世界変動展望

私の日々思うことを書いたブログです。

小保方晴子が筆頭著者の論文の不適切さについて

2014-08-27 22:28:50 | 社会

☆その他未解決

岡川梓(Azusa Okagawa)国立環境研究所研究員らの論文等捏造、改ざん、業績水増し、その隠蔽の疑義未解決)、PDF写し
 ↑岡川梓らは疑義の質問に対しReraction Watch上での反論を放棄。質問への反論も放棄。(写し)、関連写し)- 2014.8.1記載

岡山大学医学部の論文改ざんの疑義未解決未調査

野口隆之(Takayuki Noguchi)大分大学教授らの論文改ざんの疑義未解決、調査中)

高井教行(Noriyuki Takai)大分大元講師の論文改ざんの疑義未解決、調査中)

--

STAP細胞で有名になった理化学研究所の小保方晴子その他)の研究疑義を紹介。

New!(2014.6.12)
☆0 STAP細胞は捏造が濃厚遺伝子解析でFgf4を添加しSTAP細胞を培養するとできるFI幹細胞はES/TS細胞の混合だと強く示唆する結果に関連)。さらにSTAP細胞は8番染色体トリソミーが見られ、生きたマウスから作られたのでないことが濃厚となりました。8番染色体トリソミーはES細胞を培養すると生じることが知られています。これらの結果はSTAP細胞、STAP幹細胞の正体がES細胞、FI幹細胞の正体がES/TS細胞の混合だと強く示唆するもので、故意に不正を行わないとまず起きないことから捏造が強く疑われます。

日本史上最大の世界的研究不正事件へ。

☆1 Obokata H, et.al.:"The potential of stem cells in adult tissues representative of the three germ layers." Tissue Eng Part A. 2011 Mar;17(5-6):607-15.

に関する指摘。小保方の博士論文概要の5ページ目にある研究業績書No.1報文(2)をみるとこの論文が記載されている。この論文は小保方の博士論文の成果の一部。

訂正発表

(1−1)異なる条件の実験画像が類似しておりデータ流用が疑われる。また同じ画像を3回流用していること、半分だけ切り貼りして使っていること、上下反転という偽装加工が含まれることから故意の流用が疑われる。

画像1、作成者 世界変動展望 著者

(1−2)異なる条件の実験画像が類似しておりデータ流用が疑われる。

画像2(参考) 作成者 世界変動展望 著者

(2014.2.24)
(1−3)異なる条件の実験画像が類似しておりデータ流用が疑われる。


画像1-3、作成者及び指摘者11jigen

☆2 Haruko Obokata, et.al.:"Stimulus-triggered fate conversion of somatic cells into pluripotency" Nature 505, 641–647 (30 January 2014) PDF写し

に関する指摘。これはSTAP細胞論文のArticle。

撤回公告

(2−1)第3レーンの両側に不自然な直線がある。背景画像も不連続。明らかに異なる画像を貼り付けて作成。不都合なデータを差し替えた可能性があるので生データの精査が必要。また下の画像は貼りつけ部分に明確な境界線がなく説明もないので、それらの明示を要求したNature誌の画像規定に違反している可能性がある(参考)。

→(最終報告)改ざんの不正を認定小保方の単独犯画像を切り貼りし第3レーンはコントラストを変更し第1,2,4,5レーンは縦に伸ばす操作をしたことも認定

画像3 ([2]、参考) 画像はわかりやすくするため色等の変更あり。
説明画像作成者 世界変動展望 著者、画像自体の作成者はPubPeer投稿者。

(2014.2.23)
(2−2)(この部分は最初から画像2-2の部分まで11jigen作成の疑惑画像3の引用、ただし画像2-2部分にキャプション追加)図3bのコントロール(未刺激)細胞のOct4-GFP(緑色)の蛍光顕微鏡写真(左下)の下部中央に、なぜか赤い細胞が存在し、ネガコン(陰性対照)画像として不適切という疑惑が浮上しています。


画像2-2、作成者11jigen


画像2-2-1、作成者 世界変動展望 著者
私の画像ソフトでは明るさ+39、コントラスト+98

左側だけ全体的に赤色の画像になるので左のコントロール(未刺激)細胞だけ赤のフィルターを通した画像だと推測される。Oct4-GFPの緑色蛍光を消すためなのか?意図は不明。画像を誤って載せた可能性もある。しかしOct4-GFPが発現していない証拠にはならない。

New!(2014.2.26)(2014.3.1加筆)
(2−3)この論文は引用元の明示なく他者の論文の文章を使用。盗用を示唆しますが引用元を書き忘れた可能性もある。赤色が重複部分。

→(最終報告)他論文からの写しであることを認めた出展の書き忘れとし盗用を認めず。実験は実施されており実験方法の虚偽記載も過失とした

--
Nature Article(☆2)

Karyotype analysis

Karyotype analysis was performed by Multicolor FISH analysis (M-FISH). Subconfluent STAP stem cells were arrested in metaphase by colcemid (final concentration 0.270 µg ml−1) to the culture medium for 2.5 h at 37 °C in 5% CO2. Cells were washed with PBS, treated with trypsin and EDTA (EDTA), re-suspended into cell medium and centrifuged for 5 min at 1,200 r.p.m. To the cell pellet in 3 ml of PBS, 7 ml of a pre-warmed hypotonic 0.0375 M KCsolution was added. Cells were incubated for 20 min at 37 °C. Cells were centrifuged for 5 min at 1,200 r.p.m. and the pellet was re-suspended in 3–5 ml of 0.0375 M KC1 solution. The cells were fixed with methanol/acetic acid (3:1; vol/vol) by gently pipetting. Fixation was performed four times before spreading the cells on glass slides. For the FISH procedure, mouse chromosome-specific painting probes were combinatorially labelled using seven different fluorochromes and hybridized as previously described41. For each cell line, 9–15 metaphase spreads were acquired by using a Leica DM RXA RF8 epifluorescence microscope (Leica Mikrosysteme GmbH) equipped with a Sensys CCD camera (Photometrics). Camera and microscope were controlled by the Leica Q-FISH software (Leica Microsystems). Metaphase spreads were processed on the basis of the Leica MCK software and presented as multicolour karyograms.

引用元

Jianli Guo, et al.:"Multicolor karyotype analyses of mouse embryonic stem cells" In Vitro Cellular & Developmental Biology - Animal
SEPTEMBER and OCTOBER 2005, Volume 41, Issue 8-9, pp 278-283

Materials and Methods

Chromosome preparation
Metaphase spreads of the ES cells were performed as follows. Subconfluent ES
cells were arrested in metaphase by adding colcemid (final concentration 0.270 μg/ml) to the culture medium for 2.5 h at 37° C in 5% CO2. Cells were washed with PBS, treated with trypsin-ethylenediaminetetraacetic acid (EDTA), resuspended into cell medium and centrifuged for 5 min at 1200 rpm. To the cell pellet in 3 ml of PBS, 7 ml of a prewarmed hypotonic 0.0375 M KCl solution was added. Cells were incubated for 20 min at 37° C. Cells were centrifuged for 5 min at 1200 rpm and the pellet was resuspended in 3–5 ml of 0.0375 M KCl solution. The cells were fixed with methanol/acetic acid (3:1, vol:vol) by gently pipetting. Fixation was performed four times prior to spreading the cells on glass slides.

Multicolor FISH analysis (M-FISH)
For M-FISH analysis mouse chromosome–specific painting probes were combinatorially labeled using seven different fluorochromes and hybridized as previously described (Jentsch et al., 2003). For each cell line 9–15 metaphase spreads were acquired by using a Leica DM RXA RF8 epifluorescence microscope (Leica Mikrosysteme GmbH, Bensheim, Germany) equipped with a Sensys CCD camera (Photometrics, Tucson, AZ). Camera and microscope were controlled by the Leica Q-FISH software (Leica MicrosystemsImaging solutions, Cambridge, United Kingdom). Metaphase spreads were processed on the basis of the Leica MCK software and presented as multicolor karyograms.

--

引用元とNature論文を比べるとethylenediaminetetraacetic acidの略であるEDTAをEDTA(EDTA)と連続させたり、KClをKC1と無意味な言葉に変換している。機械的方法でコピペしたからか?なぜこのようなことが起きたのかは不明。

またNature論文と引用元はライカ社(Leica Mikrosysteme GmbH)の DM RXA RF8 落射蛍光顕微鏡(epifluorescence microscope )と、フォトメトリクス社 (Photometrics)の Sensys CCD カメラの実験機器名が共通しており、小保方らは実験器具まで引用元と同じものを使ったのか?それは本当に可能か?小保方が研究室を立ち上げた時にはこれらを入手するのは困難では?論文の記述どおりにKaryotype analysisの実験を行わなかったのでは?という疑義も指摘されている。引用元と比較するとNature論文は実験器具メーカーの所在地や国名をなぜか削除している。

野依良治理研理事長は「参考にした文献を故意に引用しない、他の著者の論文から表現の一部を借りながら自分のものとして発表する」ことは剽窃であり許されず科学に対する裏切りだと厳しく戒めている

なお、同様の剽窃がC.A.Vacanti、小保方晴子らの特許でも確認できる。引用元の明示はない。引用元との重複を赤で示す。KC1という誤記があり、引用元の論文ではimagingという単語が特許においてはhangingと間違った単語に変わっている。

--
Vacanti,小保方らの特許

Generating pluripotent cells de novo WO 2013163296 A1

[00290] Karyotype analysis. Karyotype analysis was performed by Multicolor FISH analysis (M-FISH). Subconfluent STAPS cells were arrested in metaphase by colcemid (final concentration 0.270 μg/ml) to the culture medium for 2.5 h at 37°C in 5% CO2. Cells were washed with PBS, treated with trypsin/ethylenediaminetetraacetic acid (EDTA), resuspended into cell medium and centrifuged for 5 min at 1200 rpm. To the cell pellet in 3 ml of PBS, 7 ml of a prewarmed hypotonic 0.0375 M KC1 solution was added. Cells were incubated for 20 min at 37°C. Cells were centrifuged for 5 min at 1200 rpm and the pellet was resuspended in 3-5 ml of 0.0375 M KC1 solution. The cells were fixed with methanol/acetic acid (3: 1; vol/vol) by gently pipetting. Fixation was performed four times prior to spreading the cells on glass slides. For the FISH procedure, mouse chromosome-specific painting probes were combinatorially labeled using seven different fluorochromes and hybridized as previously described (Jentsch et al, 2003). For each cell line, 9-15 metaphase spreads were acquired by using a Leica DM RXA RF8 epifluorescence microscope (Leica Mikrosysteme GmbH, Bensheim, Germany) equipped with a Sensys CCD camera (Photometries, Tucson, AZ). Camera and microscope were controlled by the Leica Q-FISH software (Leica Microsystems hangingsolutions, Cambridge, United Kingdom). Metaphase spreads were processed on the basis of the Leica MCK software and presented as multicolor karyograms.

--

(2−3)の部分は11jigenのまとめブログを参考にしました(写し)。

New!(2014.3.5)
(2−4)こちらを参照


Nature Article(☆2)のPDF版でFig.2eの下半分を適当なもの(word等)にコピペすると上の黒塗りが消され下の文字が現れる。これは博士論文の文字と字体がそっくりで上の部分に切り損ねた博士論文の画像の一部が確認できる。しかも不都合な部分を黒塗りで隠して発表。これはNature Articleの画像流用が画像の取り違えではなく博士論文等から故意に切り貼りされたことを示す。捏造、改ざんの決定的証拠




画像2-6  指摘者・作成者 11jigen

☆3 Haruko Obokata, et al.:"Bidirectional developmental potential in reprogrammed cells with acquired pluripotency"  Nature 505, 676–680 (30 January 2014) PDF写し

に関する指摘。これはSTAP細胞論文のLetter。

撤回公告

(3−1)Figure1bはSTAP細胞のキメラ、Figure 2gはFI-SCのキメラ。しかし胎盤画像が類似。これは同じ個体の異なる2枚の画像のうち一方を別な個体の画像として使用した可能性を示す。

→(調査結果)同じ個体の異なる2枚の画像だと認めたが一方を削除し忘れたミスと結論



画像4、11jigenの指摘訂正写し - 2014.2.14 閲覧
上の図の作成者は11jigen、下の図の作成者は片瀬久美子。片瀬の作成図の引用は本人から問題ない旨の言及があった

New!(2014.2.28)
(3−2)
Figure1aの胎盤等の画像は通常露光と長時間露光(Long Exposure)の緑色強度が同じであり、どちらも同じ露光画像ではないかと指摘されている。


画像3-2、画像作成者と指摘者はPubPeer投稿者
論文の著者名等やFigure1の言葉を追加したのは著者

☆4 Haruko Obokata:"Isolation of pluripotent adult stem cells discovered from tissues derived from all three germ layers"(三胚葉由来組織に共通した万能性体性幹細胞の探索) 博士論文 2011年2月 早稲田大学

小保方は訂正されていない下書きを製本したと弁明。しかし小保方は博士論文撤回を申請
序章の剽窃を認定。製本は下書きを過失で提出したという主張も認定。序章の剽窃は学位授与との因果関係がなく博士号は維持

New!(2014.3.11)
(4−1)博士論文のBackgroudの部分の文章のほとんどをNIHの文章一部写し)から剽窃。引用元の明記なし両者の比較を参照(水色枠内が違う部分)。全108ページ中約20ページを剽窃

New!(2014.3.12)
(4−2)第2,3,4,5章のレファレンスも剽窃。「各章の本文自体にはReference番号が一つもなく、どの文章がどの論文を引用しているのか全く不明」(リンク元からの引用、問題2)で「博士論文の本文とは一つ一つ対応していないと考えられます。」(リンク元からの引用、問題2)「第3章のReferencesは、コピペ操作によりページ範囲が文字化けし、盗用元と同じくABC順になってしまっている」(リンク元からの引用、問題2)。博士論文2〜5章のレファレンス

New!(2014.3.12)
(4−3)Figure8とFigure16の画像に上下反転があり多数流用されている。故意の改ざんが疑われる。リンク先の問題5を参照

New!(2014.3.13)
(4−4)他にも続々と捏造や剽窃の疑いが浮上

続く

(発表日 2014-02-13 00:30:26)

ジャンル:
社会
コメント (60)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« STAP細胞の検証実験は一刻もはや... | トップ

60 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
数百年の細胞生物学を、やはり愚弄していたのか? (Unknown)
2014-02-13 04:59:10
残念ですが小保方さん、博士論文がこれじゃ、もうダメでしょ。学位を出した早稲田は会見して調査委員会を設置すべき。

マウスSTAP論文内容もほころびが見えはじめているが、他所の追試結果をしばらく待とう。

彼女がSTAP細胞だと言って若山先生に渡したとされる細胞はマウスES細胞様細胞とかマウス受精卵だったのかもしれないというSFが事実にならないように願うばかりだ。
Unknown (イチャモンだってさ)
2014-02-13 11:35:02
 下記の管理人氏が貴兄の指摘を「イチャモン」だと根拠も無しに語ってるよ。

 http://openblog.meblog.biz/article/20944122.html

 この方、捏造の有無を<報道上の人格>で判断する人(笑)。
 
Unknown (通りすがりのものです)
2014-02-14 00:53:44
1.恐らく日本で再現が取れなかった場合、その研究者は公表しない。逆に欧米の研究者なら公表する。今回の場合、<南北韓国>と中国も欧米に倣う。

2.各所の追試をみても、やはりヒト(成人)STAP/STAP幹細胞をつくるは、もう一工夫が必要のようだ。誰が扉を開けるのか?楽しみだ。

3.小保方さんは自身の博士論文での疑惑(限りなく黒)、NatureのSTAP論文で指摘されている疑惑を、他の先生方と一緒に説明しなければならない。
 何もわからないマスコミから少々きつい追求がくるかもしれないが。こういうときこそ、後ろに控えている大御所に知恵を借りればいい。
 ちなみにNature誌は「捏造画像」がたくさんあっても大修正対応で再掲載してフォローしてくれる。ノバルテイス事件で話題の東大の小室教授の論文が、そうやって昨日、再掲載されたし。ハッピー・バレンタイン!
どうなんでしょう (Unknown)
2014-02-14 01:18:42
小保方晴子氏のNature論文(Letter)の疑惑1の説明図です。 http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/3c/79/4b05d750169fdffb2aa20d8c541f9624.jpg?random=1a61cf644fac2132e8586d4aafec8068 … Fig1b最右画像とFig2g下画像の胎盤部分だけが、なぜか互いに類似。しかも2画像の実験条件は互いに異なる?前者はSTAP細胞のキメラ、後者はFI-SCのキメラ



小保方晴子氏のNature論文(Article)の疑惑1
Figure1のi の電気泳動画像は複数のレーン画像を切り貼りして合成したものか?
レーン3と、レーン2,4の間に境界線有り。

http://www.nature.com/nature/journal/v505/n7485/full/nature12968.html
http://i.imgur.com/pdxuKOp.png
訂正 (Unknown)
2014-02-14 01:27:11

説明図にtypoがあったので、訂正しました→
http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/57/56/bd9e7c2642ffe8d9179f7714ba6fe8e8.jpg?random=e5fca4d60c084280a8694b806e12e9bb
Unknown (帰ってきた通りすがりの者)
2014-02-14 04:26:12
 NatureのSTAP論文まで想像を超えた酷さだ。
ここまで明らかになった以上、ジ・エンドかと思います。

 刺激を与えれば分化している細胞が多能性を獲得する話までは信じられたよ。

 しかし、STAP細胞が自己複製能力はないものの全能性を有する(胎盤に入る)がSTAP幹細胞になると自己複製能力が備わるものの全能性は無くなり多能性を獲得するのみという点は熟考していた。

 何のことはない、皆さんが指摘されたように捏造されていたからなのか。。。

 <全能性を有するSTAP細胞>の発見は壮大な創作だったのか・・・。

 なぜSTAPをつくったハーバードにあるHSCI(幹細胞研究所)のメルトン先生をはじめとする超大御所がノーコメント状態なのか。HSCIのHPを見てもSTAPの記述が無いのは不思議だった。ハーバードのバカンテイ軍団とは距離を置いているのだろう。

 さて、ここでの説明を持って日本のTV局のアメリカ支店は、ボストンにいってくれ!まず、HSCIのメルトン博士にもコメントをとり、バカンテイラボを直撃せよ。もはや追試ではない。「事実の解明」だ。Natureの東京特派員も本部に現状を伝えるべく仕事しようよ!

 総理も小保方さんが現政権の足を引っ張ることになろうとは夢にも思わなかったろう。

 でも、今日のバレンタインデーまではまだ大丈夫。
このようにネットでの騒ぎでまだ済んでいる。

 指摘者は<告発>というより、まずはソフトに<疑問の解明>を早稲田と理研に求めると良いかもしれない。

 恐らく、彼女の方法とは異なるやり方でしか「ヒト成人STAP幹細胞」はつくれないだろうが、誰が、それを成し遂げるのか?新たな興味が沸いてきた。
新たな疑惑 (Unknown)
2014-02-14 05:24:53
STAP細胞の小保方晴子氏のTissue Eng Part A誌の論文(彼女の博士論文の成果の一部)に、新たな疑惑が浮上。
Fig.2のFgf5とFig.3のNat1の実験画像が類似している。
http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/0a/5b/3fd0cbcde0c122eb28d4783638a9ca68.jpg
 (かつ)
2014-02-14 07:29:17
あんだけ加藤茂明で話題になってたことをやるかなあ?
Unknown (Unknown)
2014-02-14 10:33:06
ダメとか決めつけてる奴w(コメント欄ね)
さらに一つ (見学者)
2014-02-15 12:44:14
捏造スレ14の101番目の書き込みに引用されているものは、悪質度は高いと思います。引用ください。
Unknown (実証済みです)
2014-02-15 20:54:04
どっかの製薬会社と一緒にするな!
Unknown (科学)
2014-02-16 17:51:17
一般素人庶民には、解りませんが、細胞が完成が、嘘だったって事でしょうか??
最初から怪しいと思いました (みみ)
2014-02-18 11:59:47
30才の若さでノーベル賞受賞はありえないと思いました。もしかしたら・・・偽造と思いました
研究に疑惑が・・? (根保孝栄・石塚邦男)
2014-02-18 15:52:49
研究論文のデータ改ざんだけなのか、研究の成果は実証てきに正確になされたが、データのまとめ方でデータの改竄、捏造があっただけなのか?

これから検証が進むでしょうね。それにしても、和製ベートーベン事件に次いでのこの美人研究者の問題、日本は大丈夫か?
Unknown (X)
2014-02-18 21:01:05
Sperm eggメーリングリストで若山さんのコメント
こんなメーリングリストでなくて早く小保方さん他著者の人たちのオフィシャルな会見がほしいですね。

From: 若山:

Sperm-eggの皆様

ご心配をおかけしており大変申し訳ありません。
再現できないという文句はいずれ来るだろうと思っていましたが、図のミスがいくつかあるとは思っていませんでした。再現性より図のミスの方が痛いです。

新聞やインターネット上でいろいろミスを指摘されていますが、結果を否定するのは一つもありません。電気泳動の指摘も、コントロール(リンパ球)のレーンの位置であり、実験区は指摘されていません。胎盤の写真は、おそらく僕が同じ試料をピンセットで向きを変えて撮ったものだと思いますが、そもそもこの図は再投稿の際に削除するのを忘れた単純ミスで、テキストのほうでは触れていません。したがって、ミスしたことは申し訳ないと思っていますが、本筋の結果に関して問題はなく、すでにNature側と修正を交渉中です。

次に再現性の問題ですが、理研の発表で簡単ということを強調しすぎたのも原因です。僕自身、理研では再現していますし、学生の一人も成功しています。でも試した他のメンバーは失敗です。(2/5人成功)。

クローン羊ドリーは、クローンマウスの論文が出るまで1年半、疑われ続けました。簡単に見えても、技術を要する実験は、すぐには再現できなくて当然です。まさか発表からたった2-3週間でこれほどまで批判があるとは思っていませんでした。それだけインパクトがあったとポジティブに考えることにします。僕が2008年に発表した凍結死体からのクローンは、いまだに再現されていませんが、だれも何も言いません。インパクトなかったようで残念です。

よそのラボが再現した論文を発表するまで批判され続けそうですね。
Unknown (疑問?)
2014-02-19 20:08:09
なぜ?
ひどい (Doctor X)
2014-02-27 00:49:38
このような研究者を持ち上げたマスコミと理研の責任重大ですな。野依理事長もお怒りでしょう。
小保方晴子の研究に疑惑 (根保孝栄・石塚邦男)
2014-02-27 03:54:34
要するに、研究の成果を立証する資料にパクリ疑惑、捏造があったということのようですが、研究の成果そのものは疑いのないもののようですが・・。
なにより本人が知っているはず (しの)
2014-02-27 20:40:18
捏造問題に関して調査するのは良しとして、本人に語らせるべきである。

なにより本人が知っているはず (しの)
2014-02-27 20:41:00
捏造問題に関して調査するのは良しとして、本人に語らせるべきである。

再現されたのでしょうか (匿名)
2014-02-28 14:12:16
はじめまして、STAP細胞の論文の不正疑惑で
こちらのサイトに来ました。
今日になってTwitterのRTで「STAP細胞論文の
再現が出来た」というニュースが回っています。
不正があったけど、再現は出来たという事
なのでしょうか?
Unknown (Unknown)
2014-03-05 02:37:46
回転角 -26.5 度はまったく合わないような気がします。
Unknown (Unknown)
2014-03-05 22:42:16
あ〜ついに S が SF になったかぁ。もうSF小説家にでもなっちゃいなよw
著者の問題と、Nature誌の問題は別にある (匿名)
2014-03-10 21:18:37
実験的な事実としてSTAPが造られたのかは知りません。

しかし、掲載論文に間違いがあるのならば、雑誌上で訂正文を出すべきです。
Web上で追加情報を出したり、マスメディアを使うなど、この手法自体が「論文とは何か」共著者も含めて理解していないのではないでしょうか。

Nature誌にも大きな問題があります。最終的に掲載された図が類似かどうかを見落としていた事になります。追試の可否にかかわらず、Nature誌はその部分を早急に訂正文を出すべきでしょう。

数ヶ月前、Nature誌は掲載論文に対し、追試ができるような文章が記載されることに留意するという趣旨の文章を載せていました(残念ながら、今はSTAP関係の記事に埋もれてしまい、この元記事を見つける事が出来ません)。さすがNatureと思っていた矢先のこの問題、とても残念です。

悲しい・・ (suzuka)
2014-03-11 08:58:19
何かの間違いであって欲しいけど・・
Unknown (Unknown (Unknown))
2014-03-13 16:41:58
博士論文もNature論文も、全部でたらめだけどSTAP細胞が実在することは信じてねということでしょうが、これだけ芋ずる式に論文捏造の事実が明らかになってきると、信じる人も少なくなってくる。
私も問題の論文の画像を確認しましたが、ミスではなく画像流用に作為的なものを感じました。
もしSTAP細胞が実在するなら、世紀の大発見なので理研も慎重になっているのでしょうが、それ前に理研本体の屋台骨が危うくなってくる。政府の特定国立研究開発法人の決定が見送りになったしね。
早稲田大学も、これだけの捏造事実を前にして博士の学位を取り消ししなかったら、本当に終わりだよ。
何がホント (rin)
2014-04-02 03:49:20
ムーミン大好きだったのに・・・
今週かわいいムーミンみつけました。
以前だったらきっと買っていたはず
頑張って (夢天使)
2014-04-12 22:49:22
論文問題なんか、どーでもいい!本人が本当に科学者でやってもらいた!
タフになってください。 (jun)
2014-05-04 01:05:34
ツイッターやってないので、コメント欄が閉じられると二度とコミュニケートできないので、これが最初で最後と思って一言。

怪文書としかいいようのない告発文が来たので、とてもナーバスになっているようですが、あなたのところに来なかったら、怪文書の問題が一般人に伝わらなかったかもしれません。
どうして11次元さんのところには送らなかったのか?
あなたならだませると思った?
あのかすれた説明文、あそこ確認しないでだまされるかどうか試された?
だまされませんよね。
たぶん、あなたがやさしい人だから揺さぶりかけたのかもしれない。11次元さんの方がタフに見えるから。
でも、怪文書の問題が一般の人にもある程度わかるようになったというのは収穫だと思います。
Unknown (Unknown)
2014-05-04 17:19:24
「コメントも閉じるかも」というツィートを見て残念に思っています。
だってスマホも使いこなせない私はまだツイッターを始めることが出来ません。
(なんだか怖い気もしてます)
今回の小保方さんがキッカケで、スマホでブログやツイッターを見るようになりました。
いろいろな考え方があることで感心したり、腹が立ったりと通勤時間があっという間に感じるくらい楽しみにしています。
また自分でも文献を読み始め、少しずつstapについて理解しようと努めてます。
ということで皆さまのお陰で私は毎日成長していると感じるので、感謝!感謝!の気持ちでいっぱいなのです。
最近のツィートでなかなか厳しい状況みたいに感じますが、、、
あまり無理しないで下さいねっ





小保方問題の政治性:リアルとネットでも工作員が暗躍! (ブルーフォックス@9条は外患罪で告発を!)
2014-05-04 21:19:03
管理人先生、はじめてお邪魔いたします。
小保方晴子は、子供たちに、不正を間違いだと言いくるめることを教えたという意味でも重罪です。

小保方問題はもはや科学の世界を逸脱し、政治闘争と化しています。

小保方があそこまで強気なのは、背後の政治勢力が暗躍しているためです。弁護団も所属は大坂弁護士会という政治団体です。それ以外にも数多くの政治勢力がかかわっていると見られています。
ネット上でも、あちこちのサイトに、政治的な意味での小保方擁護が暗躍しているようです。
私は、小保方を追及する先生方を応援いたします。
(もちろん、先生方に政治の話を書いてほしいなどとは申しません)
以後、よろしくお願いいたします!!
おもしろうてやがてかなしきスタップかな (まくろふぁーじ)
2014-05-06 22:00:09
この一連の騒動はすべてがお金と人間の嫉妬心から生じた三文芝居です。ただ笑って終われないのは我々の税金が使われているからですがこれだけ不正が明るみにでているのに何故文科省も動かないのでしょう。
こんなサイトが (jun)
2014-05-07 01:32:06
コメントは1回限りと書いたのですが、こんなサイトがあったので。すでにご存じかもしれませんが。
いろいろな単語が出てきて、ニュアンスの違いとか参考になるかもしれません。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3443861/
misconductはどう見ても×ですね。スポーツでもミスコンダクトは重いペナルティになります。
Unknown (Unknown)
2014-06-14 07:50:03
いつもながら起こりうることですが、単なる嫌がらせレベルのものから脅迫まで、卑怯ものの手口は似て居ます。個人でしているものから団体まで規模は様々です。ただ気を付けなければならないのは、その脅迫者が本当はどちら側かということです。今回で言えば、一見小保方さん擁護派によるものに見えて、実は理研関係者ということも考えられるということです。正しく見ていれば、小保方さんだけでなく理研にも問題があり、双方を批判するのは当然です。どちらも政治家も関わり、多額のお金が絡んでいます。私自身嫌がらせをされた経験上申しあげます。
Unknown (Unknown)
2014-06-16 02:44:35
難波紘二せんせいのブログを転載されている、武田ブログがハッキングされていました。本当に卑怯ものがいます。しかし、ここまで嫌がらせをするとは、自分達の罪の重さが分かっているからでしょう。お金がからんでいますからね。
Unknown (Unknown)
2014-06-18 10:46:14
「武田ブログ」に山梨大学の若山先生教授の学生さんが小保方さんにES細胞を渡したと有りましたが、どうなんでしょう?
Unknown (Unknown)
2014-06-19 08:46:44
若山さんはまだすべてを話していないと思います。スタップ細胞は捏造だと思いますが、小保方さんが強気の背景には政治家の保護もあるでしょうし、若山さんの弱味を握っているのだとも考えられます。
Unknown (Unknown)
2014-06-20 05:34:08
「理研三銃士」とかいって内部告発者を英雄視していますが、本当でしょうか?今までは笹井さんが陥落して行くのを内心喜んで、傍観していた人達が、理研解体となったら必死に抵抗しています。論文の共著者には責任があります。特に最初に会見を開いた三人には。気になっていることがあります。今までスタップ細胞の作製に成功した人は、小保方さんと若山さん、そして若山さんの研究室の学生さんです。この学生さんとは誰でしょう?若山さんの会見に合わせて「ES」とかかれたラベルの容器が見つかったというのも不自然です。小保方、笹井両氏に責任のすべてを擦りつけたい人達がいるのではないでしょうか?
Unknown (Unknown)
2014-06-21 10:08:18
「理研CDBの内部の有志と若山さんとNHKの三位一体の成果。」と書いている方が有りますが、その方の文章を読むと、ブログ読者の書き込みを信じたもののようです。その書き込みはとても下品なもので、どうしてこのような書き込みをする者の事を信じたのか、きちんと裏どりをしたのか分かりません。書き込みには「小保方が若山の引越しのどさくさに紛れてES細胞を箱ごと盗んだ」とありますが、どうしてそれが分かったのか、何故今になってそれを言い出すのか、何故不思議に思わずブログに書いたのか?胡散臭い話が一杯です。
Unknown (Unknown)
2014-07-05 22:32:42
asahi degital版に
「STAP細胞論文をめぐり、主要著者の若山照彦・山梨大学教授が発表したSTAP細胞にかかわる試料の解析結果が、誤っていた可能性があることが若山教授側への取材でわかった。「改めて詳細な解析結果を公表する」としている。・・・」
と出ていますが,論文の真偽性に何か影響があるでしょうか。
yahooアンケートをあまり信じない方が (jun)
2014-07-05 23:46:01
ツイッターで、小保方氏の再現実験を支持する人が多いと嘆いていて、その根拠として、改革委員会が提案した再現実験に賛成かどうかのyahooアンケートで賛成が多いということをあげていますが、このアンケートは6月中旬、改革委員会の提言が出て、これまでのきな臭い報告やら何やらに比べてとてもよかったので、その改革委員会の提言なら、という感じで支持する人が多かったと考えられます。
また、アンケートを見ると、男性、高齢者、管理職、自営業者が投票者の多くを占めていて、小保方擁護者が多く投票した結果ではないかとも考えられます。
また、yahooアンケートはアンケートとしての基本がなっていなくて、民意の反映でもなんでもない、ということはすでに指摘されています。
ネトウヨが喜ぶアンケートだとネトウヨばかりが投票しておかしな結果に、というのも多いです。
そんなわけで、yahooアンケートをもとに、小保方氏の実験を支持する人が多いとツイッターで書くのは、誤った情報を流してしまうことにもなりかねないと思います。
Unknown (Unknown)
2014-07-06 12:08:56
高橋政代さんのTwitter発言が波紋を呼んだようです。高橋政代さんは現在、女子医の岡野光夫氏と共同で「網膜ips細胞シート」の共同研究をしています。勿論セルシード社製の細胞シートです。高橋政代さんは神戸に『アイ・センター』を作るそうですが 、ご本人が『おしゃれで楽しい施設、例えばルイ・ヴィトンセンターのような』と語っておられるように、富裕層をターゲットにされているようです。税金で研究して、その成果が一部のお金持ちにしか還元されないのは困りますね。
Unknown (Unknown)
2014-07-09 00:18:11
古田彩さんのツイッターに、すぐに消します、というツイートが紹介されていますが、結局、XXXには誰も逆らえない、みたいな表現があり、文科省だろうな、と思います。
私大で講師してますが、文科省の圧力はすごいです。天下りもいて、大学を監視しています。ある私大は単にシラバスを半期15回に分けて書かなかっただけで1億円補助金を削られたそうです。
理研もCDBも文科省には逆らえない、小保方氏の再実験は文科省が望んでいて、おそらく、必ず、STAPができたようなリークがあるでしょう。
私も講師しているので、ほんとは文科省が怖いです。
Unknown (Unknown)
2014-07-13 10:52:32
研究不正を告発する事自体は良いと思います。然し、人間がすることで有れば当然利害関係が出て来ます。今回のSTAP問題でも論文共著者、理研、女子医、ハーバード、早稲田等それぞれに責任が有りますが、その関係者達のおかしな擁護が波紋を広げています。又、サイエンスライターという人にも、特定の人物に肩入れしていると思われる様な振る舞いがあります。小保方さんに大きな責任があることは当然ですが、共著者が彼女一人に責任を取らせようと被害者ぶるのは如何なものでしょう。
個人的な思い入れは失くし、冷静にこの不正問題を解決すべきです。STAP問題は派手なパフォーマンスで目立ちましたが、同様の不正は山の様に有るでしょうから。
Unknown (Unknown)
2014-07-18 17:57:38
小保方氏の件は、教授達が責任を取りたくない・小保方氏以外にも不正論文が多すぎて収拾がつかない・小保方氏以下の存在がある、ではないでしょうか。
今は早稲田が集中砲火を浴びていますが、早稲田より酷い所の方が多いのかもしれません。大学院を作りすぎたこと、博士号を安易に取得させたこと、文科省の責任も大きいです。小保方氏の個人の問題ではなく、もう一度大学院の在り方も考えるべきです。
博士号取得のパターン (博士号取得のパターン)
2014-07-19 08:14:10
学位取得に必要なもの:
博士号取得に申請するもの
U+2460査読有論文+博士論文提出+論文要旨
U+2461査読有論文のみ
U+2462博士論文のみ

PhDディフェンス、所謂、学位審査発表会
A)大講堂で質疑・応答で一人に1時間はかける
B)大講堂で質疑・応答で、一人10分、流れ作業のように院生に発表させる
C)主査と副査のみ参加の内輪の発表会。質疑・応答は30分位。

U+2460〜U+2462とA〜C)の組み合わせ。
地方私大でU+2460+Aもあれば、旧帝大でU+2462+B、私立医大でU+2461+C、ある国立大ではU+2461と指導教官の学位授与に値する理由書一枚。
本当に大学、学部でバラバラ、違います。

論文の為の実験ですが、
ア)研究テーマを与え、院生本人が行った実験結果から論文にまとめる
イ)研究室全体でひとつの論文を作成しているので、個々の院生にある実験系だけを担当させる。順番(卒業)がきたら、筆頭著者論文が貰える。
ウ)他人のデータ、あるいは先輩の残したデータとか、修士課程で卒業する院生のデータとかで論文にする。

ア)〜ウ)も、国公私立、学部でどのパターンもあります。

2000年以降だけでの話ではなく、指導教官といわれる年代でも、上記のパターンの組み合わせです。
院生を指導できず、論文書けずにギフトオーサーで立場を守るか、あるいは学部教育をしているフリをするか、という教員は多い。
大学、学部に関係ありません。
Unknown (Unknown)
2014-07-23 01:00:26
「博士号取得のパターン」 を興味深く拝読致しました。
私は当初小保方さんを一方的に非難していました。しかし知人の大学関係者に聞くと、小保方さんのようなケースは決して稀ではないといわれ、驚いたものです。早稲田大学理工学部は学生に対して教員の数が少ないと聞き、小保方さんだけを責められないのかもしれないと思ったものです。STAP騒動で小保方さんの博士論文が話題になりましたが、知人によると小保方さんよりもっと酷いパターンの方が多いかもしれないという事です。少子化にも関わらず大学院を作り続け、大量の博士を生み出しましたが、その実態は如何様なものか、この機会に論ずれば良いでしょう。
査読有論文の要求もいろいろ (博士号取得のパターン )
2014-07-23 13:56:48
博士号取得に必要とされる査読有論文の要求も、大学によって様々です。

A)研究テーマに関連する論文4報以上(impact factor は問わない)
B)同上の条件で3報以上
C)海外の学術雑誌1報
D)権威ある学術雑誌1報

D)は私立医大に多いのですが、○○医科大学雑誌という大学が発行している雑誌等です。海外の雑誌に受理されず、でも卒業に時間がない。所謂、オタスケ雑誌ですね。
”自分の大学の雑誌に権威ナイといえないからね〜”と教授達は苦笑い。

C)某国立大学の院生、高インパクトファクターの雑誌にLetterだったかShort Communicationだったかを論文として、学位審査会に提出。
ところが、審査会はLetter やShort Communication はフルペーパーじゃないから、論文として認められないと判断。
一部の教授が審査会に意見したものの、判断は変わらず。院生は退学して臨床に。

A〜D)院生自ら頑張ることもあれば、
教員が院生に学位を取得させないと自分の評価が下がるので、他の教室員に手伝わす、他人のデータで論文つくる。

院生も教員も、自分さえ良ければ、それでよいのですから。
そして教員は、自分の言うことをきく院生に甘くなるのは当然ですね。倫理観など、あったもんではないし、多くの研究関係者はセイジツに研究・・・していません。

色々です。
Unknown (Unknown)
2014-07-25 00:04:40
「宇和島市議会議員武田元介」氏のgooブログを見ていたら、コメント欄に『どうしてそんなに博士号にこだわるのか、誰でもお金と時間が有れば取れるものなのに。』という意見に対して、『それは早稲田だけだ』というコメントが有りました。広島大学名誉教授の難波先生が、小保方さんの博士号を早稲田は剥奪すべしという見解に対する意見です。勿論博士号に対する思い入れは様々でしょうけれど、私は多くの大学で何でもいいから博士号を欲しいという人には、案外簡単に取れるものだと思っていましたから、「早稲田だけ」というコメントには驚きました。そうなのでしょうか。
博士号取得のパターン (経験も色々)
2014-07-25 08:35:06
“早稲田だけだ”
“簡単に取れるものと思っていた”

博士号の取得に要求されるもの、査読有論文、博士論文、要旨、学位審査会(Ph.Dディフェンス)が、大学や学部で異なっているので、
当事者が、どのようにして学位を取得したかによるのではナイでしょうか?

自ら実験し、論文を複数だし、厳しい学位審査会を経て、ようやく学位を取得した者には、“早稲田だけだ”という発言がでるでしょう。

ノラリクラリと大学院生活をなんとなく過ごし、“卒業だから”と、なんとなく論文貰え、学位審査会は内輪で了解。こういう流れで学位取得をした者には、“学位に目くじら立てるのも何だかねぇ?”となるでしょう。

どちらにせよ、自分の経験が判断基準になっているのでは?

しかし、研究不正の話をきいてみますと、研究者や大学(だけかはわかりませんが)は、ウソ、虚偽に寛容だなぁと。不正に甘いなぁという印象です。

レポートや論文、博士論文に“ウソ”が見つかれば、退学や学位剥奪は当然。ゴネ得など許さない。海外の大学と比べると、日本は甘いですな。

不正を許していると、全てのレベルは下がります。院生や若手研究者以上に、シニア研究者のレベル、モラルが崩壊しているように見えます。
Unknown (Unknown)
2014-07-25 15:53:26
「その他未解決」に載ってるのも全部捏造確実じゃないか。なぜ放置しているのか。はやく捏造認定して関係者を処分しろ。日本の研究機関は理研や早稲田大みたいなところばかりか。
Unknown (Unknown)
2014-07-26 03:10:44
日本の大学にはもともとモラルがなく、ディプロマミル的であると思います。
ただ、そのような状況下でもまじめにきちんと研究したり、よい論文を書く人がいるということであると。
たとえば、日本の大学は入るのがむずかしく、出るのが簡単と言われましたが、今はAO入試で入るのも出るのも簡単。
文科省が留年をいやがるので、トコロテン式に押し出す。学士号のディプロマミルと言われてもしかたない現実があります。
建前は3分の2以上出席でないと単位認定しないといいながら、期末試験の時期になると必ずえらい人から、この学生はまったく出席していないけれどなんとかしてやってくれとの圧力。
コピペ論文やいいかげんな論文審査で学位を与えるのと同じことが学部からずっと行われているのです。
早稲田だけ、ではないでしょう。
むしろ、早稲田のような、かつては優秀な人しか入ってこなかったところの方が放置で、その弊害が露骨に出ただけの話かと。

ただ、昔に比べ、学生のモラル低下も著しいと感じます。
昔は不正と言えば、代返、レポートを人に書いてもらってそれを写して出す、こっそりカンニング、くらいだったのが、今は、ネットのコピペレポート当たり前、頼まれないのに人の分までレポート書いて出す(筆跡が同じものが何組も出る)。小テストの紙を盗んできて、休んでいる人の分まで書いて出す。最近は、再履修の授業に毎回、別人が出席していた、という事例まで発生しました。
大学は不正だらけといっても過言ではなく、その中でもまじめにやっている人がたくさんいる、というのが救いです。
Unknown (Unknown)
2014-07-26 11:16:21
Unknown14/07/05 22:32
asahi degital版に
「STAP細胞論文をめぐり、…

カタカナ表記でも良いところをわざわざ英語で書きスペルミス。論文にも多数見受けられましたが、ご本人でしょうか?
Unknown (Unknown)
2014-07-26 12:09:46
現在の大学生の実態をご存知の方のご意見は有り難いです。
共通一次以前の年代の者にとっては、分からないことが多いですから。
「AO入試」は如何なものでしょうか?東大も推薦入試をするようですが、皆さんはどうお考えでしょうか?
Unknown (Unknown)
2014-07-29 06:17:16
7月27日夜に放送されたNHKのSTAP論文番組を見て、この件は笹井さんと小保方さんの二人の犯行としたいのだという政治家の意図を感じました。セルシードなどバイオ産業界との癒着が判明する前に幕引きをはかりたいのでしょう。且つての毎日新聞西山記者の「外務省機密漏洩事件」の時の展開を思い出させます。佐村河内氏の件に見られる様に、マスコミの報道にも気をつけなければいけません。論文の問題は粛々と精査されるべきだと思います。
Unknown (Unknown)
2014-07-29 20:12:22
小保方さんが若山研のES細胞を盗んだという話は、ここの書き込みにも有りました。この情報提供者は理研内部か、若山研の人でしょう。理研も山梨大学もみなし公務員ですから、公益通報の義務が有ります。文科省にも窓口が有るのに通報せず、ネット上やマスコミに流すのは、公務員義務違反に当たるかもしれません。NHKも確証があるなら、文科省にいうべきです。
Unknown (Unknown)
2014-08-02 13:29:55
「その他未解決」はどれも大量の捏造で、中には反論を放棄して不正を認めているのもあるですね。はやく不正を認定して処罰してほしいですね。
くどいです。 (くどい)
2014-08-05 20:16:36
笹井さんに続く犠牲者が出たらどうするつもりですか?
Unknown (Unknown)
2014-08-06 19:23:22
笹井さんの「死」の訳は本人でなければ分かりませんが、様々な要因があった事でしょう。
人は簡単には死ねません。所謂いじめ自殺などで、命を粗末にするなとかいわれますが、決してそうではないでしょう。人は生きて行く過程で「死にたい」と思う事があるかもしれません。しかし大抵の場合人は死にません。自らの命を断つということはなかなか出来ることではありません。簡単に「死」を選んだのでなく、それほどまでに生きて行く事が辛かったのだと理解しています。決して自殺を容認しているわけではありません。ただ、どれほど苦しかったかということは、その人で無ければ分からないということです。natureなどに掲載されても再現性が無く、消えていく論文は沢山あります。不正・捏造論文も沢山あります。今
回のSTAP論文は派手な演出で世間の注目を浴び、株価操作の疑惑もあり批判が大きくなりましたが、そうでなければ自然に淘汰されて行く運命だったことでしょう。
ただ忘れてならないのは、論文の共著者には皆責任が有るということです。今回特定の著者だけに非難が集中していることがおかしいです。論文の共著者になるということは、その論文に責任を持つということで、
皆等しく責任を負うべきなのです。
笹井さんの御冥福をお祈りいたします。
Unknown (Unknown)
2014-08-15 02:30:35
twitterにbiz-journalの記事のリンクが貼ってありますが、
この記事の最後にあるリンク先はSTAPを守る会です。
ここでは科学的に間違ったことを書いてSTAPと小保方氏を擁護しており、会の主催者たちがまた、怪しい人たちです。
リンクを貼る場合はご注意ください。

また、この記事の論法は小保方擁護派の典型的な論理となっています。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。