ジュゴン掲示板

ジュゴン保護キャンペーンセンター(SDCC)は日本では沖縄にのみ生息しているジュゴンを守るために活動をしています。

署名ニュースです 11月末に提出&政府交渉します

2011年10月29日 | ジュゴンブログ


11月末に、ジュゴン保護署名の第3次提出をし、
環境省・防衛省・外務省との交渉をしてきます。
11月中旬までに、署名を送っていただきますようお願いいたします。

署名ニュースVol.9を発行しました。
以下、転送・転載・拡散歓迎です。どうぞよろしくお願いいたします。

☆――――――――――――――――――――――――――――――― ☆
  2011年パシフィックジュゴン年に~基地ではなくジュゴン保護区を

     『沖縄ジュゴンを守ろう! 署名ニュースVol.9』

   ジュゴン保護キャンペーンセンター(SDCC)発行(2011/10/28)
 *署名の詳細 http://www.sdcc.jp/iucn/2009-2010-petision.html
☆――――――――――――――――――――――――――――――― ☆

 ジュゴン保護キャンペーンセンター(SDCC)は、日本では沖縄本島にのみ
 生息する絶滅危惧種ジュゴンの保護に取り組んでいます。
 辺野古・大浦湾沿岸への新基地建設計画は、ジュゴンの大切な生息域を
 壊してしまいます。新基地建設を止め、ジュゴン保護区を作り、
 沖縄ジュゴンと豊かな海、人々のくらしを守っていこうと活動しています。 


 【目次】============================================================
 1、情勢 政府が環境アセス評価書の年内提出を発表
2、ジュゴン保護署名・第3次集約分提出&政府交渉をします
 3、第3回ジュゴンでトレイン!開催しました
 4、ジュゴン♡フラッグキャンペーン開始 ~IUCN済州島会議に向けて
 5、今後の活動予定
 6、事務局より(会員募集中)
  ==================================================================
――――――――――――――――――――――――――――――――――
◆情勢 政府が環境アセス評価書の年内提出を発表
――――――――――――――――――――――――――――――――――
野田内閣は、「環境アセス評価書」を年内に県側へ提出する方針を明らかにし、
普天間基地の辺野古への移設を推進しようとしています。
しかし、稲嶺名護市長は、計画の白紙撤回、仲井真知事も、県外移設を
強く求めており、沖縄は新基地を受け入れない姿勢を貫いています。
「市民との約束を最後まで貫く決意である」とする名護市長を応援しましょう。

環境影響評価「評価書は年内提出」 沖縄閣僚会議で方針確認 (琉球新報) 
辺野古日米合意 名護市長、撤回を要求 玄葉外相は「推進」 (琉球新報)

――――――――――――――――――――――――――――――――――
◆ジュゴン保護署名・第3次集約分提出&政府交渉をします
――――――――――――――――――――――――――――――――――
11月末、政府にIUCN決議の履行と、沖縄ジュゴンを種の保存法に
選定することを求める署名の第3次集約分を提出します。
同時に、環境省・防衛省・外務省と、ジュゴンの種の保存法指定、
環境アセス評価書、オスプレイの配備等について、交渉をします。

*10月中旬の時点で約9千筆(累計約5万4千筆)集まっています。
1万筆をめざしています。ぜひまわりの方にも声をかけていただき、
11月中旬までにお送りくださるようお願いいたします。
 
  ☆署名の詳細はこちら(オンライン署名もあります)
  ☆第1次提出の様子
  ☆第2次提出の様子  
―――――――――――――――――――――――――――――――
◆第3回ジュゴンでトレイン!開催しました
―――――――――――――――――――――――――――――――
毎月15日は「ジュゴンの日」
ジュゴンの日の10月15日(日)、大阪で「第3回ジュゴンでトレイン!」を
開催しました。ジュゴンの着ぐるみや、沖縄の衣装で、大阪環状線に乗り込み、
ジュゴンの海の危機、そして素晴らしさを、楽しくにぎやかに、真面目にアピール。
大阪駅、京橋駅、天王寺駅の駅前では、チラシ配りと署名集めをしました。
今回は三線を弾くジュゴンも登場し大注目!署名は約170筆集まりました。
楽しいアクションに、大阪以外でもやりた~い☆の声も上がっています。
報告は、こちらをご覧ください。

―――――――――――――――――――――――――――――――
◆ジュゴン♡フラッグキャンペーン開始 
   ~IUCN韓国・済州(チェジュ)島会議に向けて 
―――――――――――――――――――――――――――――――
2012年9月に、韓国の済州島で、IUCN・世界自然保護会議が開催されます。
4年に1度開催される自然保護の重要な会議です。この会議の場で、
ジュゴンの海の豊かさと、それを守りたい気持ちを伝えるために、
ジュゴン♡フラッグ・キャンペーンをスタートしました。
集まったフラッグで世界中にアピールします!
ぜひあなたの思いを寄せてください。

詳しくは、こちらをご覧ください

※IUCN(国際自然保護連合)は、世界最大の自然保護団体です。
SDCCはIUCNの正式メンバーです。
IUCN第5回世界自然保護会議

―――――――――――――――――――――――――――――――
◆今後の活動予定  
―――――――――――――――――――――――――――――――
★沖縄
・11/12-13(土・日)第13回満月まつり 
(12日:16:00?20:00/13日:14:00?20:00) 入場無料(カンパ歓迎)
 名護市東海岸(大浦湾沿い) わんさか大浦パーク イベント広場
   *海勢頭豊SDCC代表も出演します

★関西
<主催行動>
・11/13(日)京橋街頭行動(OBPへの連絡橋上)
  チラシ配布、署名、ジュゴン♡フラッグ集めをします。
<イベント参加> ブースを出して、署名・フラッグ集め、グッズ販売などをします
・10/30(日)「戦争あかん!基地いらん!2011関西のつどい」の集い
  大阪城野外音楽堂 12時半開場 13時~ 終了後デモ有 参加資料代500円  チラシ http://www17.plala.or.jp/kyodo/1030.pdf
・11/3(木・休)いのち紡ぐわたしたち2011
  四天王寺境内 10時~16時 
・11/6(日) 大阪・団結まつり    扇町公園 11時~15時 *雨天決行
  SDCCは模擬店(焼き鳥)、フリマ、展示、ステージアピールなどします☆
・11/19(土)2011アジアはともだち!子どもコンサート 
  クレオ大阪西(西九条)16時~
・11/20(日)「イラク民主主義革命に連帯する国際集会」
 都島区民センター ホール 14時~ 
チラシ http://peacetv.jp/_userdata/flyer_20111119-20.pdf

★首都圏
<イベント参加> ブースを出して、署名・フラッグ集め、グッズ販売などをします
・11/3 月桃の花歌舞団世田谷公演 
  世田谷区烏山区民会館 17:00開演
  大人:1,500円 65歳以上・障がい者・学生・失業者:1,000円 中高生:500円
 ※当日料金は各200円増、東日本大震災被災者は無料
・11/20(日)2011アジアはともだち!子どもコンサート 
 大田文化の森ホール 15:30~
・11/24(木) 『普天間基地は県外へ』政府は沖縄県民の声を聞け11・24集会
 文京区民センター 19時~

☆詳細はこちらの活動予定をごらんください。
 
―――――――――――――――――――――――――――――――
◆事務局より(会員募集中)
―――――――――――――――――――――――――――――――
●どうぞ会員になってください。
SDCCの活動は会員のみなさまの会費とカンパに支えられています。
会員の方には年6回ちゃんぷるニュース(会報)をお送りしています。
ニュースの購読でジュゴン保護のサポートを!
●SDCC制作の人気動画「沖縄のジュゴン」 
沖縄ジュゴンのことを広く知ってもらうためのアニメです。
http://www.youtube.com/watch?gl=JP&hl=ja&v=-htxNd5EQR0&feature=channel_page

年会費:個人  2000円(15歳以下の方は500円)
    団体 10000円

☆入会の詳細はこちらをご覧ください。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
(発行)ジュゴン保護キャンペーンセンター(SDCC) 
 TEL/FAX  03-5228-1377 (東京事務所)
         06-6353-0514 (関西事務所)
  URL     http://www.sdcc.jp
  EーMAIL   info@sdcc.jp
(カンパ振込み先)
 郵便口座 00140-9-660199
 口座名 ジュゴン保護キャンペーンセンター
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

10/28近畿経済産業局前で座り込み

2011年10月29日 | ジュゴンブログ

経済産業省前福島の女たちの行動に合わせて、
大阪でも、近畿経済産業局前で座り込みが行われました。


いい感じの楽器演奏があって、なごやかな感じの座り込みでした。


主催のおとんとおかんの原発いらん宣言2011の代表の方をはじめ参加者の5名が
原発を止めてほしいこと、再生可能エネルギーの導入に
取り組んでほしいことなど、申し入れをしました。
局員との話し合いの様子を報告しているところです。
(話し合いには、SDCCスタッフも1名参加しました)


前からの知り合いや、その場で知り合った方たちと、色々お話し出来ました。
辺野古の基地問題についても、ご存知の方が多く、はじめて知った方も、
「今度沖縄に行くときは、辺野古に行ってみたい」とおっしゃっていました。
署名も集まりましたよ。

座り込みの様子が朝日新聞(10/28夕刊)に載っています。
原発いらん「おとん」「おかん」が座り込み 
どうぞご覧ください

ZAN
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「渡利の子どもたちを守れ!」政府交渉

2011年10月29日 | ジュゴンブログ

10月28日、参議院議員会館講堂で「渡利の子どもたちを守れ!」
政府交渉がありました。
10月8日に福島市渡利小学校で開かれた住民説明会をふまえて、
福島市の詳細調査の実施や子ども・妊婦への配慮について
問いただし実施させるための政府交渉でした。


政府交渉の前に事前集会が開かれ、
子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク代表の中手さんから
政府交渉の趣旨が説明されました。
この間に、バスで上京してきた渡利からの参加団が到着。
また、経産省前での座り込みの人々も
政府交渉の途中に続々と参加し、
会場は満員になりました。


事前説明が終わり、
1時間30分の予定で政府交渉が始まる。

交渉の冒頭、渡利、小倉寺、南向台住民有志が集めた署名
「渡利周辺の特定避難鑑賞していおよび賠償に関する要望書」が
11700余が提出されました。


続いて、渡利の子どもたちを守る会や福島老朽原発を考える会らが
取り組んだ渡利、小倉寺周辺の線量調査や土壌汚染調査結果が
次々と映し出されて、政府調査との違いが浮き彫りにされる。



10月8日住民説明会の模様が放映された後、
交渉の基本的要求事項が説明されました。



交渉の重点は、
国の調査の恣意性を明らかに(渡利、小倉寺で20ミリの指定基準を超えた
2世帯の指定を見送ったこと)、
全地域の詳細調査の実施を(放射線量が事故後に増えている地域がある)
求めるものでした。

このことを通して、
除染の効果が出るまで、
子ども・妊婦を優先的に避難させることを求めるものでした。


原子力災害対策本部被災者生活支援チーム担当課長は
「まず除染」と、子ども・妊婦を避難させるための
詳細調査の実施を頑なに拒みました。

さらなる住民側の追及に
「相談する」「いつまでに返答できるかわからない」と
担当課長は興奮して立ち上がって答弁する始末でした。


避難区域外からの「自主」避難者への補償、残ったものへの補償については、
10月20日原子力損害賠償紛争審査会で能見会長が
「自主避難は賠償しなければならない対象である。
残っている人たちへの賠償も検討しながら解決を図っていきたい」と語ったことが
文部省の担当課から報告されました。

子ども・妊婦の健康被害に配慮しない政府側の姿勢で、
交渉は予定時間を大幅に延長されました。
渡利地域での取り組みは、すべての被災者の共通した課題です。
支援がますます重要な時期になってきています。

  ジュゴン保護者より


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

経済産業省前に座り込み

2011年10月28日 | ジュゴンブログ

10月27日、9月11日行動から47日目。
テント前には「座り込み47日」の紙がつるされている。


テントの横には次回の行動日、
11月11日キャンドル包囲行動を宣伝する
チラシが貼ってある。


全原発停止をめざした張り紙も。


原発いらない福島の女たちのテントが並び、
旗などが林立している。



天気も良く経産省前には300人が座り込みをする。
最終的には700人を超えたようだ。
福島隊の旗が目立つ。


「命を紡ぐ女性たちは生きるために原発から卒業します」
「福島を負の遺産にしないで」
 経済産業省の正面に横断幕を持って立つ福島の女性たち。


 その横では、歌あり、アピールあり。合間には政府交渉あり。
 座り込んで、インタビューに答えている人たちがいる。
 活気のある経産省前となった。

 ジュゴンの保護者より
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

支援と完全賠償を求める院内集会

2011年10月28日 | ジュゴンブログ

10月27日(木)に参議院議員会館内で
圏外避難者有志と東京災害支援ネットの共催による
「福島原発事故30キロ圏外避難者の支援と
完全賠償を求める院内集会が2時間にわたって
行われました。

東京災害支援ネット(とすねっと)は、
避難者を支援するために結成されたボランティア組織です。
相談活動、情報提供活動、生活支援活動被災地での活動などを
取り組んでいます。

東京に避難してきた世帯とともに生きていこうとの思いで
学習支援や母子家庭状態の親の相談相手、
バザー・チャリティーコンサートなどを取り組んでいる
「きらら星ネット」や
京都に避難している区域外避難者を支援している
うつくしま☆ふくしま IN 京都~避難者と支援者のネットワーク
などからの取り組み報告がありました。
とりわけ、区域外避難者が「自主避難」と呼ばれて、
支援をあまり受けられないという差別の実態が報告されました。


福島市やいわき市から避難してきた母親たちは
「避難は間違っていなかった。まだ、安心できない」
「安心になるまで東京に置いてほしい」と涙ながらに
支援を訴えました。


田村市から参加した3人は
5月に自主的に対策委員会を設置して、
自治体との交渉をしてきたが、
「国の指導なので」と責任を取らない自治体の姿勢を
嘆き、厳しく批判しました。


最後に、とすねっと事務局から
「30キロ圏外避難者の要望事項」として
「情報公開」、「完全な賠償と事故前の現状に回復すること」、
「『当初6カ月間は1人10万円、その後は1人1カ月5万円』を撤回して
大幅に上回る慰謝料の支払を」の提案がありました。

 ジュゴンの保護者より

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

高見沢防衛研究所長を証人喚問へ~那覇地裁

2011年10月27日 | ジュゴンブログ
10月21日に那覇地裁で第13回辺野古アセスメント裁判がありました。
公判後の進行協議で、高見沢防衛研究所長(前防衛政策局長)を
証人喚問する準備に入ることが確認されました。

公判のコメントはユーチューブで流されていますので参考にしてください。

辺野古違法アセス訴訟2011年10月21日 公判後コメント


金高弁護団長、安次富ヘリ基地反対協共同代表、東恩納市議のコメントが
8分で要領良くまとまっています。

高見沢防衛研究所長は
1996年のSACO(日米特別行動委員会)の交渉担当として、
垂直離着陸輸送機MV22オスプレイ配備について
地元からの問い合わせには明言しないことを
米国と調整していた
ことが明らかになっています。


事故を多発しているオスプレイの配備を
日本政府が故意に隠してきたことが明らかになれば、
評価書のやり直しを求めている裁判にとって
極めて有利になります。

今後、12月14日第14回公判で証人採用が決まり、
来年1月11日~13日と2月1日~2日に
集中審理が行われます。
防衛省の評価書が年内提出されると、
沖縄県知事意見について県環境審査会が開催される時期と
集中審理の時期が重なります。

「高見沢防衛研究所長を証人に」とのキャンペーンを広げましょう。

 ジュゴンの保護者より
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

10/23 マラライ・ジョヤさん講演会に参加しました

2011年10月24日 | 活動報告

マラライ・ジョヤさんは、アフガニスタンで女性の自由と権利のために
闘っている人権活動家で、元国会議員です。


10月23日、ジョヤさんの講演会
「アフガニスタンに自由と民主主義を求めて 元国会議員の闘い」が
大阪・吹田のさんくすホールで開催され、SDCCは参加して来ました。
(主催はRAWAと連帯する会などの実行委員会)


9.11後のアフガニスタン攻撃から10年。
アフガニスタンでは、今も空爆が続き、「誤爆」という名で、
子どもをはじめとする一般人が傷つき殺されています。
10年前より、状況がむしろ悪化しています。
小泉首相(当時)が「テロと戦う米国を強く支持する」と
言ったことを忘れてはいけません。


ソ連の侵攻以来、ずっと戦闘状態のアフガニスタン。
「私は、戦争しか知らない。その中で人権を守り、
平和な世の中を実現することが私のやるべきこと」


1960~70年代、洋装で自由だったアフガン女性。
1979年にソ連が侵攻して以来戦闘が続き、
女性の人権が奪われていきます。


「私たちには、軍閥・タリバン・占領軍という3つの敵がいます。
連合軍が撤退すれば、敵はふたつに減るのです。連合軍には、今すぐにでも出て行ってほしいと思っています。」
占領軍が出ていけば、治安が悪くなるというのは、
占領軍側のプロパガンダのようです。


会場で集められた寄せ書きです


SDCCは、ブースを出して、署名・フラッグ集め、グッズ販売をしました。


厳しい状況の中、命を狙われても声を上げ続けるジョヤさん。
強くてやさしい方です。
沖縄にも行って来られて、米軍基地のこともご存知です。
SDCCの署名していただきました。


それから、ジュゴンフラッグにも
メッセージを寄せていただきました。


Down with Foreign bases in the World!
Long Live Foreedom!
malalai Joya
世界中の基地よ、なくなれ!
自由が続きますように
マラライ・ジョヤ

胸にジュゴンマスコットをつけてくださっています


フラッグは、ジョヤさんの1枚を含めて、21枚集まりました。
とても良い講演会でした。
皆さんありがとうございました。

<マラライ・ジョヤさん講演会今後の日程>
10月27日(木)午後3時開演 名古屋学院大学白鳥学舎翼館302教室
10月28日(金)午後4時20分開演 大阪大学豊中キャンパススチューデント
コモンズ
10月29日(土)午後1時開場1時半開演 京都大学吉田南キャンパス
 人間・環境学研究科棟地下講義室

詳しくはRAWAと連帯する会のホームページをご覧ください。
http://rawajp/org

RAWA
(アフガニスタン女性革命協会)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中手さんを迎えて~枚方市民の会

2011年10月23日 | ジュゴンブログ

10月22日枚方市樟葉生涯学習センターで、
子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク代表の
中手聖一さん(福島市渡利出身)を迎えて
市民自治を考える集いが開かれました。

9月、枚方市民の会から福島の集会に参加、
中手さんにお会いして実現したもの。



避難者や子ども連れの母親、年配のご夫婦など
多くの参加者で集会室は満員。椅子が次々と出されました。


中手さんは脱原発市民運動のメンバーで、
福島に単身在住、家族はすでに岡山の親せき宅に避難。
脱原発運動の人が避難する中で
子どもを放射能から守るために3人で福島ネットワークをつくった。



母子避難者はすでに6万人。
この7月、
全国の支援で行ったサマーキャンプには
6万人から8万人が県外生活を過ごした。

今、福島の本屋さんでは
「汚染マップ」や
「放射能から子どもを守る食事の作り方」など
ノウハウ本が飛ぶようにに売れている。

来年度の進学希望調査では
半数が県外になっていると
福島市長が発言している。
福島にとどまっている子どもの親たちは
役所の言うことを信用しなくなってきている。

2時間にわたる熱心な報告と討論後、
最後に中手さんから、
「迷いながら残っている人の集団避難ができるように
行政の後押しが今まで以上に必要」

「そのために、避難地区に指定すること」
「集団的に受け入れができる自治体が必要」との
要請がありました。



討論では、仙台から枚方市に避難している方から
家族別居の現状が、
京都の支援ネットから取り組み報告などが
出されました。

SDCCは来年IUCNに向けたジュゴン♡フラグ集めと
写真展でアピールしました。


 ご協力ありがとうございました。
 ジュゴンの保護者より
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【ご案内】 中手聖一さんを迎えて 枚方の集い

2011年10月21日 | イベント案内
【ご案内】 中手聖一さんを迎えて 枚方の集い

★中手聖一さんを迎えて★

子どもたちを放射能から守る福島ネット代表
http://kodomofukushima.net
http://kofdomofukushima.at.webry.info/

「福島からの報告と放射能から子どもたちを守るための枚方の取り組みなどの交流」の集い(アクセス、チラシなどこちらからご覧ください)
http://hangenpatsu.jimdo.com/hirakatasyuukai/?logout=1

10月22日(土)13時開場 13時30分~16時30分
楠葉生涯学習市民センター 大会議室
※京阪「樟葉」駅下車 徒歩8分

●参加協力金 700円
※東日本から避難されている方は無料

主催:10・22集会を成功させる会
後援:平和な枚方をつくる市民の会

連絡先:枚方市禁野本町1-5-15-106 市民の広場「ひこばえ」
Tel 072-849-1545(FAXも共通)
e-mail : y-ohta0101@ezweb.ne.jp

SDCCも、ブースを出し、署名・ジュゴン♡フラッグ集め、グッズ販売などいたします。多くの方のご参加をお待ちしております。

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

10/23(日)マラライ・ジョヤさん講演会

2011年10月20日 | イベント案内
アフガニスタンにて女性の自由と権利のために闘っている人権活動家
マラライ・ジョヤさんの全国スピーキングツアーがはじまっています。
大阪・吹田での講演会は
23日(日) 吹田さんくすホール(JR吹田駅下車すぐ) 
 14時~(開場13時)  1000円
SDCCは、ブースを出して署名集め、グッズ販売などもします。
ご都合のよい方、どうぞご参加ください

沖縄での講演会の様子が、沖縄タイムスにアップされています→こちら


   <関西での講演予定>
10月21日(金)大阪女学院大学 18時~ 無料
 22日(土) 同志社大学 無料
★23日(日) 吹田さんくすホール 14時~ 1000円
 28日(金) 大阪大学 豊中キャンパス 16:20~ 無料
 29日(土) 京都大学 吉田南キャンパス 13:30~ 1000円

最新情報は、RAWAと連帯する会のブログをご覧ください。
http://rawajp.org/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加