チリチリリン

風にゆれる風鈴のように
こころ休まる音を届けたい

「追憶」

2017年05月19日 | 映画の話

 

ベテラン製作陣と実力派若手俳優のしっかりした映画でしたが、ミステリーにしては物足りない。唐突に横から犯人が出てきて終わってしまったという感じ。3人の青年の友情劇とも違う、ちょっと中途半端な気持ちが残りました。

製作陣が岡田准一クンを褒めていたので、岡田クンが活躍する映画かと思ったら、カッコイイとこは小栗旬が持って行きました。

 

朝の回の映画を見に行ったら停電で1回目が中止になりました。お詫びにと無料招待券をもらったので、昼からの回を無料で見ることができました。ただ、時間つぶしに店を見て回ったので映画代以上の余分な出費が!

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 深大寺ウォーキング | トップ | マイ畑(ファーム) »

コメントを投稿

映画の話」カテゴリの最新記事