ジュゴン掲示板

ジュゴン保護キャンペーンセンター(SDCC)は日本では沖縄にのみ生息しているジュゴンを守るために活動をしています。

6/23慰霊の日キャンドルアピール行動

2015年06月30日 | 活動報告

6月23日 沖縄慰霊の日に大阪駅前で、キャンドルアピールをしました。
みんなが掲げているプラカードは、5・17県民大会で使われた
片面「辺野古新基地NO!」もう片面「屈しない」と書かれたプラカードです!


沖縄戦終結から70年。
ほんの70年前の沖縄戦、どういうものだったのか、知ってほしい。
住民を巻き込んだ地上戦
戦闘に巻き込まれ、逃げまどい、多くの人が犠牲になった
二度と過ちはおかさない、と誓ったのではなかったか


戦争できる国にしようと安倍政権は暴走しています。
辺野古新基地建設を強行しようとする
政府に、粘り強く抵抗していきます。屈しない心で。

ロウソクを灯し、祈り、平和を願いました

平和を守るのに基地はいらない!戦争NO!

詳しい報告は、STOP!辺野古新基地建設!大阪アクションのブログをご覧ください。

ZAN
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

じゅごん茶話会(6月25日)の報告です~♪

2015年06月27日 | 活動報告
とんでもないニュースに、気が重くなってしまいますが
みなさまはいかがお過ごしでしょうか。

とはいってもめげていられない
できることをがんばります

最近は、月1回のペースで続けているじゅごん茶話会
6月25日の報告です

今日のおやつは、宮古島から届いたちんすこうなど
じゅごんも喜んでるかしら


カナダに留学中の学生さん、京都からの参加者さんなど
初参加者の方があって賑やかでした。
最初に、「うみさんぽ」のDVDを観て
それから奄美の土砂について奄美での会議に参加したスタッフから報告
その後、最新情報や感想や質問など
お茶を飲みながらゆんたく(おしゃべり)しました。
新聞や雑誌の情報なども紹介


「うみさんぽ」は辺野古・大浦湾の自然豊かな海の映像です。
ほんとうに美しい海が映し出されます。

奄美の土砂のお話しは
辺野古の海を埋め立てるための土砂の搬出を止めようという取り組みが報告されました。
「奄美や瀬戸内海など西日本各地の自然を破壊し、
辺野古のサンゴ礁の海を破壊する埋立ての即時中止を!」と署名も始まっています。
ぜひ皆さまご協力を

『【署名】西日本各地からの 辺野古埋立て用の土砂採取計画の撤回を求める署名』
⇒ http://amba.to/1QVbXE6

美しい奄美の海が、山を削り土砂を搬出することで、壊されています。
削られた山は痛々しい…。
奄美の人たちは、これ以上自然を破壊しないで
ましてや基地を造るための埋立に使わせない
と土砂の搬出を止めることと辺野古の基地を止めることを
同じ問題として取り組まれています。

母なる海
恵みの海
自然豊かな海

海を壊して戦争のための基地は造らせない

その後、みんなでピースリボンを作りました。
これは、7/3~5のじゅごんの里ツアーで辺野古を訪れた時に
浜のフェンスに結びます。

思いを込めてメッセージを書いたリボン

こんなにたくさんできました

しっかりとフェンスに結んできます

わいわい賑やかにじゅごん茶話会やってます~


次回は、7月16日(木)14時~16時
ちょこっと三線を弾いてみよう!ということで
沖縄の音楽に触れてみます。
もちろん、最新情報もゆんたく(おしゃべり)しますよ~。
どうぞお越しくださいませ



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

6/20 戦後70年企画「辺野古から仲間たちがやってくる」

2015年06月24日 | 活動報告

6月20日(土)、京都のひと・まち交流館で開催された
戦後70年企画「辺野古から仲間たちがやってくる」に参加してきました。


沖縄から仲間たち―高里 鈴代さん、小橋川共行さん、秦真実さんの3人が
いらっしゃいました。島ぐるみ会議共同代表の高里さんは、
プレゼントしたジュゴンをさっそく胸につけてにっこり


沖縄戦と辺野古の闘いの今の映像上映の後、高里さんの講演。
辺野古基地建設の経緯と現在の様子をわかりやすくお話しされました。


辺野古の特集が掲載されたDAYS JAPAN 6月号を手に
楽しく熱く語る小橋川共行さん。ゲート前には欠かせない存在です。
仲間を増やそうと、ゲート前での歌&踊りを披露


おもちゃ楽団の演奏や沖縄民謡・舞踊、三線で大盛り上がり。


ゲート前で歌われている「座り込めここへ」。
各地でも、広がりつつある歌ですが、秦真実さんのボーカルはやはり最高
会場一体となって大声で歌いました。



各団体からのアピールタイム。
SDCCスタッフから大阪アクションの取り組みを報告。
大阪で京都で広げていきましょう~

映像、講演、音楽と盛りだくさんの企画がうまく絡み合って
とても楽しいイベントでした。
現地で座り込んでいる島袋文子おばあはビデオメッセージで、
辺野古で会いましょうと呼びかけられました。
力強いメッセージに元気づけられると共に、
「辺野古に行こう!」と思われた方も多かったのでは


  (写真提供 川口真由美さん)
集会後デモに出発
「じゅごんの人は前よ~」と言われて先頭へ。
京都のデモは、沿道の人との距離が近くていいな☆
手を振ると、振り返して「がんばって~」と声がかかったりもします。
拍手してくれる人も

みんな命どぅ宝に気づきはじめたのかな。
厳しい情勢の中に希望が光ります

京都の皆さま、ありがとうございました

ZAN
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

6/21 風人の祭2015東京 報告

2015年06月23日 | 活動報告
 
6月21日、上野公園水上音楽堂で「風人の祭2015東京」が行われ、ブース参加しました。
まーちゃんバンドほか6組のアーティストが出演しました。来年は15周年だそうです。

 

 
SDCCのブースは、客席後方の通路にブルーシートを敷き、グッズ販売と署名集めをしました。
演奏の合間に、ジュゴンの事、辺野古の事、抗議行動の事などの活動紹介とグッズ販売と2つの署名の
お願いをしました。
わざわざ署名をしに来てくださった方もおりました。今年もマスコットや箸置きが人気でした。

 

 

  
沖縄出身や徳之島出身のアーティストたちの演奏が次々と始まりました。
メンバー6人が全員19歳のグループが琉球舞踊を披露したり、みんなで三線&エイサーで踊ったり、
さらに音楽に合わせて鳥の帽子をかぶった人たちが踊りだしたりと、会場は盛り上がりました。

 
今年は、会場の子どもたちが舞台に上がり、まーちゃんからパパイヤダンス、マンゴーダンスを
教わりながら踊り、子どもたちも楽しんでいました。
恒例の風人ブドゥリ太鼓とまーちゃんとの演奏とエイサーもありました。


フィナーレは、出演者全員と会場が一緒になって
カチャーシーで盛り上がりました。
唄って 踊って 楽しい音楽祭でした。 



 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『GAMAー月桃の花』上映会と、平和の集い 報告

2015年06月21日 | 活動報告

6月14日(日)、大阪天満橋のドーンセンターで、
映画『GAMAー月桃の花』上映会&平和の集いをしました。

戦後70年。国会で安保法案が審議され、平和憲法を守れるのか瀬戸際に立つ今、
戦争というものを学び直し、戦争NOの声を大きくしていきたいと企画した上映会です。

はたしてどれだけの人が来てくれるだろうか
少し不安もありましたが、午前の第1部の上映から、たくさんの方が
来場され、2部合わせて140名近い来場者がありました。


受付もいっとき行列が出来ましたが、心強い助っ人がお手伝い
来てくれたので、スムーズに行きました。


オープニングは「月桃の花」歌舞団の力強いエイサーで


映画終了後は、平和の礎や辺野古の現状についてお話ししました。


奄美・沖縄島うた文化を考える会の牧 志徳さんの三線ライブ。
動画はこちらにアップされています。
奄美で生れ、嘉手納の近くで育った牧さん。
基地被害などを熱く語られました。


会場には11のブースが並び、休憩時間にブースをまわるのも
楽しかったです。色んなつながりができたようです


SDCCのブースはこちらで~す。


(写真 今岡良子さん)
Tayucocoさんのブース。
日本各地で環境や未来のことを考え行動している生産者さんの食べものを
集めて販売されています。親子で参加してくださいました。


沖縄戦の写真も展示しました。
じっくりとご覧になる方も多かったです。


辺野古の基地計画や海の生き物の写真も展示しました。
現場で船長として活躍されている牧志治さんが前日(6/13)に撮影された
カヌーチームの写真も展示しました。


(写真 今岡良子さん)
去年、満月まつりinOSAKAにも出演していただいた佐野さんが
三線で会場の雰囲気を盛り上げてくださいました。

参加してくださった皆さんのつながり、そして広がりを感じる
よい集いになったと思います。この映画が次の一歩へ
つながることを願っています。

皆さま、ありがとうございました。

ZAN
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

6月23日慰霊の日にキャンドルアピール行動@JR大阪駅前

2015年06月15日 | ジュゴンブログ

ストップ!辺野古新基地建設!大阪アクションの取り組みです。
ジュゴン保護キャンペーンセンターも呼びかけ団体です。

6月23日
何の日か知ってますか?

6月23日慰霊の日にキャンドルアピール行動


沖縄戦終結から70年
住民を巻き込んだ地上戦
沖縄戦で20数万の尊い命が奪われました
そのうち10万人は住民でした
4人に1人が犠牲になったのです

あの戦争からまだ70年しか経っていません
二度と過ちは繰り返さないと
平和憲法9条を守ってきたはず・・・

しかし、今、日本はまた戦争をする国になろうとしています
民意を無視して、辺野古に新しい基地が造られようとしています
辺野古、キャンプシュワブゲート前では24時間体制で
座り込み・阻止行動が続けられています。
あの戦争を生き延びた、おじぃやおばぁも座り込んでいます
「戦争は二度とごめん」
「あの戦争で家族の多くを亡くした、今がんばらないと」
そんな思いで座り込んでいます


慰霊の日に
『命どぅ宝』
『辺野古新基地建設NO!』
とロウソクを灯してアピールします
JR大阪駅前(南口広場)18時~19時半
どうぞご参加ください

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

毎月15日はジュゴンの日♪ 

2015年06月15日 | ジュゴンブログ
毎月15日はジュゴンの日

 

梅雨明けの沖縄は夏本番の暑さ
昨日6月14日の辺野古キャンプシュワブゲート前の様子をご紹介

 

昨日は日曜日で、海上作業も休みだったので、瀬嵩前と分かれずによく
 のんびりムード良かった

 
 
始めて1人で座り込みに参加した私どんな感じかしらと少し不安・・・
テントに到着して空いているイスに腰かけてみた。

 

テント前ではマイクで状況説明や、有志の方が歌やお話をしてくれます。
この日は東ティモールの歌の披露がありました 「あきらめない」という内容の歌詞

 

そして12時になると昼食タイムにしましょうと。持参のお昼を出して各自タンチタイム
しまった準備してない・・と思っても大丈夫 コンビニへ送迎もしてくれます
おトイレの心配も大丈夫

 

お隣に座っていた毎週末来ているという女性2人に「おもてなし」がいいですね、と話を伺ってみると
「だんだんとこういう形になってきた」とのこと。「個々が集まってきて素晴らしい事だよね」と。

「熱中症に気をつけて下さい」とお茶のサービスまでありました。

 

このようにひとりで行くのはちょっと不安と思っている方も、大丈夫です
島ぐるみ会議のバスを利用するのもですよ。

 

へのこ文庫なるミニ図書館やパネルコーナーもあります。
最後にお話をいろいろ聞かせてもらったお礼にジュゴンマスコットをプレゼントすると
「毎週付けてきますね」となんと嬉しい、心あたたまるお言葉でしょう

その優しいお姉さんはジュゴンのTシャツを着ていた。

 

二見情話を披露していたおじさんも、ジュゴンTシャツを着ていた。 
「あきらめない」で続けていこう







 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

 7.11沖縄の集い いま沖縄で起きていること どこへ行く日本、どうするあなたは?

2015年06月15日 | イベント案内
拡散大歓迎
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 7.11沖縄の集い
    いま沖縄で起きていること
    どこへ行く日本、どうするあなたは?
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

第1部:学生が語る沖縄

第2部:講演 前泊博盛さん(沖縄国際大学・大学院教授)
    「沖縄基地問題 ~問われる日本の民主主義と安全保障」

第3部:パネルディスカッション
     前泊博盛
     ジョン・ミッチェル(ジャーナリスト、『追跡 沖縄の枯葉剤』の著者)
     牛島貞満(宮森・630を伝える会)
     辺野古リレー

日時:7月11日(土)午後1時~5時
会場:明治学院大学 白金校舎 2号館 B1階 2101教室
   (南北線・都営三田線) 白金台駅 2番出口/白金高輪台駅 1番出口
   (都営浅草線)高輪台駅 A2出口  各徒歩7分

資料代:800円 学生は無料

 今、沖縄の辺野古では、普天間基地の「代替」と言いながら、サンゴの
海を埋め立て新しい巨大な基地がつくられようとしています。沖縄はかつ
て戦場となり多くの犠牲を強いられ、戦後もアメリカの占領下で強制的に
土地を取られ、今も在日米軍基地の74パーセントが置かれています。基
地ゆえの事件・事故は数限りなく、平和に生きる権利が脅かされています。
島ぐるみで基地建設反対の翁長知事を誕生させた沖縄の民意を顧みる
ことなく、政府は工事を進めています。金と力で抑えつけるやり方に、民
主主義とは、地方自治とは、国家とは、と考えさせられます。
 「平和の最大の敵は無関心」という言葉があります。まず知って、考え
ましょう。
 そして、あなたはどうしますか?

===========================================================
主催:7.11沖縄の集い実行委員会
    (宮森・630を伝える会/ジュゴン保護キャンペーンセンター/
    原爆の図 丸木美術館/辺野古リレー)

後援:明治学院大学国際平和研究所
賛同:公益財団法人東京YWCA/平和を実現するキリスト者ネット/
    沖縄平和ネットワーク首都圏の会/沖縄戦首都圏の会
===========================================================
チラシ表

チラシ裏
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

明日、6/14(日)映画『GAMA 月桃の花』上映会&いのちと平和の集い

2015年06月13日 | イベント案内

『GAMAー月桃の花』上映会と、平和の集いイベントを開催します。
いよいよ明日となりました。

今年は戦後70年の年です。
戦争と平和を考える様々なイベントや催し物、報道などがされています。
今、日本の形が変わりつつあるこの時に
戦争というものを学び直し
戦争NOの声を大きくしていきたい
そんな思いで
上映会を企画しました。

『GAMAー月桃の花』は
沖縄を舞台に地上戦を生き延びた一人の女性をとおして戦争の惨禍を書いた映画です。
『GAMA』とは、沖縄にある鍾乳洞で
沖縄戦の時には多くの避難民がこの中に逃げ込みました。

また映画上映とともに、沖縄の音楽や
今沖縄で起きていることのお話し、
物販や食べ物などのマーケットも予定しています。
是非お誘い合わせの上ご参加下さい。

日時:6月14日(日)10時~17時
映画上映 第1部10時~ 第2部14時~
場所:ドーンセンター1F・パフォーマンススペース
 ※12:40~ 牧志徳さんの三線演奏ライブがあります。
 第2部でご覧の方も、早めにいらして演奏を楽しみください
  軽食コーナーもあります。

前売券1000円 当日券1200円
中高生・その他 前売り800円 当日1000円

映画情報はこちら
当日チラシ持参で、前売料金でご覧いただけます。
チラシ表PDFはこちら

チラシ裏PDFはこちら

ブースは、この他に「月桃の花」歌舞団出店も決まっています。

フェイスブックページにいろんな情報を載せています。
FBで参加表明してくださった方も、前売り扱いにさせていただきます。
どうぞぜひご覧ください。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

6/6 緑の党ひょうごオープン学習会「沖縄・辺野古 現地報告会」

2015年06月12日 | 活動報告

6月6日(木)、神戸市勤労会館で行われた
緑の党ひょうごオープン学習会「沖縄・辺野古 現地報告会」に
お話しに行ってきました。

ジュゴンと基地について、沖縄県の動き、そして現地を訪問したときの
ことなどをお話ししました。

アメリカの人にもっと辺野古のことを知ってもらうために、
アメリカみどりの党(Greens/Green Party USA)に呼びかけてみたら
どうだろうかという提案があったり、ジュゴンについての質問があったり
色々と意見交流も出来ました。

今後、辺野古埋め立て土砂搬出反対署名に取り組んだり、
辺野古への土砂採掘がはじまっている小豆島の様子を見に行こうかなど、
取り組みのアイデアも出てきて、楽しい学習会となりました。

ZAN
コメント
この記事をはてなブックマークに追加