07系発 運営日記

ホームページ運営日記と最近気になったニュースを取り上げます。twitterに参加しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

職業を選ぶことできるのか

2010年01月28日 | 就職支援
 ここでは働きたくないなあ……と大学生が思う業界

 最近、大学生の考え方が気楽な方向に進んでいると私は思っています。

 そういう私も大学の頃の就職活動を振り返ると、楽な職業を考えていたかもしれません。だけど、大学の頃から「こういうことをしたくてこの会社に入りたい」という考えの方が強かったように思えます。

 今日本は「不景気」という漢字3文字によって、職を失う人が大変多くなっています。100年に一度というこの不景気の中で、職を選べることができるでしょうか。

「ぼく(私)はこの職業に向いていない」という自己分析結果が仮にでたとしても、会社によっては、逆に採用される確率が非常に高いかもしれないという見方にも捉えることはできないでしょうか。そういう自分も、今ついている職業は、マッチング度40です。数値で自己分析をしたら大間違いです。会社もSPIなどを通して、分析しますけど一番は、『やる気』です。後は、『コミュニケーション能力』とか『積極的に動ける』といった性格を持っていれば、なお良いのですがここまで、問うとなかなかそういう採用者はいなくなってしまうのです。ここで、私の友人M君の例を出そうと思います。

 友人M君とはとても仲良しで、電車で旅をすることがかなりあります。このM君の趣味は電車が大好きで、工業校出身です。県内の大学に行きました。大手企業や中小企業を10数社受けても、採用がなかなかありません。そこで彼は思い切って、趣味である鉄道の会社、JRを受けに行ったのです。見事彼は内定をとり、現在JRに勤めているのです。

 先ほどあげたように、職業を選ばずに、自分の好きなことでPRをして入社したのです。私も同様に、大学で学部ホームページ、個人のブログを展開していることをPRして入社しているのです。早い話、『一芸を秀でる人間を企業は採用したい』のです。

 特に、マラソン選手やオリンピック選手も、同じことです。そこに企業がのっかってPRをしているのです。こういう好きなことをしつつ企業の利益に貢献できるスポーツ選手は本当にすごい力を持っていると思います。

 好きなことができる環境であれば、当然仕事に精もでますし、自分の案件が通った時、人一倍の嬉しさと歓喜があるはずです。好きなことを職業にしてみるのも良い考えかもしれません。これがうまくいくとも限りませんが、『自分が会社に入って何がしたいのか』を採用側は待っているのです。つまり、志望動機を言い換えると『会社でどんなことをしてみたいか』、『会社を選んだ理由』などを聞いているのですから、それらを含めた履歴書やエントリーシートを待っているのです。

 後退する景気に負けずに頑張ってください。
コメント

2011年新卒採用が本格的に始まる

2010年01月15日 | 就職支援
 エントリーシートの受付が我が社でも始まりました。と、同時に企業展への参加も考えているため、人事部は今大忙しです。この時期、2011年の新卒者の諸君も、定期試験があったりしてさぞ忙しいかと思います。

 心にゆとりのない時期かと思います。心にゆとりがあるのは今の政治家たちですかね(笑)今回はSPIなど問題を作ったりしていて、私が就職していたころのことを思い出します。1年なんて早いものですね。2011年に入社予定者だけではなくてまだ、2010年の入社予定者も動いています。あわてないでください。

 実はここだけの話、我が社ではエントリーシートだけ募集をかけています。簡単なアンケートと作文です。作文といっても、4つの質問に6~7行で書いてもらいます。書類だけで決めるのではなく、面接も含めます。ただ、照らし合わせに時間がかかります。

 そんなこんなで最近は、エントリーシートを読むようになってきになることがあるのですが、字下げをするとかを考えてほしいものです。特に、参考書のコピーとか、ネットから引用している志望動機などが見受けられます。そんな、エントリーシートを書くのなら、受けないでほしい。自分をプレゼンしてください。会社をプレゼンされても、会社を売るのは取引会社ですから、よく考えて書いてください。

 例として、「御社の○○に感銘をもった」とか、「御社の○○のサービスを・・・」なんて書かれてもどうしようもない。むしろ、志望動機は「こういうサービスを提供し○○を○○のようにするので(したいので)志望しています」というのを書いてほしい。

 企業によっては、違うこともありますが。追記ではありますが、夏休みに実施する企業があるとかって話も聞きます。
コメント

2011年新卒採用 第1回

2009年07月18日 | 就職支援
定期的に情報がこないので、昨年度のものを今回は流用させていただきます。

【1】就職ってなんだ?
 就職は、なぜ、重要なのでしょう?。一日の大半を、人生の大半の時間を、その事に関わることになるからです。それが楽しく、やりがいのあることなら、毎日が充実し、人生もよりよいものになるはずです。
 反対に、つらく、意義を感じないことならば、毎日が苦痛で、むなしい人生となってしまいます。

【2】仕事って何?
 仕事とはなんでしょうか?。命令されてやること?。お金を得るために、しかたがなくやること?。仕事をそんな風に考えているなら、あなたが選んだ仕事では、たぶん長続きはしないでしょう。
 仕事とは、あなたの能力や労力を、他人のために役立てることです。

【3】就職と仕事をもっとよく知るには
 インターンシップがどうしてあるのかとえいば、就業意識や実務能力の向上、職場に対する理解を促進することにより、学生を実践的な人材として育成することにつながると考えているからです。これをするかしないかによっても、左右されます。ぜひ、積極的にやりましょう。

【4】編集後記
 発行が遅くなってしまいスミマセン。AERA、週刊現代、週刊新潮などの雑誌を通して、発行していきます。また、リクナビ2011からのデータを使い、分りやすく、必要な情報を掲載し、就職支援をしていきたいと思います。
コメント

2011年新卒採用の特集

2009年07月04日 | 就職支援
 予てからの2011年新卒採用の特集ですが、初回までに予定していた資料が、今になっても郵送されず情報が不適格な状態です。
 恐れ入りますが、情報が入り次第、順次お知らせしていきます。

 誠に申し訳ございません。
コメント

就職支援特集17号(5月26日分)

2009年05月30日 | 就職支援
2010年就職特集最後に。
「夢にときめけ、明日にきらめけ、めざせ甲子園 by川藤幸一」にならい、
「自分の道は、自分で作って、突き進め」という言葉を今の就職活動者に送ります。
会社を起こすのも良いですが、自分の今のでこぼこ道を補正して、できてない道は、これから作りながら、突き進んでいって欲しいです。
 このmixiを見に来ている、人たちも同じです。不景気に負けず、頑張って内定を勝ち取りに行って下さい。

 今まで、見に来ていただきまして、ありがとうございました。
 これからも、特集をしていきたいと考えています。

 2011年新卒採用の特集は7月4日からスタートです。
コメント