07系発 運営日記

ホームページ運営日記と最近気になったニュースを取り上げます。twitterに参加しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

TPPってなに!?これで日本はどうなるの?

2011年10月13日 | 経済問題
 最近、国会でも話題になっている「TPP」ですが、そもそもTPPって何ですか?って方が大変多いと思います。TPPの正式名称ですが、「環太平洋戦略的経済連携協定」と言います。なんだか漢字だらけで、分かりづらいですね。

 一言に簡単にいうと、「関税撤廃」です。では、関税を撤廃するとどうなるのか。
 たとえば、トヨタの車を日本では300万円で売っていた車を、海外に出すと、およそ500万~550万くらいの間(定められた関税がある。)で売れる。ところが、この関税を撤廃すると、そのままの料金で売るしか方法がないのです。つまり、海外で車を売っても大した、利益にはならないということです。

 つまり、輸出・輸入による利益がなくなると考えてもよいでしょう。

 逆に言えば、関税撤廃により、日本は生産性が大幅に向上します。
 たとえば、農業輸入が増え、農業人口が大幅に減り、かつ、工業へ労働者が移動することで、日本全体の生産性が大幅に向上していく。(これは高度成長期に起こったこと。その再現である。)
 ここで農業製品が自由化されれば、日本の食料品価格は大幅に下がる。特に、乳製品で下がる。バターやチーズの価格は大幅に下がるだろう。豚肉の価格も下がるだろう。日本の食生活は大幅に向上しそうだ。(これはかつて高度成長期のあとでも起こった。それまでは牛肉は高価すぎてまともに食べられなかったが、輸入自由化にともなって日本人の家庭でも牛肉は頻繁に食べられるようになった。)

 ただし、TPP が必要だからといって、やみくもに猪突猛進すればいいわけではないのです。強引にやれば、日本の農業が崩壊します。では、どのように崩壊するか。
 一部の農家は、生産性が高いので、多めの所得を得ることができる。これは問題ない。
 一部の農家は、生産性が低いので、少なめの所得しか得られないのです。そうした場合は、補償金(年金)をもらいながら、都市に出て、工業や商業で働かなければなりません。
 つまり、国全体としては、一部の大規模農家に生産が集約されていくわけです。

 国会で起きていることは本当に、私たちの経済に直面しているわけであります。

 
コメント   この記事についてブログを書く
« Appleの元CEO・スティーブ・... | トップ | ブログのタイトル文字化けに... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

経済問題」カテゴリの最新記事