さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

さすらいの風景 桂林の旅 上海高層ビル街

2011年05月23日 | 海外旅行
上海から新潟への便は、朝早い出発のため、前夜は上海泊まりにする必要があります。

上海到着は午後の遅い時間になっていましたが、軽く上海見物を行うことになりました。

上海は、中国最大の人口を擁し、中国経済の中心となっています。政治の中心である北京と、激しいライバル関係にあります。

都心部に高速道路で向かうと、高層ビルが目に飛び込んできます。



高速脇にひときわ目につく古めかしい建物がありましたが、これは上海展覧中心と呼ばれる1955年の早い時期に、ソ連の援助でできたコンベンションセンターです。塔の上に赤い星が飾られています。



浦東新区には高層ビルが立ち並びますが、その中心地の世紀大道でバスを下りました。



上にそそり立つのは、上海環球金融中心と呼ばれる492mの高さを持つ高層ビルです。日本の森ビルが資金を一部負担しており、上海ヒルズとも呼ばれるようです。展望台も設けられていますが、今回は残念ながら上がることはできませんでした。



他にも高層ビルが林立しています。



高層ビルの中でもひときわ印象的なのは、東方明球塔と呼ばれるテレビ塔です。




東方明球塔は、現在はアジア一番である、高さ468mの高さを持っています。

上海の近代化を示す高層ビル群を眺めた後は、歴史的景観を代表する豫園商城に向かいました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さすらいの風景 桂林の旅 尭山 | トップ | さすらいの風景 桂林の旅 ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown ( )
2016-11-08 16:51:00
上海は実は狭いんです。

都市としての規模は東京のほうがはるかに広いです。

東京は世界的に見るとかなり広範な都市ですね。

やたら高層ビルばかり建てるので広く見えるように錯覚するだけです。

これはニューヨークのマンハッタンも同様ですが。
都市 (さすらい人)
2016-11-08 21:17:09
東京の街はどこまでとは言えない範囲まで広がっていますね。
中国のビル群の怖さは、少し郊外に住宅用の高層ビルを林立するように一斉に建てていることです。中国の建設なので、耐用年数はそれほど長くはないと思われ、それが全国で一斉に老朽化したらどうなるのだろうと思わずにはいられません。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む