ジュゴン掲示板

ジュゴン保護キャンペーンセンター(SDCC)は日本では沖縄にのみ生息しているジュゴンを守るために活動をしています。

☆意見書を出しましょう☆

2009年04月30日 | ジュゴンブログ
☆アセス準備書への意見書を出しましょう☆

今回沖縄防衛局が出している準備書は、
「辺野古にジュゴンがいないので、埋め立てても影響はない」と
安易に結論付けたり、海草藻場の保全や、アオサンゴなど貴重な生物に
対する配慮にまったく欠けるものです。

準備書の要約はこちら
普天間飛行場代替施設建設事業に係る環境影響評価準備書(要約書)
全文はこちら
普天間飛行場代替施設建設事業に係る環境影響評価準備書

全文は5400ページ、要約でも数百ページあります。
すべて読むのは難しいので、興味のあるところのみを読むか、
またはSDCCで問題点をまとめたものを参考にしてください。

ジュゴン保護のための調査を
ジュゴンを辺野古からおいだしているのは誰?!

「ジュゴンの複数年調査をせよ」「アセスのやり直しを!」「海を守って」
などみんなの意見を送りましょう。

◆意見書締め切りは5月15日です。

◆意見書はどなたでも、何枚でも出すことができます。
たくさん書いてもいいし、1行でもOKです。
基地を止めて、ジュゴンの海を守りたい思いを
伝えましょう。

◆どんな用紙でもOKですが、よかったらSDCCが作った意見書用紙(pdf)を
使ってください。問題点をまとめてあります。
宛先(沖縄防衛局の住所とFAX番号)も書いてあります。

◆何枚でも書けますが、1枚ごとにお名前とご住所を書いてください。

◆郵送またはFAXで送ってください(eメールは不可)。

◆意見書を送ったらSDCCにも同じものを送付してください
(こちらはeメールでもOKです)。
 どんな意見が出されたのかを記録し、皆さまの意見を
沖縄県知事やアセス審査会の委員にも届けますので、
よろしくお願いします。

*意見書提出については、辺野古浜通信の呼びかけもご覧ください。
【重要】意見書提出の取り組みについて

意見書は「ジュゴンの海を守れ!基地反対」の世論を広げるチャンス!
多くの意見を送って、基地計画の見直しを求めましょう。

(写真は、辺野古の竜宮神を祀ったほこらの森
作業ヤード予定地です)

TA-KE
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

4/24アセス準備書学習会

2009年04月30日 | 活動報告
4月24日 沖縄とともに基地撤去をめざす関西連絡会主催の
環境アセス準備書学習会に参加しました。

沖縄からヘリ基地反対協の安次富さんが参加し、準備書の問題点やグアム協定について講演されました。



安次富さんは準備書について、ジュゴンが辺野古にこないという
結論となっていることや、方法書になかったヘリパッドが記載され
ており方法書からやりなおすべきことなどをお話しされました。
そして2010年生物多様性年にむけ基地をやめさせ辺野古大浦湾の
自然を守る世論を強めれば、基地はつくれないと訴えました。

また前回の方法書では500通あまりの意見書がでて、沖縄県環境影響
評価委員会の委員の皆さんにも伝え、アセス手続きを遅らせる大きな
力になったこと、今回の準備書では方法書の時の10倍の5000通をこえる
意見書をだそう!とお話されました。


討議では「意見書には何を書いたらいいの?専門的なことは難しい・・」
「基地はいらない、海を守って、など率直な意見を書いてもらえばOK」
など、意見書をひろげるための実際的な議論が行われました。

国会からは、服部さんや辻元さんがいらして、国会の動きやグアム協定
の動向についての報告もありました。


グアム協定については「海兵隊8000名削減が、まったく根拠のないもの
であることが明らかになった。衆院優越で残念ながら成立はさけられ
ないが、参議院では否決し、協定の意味を低めていくことが大切」
と話されました。

意見書を一人でも多くからあつめ、世論を動かせば基地はかならず
とめられる元気がでる学習会でした。

☆じゅごん
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

4/21アセス準備書学習会の報告

2009年04月29日 | 活動報告

報告が送れましたが、4月21日に大阪市立中央公会堂で
開催した「アセス準備書学習会 意見書を出そう」の
報告です。平日の夜、急な集まりにもかかわらず25名の
参加がありました。


受付はニューフェイス。
仕事帰り、雨の中やってきてお疲れモードの方も
この笑顔にほっとされたのでは


まず、SDCCから今回のアセスメントの経過と
準備書の問題点についてお話しました。
問題点については、このブログの
ジュゴン保護のための調査を
ジュゴンを辺野古からおいだしているのは誰?!
をご参照ください。


質問タイムではたくさん質問が出て活発なやり取りになりました。
準備書そのものに対する質問は勿論ですが、
「自分たちが出した意見書はどうなるのか」
「にぎりつぶされることはないのか」
など、意見書を出す意味を問うものも多かったです。

方法書の段階で、沖縄防衛局は意見の概要を出して
いますし、準備書で方法書への意見に対する回答も
一応しています。多くの意見書を出すと、防衛局も
無視することはできなくなります。


また、住民の意見は、沖縄防衛局から沖縄県に送られ
それも参考にして、アセス審査会が開かれます。
アセス審査会の答申を受けて知事意見が出されるという
流れになります。

方法書の段階で、アセス審査会が方法書に対して
書きなおしを求めたため、沖縄防衛局は150ページの
追加資料を出すことになり、アセスの手続きは大幅に
遅れました。2014年完成を目指す政府には痛手でした。
ですから、アセス審査会や沖縄県にも、こんな意見書を
出しましたと、伝えることも大切です。
アセス審査会がんばれ~


次に、イベントや街頭でも意見書を集めるために、
SDCCがしている取り組みを説明しました。
ジュゴンや海草藻場、騒音問題などについて、
わかりやすく書いたパネルを用意し、SDCC作成の
特製「意見書用紙」に意見を書いてもらいます。

こんな風にして東京アースデイで32通、この日7通、
累計52通の意見書を集めました(スタッフの分は別)。
連休中にはたくさんのイベントがありますので、
ぜひもっともっと、いっぱい意見書を集めたいと思います。


学習会に参加された「沖縄の会」の方から、活動資金作りにと
ジュゴンマスコットをいっぱいいただきました。
ありがとうございました

みんなで力を合わせて、意見書をたくさん集めましょう。
ご参加の皆さんありがとうございました

ZAN
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3Days in 東京

2009年04月25日 | 活動報告
4月17日(金)~19日(日)の3日間、関西スタッフは
東京に出かけて、いっぱいがんばって、いっぱい楽しんでまいりました。


17日は防衛・環境・外務の三省との交渉。


これは外務省との交渉の様子。
みんな言いたいことがてんこ盛り。
「発言の順番がなかなかまわってこないよ~」
「もっとしゃべりたい!」


真面目に交渉したあとは、ジュゴンのいる「新橋BOX」で交流会。
飲んでいる姿はちょっと、お見せできません。
毎晩よく飲みました・・・


18,19日は代々木公園アースデイ。
準備中の風景です。


東京ジュゴンちゃんもデビュー
すぐに人気者に!!


ジュゴングッズも大人気
2日間でめぼしいものは売れてしまいました。


首都圏スタッフ・関西スタッフ力を合わせてがんばって、
2日間で署名は1800筆、
アセス準備書への意見書は32通集まりました。


18日は夕方からSDCC総会
海勢頭豊代表のあいさつ。


タイ、プーケット海洋生物センターのカンジャナさんのDVD。
野生のジュゴンが泳ぐ姿がすばらしい


アースデイにはホントに色んなブースが出ていました。
こちらは、上関原発に反対している「長島の自然を守る会」。
長島にはスナメリがいます。


お向かいは「グリーンアクション・さいたま」の皆さんのブース。
「毎月15日はジュゴンの日」のフェルトバナーがかわいい
SDCCの署名も集めてくれてありがとうございました。
ジュゴンの折り紙を折るコーナーもあって大人気でした。


お向かいのブースでは高江のヤンバルの森を守ろう!
にも取り組まれています。
素敵なヤンバルクイナ型のカンパ箱。
SDCCもジュゴンのカンパ箱にしたら、もっとカンパが入るかなあ~。


「グリーンアクション・さいたま」の皆さんとも一緒に、
大阪に帰る前の記念撮影。
「力をあわせてジュゴンを守ろうね」

東京で出会った皆さん、ありがとうございました。

ZAN
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

ジュゴン保護東京アクション

2009年04月23日 | 活動報告
防衛・環境・外務 3省との交渉とアースデイ参加を中心とした
4/17-19の「ジュゴン保護TOKYOアクション」の報告です。



ご覧ください。

☆じゅごん
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

防衛、環境、外務省交渉

2009年04月22日 | ジュゴンブログ
 
 4月17日に防衛省、環境省、外務省との交渉を行いました。1年半ぶりの交渉です。防衛省のアセス担当課と間違うほど「環境省ショック」を受けて以来です。



PHOTO 環境省

 膨大で、荒っぽい論理の準備書の前に、自信のない答弁が続出しました。
 以下、特徴的な答弁を取り上げます。

 防衛省―「説明できないので準備書への意見を出してください」 

 辺野古でジュゴンが見つからなかった理由については、「調査の結果を述べるのが準備書、分析は必要ない」と居直りました。

 基地建設で破壊される海草藻場78㌶の保全についての検討結果がないことについては、「説明できないので意見を出してほしい」と説明責任を放棄しています。

 全国の埋め立て土砂1年分にあたる1700万㎥の購入先が決まっていないにもかかわらず、「海草やサンゴに影響はない」とぬけぬけと言う一方、掘り返される地域に与える影響については「業者が考えること」と無責任な態度に終始しました。

 他に、意見提出期間の延長や英語版の作成は考えていない。知事意見にあるジュゴンの複数年調査や騒音調査のためのデモフライトは必要がないと着工優先の姿勢を露骨にしました。


 環境省―「注視するだけ」 

 「環境省の調査結果と基本的に変わらない」、これが準備書に対する態度です。

 複数年調査を求めるかどうかは「意見を出した沖縄県の判断」。辺野古で食み跡や糞が見つかった環境省調査との違いは「防衛省に聞くべきこと」。「公告縦覧中なので注視している」とコメントを拒否しました。

 ジュゴン保護を求める追及には「環境アセスと野生動物保護は別問題」と環境省の役割を否定する言葉にばつが悪くなったのか、「評価書への大臣意見や普天間移設協議会などでタイミングを見て意見を言う」と逃げ腰になりました。さらなる追及に、「言いますよ」と力ない言葉で終わりました。


 外務省―「ジュゴン保護は重要な問題」

 来年10月生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)を前に、はじめて課長補佐が出席して「ジュゴン保護は重要な問題」「とともにCOP10を成功させたい」と協力を求めました。

 しかし、COP10にジュゴン保護のIUCN決議を議題に取り上げるかどうかは「関係国との調整」。
 今秋のジュゴン保護覚書国際会議への参加は「わが国の立場をふまえて検討する」と消極的。
 ジュゴン訴訟については「係争中なのでコメントできない」と後ろ向きの態度に終始しました。


 *各地で環境アセスメント学習会が始まっています。
  海外との連携も始まっています。
  英語版作成を沖縄防衛局に求めています。
  準備書への意見を広げましょう。

    ジュゴンの保護者

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アースデイ2009 紙芝居キャンペーン

2009年04月21日 | 基地と沖縄
4.18-19のアースデイ2009でのジュゴン紙芝居キャンペーンの
様子です。



見てください。

☆じゅごん

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

4/18・19 アースデイ参加♪

2009年04月20日 | ジュゴンブログ
先週末SDCC一丸で代々木公園でのイチ大イベントEarth・Day・TOKYOに参加しました。

 

連日すごい人東京ってスゴイね。沖縄、大阪からスタッフも集合
代表のヒザの上が一番安心するなぁ~

 
 
今回は東京初披露のジュゴン姉さんも登場ゆるキャラ

   

ジュゴン折り紙でジュゴンを守ろうとジュゴン折り紙を広め

  

代々木公園でもジュゴン折り紙は大人気でした

 

只今集めている請願署名と環境アセス準備書への意見書を集めました
 
 

協力的なお客さんのおかげてスタッフも2日で1800筆もの署名が集まりました

 

辺野古に行ってきましたという声も結構聞きましたよ

 

外国人の方も沢山いましたね、ちゃんと英語版署名もあるんです

 

沖縄のジュゴンの現状を知らない人にはパネルや写真を使って説明します

 

代表自ら署名のお願いファンにはたまりませんな

 

マスコットなどジュゴン手作りグッズも好評で沢山売れました私達の活動資金になります

 

新商品のジュゴン一筆箋¥200-これが売れればSDCCのリーフレットが作れますご協力を!

   

怒涛の2日間でしたが新たな出会いもあり、皆さんのご協力で大成功でした
ありがとうございましたどんどん広がれジュゴンの輪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

明日「アセス準備書学習会 ~意見書を出そう~」

2009年04月20日 | ジュゴンブログ
       

明日、大阪中の島にある中央公会堂で
「アセス準備書学習会 ~意見書を出そう~」ジュゴンの海を守るために
を開催します。
-----------------------------------------------------------
■日時:4月21日(火)午後7時~ 6時半開場
■場所:大阪市立中央公会堂 大会議室
地下鉄・京阪 淀屋橋駅下車
■資料代 300円

この準備書では、たった1年の調査で、「ジュゴンは
辺野古の海草藻場を利用していないので、埋め立てに
よるジュゴンへの影響はない」としています。

4/18、19東京代々木公園で開催された「アースデイ」で
意見書を募ったところ、

「ジュゴンは絶対帰ってきたいはず!!きれいな海を
KEEPしてどこにでも帰って来てもらおう!!…」

「…人間の私利私欲のために失われていった自然を
いっぱいみてきました。私が育った海も年々透明度が
下がってきています。これ以上人間による海に対する
破壊活動は人間自身を追い詰める結果を招くことは
目に見えています。私は断固としてジュゴンのいる
海をこわすことに反対します。」

など32件の意見がよせられました。

ジュゴンの海を守ることは、命や生活、未来を守ること。
ぜひたくさんの意見を出しましょう。
明日は、準備書について学習するとともに
もっともっと多くの人にこの問題を広げ、たくさんの意見書を
出すための知恵も出し合いましょう。

予約は不要です。皆さまのご参加をお待ちしています。
【問い合わせ】SDCC関西事務所 info@sdcc.jp TEL&FAX 06-6353-0514

ZAN
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

意見書を出しましょう!!

2009年04月20日 | ジュゴンブログ
準備書に意見書を出すための用紙を作成しました。
こちら
問題点を簡単にまとめてありますので、ぜひご活用ください。
(コピー 転載歓迎です)

だれでも意見書はだせます。(住所と名前は必要です。
またFAXか郵送です)

「ジュゴンの複数年調査を」
「土砂はどこから?」
「オスプレイはどうなる?」
などジュゴンの海をまもるため、どんどん意見をだしましょう!

☆じゅごん
コメント
この記事をはてなブックマークに追加