世界変動展望

私の日々思うことを書いたブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

阿部秀樹(Hideki Abe)鶴岡高専が論文盗用、停職6月

2016-05-31 00:00:00 | 社会

阿部秀樹Hideki Abe経歴、不正報道時41歳、現在約48歳、英語教育)鶴岡工業高等専門学校創造工学科基盤教育グループ准教授が論文を2報盗用し、停職6月となった。鶴岡高専初の論文盗用による懲戒処分。

不正報道及び懲戒処分日 2009年4月28日
不正の態様 報道参照。
不正の発覚経緯 盗用された東京の私立大学男性教授が2009年3月中旬に告発。
不正の原因、動機  「研究者として論文を発表し、業績を上げなければならないというプレッシャーがあり、盗用してしまった」(山形新聞 2009年4月28日)

(1)盗用論文と盗用公告写し

Hideki Abe
"Input Enhancement in Pronunciation Pedagogy : The Impact on Learning Connected Speech in L2 English Part I"
鶴岡工業高等専門学校研究紀要 41, 15-26, 2006-12

(2)盗用論文 - 目次(修正前写し)、修正後写し))

Hideki Abe
Cognitive Approach to Teaching English Prosody : A Preliminary Analysis
東北公益文科大学総合研究論集 第6号、p141 - 158、2003年12月15日

山形新聞産経新聞


この記事をはてなブックマークに追加

Boolean Pythagorean triples problemの解決

2016-05-30 00:00:00 | 物理学・数学

Boolean Pythagorean triples problem(ブールピタゴラス数問題)がスーパーコンピューターを使って解決された。解決したのは米テキサス大学オースティン校のMarijn J. H. Heule、 イギリスのスウォンジー大学のOliver Kullmann、米ケンタッキー大学のVictor W. Marek。

ピタゴラス数とはa2+ b2 = c2 を満たす正の整数の事。例えば3,4,5など。

Boolean Pythagorean triples problemとはピタゴラス数が全部同じ色にならない様に全ての正の整数を赤と青で着色できるかという問題。例えば3,4を赤にしたら、5は青にしなければならない。

Heuleらはスーパーコンピューターを使って1から7824まで膨大なパターンを分析し条件にあう着色ができる事を確認したが、1から7825までは条件にあう着色が不可能である事を確認した。1から7825までは102300 通り以上の着色方法があったという。Heuleらは800台のプロセッサによる並列計算で約2日かかった。解答のデータは約200テラバイト。

Boolean Pythagorean triples problemは1980年代にRonald Grahamによって提案され、問題の解決者には米100ドルが贈られるという。たったそれだけ?安いなー。

コンピューターを使った数学の証明というと四色問題が有名。ガリレオの容疑者Xの献身で数学の天才が学生時代に四色問題に挑戦していて、主人公が「君はなぜその問題に挑戦しているんだ。四色問題は20年以上前に証明されているのに。」と尋ねると挑戦者は「あの答えは美しくない。」と回答した。

今回の証明法も数学者は同様の感想かもしれない。[1]でも副題で「but is it really maths ?」と言及された。もっと美しい証明の方が数学者は喜ぶに違いない。四色問題もBoolean Pythagorean triples problemも一般人には完全にどうでもいい問題で、数学者はなぜこんな事をやっているのかと思うかもしれない。

昔、世界名作劇場の牧場の少女カトリで、主人公が「私が今やっている算数の問題にチャレンジしてみる?30リッターの空の水槽に1分あたり5リッター水を入れます。水槽には穴があって1分あたり2リッター水が抜けます。何分で満杯になるか?」というような事を述べた。値は出てきたものと違うかもしれないが、こんな問題だった。

答えは1分あたり5 - 3 = 2 リッター入るから、30 ÷ 2 = 15分。

この問題を聞いた主人公と年の近い若者は「ふーん。算数ってなんでそんな事をやるんだ。俺だったら水槽の穴をふさいでから水を入れるけどな。」と回答。近くで一緒に問題をきいていた中年女性も「私もそう思うよ。」と回答。主人公は「これは算数の問題だから・・・。」と返答したが、20世紀初頭のフィンランドでは使用人は教育を受けないのが通常で、非現実的な問題を奇異に思うのだろう。彼らは学問は現実的に役に立たないと意味がないと考えるのかもしれない。

四色問題もBoolean Pythagorean triples problemも一般人には上と似たように感じるかもしれない。

こう言われてしまうと数学の研究なんて役に立たないものでマニアックな人が趣味でやってるだけと思われてしまうかもしれない。しかもほとんどの人は数学の証明を面白いと思わないから尚更関心を示さない。

例えば三角形のそれぞれの辺から垂直二等分線をひくと一点で交わるというのは中学校で学ぶ。こういう現象を見て面白いと思うかどうかは数学を面白いと思う人とそうでない人の違いかもしれない。ちなみに証明は簡単なので、わからない人はいないと思う。わからない人は考えてみればすぐわかる。

できれば今回の証明も面白さが伝わって現実の役に立つ日がくるとよい。

参考
[1]Nature NEWS, 2016.5.26, doi:10.1038/nature.2016.19990

[2]の解答の紹介部分は[1]を全般的に参照した。

[2]Heule, M. J. H., Kullmann, O. & Marek, V. W. Preprint at http://arxiv.org/abs/1605.00723 (2016).


この記事をはてなブックマークに追加

優勝なしで横綱になった力士

2016-05-29 00:00:00 | スポーツ・芸能・文芸

稀勢の里の綱取りで、優勝なしで横綱になった力士を調べている人がいた。それは以下の3人。ただし優勝制度発足以降。

第30代横綱 西ノ海 嘉治郎(三代目)
第38代横綱 照國 萬蔵
第60代横綱 双羽黒 光司

記録が不明な初代から3代横綱を除けば、優勝(大阪場所の優勝含む)又は優勝相当がなかった横綱は双羽黒だけ。上のどの力士も甘い昇進で横綱としての成績は悪い。

2013年5月場所後に稀勢の里が優勝なしでも横綱昇進し得ると横審が異例の見解を出した。双羽黒廃業事件で反省したと思いきや、まさかこんな見解が出るとは全く思わなかった。日本人横綱欲しさがみえみえと一部で報じられた

稀勢の里は必ず優勝して横綱になり、昇進後も優勝してほしい。


この記事をはてなブックマークに追加

岡島達雄 元名工大学長の論文盗用

2016-05-28 23:30:00 | 社会

岡島達雄Tatsuo Okajima経歴1経歴2、建築材料)元名古屋工業大学学長が教え子の論文を写し、自分の名前で発表した。名工大の調査委員会の調査結果によると『学長が論文を写した事実は確認できたが、長年の共同研究を基礎に書かれたもので、それが共同著作物に当たるかどうかの判断はできなかったという。
 調査委員会の報告によると、学長は教え子の論文を写したことは認めた。しかし「共同著作物としての認識の上で使ったもので、盗用、流用、コピーの意識はない」としているという。
 論文の発表前に、教え子の了解を得たかどうかについては、学長は「得た」と主張しているのに対し、相手方は「聞いていない」といい、意見が分かれた。
 委員会は「解説記事を学長が使用するに当たって、明確に伝える必要があったのではないか。十分に意思疎通がなされていたとはいいがたい」とし、両者の話し合いでの解決を促した。[1]』

1987年と1990年に岡島達雄が発表した2報の論文の盗用が問題とされた。教え子は調査結果公表時に愛知産業大学助教授で、その学位論文が問題になったという[1]。名工大の調査結果は共同著作物か判断できず、話し合いの解決を進めたが、はっきりいって教え子の論文を写して岡島達雄の名義で発表したのだから盗用の認定が当然。名工大は学長の盗用認定を避け、不正をごまかしたと言われても仕方ない。

調査結果は盗用指摘論文が共同著作物にあたるか判断できないとの事だが、共同著作物でも他人の論文を写して自己名義で発表したら盗用になるし、共同著作物でないなら尚更盗用。盗用指摘論文が共同著作物かどうかは盗用の判断に影響しないから、これを判断できなくても盗用を認定しなければならない。

岡島達雄は論文公表前に教え子の了解を得たと主張したが、教え子は否定。ゴーストオーサー系の盗用は現在まで何度か起きている。著者資格を守った研究発表を行うのは非常に重要である。きちんと書面を残しておくのが望ましい。

岡島達雄は了解を得たと主張したが、他人の成果を単著発表又は該当者を省いて発表したら、故意に他人の成果を自分のものとして発表したと言われても仕方ない。そもそも了解を得たなら著者に教え子が加わっていないのは不合理だ。学位論文等の例外を除いて、了解を得たからと言って共同研究の成果を単独発表したり、著者資格のある人を省いて研究発表するのは不適切。

この事件は公式には盗用の認定が避けられたが、私は盗用を認定しなければならなかったと思う。岡島達雄が学長だから盗用認定を避けたのだろう。井上明久前東北大学総長や岩政輝男元琉球大学長等、偉い人に対する不公正な調査は他にもある。

調査を第三者調査機関で行うべきだという指摘は前からいろんな人たちが何度も行っているが未だに実現していない。この事件は1999年の事件だから、17年前も同様の問題があった事になる。これからも同じ事を繰り返すのだろうか。

日本学術会議に強制調査権限を持つ第三者調査機関が常設される事を期待する。

参考
[1]朝日新聞 1999.3.4、直接的にはリンク先


この記事をはてなブックマークに追加

羽生善治名人が第2期電王戦にエントリー

2016-05-28 00:00:00 | 囲碁・将棋

羽生善治名人が第2期電王戦にエントリーした。優勝すればついにコンピューター将棋対羽生善治名人の対戦が実現する。もし羽生善治名人が負ければ将棋界に衝撃が走る。将棋連盟はよく許可した。それには敬意を表するが、無理にやらなくてよかったのに。


この記事をはてなブックマークに追加