07系発 運営日記

ホームページ運営日記と最近気になったニュースを取り上げます。twitterに参加しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

任命責任認めるってどういうことか分かるか!?

2008年09月28日 | 行政・政治
指名段階では適任だったが…麻生首相、任命責任認める(読売新聞) - goo ニュース
実際なら、昨日の夜ニュース速報の時点で書くべきことでした。

中山成彬国土交通相の辞任について、「発言としてはなはだ不適切。国民各位、関係した方に心からおわびする」と陳謝しました。そのうえで「任命責任はあったという事だ」と述べ、自らの責任を認めています。麻生首相は「(中山氏には)必然的に辞めて頂く」と述べる一方、中山氏を閣僚に起用した事は「指名した段階では適任だったと思う。この種の発言は普通、閣僚になられたら発言される種類の言葉ではない」と強調しました。任命責任を認めた麻生首相、次はどういう行動を取るのでしょうかな。
 『確信犯』中山国土交通相の発言に振り回されている様に見える自民党、衆院解散のタイミングをどう考えているのでしょうかという点も今後の動きに注目です。
 ちょっと、今の政治にはがっかりさせられっ放しです。「責任を取る=辞任」というのが当たり前の方程式になっています。また、首相が辞任とか、解散とかすればそれこそ、私は言いますよ。「政治家がそんなことして国民が納得するか!!」ってこれぞ、まさに日本社会がいつダメになっていも良いような状態ですね。
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 政権交代! 麻生首相のこれから | トップ | いよいよ、社会人へ »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
バックレル! (Unknown)
2008-09-29 02:35:24
 指名した御仁が『確信犯』のお仲間であり、確信犯的暴言政治屋ですから。

コメントを投稿

行政・政治」カテゴリの最新記事