世界変動展望

私の日々思うことを書いたブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

サヨナラエラー等の動画

2017-04-28 00:00:00 | スポーツ・芸能・文芸

サヨナラエラー等

面白いなー。


この記事をはてなブックマークに追加

気分がいい作り方や食材の方が美味しいのか?

2017-04-19 00:00:00 | スポーツ・芸能・文芸

アニメ 美味しんぼ、第1話

人気漫画「美味しんぼ」の連載は現在も続いている。この話をみると精神論や気分がいいものが美味しいという描き方になっていると感じる。例えば第1話で主人公の山岡がいう次の言葉が典型だ。

「深海の自然の中で育った健康そのもののアンコウの肝臓と人間の小賢しい悪知恵で作り出した病的な肝臓とはたしてどちらが美味いか。しかもこのあん肝は取れたばかりをその場で調理した。フランスから送ってきたフォアグラとは鮮度も天と地の差がある。」(22分10秒頃)

確かにこう言われると気分はいいが、本当に美味しいのだろうか。鮮度がいい方が美味しいのはわかる気がするけど、上の主張が本当かは全くわからない。

美味しんぼの主張だと人工的なものや化学調味料等を使ったものは全くだめなのだろう。例えば松阪牛はきれいな霜降りや美味しい肉になるように、かなり手間をかけて育てられているのを見た事がある。例えば牛をマッサージしたりビールを飲ませたりしていた。肉質のいい牛が生まれるような人工授精もやっていた。全く自然に育った牛ではなく、完全に人工的に育てられた牛だ。

美味しんぼの考えに従うと、このような牛の肉は自然で育った健康そのものの牛の肉より味が落ちるはずだが、このように育てられた最高級の松阪牛は多くの人が美味しいと認めている。実際にとても美味しいのだろう。上のアニメに出てきた食通の先生方と同様の意見が多そうだ。

私は気分がいい事と美味しい事は別な事だと思う。漫画では読者に味が伝わらないから、気分がいい考えに沿っていれば美味しいという描き方をすると人気が出るという事かもしれない。

たぶん、食材によって天然物と人工物の味は優劣が違うのだろう。たぶん天然物より人口物の方が美味しいというものもたくさんあるだろう。一方で寿司のネタは天然物の方が一般には美味しく、天然物の方がよいということもたくさんあるだろう。

美味しい料理の追求はずっと続くだろう。

ところで、美味しんぼのOPとEDは主人公の山岡士郎とヒロインの栗田ゆう子の恋愛を描いているが、美味しんぼは恋愛は重要じゃなくてグルメ漫画だから、それにあわないOPやEDではないかと前から思っているが、二人の恋愛を強調した方が人気が出るのだろうか。原作ではとっくの昔に結婚して二人は一男二女の親。数年前に確執が続いていた父 海原雄山と和解し、現実のニュースで歴史的和解と報じられた福島の原発の鼻血に大きな批判が出た問題も報じられた

この漫画はいつまで続くのか。


この記事をはてなブックマークに追加

昔のトラベルミステリー

2017-04-12 23:30:00 | スポーツ・芸能・文芸

西村京太郎トラベルミステリー 寝台特急あかつき殺人事件 OP

これは1983年10月1日放送。最初に出てくる女性が浅野ゆう子。当時22、3歳。山村紅葉も出てくる。同い年。全然違いますなー。

土曜ワイド劇場の登場人物紹介では最初に愛川欽也が紹介された。愛川欽也は亀井刑事役。主人公は十津川警部で亀井刑事はその相棒役。いわばナンバー2、準主役の扱いだが、当時のトラベルミステリーは愛川欽也が演じた亀井刑事が実質の主役だった。十津川警部は三橋達也が演じた。2000年に十津川警部が高橋英樹に交代してから完全に十津川警部が主人公になった。1980年代の土曜ワイド劇場は愛川欽也が主人公を務める作品が多かったと思うが、なぜ当時のトラベルミステリーで亀井刑事が実質の主役だったのか不明。ウィキペディアでは三橋達也の年齢を考慮したと言及されている

土曜ワイド劇場の最ロングランはトラベルミステリーで、山村紅葉はこんな時代から出てたんだなー。西本刑事役の森本レオも長いのは知っていたが、山村紅葉はもっと長い。母親の山村美紗と彼女と親交の深い西村京太郎のサスペンスでは必ず出てくる。

今度から日曜ワイドだな。


この記事をはてなブックマークに追加

土曜ワイド劇場最終回

2017-04-09 02:25:00 | スポーツ・芸能・文芸

土曜ワイド劇場の最終回を見た。最終回は「西村京太郎トラベルミステリー67 箱根紅葉・登山鉄道の殺意」 トラベルミステリーは土曜ワイド劇場で最も人気があり長く続いたシリーズだ。私も楽しみにしている。

今回の話は最後まで犯人がわからなかった。女の表と裏の差の著しさが印象的だった。不断は美人で良い人そうに見える人だったが、正体はとんでもない悪魔のような女だった。そういうものを描く作家も役者もすごいと思う。

土曜ワイド劇場は終了した40年間もよく続いた。人気だったと思う。

今度から日曜ワイドが放送。第1回は同じ西村京太郎のシリーズで「西村京太郎サスペンス 鉄道捜査官」 最終回と初回がどちらも西村京太郎の作品だから、テレビ朝日は最も評価しているのだろう。これからもトラベルミステリーやこのシリーズが日曜ワイドで続く。楽しみだ。でもサスペンスは日曜の午前中より土曜の夜の放送の方がいいな。

これからも面白いサスペンスを楽しみにしている。


この記事をはてなブックマークに追加

オクニョ 運命の女 スペシャル放送を見た感想

2017-03-26 22:00:00 | スポーツ・芸能・文芸

3月26日放送のオクニョ 運命の女のスペシャル放送を見た。オクニョの母は朝廷の人に追われ、オクニョが生まれた。母の死の真相と自分のアイデンティティを探すのが一つのテーマらしい。

この流れからいうとオクニョの母が王様の側室で王様の子供を身ごもったから追われていたという事ではないかと推測するが、本当にそうなのかは不明。私は時間がなくてあまり見ないだろう。

オクニョは天才少女らしい。いろいろな能力をすぐ身につけるようだ。1年続くので面白いとよい。


この記事をはてなブックマークに追加