チリチリリン

風にゆれる風鈴のように
こころ休まる音を届けたい

「追憶」

2017年05月19日 | 映画の話

 

ベテラン製作陣と実力派若手俳優のしっかりした映画でしたが、ミステリーにしては物足りない。唐突に横から犯人が出てきて終わってしまったという感じ。3人の青年の友情劇とも違う、ちょっと中途半端な気持ちが残りました。

製作陣が岡田准一クンを褒めていたので、岡田クンが活躍する映画かと思ったら、カッコイイとこは小栗旬が持って行きました。

 

朝の回の映画を見に行ったら停電で1回目が中止になりました。お詫びにと無料招待券をもらったので、昼からの回を無料で見ることができました。ただ、時間つぶしに店を見て回ったので映画代以上の余分な出費が!

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 深大寺ウォーキング | トップ | マイ畑(ファーム) »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。