ダムの訪問記

愛車のBMW M3とM6でダムを訪問しています。

奈良俣ダム

2016-10-12 20:34:38 | 群馬県
2016年10月10日 奈良俣ダム 

1947年(昭和22年)のカスリーン台風により利根川流域では甚大な被害が発生し、1949年(昭和27年)に『利根川改定改修計画』が、1962年(昭和37年)に『利根川水系水資源基本計画』が策定され、建設省と水資源開発公団により利根川水系の洪水調節及び利水を目的としたダムが7基建設されました。
しかし1970年代に入っても首都圏の人口増加や産業集積は留まる事を知らず水需要は増加の一途をたどりました。
そこで水資源開発公団は利根川の支流楢俣川に新たなダムの建設を決定、1973年(昭和48年)に着工し1990年(平成2年)に完成したのが奈良俣ダムです。
奈良俣ダムは堤体積1310万立方メートルは徳山ダムに次いで第2位、堤高158メートルは第4位の規模を誇る日本屈指の巨大ロックフィルダムです。
奈良俣ダムは他の利根川水系ダムと連携しての利根川の洪水調節、既得取水権の補給、千葉県の両総用水への灌漑用水の供給、首都圏及び群馬県への上水道・工業用水の供給を目的とするほか、群馬県企業局奈良俣発電所で最大1万2800キロワットの発電を行っています。

湯檜曽から利根川に沿って県道63号を進むと左手に奈良俣ダムが見えてきます。
堤高158メートルの巨大ロックフィルダムです。

堤体脇にある仮排水路。

洪水吐。

群馬県企業局奈良俣発電所。

ダムサイトに上がってきました。
洪水吐は自由越流式2門とローラーゲート1門のシンプルな構造。

竣工記念碑。

洪水吐から。

天端。
右奥の建物はヒルトップならまた。

ダム湖(ならまた湖)
左岸に管理事務所とインクラインがあります。
ダム湖背後は尾瀬の笠ヶ岳と至仏山。

ダム湖右岸の奈良俣ダムの銘とモニュメント。

下流面。

0623 奈良俣ダム(0638)
群馬県利根郡みなかみ町藤原字洗の沢
利根川水系楢俣川
FNAWIP
158メートル
520メートル
水資源機構
1990年
『群馬県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016年10月8~10日... | トップ | 須田貝ダム »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。