07系発 運営日記

ホームページ運営日記と最近気になったニュースを取り上げます。twitterに参加しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Hundred Percent Freeさんのライブに参加。

2010年01月30日 | blog
 現在、名探偵コナンのエンディングを務める、名古屋市出身のHundred Percent Free さん
 が、名古屋駅ナナちゃん人形付近の特設ステージにて行われたものです。



コメント

名古屋鉄道のイベントに参加

2010年01月30日 | イベント
 最近、ちょっと時事ネタばかりでしたから、ちょっと気分を変えてイベント話に。

 名古屋鉄道では、『空港線開業5周年イベント』を開催しました。そこで、中部国際空港駅 硬券入場券購入者の特典を買いに行きつつ、発車式などのイベントにも行ってきました。
 


 報道人の数もすごく、また一般の鉄道好きの方も集まったことからたくさんの入場者が見受けられました。







コメント

職業を選ぶことできるのか

2010年01月28日 | 就職支援
 ここでは働きたくないなあ……と大学生が思う業界

 最近、大学生の考え方が気楽な方向に進んでいると私は思っています。

 そういう私も大学の頃の就職活動を振り返ると、楽な職業を考えていたかもしれません。だけど、大学の頃から「こういうことをしたくてこの会社に入りたい」という考えの方が強かったように思えます。

 今日本は「不景気」という漢字3文字によって、職を失う人が大変多くなっています。100年に一度というこの不景気の中で、職を選べることができるでしょうか。

「ぼく(私)はこの職業に向いていない」という自己分析結果が仮にでたとしても、会社によっては、逆に採用される確率が非常に高いかもしれないという見方にも捉えることはできないでしょうか。そういう自分も、今ついている職業は、マッチング度40です。数値で自己分析をしたら大間違いです。会社もSPIなどを通して、分析しますけど一番は、『やる気』です。後は、『コミュニケーション能力』とか『積極的に動ける』といった性格を持っていれば、なお良いのですがここまで、問うとなかなかそういう採用者はいなくなってしまうのです。ここで、私の友人M君の例を出そうと思います。

 友人M君とはとても仲良しで、電車で旅をすることがかなりあります。このM君の趣味は電車が大好きで、工業校出身です。県内の大学に行きました。大手企業や中小企業を10数社受けても、採用がなかなかありません。そこで彼は思い切って、趣味である鉄道の会社、JRを受けに行ったのです。見事彼は内定をとり、現在JRに勤めているのです。

 先ほどあげたように、職業を選ばずに、自分の好きなことでPRをして入社したのです。私も同様に、大学で学部ホームページ、個人のブログを展開していることをPRして入社しているのです。早い話、『一芸を秀でる人間を企業は採用したい』のです。

 特に、マラソン選手やオリンピック選手も、同じことです。そこに企業がのっかってPRをしているのです。こういう好きなことをしつつ企業の利益に貢献できるスポーツ選手は本当にすごい力を持っていると思います。

 好きなことができる環境であれば、当然仕事に精もでますし、自分の案件が通った時、人一倍の嬉しさと歓喜があるはずです。好きなことを職業にしてみるのも良い考えかもしれません。これがうまくいくとも限りませんが、『自分が会社に入って何がしたいのか』を採用側は待っているのです。つまり、志望動機を言い換えると『会社でどんなことをしてみたいか』、『会社を選んだ理由』などを聞いているのですから、それらを含めた履歴書やエントリーシートを待っているのです。

 後退する景気に負けずに頑張ってください。
コメント

Hundred Percent Freeさんが名古屋で歌います。

2010年01月28日 | アニメ-名探偵コナンー
名古屋100%フリーライブ詳細決定!
メジャーデビュー記念 ZIP FM公開ライブイベント
R18-Radio Eighteen- presents「R'z BELIEVER」SPECIAL LIVE

日付:1月30日(土)
時間:14:00~14:30
場所: 名古屋駅 名鉄百貨店 ナナちゃん人形前特設ステージ
参照元:http://www.100pf.jp/news.html#49

名古屋インストアイベント緊急決定!
日付: 1月31日(日)
時間:14時~
場所:タワーレコード近鉄パッセ店
 
時間:17時~
場所: HMV栄店

参照元:http://www.100pf.jp/news.html#53

名古屋CDショップ限定の応援企画!
参照元:http://www.100pf.jp/news.html#59

*詳しい内容などに関してましては、http://www.100pf.jp/まで
コメント   トラックバック (1)

大学生に問う。

2010年01月25日 | blog
「就活くたばれデモ」東京でも開催 2ちゃんとグーグルが学生をつないだ

 ネット加熱による、デモ。人事という立場でみると、彼らはまだ、社会を知らない。いや知ろうとしない大学生が増えている。

 私も同様に就職活動をして、新卒採用でSEに就いた。ところが、その会社が経済状況の不安定により、8支店あったのが、2支店潰れるのほどの『不景気』という3文字によって、人員整理にあった。ところが、今、大学でバイトをしていた時のWeb会社に入社できて、こういう立場にたっている。何が言いたいのか。つまり、彼らは大学での経験数が少ないのである。大学生は『アルバイト』と『単位取得』のためだけに大学に行っている。大学のそもそもの定義は、『教育の最高教育機関』である。いわば、自ら問題を提起し、解決していく能力を養うのが、大学である。
 
 今では、多くの高校生が、大学進学希望をする。なぜ、大学進学を好むのか。私は、高校でパソコンというツールを使って、分析をすることが大好きで仕方なかった、。大学に入って、さらにデータ分析応用などの単位を取得し応用力をつけ、自分の研究分野でもある、ネットワークを勉強した。ゼミの先生が、NTTという企業を出ておられる方について、勉強をした。最終的に、サーバー運営まで持っていくことができて、これは何よりの研究であった。

 一見、高校生でも出来る人はいるかもしれない。卒論は、ネットワークデータベースに挑戦。データベースだけに時間を取られ、ネットワークまで持っていくことができなかった。ただ、今では、ネットワークを自宅で組むほどまでになった。

 こういう大学生が少なくなっていると私は思う。「こういうことを研究したい」というのが、大学の本来の意味である。「専門として知識を増やすこと」をしているのは専門学校の本来の意味である。今、人事が見ているのは、【即戦力】である。

 つまり、大学卒業者の採用枠が年々減り、専門学校卒業者の採用枠が増えている。年々早期化しているのは、そのせいである。専門学校入学者に対してへの情報を教えているため、大学生にとってみれば、『早期化である』とでしか見れないだろう。

 <<大手企業『キヤノン』が、宣言したのは先月下旬。「3月までの業績を見た上で新卒採用を行うか判断する」と説明。併せて、就職活動の時期が早いことについて「学生のみなさんから学ぶ機会を奪っているのではないか」とし、採用するなら選考は夏休み中にする考えを示している。>>(引用:http://www.asahi.com/national/update/0106/TKY201001060437.html

 このように、前もって説明している会社もあることから、我が社も夏採用を検討しているさなかでもある。このようなデモ行為をやるのであれば、社会に出てもっと情報を探すとか、社会を知るとか、1社でも多く企業を回ることをしてほしい。
コメント