さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

さすらいの風景 桂林の旅 尭山

2011年05月22日 | 海外旅行
桂林滞在三日目は、昼に上海へと飛行機で移動するため、午前中に尭山を訪れることになりました。

尭山は、標高907mで、桂林市内の最高峰になります。



歩いて登る必要はなく、山の上までリフトが通じています。



尭山は、ツツジの花でも有名なようですが、時期は過ぎており、山頂近くに残っているだけでした。



山頂には展望台が設けられています。



尭山の山頂からは、周囲の山の展望が楽しめるようですが、もやって展望が閉ざされていました。



かろうじて、岩峰のシルエットをうかがうことができました。



山頂の滞在も20分ほどで、早々とリフトで下りました。



麓が近づくと、街中にそそり立つ岩峰の眺めが見られるようになってきました。

これにて、桂林の観光は終了ということで、空港に向かいました。



空港のレストランで、昼食をとりました。



昼過ぎのフライトのため、機内食が出るのではないだろうかと思っていたのですが、はたしてランチボックスが配られました。

開けてびっくり。丸パンとカステラ風のケーキが入っているだけでした。ピーナツは、ソフトドリンクと一緒に配られたもの。大きな箱に入れて配る必要の無い内容です。

空港のレストランでしっかり食べておいて良かったです。

教訓:中国の国内線で出る機内食は期待しないこと。

以前のツアーでも、夕食が国内線の機内食であったため、ホテルに到着してからお腹がすいたという目にあったことがあります。

これも面白い体験でした。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さすらいの風景 桂林の旅 ... | トップ | さすらいの風景 桂林の旅 ... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
尭山 (kokemusu)
2011-05-23 11:28:13
さすらい人さんへ
早速のブログご訪問をとても喜んでいます。
リフトも使ってのコ-スに吃驚です。
豪勢なコ-スでしたね。
写真と旅のご様子の説明、同じ体験を
しているだけに身近に感じます。
機内食や飛行機の窓からの風景等を
興味旺盛に撮っておられます。
家内からお父さん「田舎もんのごたいよ」と
叱られながらの撮影です。(笑い)
今後も参考にさせて頂きます。
---------------------------------------
追伸
あつかましい質問ですが、ご教示願えませんか。
例えば、雑技団でのカメラのセット値。
私が持っているカメラは、canonの
キッズヅド初代です。フラッシュをたかず、
シャッタ-スピ-ドをあげる為には、
AVによるレンズの開放。
isoの800~1600~以上
等でできると思っていたのですが、
さすらい人さんの値を教えていただけませんか。
宜しく願います。
撮影条件 (さすらい人)
2011-05-23 20:09:50
今晩は。
デジカメのおかげで写真の撮り方も違ってきました。昔は、フィルムも限られているため、この写真が必要かを考えたものですが、今はとにかく撮っておこうということになります。

使用機材と設定は以下の通りです。
Canon EOS Kiss X4
Sigma 17-70mm 2.8-4(Sigma70~300mm 4-5.6 も持っていきましたが、使ったのは棚田の撮影くらいでした)
ISO上限 6400
ISO、色バランスは、オート
プログラムオート、ナイトクルーズ・2/3絞り、雑技・1/3絞りアンダー
評価測光
ピント合わせ 中央1点

撮影のコツは、画面中の明るいところを中央にしてピントを合わせます。シャッター半押すると、露出もロックされるので、カメラを少し動かして構図を合わせます。

撮影したナイトクルーズの日月塔の写真の撮影データーを確認すると、以下の通りです。
絞り値 3.5
露出時間 1/40秒
ISO 5000
露出補正 2/3絞りアンダー
焦点距離 28mm

初代のKissとなると、
ISOが最大1600であることと、キットレンズに手振れ補正が入っていないことから、夜景撮りにはちょっとつらいですかね。
ご教示感謝です。 (kokemusu)
2011-05-24 09:36:30
さすらい人さんへ
早速のご教示に懇切丁寧な説明で大変喜んでいます。
有難うございました。
やはりカメラの機能とも関係しますが、
とり方のコツなどもあり、勉強になりました。
撮影技術は奥が深く、我流ながら楽しんでおります。
こうしてブログの先輩や仲間のお導きで
少しずつ具現化できているようです。
これに懲りずに今後ともお導きの程
宜しく願います。
まずはお礼まで。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む