ジュゴン掲示板

ジュゴン保護キャンペーンセンター(SDCC)は日本では沖縄にのみ生息しているジュゴンを守るために活動をしています。

明日です 世直しの歌とゆんたく  

2007年03月31日 | イベント案内
いよいよ明日(4/1)
「世直しの歌とゆんたく  -ジュゴンと琉球のきよらな心-」を行います。

日時:4月1日(日) 14:15開場 14:30開会 17:00閉会
場所:ドーンセンター(地下鉄 京阪 天満橋駅下車徒歩5分)
http://www.dawncenter.or.jp/top/index.jsp
参加協力費:1000円(大学生以下700円)ソフトドリンク付き

予約は不要です。ぜひぜひご参加ください。

ZAN
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

仲井真知事へFAXを送ってください

2007年03月28日 | ジュゴンブログ
3月27日、那覇防衛施設局はキャンプシュワブ沿岸部の海域調査の
同意申請を提出しました。

普天間代替/国、県に海域調査申請

『・・・県は環境影響評価(アセスメント)の前段となる「事前調査」に向けた手続きととらえ、同意申請に応じる意向だ。ただ、調査の範囲や内容はアセスと同一とみられる上、事前調査の結果をアセスに反映させることも可能なため「事実上のアセス容認」との見方は否めない。仲井真弘多知事の「移設容認」に向け、着々と「外堀」が埋められているのが現状だ。

 県は「移設協議の入り口」としてきた「三年内の普天間の閉鎖状態確保」などの要求に、国から前向きな回答が得られない中、調査にゴーサインを出す形となる。一方、国は県などが求める「アセス前の滑走路の位置修正」に応じない姿勢で、調査着手に地元のお墨付きを得ることになる。・・・』

知事は現行案に反対と言っています。同意申請に応じないでください。

仲井真知事に「同意申請に応じるな」「事前調査をさせないで」の
FAX、メール、ハガキをどんどん送ってください。

【送り先】沖縄県知事公室広報課 
       〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2
        電話:098-866-2020 
        Fax:098-866-2467
          e-mail kouhou@pref.okinawa.jp 

FAX用紙はコチラからです。
よろしくお願いします。

TA-KE

          (辺野古、大浦湾の写真 目崎茂和南山大学教授 提供)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アップしました。

2007年03月26日 | ジュゴンブログ
  貯め込んでいました活動報告やニュースをアップしました。
見てください。

http://www.sdcc.jp/top.html
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3/24京橋連絡橋行動の報告

2007年03月24日 | 活動報告
今日は暖かい雨の一日となりました。
京橋の連絡橋は少し薄暗かったのですが、今日も元気にがんばりました。

ここはチラシを受け取ってくれる方がすごく多いのですが、
受け取ったあとにしっかり目を通して、戻ってきて署名して
くださることもしばしば。本当にありがたいです。

ジュゴンの折り紙に感激してくれた人、カラのカンパ箱を見て
「かわいそうだから入れたげよう!」とカンパしてくださった方など、
ありがとうございました。



今日はイラストが集まらなくて残念だったのですが、
2枚目のイラストバナーもほぼいっぱいになりました。

ジュゴンイラストどんどんあつめるぞ~!
ZAN
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

世直しの歌とゆんたく  -ジュゴンと琉球のきよらな心-

2007年03月23日 | イベント案内
SDCCでは4月1日に、海勢頭豊SDCC共同代表(音楽家)を招いて、
「世直しの歌とゆんたく  -ジュゴンと琉球のきよらな心-」を行います。

日時:4月1日(日) 14:15開場 14:30開会 17:00閉会
場所:ドーンセンター(地下鉄 京阪 天満橋駅下車徒歩5分)
http://www.dawncenter.or.jp/top/index.jsp
参加協力費:1000円(大学生以下700円)ソフトドリンク付き

 <プログラム>
♪スライドと語り/ジュゴンはニライカナイの使い /SDCC
♪歌とお話 /海勢頭豊さん 
   曲目 赤椀の世直し
      ザンの海
      ジュゴンの歌など  
♪ゆんたく
     海勢頭さんへの質問や交流など
♪まとめ SDCC
   環境アセス意見書 第2回じゅごんの里ツアー など
   について説明します

沖縄県名護市東海岸 ジュゴンのすむ海をこわして米海兵隊の
新基地の建設をすすめる日本政府。その政府はまた、新憲法制
定をたくらみ戦争への道へ私たちをおいたてようとしています。
 古代、沖縄と本土は「貝の道」の交易によってつながりあい、
平和で豊かに暮らす沖縄の古代人の生き方は、本土の古代人にも
影響を与えたと考えらえます。そしてその平和な暮らしの象徴とし
て神の使いと考えられていたのが、ジュゴンです。
 基地建設と戦争へすすむ日本を「きよめる」ため、ぜひ海勢頭さん
の歌を聞き、ゆんたく(注)しましょう。
  (注)「ゆんたく」:沖縄方言で車座になってする自由な交流のこと

海勢頭豊ホームページ
予約は不要です。みなさまのご参加をお待ちしております。

チラシ(PDF)はこちらです。

☆1時から同会場でSDCC総会を開催します。
こちらにも是非ご参加ください(総会は無料です)。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

希望の歌 アジア巡回公演初演

2007年03月22日 | 活動報告
3/21国分寺本多公民館にて平和を大切にする心を伝えている
「歌舞団」のアジア巡回公演初演がありブ-ス参加してきました。

 

会場満員の130人のお客さんも入り大盛況でした。
開会の「笑顔は平和の原点、笑顔は希望の原点」
と挨拶が印象的で出演者の皆さんも笑顔いっぱい
でした。

 

歌舞団の芸術監督を務めているSDCC海勢頭代表から
下記のメッセ-ジが届いていました。

「月桃の花歌舞団」が世直しをめざして、悪しき権力にひるむことなく活動し続けていることに心から敬意を表します。
継続は力なりを地で通してきた素人集団が明るい未来を切り開くパワ-を身につけて、輝き、誇りに満ちた舞台は私たちに真の勇気とは何かを伝え、希望の光を与えてくれるものになってきました。
ついに嘘つき国家の日本人の社会規範の価値が破壊現象を起こし、毎日のように悲しい事故が多発しています。そこから透けて見える無責任政治の隠せない現実。
その不合理を照射して笑い飛ばす力を持つこと。それが歌舞団に与えられた重いテ-マになってきたわけですが、涙ぐましい努力が実って素晴らしい舞台を観せてくれるようになりました。
平和な共生社会を目指す私たちの迷惑の先に立つ戦争犯罪者は兵器産業で利益を上げる企業暴力団です。
米政権をゲ-ムで支配する軍産複合体の親分衆の言いなりになって日本政府を支配する子分衆がやれ国民を守るのだの沖縄を守るのだと言って縄張り料をせしめ、パトリオットを配備するなどは悪の骨頂。
平和な民、琉球の歴史を誇る沖縄人が臆病者ではないことを暴力団に教えなければならない。
今恐ろしく醜い政権が教育基本法を改悪し、さらに憲法を改悪して国民を恐怖政治で支配しょうとする動きが加速してきた。もはや政党政治のゲ-ムで解決できないところに立ち入ったのである。
民衆運動世直しするしかない。月桃の花歌舞団はその先に立て!

 







コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ピースコンサート

2007年03月22日 | 活動報告
フィリピンの子どもたちに教育プログラムを提供しているAKCDFを支援する「ピースコンサート」に21日ブースか参加してきました。
 AKCDFのポール ガランさんと日本でAKCDFを支援している大人、子供たちのコンサートです。沖縄獅子舞やダンス、そしてもちろんポールさんの歌もとても素敵でした。

 SDCCは署名といつものコーヒー&グッズ販売。「職場の異動時の記念品に使いたい」とジュゴンマグネットを24枚も注文していただいた方もいました。仲井真知事に対する「事前調査みとめるな」のFAXもあつまりました。

 感謝感謝!   

     ☆じゅごん
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

月刊ダイバー4月号 ジュゴンの特集

2007年03月20日 | ジュゴン大好き
       

月刊ダイバーの4月号のエコ・リポートという特集はジュゴンです!
P100にはジュゴンパラダイス三重の仲間が登場!
今度、三重県津市で「じゅごんの部屋」をオープンされます。

『ここではじゅごんに限らず、話したいこと、聞いてほしいこと、
楽しいこと、つらいことなど、なんでもOKです。みんなでワイワイ
集まっていろいろな事をおしゃべりできたらいいなと思っています。
この部屋を利用して、もっともっとじゅごんファンが増えることを
願っています。そして一緒にじゅごんのことを考えたり、
グッズを作ったり、イベントを企画したりと、ドンドンじゅごんにハマッてほしいと思います。』
とのこと。

3月21日に第一回おしゃべり会が開催されます。
おしゃべり会の報告楽しみです。

ZAN
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

与那国番外編

2007年03月19日 | ジュゴンブログ
  

与那国に渡る乗り継ぎの間に石垣島の白保にある「さんご村」に立ち寄り
SDCCパンフレットを置かせて頂いてきました。

  

次回は白保のキレイな海を見に行きたいな。おなじみWWFのパンダもシ-サ-と
肩を並べて座っていました。

          

与那国では海底遺跡を楽しみにしていましたが残念ながら他のスポットに
潜りに行くことになり海底遺跡は見ることが出来ませんでした。
また行きたいので楽しみにとっておきます。(↓与那国馬、小さくてかわいい)

 
 
この方は海底遺跡の発見者でもありSDCCの海勢頭代表のお友達でもある
荒嵩喜八郎さんです。海底遺跡を見るならホテル入船をおすすめします。

           
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

SDCC日本最西端会員紹介♪

2007年03月19日 | ジュゴンブログ
今回旅行で与那国島に行くことにした私は以前から気になっていた与那国
在住の会員さんに会いに行こう!と連絡を取ってみました。
突然の訪問にも快く迎えて下さり食事までご馳走になり観光案内までも
お世話になってしまいました。
この場をかりまして改めてありがとうございました。

 

浅海さんは西端より署名やカンパを送って下さり気になる存在でした。
与那国の集落祖内の「さくら」という雑貨屋さんに個人で購入した
ポストカ-ドを置いて下さり売上げをカンパで送って下さっていた様子。
感激!合わせて署名用紙の設置もして頂いてあり旅行者が書いてくれた
全国各地からの署名用紙を回収させて頂いてきました。感謝感激!!

 

浅海ご夫妻はご主人の定年を機に大阪から与那国移住し9年になるそう
です。初めて潜った石垣島の海がまるで竜宮城のようで感動して以来20年
くらい前から毎年沖縄旅行に行くのが楽しみだったとのこと。
ご主人の定年の4.5年前から沖縄移住を考え始めたそうです、
沢山の島の中から奥様の希望で与那国にされたとか。
なぜ?→地形がすばらしく水が豊かな事、水田もあり魚やお肉も島にあり
「地産地消」で暮らせるのが決め手になったとおっしゃった言葉が印象的でした。

 

いつからSDCC会員になったかは覚えてないのよ、と笑っていましたが
平和、動物、自然と共存して生きる事に関心があったとおっしゃる奥様は
ジュゴンに限らず沢山のボランティアに参加されているそうです。
でも別にジュゴンを守っているというつもりはなく、逆にジュゴンに
人間は守られているのでは環境が変わりジュゴンがいなくなって困るのは
人間のはずと、辺野古は自然のまま守りたいんだと、本当にその通りだと
思います。
2年前に植えたパイナップルが今年の夏には採れる楽しそうに話すご主人と
とても素敵なご夫婦でした。今後ともよろしくお願いします。

 

このサポ-タ-紹介もシリ-ズ化出来たら楽しいですね。
しかし全国各地に行く事もそうそう出来ないので皆さんが東京や大阪近郊に
来る際にご連絡頂くのもいいなぁ~と思います。お待ちしています



コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加