世界変動展望

私の日々思うことを書いたブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

堤理英(Rie Tsutsumi)立教大が論文盗用、取り消し!

2016-04-30 23:19:00 | 社会

堤理英Rie Tsutsumi経歴1経歴2、英語教育)立教大学ランゲージセンター教育講師(英語担当)、元文教大学非常勤講師が論文を盗用し、取り消された。懲戒処分を確認できないが、文教大学は非常勤講師契約を2015年度で打ち切った堤理英は英語教育の教員をよくやっており、文教大立教大横浜国立大青山学院大などいろいろな大学で勤務した。

盗用論文盗用公告写し)、取り消し公告写し)、その他写し

堤理英 「Case Study: Effective Use of Films in University English Classrooms From Students’ and Teachers’ Perspectives
 / 大学での英語教育における効果的な映画の利用法 : 学生・教員それぞれの視点から」
文教大学言語文化研究所紀要『言語と文化』第23号 2010年度刊行 pp.160~188掲載論文

公表日 2015年1月14日
発覚の経緯 2014年9月19日に近藤暁子(兵庫教育大学)が自分の研究成果を堤理英が盗用したと文教大学に告発
盗用論文発覚時、堤理英は文教大学非常勤講師
盗用の態様は盗用公告参照
告発者の近藤暁子(Akiko Kondo、経歴)の主張1写し)、 2写し)、

盗用公告をみると、堤理英は元の成果を大幅に盗用した。具体的には全28ページ中21ページで文章の盗用、結論まで元成果とほぼ同じ文章だから、ほとんど丸パクリに近い。近藤暁子の了解や適切な表示なく成果を使用した。

原因の言及はなかったが、このような丸パクリの盗用は倫理意識の欠如が原因ではないか。最近では小松優香論文盗用がほぼ丸パクリで倫理意識の欠如が原因と公表された

堤理英は論文をいくつか出しているが、大学でTOEIC、TOFLE、英会話などの講義を担当し、それがメインという感じだから、研究者というより英語教師という感じ。学歴はサンフランシスコ州立大学英語教育学修士修了だから、博士号を取得しておらず、論文作成の指導は十分受けていなかったかもしれない。もっとも、大学によっては博士課程でも論文執筆指導をいいかげんにやっているところはたくさんあると思う。小保方晴子を典型とする早稲田大学のように。

堤理英がなぜ盗用したかの動機は不明。英語教師をメインの仕事をしている人がどう評価されるのかよくわからない。英語教師にとって論文出版が業績としてどのように評価されるかわからないので、人事や予算獲得の点での動機があったのか判断できない。

再発防止に努めてほしい。


この記事をはてなブックマークに追加

平尾節子(Setsuko Hirao)元愛知大学が論文2報盗用!

2016-04-30 19:30:00 | 社会

平尾節子Setsuko Hirao経歴、英語教育学、不正発覚時70歳、現在約82歳、関連)元愛知大学法学部教授が論文2報を盗用した。譴責[1]。平尾節子の退職記念の資料があるので解雇や辞職はなかった。Linked in経歴をみると、盗用発覚後も人間環境大学講師を兼務した。

盗用論文と公告写し)。公表日は2004年7月29日

平尾節子  「中国における外国語教育の研究:北京・天津・上海」
『言語と文化』、第6号(通巻第33号)pp. 79-107. 2002年2月

平尾節子  「フィリピンにおける言語教育政策」
『言語と文化』、第5号(通巻32号)、pp. 13-35. 2001年7月.

※ 『言語と文化』は愛知大学語学教育研究室紀要

発覚の経緯 自己申告

平尾節子は盗用発覚時に70歳で、研究者人生も晩年で既に教授になっていたので、昇進などのために盗用した可能性は低いと思う[1]。動機は不明。盗用公告をみると、そこそこ多く盗用したと思う。平尾節子は盗用が発覚しても辞職や解雇されず、他大の教員を兼務し続けた。譴責は甘すぎる。2004年頃はまだ不正に対する意識が高くなく、今より随分甘かったのかもしれない。

自己申告による盗用発覚西川和男(関西大学)も同様で、こちらは懲戒処分を確認できない。西川和男の盗用は2015年6月3日発覚だから最近の例平尾節子が盗用で辞職や解雇されなかった事は時代の問題ではなく、単に愛知大学、人間環境大学が甘かっただけかもしれない。

参考
[1]朝日新聞 2004.11.7


この記事をはてなブックマークに追加

ドイツでのある研究不正事件の動機

2016-04-30 00:00:00 | 社会

学振がドイツの研究不正を紹介した。それによると、「当該研究者はDFGの助成によりアメリカの機関に研究滞在している期間中に、研究不正を行ったことを認め、当該研究機関からDFGに事例が報告された。一連の調査において、当該研究者は、論文中故意に図を偽ったこと、意図する研究成果に合致するようデータを操作したことを認め、これらの行為を個人的な問題と研究成果へ高度なプレッシャーがかかる研究環境によるものだったと述べている。
ツヴォネク事務局長が委員長を務めるDFGの研究不正調査委員会は、当該個人の行為を研究不正であると判断した。当該研究者が主張するところのプレッシャーは、過去の不正事例と同じく理解されうるものであるが、しかし不正行為の弁明となるわけではない。」(学振の文章より

研究不正の発生原因動機は前に紹介した。個人的な問題とは、一言でいうと研究倫理の欠如。例えば小松優香ほぼ全て文章等を写したのに盗用を否定して、倫理意識の欠如が盗用の原因と公表された。他にも藤井善隆上原亜希子のように常習的に研究不正を繰り返す人が多く、倫理意識の欠如は重大な要因だ。中には金美善のように研究倫理のシンポジウムで研究不正をすべきでない旨を述べながら、自分で悪質な研究不正をやった者もいるので、倫理教育では救い様がない印象さえ受ける。

最近紹介した著者資格を守った投稿、生データ、実験ノートの適切な作成、保管などの基本的な教育を実施する事である程度防げると思うが、救い様のない人がいるのが現実だから、こういう人は不正を摘発して追放するしかないだろう他の人は関わらない方がいい

研究成果へ高度なプレッシャーがかかるという現状は、特に近年大きな不正の要因になっていると思う。最近紹介された大量類似画像の論文でも2003年頃から問題画像が急増した感じ。東大分生研事件では著名学術誌への掲載を過度に重視した事が不正原因の一つとされた。論文数やインパクトファクター等で人事や予算が決まり、競争が過度になった事が不正の要因の一つになった事を前に紹介したが、これを国はどう解決するつもりなのか確認できない。

他にも省庁や資金配分機関の不正問題に対する消極姿勢処分の不当な甘さ、規則に拘束力がなく恣意的に扱われている事、調査の不透明さ、調査が不公正、恣意的な事などいろいろ問題点があり、前から指摘し、第三者調査機関の設立や拘束力のある規則や処分の統一ルールの制定などを提言してきたが、ほとんど改善せず、同じ原因で同じような事件が繰り返し発生している感じがする。

STAP事件の時もそうだが、問題があった部分だけを最低限度変えるという程度の対応しか行われなかったので、もっと抜本的に改善した方がいいと思うものの、これが現状で、一つ一つの不正事件を追及して解決していくしか方法はない。

今後の改善を期待する。


この記事をはてなブックマークに追加

黄婕(Huang Jie)元大阪国際大が博士論文の盗用で博士取り消し!

2016-04-29 18:05:00 | 社会

黄婕(Huang Jie、中国人、経営学、たぶん女性)元大阪国際大学院生の博士論文に盗用が認定され、博士号が取り消された取り消し日は2014年8月1日。公表は2014年9月29日。黄婕が現在何をやっているのか不明。同姓同名の人が長崎大学に在学しているが、たぶん別人。経歴等は不明で、どのような境遇で不正を行ったか分析できない。

盗用博士論文写し)と学位取り消し公告写し)。

黄婕 「中国の『自主イノベーション』に関する考察―自動車産業を中心にー」 大阪国際大学、博士(経営情報学)、甲第13号、2012年3月14日

告発者が自分の博士論文から盗用されている旨を代理人弁護士を通じて告発した事で発覚。大阪国際大によると「第4章に今回指摘された研究者の博士請求論文他からの盗用箇所が多く含まれていると判定した」という。

大阪国際大学は再発防止に努めてほしい。また調査報告書等、詳細な情報を公開してほしい。


この記事をはてなブックマークに追加

菅田圭次、北均 元東京工芸大の論文3報が盗用で削除、離職!

2016-04-29 17:35:00 | 社会

菅田圭次(Keiji Sugata、経歴、体育学)元東京工芸大准教授(体育担当)と北均(Hitoshi Kita、経歴、健康・スポーツ科学)元東京工芸大教授らの共著論文3報が盗用で削除された。2009年5月7日公表。懲戒処分を確認できないが、菅田圭次は現所属を確認できないので離職。北均は盗用発覚時に既に離職していた。

盗用論文と公告写し)。

  1. 菅田圭次:「勝利追求が運動部集団に及ぼす影響についての一考察」、
    飯山論叢、Vol.2,no.1,pp.151~164、1985
  2. 菅田圭次、北均:「運動部集団に関する一考察 伝承の原理」、
    東京工芸大学工学部紀要、Vol.27,no.2, pp.34~39、2004
  3. 菅田圭次、北均:「本学運動部集団に関する一考察 ~封建制の存在について」、
    東京工芸大学工学部紀要、Vol.28,no.2, pp.27~32、2005

発覚経緯や動機は不明。東京工芸大学は調査報告書を公表してほしかった。


この記事をはてなブックマークに追加