世界変動展望

私の日々思うことを書いたブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

久保利明、棋王防衛!- 第35期棋王戦第5局

2010-03-31 01:41:36 | 囲碁・将棋
第35期棋王戦第5局は久保利明が勝利し、棋王位を防衛した。久保はこれで二冠を堅持。通算タイトル獲得3期で九段昇段を果した。タイトル2期と3期の違いは大きい。1期違うだけで九段昇段までの期間が全然違う。昨年タイトルを取ってから久保の調子がよい。今期はA級昇級も決め、対局数、勝数も多い。これからもがんばってほしい。

この記事をはてなブックマークに追加

私がブログを運営してよかったと思うこと

2010-03-30 00:14:53 | Weblog
3月12日~3月28日で愛知県公立高校入試関連の記事は6696件アクセスされた。時期から考えて読者のほとんどが愛知県の受験生だろう。今年の受験者数は69893人だから、単純計算すると愛知県受験生の約9.58%が私の記事を読んでいる計算になる。無論、これはかなり粗い計算で実態はもっと低い。

しかし、それを考えても結構な人に読まれていると思う。単純計算とはいえ愛知県受験生の約9.58%に読まれるというのは、個人ブログとしては結構すごいことだと思う。こういうことがわかるとブログをやっていてよかったと思う。私の記事は多くの人の役に立ち、色々な影響を与えていると思う。下手な学術論文の発表よりよほど社会に貢献している。

愛知県公立高校入試の記事だけでなく、本ブログでは特定の分野でのアクセス割合が高い記事がいくつかある。そういった記事を生み出すと私は嬉しいし、それがブログを運営する動機だ。つまり、自分の書きたいことを書き、多くの人に読んでもらい啓発効果を出すことだ。こういうことに喜びを感じるからこそブログを運営する。

本ブログの記事は私なりの独自性があり、それが多くの人の役にたっている点でよいことだと思う。カテゴリ数は比較的多く、私なりの独自視点が記事の所々にある。こういう記事は新聞や雑誌社に勤めて上司の命令や読者の要望にだけ従って書いたのでは決して生み出されないものだろう。

今後もブログの運営を続け自分なりの独自の良さや喜びを追求していきたい。

この記事をはてなブックマークに追加

白鵬全勝優勝!

2010-03-29 00:42:06 | スポーツ・芸能・文芸
大相撲春場所は横綱白鵬が全勝優勝を果した。すごい。今場所は朝青龍の引退で一人横綱となった白鵬だが、その責任やプレッシャーに押しつぶされず立派にその務めを果した。しかも全勝優勝なのだから、すごい。千秋楽での日馬富士戦は感動した。

これからもがんばれ白鵬!

この記事をはてなブックマークに追加

把瑠都、大関昇進確実!

2010-03-28 00:00:59 | スポーツ・芸能・文芸
関脇把瑠都が春場所14日目で13勝し、大関昇進を確実にした。日馬富士以来の新大関誕生である。彼には横綱昇進の期待もかかるので今後もがんばってほしい。

この記事をはてなブックマークに追加

学力向上について

2010-03-26 00:00:58 | Weblog
2月、3月は受験シーズンだからか、受験生からのアクセスが多いと思う。2月、3月の検索キーワードを調べると受験関係のキーワードが非常に多い。一時的な現象だと思うので来月以降はそういうアクセスは激減するだろう。

それにしても本ブログにはいったい何が求められているのだろう。言い換えればどういう記事を読者が読みたいと思っているのか。2月、3月に限らず物理・数学のカテゴリは人気があってよくアクセスされるのだが、読者はそういう内容を求めているのだろうか。

読者の求めているものを書くのも嫌ではないので、要望があれば要望に沿った記事を書くことも考える。ただ、あくまで「自分の書きたいものを書く」のが本ブログの趣旨なので、自分の要望に沿わなければ記事は書かない。

物理・数学のカテゴリが人気があるのは少し驚いている。学術や受験関係の記事は面白くないとばかり思っていたからだ。物理・数学のカテゴリは元々学術の面白さを伝えるために作ったもので受験技術や情報の伝達より学術の面白さを伝える内容に重点をおこうと思っているのだが、先月と今月は受験問題の解説などに多くのアクセスがあった。

受験関係の記事は問題を解いてコメントするだけなので、執筆はそれほど難しい作業ではないのだが、いったいどれほど読者に求められているのかよくわからない部分がある。受験関係の記事を読みたがっている人は自分の学力向上に有益な情報を得たいのだろう。しかし、以前も記事で述べたことがあるが、学力を上げるために必要な事は特殊な事ではなく基本の取得と標準的な問題演習だと思う。学習塾や予備校が宣伝で流しているようなCM的な講義を聴いたり、特殊な教育を受けることではない。学習塾や予備校の宣伝では講師がまるで商品を売り込むようにやたら大きく起伏に富んだ口調やジェスチャーで講義をしているが、そんな講義をいくら聴いても勉強をしない人は学力が上がらない。学習塾や予備校はわかりやすい講義を行い受験テクニックも豊富だから、それらに行けばまるで魔法にかかったように劇的に学力が向上すると勘違いしている子供や保護者はいないと思うが、学力向上にはそのような特殊な方法は必要でなく、もっと地味で平常的な基礎学習や演習で伸びていくものである。地味で味気のない環境はつまらないのかもしれないが、それを乗り越えるやる気がないと結局のところどれだけ特殊なことをやっても無駄である。

この記事をはてなブックマークに追加