から守る福島ネットワークと全国小児科医ネットワーク(20名の医師、当日は11名参加)による医療や避難、食事などの相談会であった。 500人をこえる親と子どもの参加があった。

  12時から、相談の途中の時間を割いて記者発表があり、母親代表の丸森さんと医師田中真さんのスピーチがあった。 丸森さんによると、子ども達の体に異常が起きている。鼻血が出る、甲状腺が腫れる、今までにないだるさを訴える、入退院の繰り返し等である。 母親達が地元の小児科医に受診するが、このくらいの線量(報道では毎時1.5マイクロシーベルト。 実際はもっと高いころ、たとえば3ないし5マイクロのところもある)では、体に放射能を原因とする異常は出ないはずだというのが医師のリアクションだ。 母親のストレスが原因で、子どもに影響が出ると言われる例も少なくない。だが、とにかく子ども達には今までにない変化が起こっている。

  丸森さん達は、必死で相談にのってくれる医師を探した。そして、森永ヒ素ミルクの子ども達を新人ドクターの頃に診療し、 ヒ素ミルクによる身体への影響を突きとめた医師の一人である田中さんたちに行き当たった。 最近、低線量医療被曝の研究をしていることもわかり、丸森さんの相談にのってくれ、福島の子ども達を救え 小児科医ネットワークが結成され、 この日の相談会となったという。

  田中医師は語る。「子ども達の体にかつてなかったことが起こっている。低線量の継続被爆は、医療の世界で経験がないことだ。 森永ヒ素ミルクのとき、乳幼児の体にミルクを通じてヒ素が摂取されるということは、新しい医療体験だったけれども、これも新しい医療体験である。 ならば私たちは事実をみなければならない。」 田中医師は、マスメディアのインタビューに答え 「福島のものを食べようキャンペーンが地元で起きているが、 子どもには福島の野菜を食べさせてはいけない」 と静かな口調ながらはっきりと語っているのが印象的だった。

  相談会の会場は、200人ほど入る大きなホールだったが、避難・退避相談コーナーもあった。

  北海道、新潟、山形等福島の県外へ子どもを退避させたいという動きはずいぶんあるようだ。 子どもたちをまもる福島ネットワークの人達によると、福島県当局は、県外への子どもの退避に協力的ではなく、 学校で相談すると校長が思いとどまるよう父母を強く説得する事例もあるという。子どもを育てている父母の親世代、周辺地域との葛藤もある。 政府や地方自治体が「県外退避も有力な選択肢の一つ」と公に表明することが急がれる。

  会場には、マスメディア各社の取材陣、遠くはジャカルタから来たというアルジャジーラの取材陣の姿もあったが、 共同通信以外、全国ネットでは報道されなかったようだ。これでいいのか


コメント

初めての「一般質問」が終わりました。

2011-06-17 | 議会報告

6月14日(火曜日)に初めての一般質問に臨みました。

その様子は杉並区のホームページで公開されていますので、

お時間のある方はごらんになってください。

(14日の37分くらいから始まります。)

http://www.gikai.city.suginami.tokyo.jp/vod/vodtop.htm

 

当選後初の意見を交えて質問が出来る公式の場ということで、

選挙戦に公約に掲げていた「都市計画高井戸公園」の早期実現を訴え、

その為の杉並区の施策を伺いました。

 

意見の中で久我山にある2つの東京都による公共事業、

「放射第5号道路」と「都市計画高井戸公園」を一体に進めていくことで

より久我山という地域性を活かし、利便性の高い事業になるということを訴え、

これまで杉並区まちづくり団体「久我山緑の散歩道」で打ち出した構想

「井の頭・久我山緑のパークウェイ構想」を説明し、

久我山を整備することで井の頭公園と神田川・玉川上水で緑の回廊が結ばれ、

1周約10キロのパークウェイが出来るということも踏まえ、

その早期実現を訴えてきました。

 

他の先輩議員のように、区政に関する広範囲に渡る質問ではなく、

新人として15分一本勝負の内容にして、より出席者の印象に残るよう努めました。

 

出席者は杉並区の田中区長・副区長他特別職、各部署の部長、

そして全議員・傍聴者のおよそ100人強です。


ちなみに田中区長はこの構想を都議会議員の頃からご存知で、

応援をしてくださっています。

 

この面々が静聴する中での一般質問はかなり緊張するものでしたが、

議席を獲得し、やっとつかんだこのチャンス、あがってしまい失敗をすることの無いよう、

がんばりました。

 

まずは敵地に入り、のぼり旗を立ててくるという任務は完了、

今後は地上戦で訴えを続けていくという感じです。

 

是非、応援してください!

 

 


コメント (1)

平成23年 第二回定例会において一般質問をいたします。

2011-06-10 | 議会報告

来週始まる平成23年度第二回定例会において、

一般質問をさせていただくことが決定をしました。


日程は6月14日火曜日、午前中になります。

http://www.gikai.city.suginami.tokyo.jp/ugoki/daihyo.htm


区議会事務局に確認をしたところ、

予定としては午前中の2番目、ということでした。


内容を吟味中ですが、私がこれまでまちづくり団体として活動してきたことを踏まえ、

都市計画高井戸公園の早期実現とそれによるまちづくりへの影響などを質問して行きたいと考えています。


お時間のある方は是非傍聴にいらしてくださいませ。

コメント

杉並区でも放射線量測定開始しました。

2011-06-10 | 放射能対応のこと

この2週間で5件ほど、区民の方から杉並区でも放射線量を測定して欲しいというご要望を頂き、

田中区長に要望を伝え、また担当部署に陳情の内容を伝え、その必要性を訴えて来ました。


当初は杉並区でも東京都で一律の基準で測定をするべきという見解でしたが、

その方向には動かず、

杉並区独自の動きとしてプールの水、土壌、大気の測定を開始する予定となりました。

(一部実施済みですが、正式には来週の議会での了承を得てから決定になります。)


既にプールに関しては測定結果が杉並区のホームページで公開されていますが、

そのほかに関しても順次公開の予定になっております。

http://www2.city.suginami.tokyo.jp/news/news.asp?news=12176


測定方法が自治体によりまちまちで心配が残るところですが、

比較的早い段階で測定の開始を始めた対応には感心しました。

区民の皆様が安心安全のために動いた成果だと考えています。


私としては今回のような緊急の課題に対して区としてどのように進めていくのか、

実践を交えながらの勉強となりましたが、やはり区民の方からの訴えを真摯に受け止め、

担当部署の方と連携を取り、突破をしていくということなのか、と感じたりしています。


子育て中のママ議員としてはさらに子供たちが多くの時間を過ごす公園や遊び場において、

また、杉並区が管理をしている久我山の旧NHKグラウンドや財務省のグラウンドなど、

定期的に全てを測定していってもらいたいと考えています。

大人よりはるかに影響が大きい乳幼児に対しての安心・安全という生活を約束していく上でも

必要であると考えています。

 


コメント

南相馬市への視察旅行に参加をしました。

2011-06-02 | 議会報告

昨日は杉並区からの要請を受けて、南相馬市への視察旅行に参加をしてきました。

1泊2日の予定で翌日は石巻市に行く予定でしたが、

既に個人的に行っているので、これには不参加となりました。


杉並区の事務局と区議会議員で総勢50名弱のバスツアーとなりました。


南相馬市の市役所は一見すると被害も少なく、皆さんお忙しそうに業務をしていらっしゃいましたが、

市役所から海岸沿いにバスで行くと、

農村地帯の平野部にはかなりの広範囲で津波が押し寄せた跡がはっきりと残っていました。


これまで石巻と陸前高田を見てきた私にとっては、

地形の違いによる津波の影響の違いが見て取れました。


既に震災直後の混乱は無く、積み上げられた瓦礫の撤去は今後自治体に任されることでしたが、

海岸から2キロ以上離れた陸地まで流れ着いた漁船の撤去はまだ手付かずのままで

痛々しかったです。


南相馬市には津波と地震、そして福島原発からの避難地域が4つのグループに分けられて

それが自治体の業務に大変な影響があるということを伺いました。


被災の状況、避難の状況を本当に一軒一軒把握に努めていこうという市役所の方々の姿勢に

心打たれました。


福島駅への帰り道、飯館村を通りましたが、

全村避難制限が出ている中でもまだ明かりの灯った家があり、

静かな山村を愛し、住み続けて行きたいというお気持ちが伝わってきて、

一日も早く福島の原発の状況が安定することを願わずにはいられませんでした。

 

コメント

初議会がありました。

2011-06-01 | 議会報告

5月30日は区議として当選をさせていただいてから、

平成23年 第1回臨時会 という初めての議会がありました。


一番大きな議題は正副議長選挙、各委員会委員の選任等でしたが、

議会が開始されたのが13時、了の予定が17時であったものが

最終的には21時を過ぎてしまい、ひとつひとつの議案を協議する始めての場において緊張もあったのか、 終わったときには耐力知力とも限界でした。

議決決定に関しては、杉並区のホームページでご覧下さい。

http://www.gikai.city.suginami.tokyo.jp/ugoki/gian.htm

 

私は新人ながらも常任委員会の都市環境委員会の副委員長を拝命し、身の引きします思いがしています。

 

ご参考までに「都市環境委員会」とは、

 都市整備部及び環境清掃部に関する事項を協議する場です。

    ・ まちづくりに関すること

    ・ みどりの育成・保護に関すること 

   ・道路、公園、河川に関すること

   ・生活環境の整備に関すること

 

私がこれまでしてきたまちづくり団体での経験を活かして、

まずは一から勉強、そして力を付けて行きたいと思っています。

 



 

 

コメント