チリチリリン

風にゆれる風鈴のように
こころ休まる音を届けたい

深大寺ウォーキング

2017年05月18日 | ウォーキング

深大寺門前の「鬼太郎茶屋」

西武鉄道のウォーキングなのに、都の西北を走る西武線と都の西南に位置する深大寺はかみ合わないと思ったら、たった6駅の西武多摩川線という線があって、西武の主要路線からは西武バスが連絡していたのです。初めての路線に乗って、深大寺でソバを食べてこよう!

スタートの多磨駅には「本日は順路の矢印はありません」の張り紙が!

ところがスタートして100メートルも行かないうちグループが2つに分かれてしまったのです。調布飛行場脇を進むグループと、フェンスを隔てて道路を進むグループが2列のまま延々と続きます。双方互いに顔を見合わせながら、地図を片手にキョロキョロ、キョロキョロ。これに慌てたのが主催者側、自転車で伝令が走ります。

「まっすぐ進んでくださ〜い! 突き当たりで合流してくださ〜い!」

結局、滑走路の最初から終わりまでの長い距離を分かれた列のまま進んだのです。以降、角角には急遽矢印が貼られました。手書きの順路案内もありました。

 

 

この最初の長い不安な行軍でどっと疲れてしまいましたがそれでも深大寺までは1時間ほどで着きました。疲れを感じたのはみんな同じだったらしく、大勢が門前に並ぶ蕎麦屋に入り休憩を取りました。

ソバはとても好きで、私は黒い十割蕎麦より白い更科蕎麦の方が好きですが、前に入った店とは違う店にしたら白い蕎麦があり、とても美味しくいただきました。

深大寺から神代植物公園の外を回り多摩川線に近い野川公園に戻るのですが、正三角形の2辺を回るような順路で、調布田無線と東八道路のなが〜〜〜い直線道路はことさら長く感じ、野川公園に着いた時には芝生にへたり込んでしまいました。

10キロ2時間30分が、蕎麦を食べた時間もありますが、4時間になってかなり疲れました。

帰りのバスは背後に迫る黒雲に気が気ではありませんでした。家まで降られずに戻りましたが、雨雲レーダーを見ると深大寺近辺は雷雨のようでした。

こうやって深大寺に行かれるのは新発見だったし、面白いコースだけど、次は三角形の1辺のショートカットにして欲しいです。

多摩川線と多磨駅、深大寺と神代植物公園、同じ読み方なのにややこしいですね。

 

野川公園で遊ぶ子供達 ー 裸です、幼稚園の方針なのかな?

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新緑の秩父路ウォーキング | トップ | 「追憶」 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。