世界変動展望

私の日々思うことを書いたブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

今日もがんばろう! - 2015年7月31日

2015-07-31 00:25:15 | Weblog

今日もがんばろう!


この記事をはてなブックマークに追加

小保方晴子さんをもう解放しては?

2015-07-30 00:39:28 | Weblog

STAP細胞の事件は刑事告発が受理され捜査中で、10月に博士号取消しが行われる可能性が高いと思うので、また追及が続くかもしれない。

小保方晴子さんの例は研究不正の問題では典型だったので、例として説明するために紹介していたが、前から小保方晴子さんをO 30代女性研究者と述べて、実名を出さないようにしていた。

自分も関与していて言う資格はないが、小保方晴子さんへの取材や報道は異常だったと思う。確かにES細胞を意図的に混入したという肝心な部分が解明されていないし、逃げ得の印象もある。しかし、有力な証拠がない状況ではこれ以上は無理だろう。だったら、もう小保方晴子さんを解放した方がいいと思う。人間はある程度以上は追い詰めてはいけないと思う。

たぶん誰しも精神的に辛い経験をした事があるだろう。その時に極度に追い込んでしまうと非常にまずい。これまで小保方晴子さんはよく耐えていたと思う。佐村河内守さんもそうだが、その点は本当にすごい。非常にタフなんだろうな。私は小保方晴子さんが「STAP細胞はあります。」と言った気持ちが少しわかるような気がする。

解放するのは、納得できないという人もいるだろうし、私のこれまでの行動は矛盾しているかもしれない。

でも、もういいんじゃないでしょうか。

小保方晴子さんには真っすぐ前を見て歩いてほしいと思います。


この記事をはてなブックマークに追加

今日もがんばろう! - 2015年7月30日

2015-07-30 00:37:03 | Weblog

今日もがんばろう!


この記事をはてなブックマークに追加

今日もがんばろう - 2015年7月28日

2015-07-28 00:57:05 | Weblog

今日もがんばろう。


この記事をはてなブックマークに追加

さんまの名探偵 推理とヒント - 端的解説10

2015-07-28 00:32:50 | スポーツ・芸能・文芸

まず紳助の死体発見現場にあった書置きは不合理です。

書置きのとおり紳助が犯人なら、シロー、くるよが金庫室に忍び込んだ時に死体がなかったのですから、彼らの後に金庫室に入ってアフリカの星を盗み、文珍を殺した事になります。

しかし、シローの供述では金庫の中にアフリカの星はなく、シローの後に金庫室に入った人には盗み様がありません。

くるよの時は金庫が開かなかったと供述したので、中にアフリカの星があった可能性があり、くるよの後に忍び込んだ人の犯行の可能性がありましたが、これで完全に消えました。ダイヤ盗難説も完全に否定されます。

読者の中には、「シローの先に紳助など誰かが金庫からアフリカの星だけ盗んだのでは?」と考える人もいるかもしれません。しかし、そう考えても紳助がアフリカの星を盗んだ事は説明できても、文珍は殺していないわけですから、「ダイヤを盗んでいるところを文珍に見られて、つい殺してしまった。」という書置きは嘘という事になります。

書置きは偽物で、真犯人が紳助に罪をなすりつけるために作ったものだと断定できます。

紳助は犯人ではなく真犯人に殺されたのです。

では、アフリカの星は誰が持っていたのでしょうか。

紳助はシローより先に金庫室に忍び込んでアフリカの星を盗む事に成功したから、近々大金が入ると言っており、パーティ時に息巻いていたのに途中から態度が豹変して落ち着きがなくなった、大金が入ると自分で噂を流したからアフリカの星を持っている事を真犯人に気づかれた、アフリカの星を持っていたから文珍殺しの罪をなすりつけるため真犯人に殺され利用された、真犯人に殺された時に盗んだアフリカの星を持っていた、という可能性も考えられます。実をいうと最後にプレイヤーが一言だけ語るシーンがあり「可哀想に紳助。ダイヤを盗んだばっかりに・・・」と言います。たぶん、ゲーム中のプレイヤーはこう思っていたので、こう語ったのかもしれません。

しかし、こう考えると文珍殺しとアフリカの星の窃盗が無関係という事になります。下で説明しますが、真犯人はダイヤ盗難説を捏造するために文珍の死体をわざわざ金庫室へ運んだのです。紳助が近々大金が手に入ると言い出したのは事件の直後ですから、真犯人には紳助がアフリカの星を盗んだ事を知る術がなく、ダイヤ盗難説を捏造する事ができません。これは不合理です。真犯人がアフリカの星が盗まれた事を知らなかったのに意味もなく金庫室へ死体を運び、たまたま紳助がアフリカの星を盗んでいたのでダイヤ盗難説が偶然捏造されたと考えるのは不自然過ぎます。

紳助以外の人物がシローより先に金庫室に忍び込んでアフリカの星だけ盗んだとすると、文珍を殺してもいないのに、わざわざ偽の書置きを作り、せっかく盗んだアフリカの星を現場に残してまで、紳助を殺した事になりますが、それは余りに不合理ですからあり得ません。そんな事をする必要は全くありません。

つまり、アフリカの星は盗まれていないのです。という事は必然的に真犯人はあの人と決定します。

アフリカの星は最初から金庫の中になかったのです。

(話がそれますが、シローは金庫を開け、その後にくるよが忍び込んだ時には金庫が開かなかったという事は、シローはわざわざ開けた金庫を閉めてホールに戻った事になります。私は金庫が開いたままだと誰かが盗みに入った事がばれるから閉めたのかと思いました。そういう理由もあるのでしょうが、より大きな理由はゲームの設定のためなんでしょうね。くるよが忍び込んだ時にダイヤがなかった事になると、くるよが自供した段階で紳助が犯人でないとはっきりわかってしまいます。紳助の死は真犯人の陰謀というだけでなく、プレイヤーを少しでも惑わせようというゲーム作者の陰謀でもあったのです。だから、少しでも紳助犯人説の可能性を残すために、くるよが忍び込んだ時は金庫が開かなかったという設定にしたのしょう。もう一つの理由はくるよが金庫室へきた時に金庫が開いていた設定だと、真犯人が金庫が開いていて中にアフリカの星がないのを見て、ダイヤ盗難説を思いつき、死体を金庫室へ運んだという可能性も出てしまい、あやこが容疑者となり、事件が複雑になると思ったのでしょう。プレイヤーがあの人が真犯人とわかるようにするための工夫だったのかもしれません。この作者の陰謀はプレイヤーを少しでも面白くさせようとする意図によるものですから、陰謀というより工夫といった方がいいでしょう。このゲームは細かい点も工夫されています。)

話を戻すと、文珍の死体が金庫室で発見された点を考えてみましょう。

犯人がアフリカの星を盗むために金庫室へ行き、文珍を殺したなら、既にアフリカの星がないわけですから、アフリカの星を盗んでいるところを文珍に見られたので殺したという事はあり得ません。また文珍の死体が発見された以上、真犯人が金庫室へ行ったのは確実ですが、それはアフリカの星を盗むためではないという事になります。盗み目的で金庫室へ行ったのなら、盗めなかったのだから文珍は殺されていないはずです。

では、真犯人が金庫室へ行った真の目的とは何だったのでしょうか?

金庫室で文珍の死体が発見されれば、当然誰かが金庫からアフリカの星を盗んでいるところを文珍に見られたので殺したという事に疑いが向けられます。これで真犯人への疑いをそらすことが、真犯人が金庫室へ行った真の目的です。これくらいしか考えられません。文珍の死体が金庫室で発見された事やダイヤ盗難説は真犯人のトリックや陰謀だったのです。

そう考えるとわかると思いますが、文珍は本当は金庫室で殺されたのではなく、別な場所で殺されて金庫室に運ばれたという事になります。真犯人が金庫室で文珍を殺したなら、アフリカの星を盗んでいない以上殺した事が不合理だし、盗み目的以外で金庫室へ行ったのなら、本当の犯行現場が別でダイヤ盗難説を捏造したかったからとしか考えられません。

真犯人がダイヤ盗難説を捏造した事から考えると、真犯人は金庫室で死体を発見させる事で自分への疑いをそらす必要があったという事になります。このトリックで、パーティ出席者には全員疑いがかかる事になります。これで疑いをそらせる人物は誰なのでしょうか?考えられるのは2人で、あやこともう一人です。あやこがなぜ疑いをそらす必要があったかは下で説明します。もう一人はこのトリックでアリバイが成立します。他のパーティ出席者は文珍の死体を金庫室へ運んでも意味がありません。

文珍が本当はどこで殺されたのか考えてみましょう。別荘にある部屋は金庫室、あやこの部屋、ホール、あの人の部屋の4つです。細かいことを言うと巨人の証言でトイレがある事が判明していますが、これはマップにありませんし無視していいでしょう。金庫室は否定されています。さすがに、ホールは人がたくさんいましたから殺害は無理です。

あやこの部屋だとすると、真犯人はなぜあやこの部屋へ行ったのでしょうか。あやこ以外の人物はあやこの部屋へ行く動機がありません。唯一あやこは自分の部屋なので、自分の部屋に戻る理由があったかもしれません。自分の部屋で婚約者の文珍を殺し、自分の部屋で死体が発見されると一番疑われるので、せめて他の容疑者を作るために文珍を金庫室へ運んだのでしょうか?あやこのアリバイ証言者はおらず、あやこの部屋の場所からいって、誰にも見られずに部屋から金庫室へ死体を運ぶ事は確かに可能です。あやこもアフリカの星が盗まれた事を最初に言った一人です。

しかし、くるよが金庫室へきた時に金庫は開かなかったと証言していますから、金庫の中を確認できずアフリカの星が金庫になかった事を知り得ないあやこにはダイヤ盗難説を捏造する事はできません。それに(1-3)ではあやこは部屋を詳しく調べさせてくれました。あやこが自分の部屋で文珍を殺したなら、詳しく調べさせてくれなかったでしょう。「女性の部屋を調べようとするなんて、サイテー!」とか言って拒否したに違いありません。

となると、残されてるのは、あの人の部屋だけです。確かにあの人の部屋が本当の殺害現場で、文珍の死体を金庫室へ運べば、あの人には一切疑いがかからないので、最も好都合だった事になります。それ故、ダイヤ盗難説の捏造の点から一番怪しい人物でもあります。あの人もダイヤ盗難説を主張した一人です。あやこはダイヤが盗まれたとだけ言いましたが、あの人はもっと端的にダイヤ盗難説を主張しました。それに一番の根拠は、状況からいって、あの人だけがアフリカの星の持ち得、ダイヤ盗難説を捏造できたからです文珍が殺された本当の殺害現場はあの人の部屋と考えて間違いありません。端的解説9で述べた紳助の態度の豹変も説明がつきます。

最大の問題はアリバイをどう崩すか?即ち、どうやってあの人の部屋から金庫室へ文珍を運んだかです。

端的解説9で述べたように、それを解く鍵があの人の部屋にあるのでしょう。だから部屋を調べさせてくれなかったのです。

現実的に考えると、ここまでわかってしまえば、トリックが解けなくても、科学捜査を行って決定的な証拠を見つけ、あの人を自白に追い込む事ができるかもしれません。

これは子供向けのゲームなので、詳しい科学捜査の知識は出てきませんが、科学捜査で使う手法にルミノール反応写真)というものがあります。血液の存在を強い発光で示すものです。オープニングの文珍殺害時の場面を見ると、毒殺ではなく、頭を殴られた描写もありません。射殺なら、誰かに気づかれたでしょう。よって、おそらく刺殺です。撲殺でも刺殺でも射殺でも殺害時に文珍の血が出たでしょうから、殺害現場を捜索すればルミノール反応が検出でき、血液が文珍のものと判明すれば殺害現場や犯人特定の決定的な証拠になります。もちろん、証拠隠滅がなかったならの話です。しかし、これは子供向けのゲームの範疇を大きく超えるのし、反則ですね。


この記事をはてなブックマークに追加