さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

さすらいの風景 テヘラン その3

2013年12月27日 | 海外旅行
バザール見学後に昼食をとり、午後の観光としてまず宝石博物館を訪れました。 宝石博物館は、イラン国立銀行の地下にあり、人が集まっている所が入り口になります。見た感じはここが博物館かと思う地味な入り口です。チェックは厳重で、カメラやバックなどの持ち込みは禁止されており、手ぶらで入場する必要があります。 カメラの持ち込みは禁止のため、撮影した写真はありませんが、日本語のガイドブック(10000リ . . . 本文を読む
コメント (2)

さすらいの風景 テヘラン その2

2013年12月26日 | 海外旅行
ゴレスターン宮殿見学の後、バザールにやってきました。入り口前の広場には、大勢の人が集まっていました。立っているだけのようで、何をしているのでしょうね。 バザールの入り口には、イスラム風のアーチが設けられていました。 中に入ると、上野アメ横並みの混雑でした。ここでは買い物はせずに見て回るだけとの説明がされましたが、ガイドについていくのでやっとでした。 売る商品は場所ごとにまとまって . . . 本文を読む
コメント

さすらいの風景 テヘラン その1

2013年12月25日 | 海外旅行
テヘランの観光では、まずゴレスターン宮殿を見学しました。 ゴレスターン宮殿は、ガージャール朝(1779~1925年)の王宮として建てられました。パフラヴィー朝の時代(1925-1979)まで少しずつ建て増しされ、戴冠式など王家のレセプションの場として使用されていました。 このガージャール朝の歴史は、日本の明治時代に重なりますが、西欧列強とロシアへの従属の時代でした。トルコもそうでしたが、イラン . . . 本文を読む
コメント

さすらいの風景 成田からテヘラン

2013年12月24日 | 海外旅行
パキスタンに続いてイランに出かけてきました。イランというよりもペルシャという響きに憧れを感じての旅立ちでした。 イラン8日間の旅でしたが、帰国時にドバイでの乗り継ぎができずに、1日遅れでの帰国になりました。ドバイでのホテル及び食事代はエミレーツ航空持ちであったので、そのおかげで簡単なドバイ観光もできました。 旅行日程は、以下のようなものでした。(航空機の時間は、予定のものです。) 「イラン8 . . . 本文を読む
コメント

行ってきましたイラン

2013年12月22日 | Weblog
今回は、イランを見てきました。 出かける前は気安く観光ができのかと不安を覚えましたが、実際には親日的で、見所も満載で、一級品の観光対象国でした。イスラム文化に興味があるのなら、まず見学するべき国だと思いました。 この報告はこれから開始いたしますので、お楽しみに。 (写真は、エスファファーン・イマーム広場) . . . 本文を読む
コメント

さすらいの風景 新疆ウィグル自治区の食

2013年12月12日 | 海外旅行
国境を超えて中国に入ると、がらりと内容が変わりました。 これは、タシュクルガンでの朝食。 カシュガルでの朝食。点心類も出てきました。 タシュクルガンからカシュガルへの途中でのレストランでの昼食。観光客は、ここで昼食をとるのが一般的なようで、他の観光バスも停まっていました。 麻婆豆腐。 肉と野菜の炒め物。 煮込んだ肉。 味付けの異なる肉と野菜の炒め物。 卵とト . . . 本文を読む
コメント (2)

さすらいの風景 パキスタンの食

2013年12月11日 | 海外旅行
パキスタンの食事は、基本的にビュッフェスタイルでした。 いつものことですが、朝食は、簡単に済ませ、これは卵とカレー、ナン、小麦を油で焼いたブーリ。 フンザのホテルでは、日本人が主に利用するせいか、特別注文で朝食におかゆも出てきました。添乗員がインスタントみそ汁や梅干し、漬物を日本から持参してくれたので、日本式の味を楽しむことができました。 移動中の食事は、昼はハイウェイ沿いのレストラ . . . 本文を読む
コメント

さすらいの風景 カシュガルからの帰国

2013年12月10日 | 海外旅行
10日目、観光はすべて終え、日本へ戻る旅が始まりました。カシュガルは中国辺境の地にあるため、ウルムチ経由で北京に移動し、そこから日本に戻ることになります。一日では移動しきれず、10日目は北京までの移動だけで終わります。 カシュガルの空港に到着。 カシュガル発の飛行機はすべてウルムチ行きのようです。 小ぶりですが、新しくきれいな空港でした。 中国南方航空を利用。 カスガルを . . . 本文を読む
コメント

さすらいの風景 カシュガル その4

2013年12月09日 | 海外旅行
夕食を終えてホテルにチェックイン後、夜の街へ散策に出かけました。幸い、宿泊した天縁国際大酒店は、東西南北の幹線道路が集まる交差点脇にあって、出かけるには良い場所にありました。 ホテルの脇の人民公園前には毛沢東像がライトアップされていました。 人民公園入口には、北京の天安門前の金水河とそれに架かる橋の飾りが施されていました。 カシュガルという場所で、このような飾りを見ると、帰国後の事件 . . . 本文を読む
コメント

さすらいの風景 カシュガル その3

2013年12月06日 | 海外旅行
職人街を抜けていくとエイティガールモスクが見えてきました。 エイティガールモスクは、新疆ウィグル地区で最大のイスラムモスクです。1422年(明の永楽20年)に創建され、増改築が加えられました。1700年代にカシュガルのウイグル族の女性がメッカに巡礼に出かけてアフガニスタンまで行ったものの内戦でそこから先に進めず引き返し、共同墓地と小さなモスクがあったこの地に現在のサイズに近いモスクを寄進した . . . 本文を読む
コメント

さすらいの風景 カシュガル その2

2013年12月05日 | 海外旅行
週末バザールの後は、職人街にやってきました。 職人街は、ウィグル族の職人の店が並んでいます。通り自体は新しいものになっています。 まずは、隣接するウィグル族の居住区を見学しました。 細い小路が張り巡らされていますが、建物自体は新しいものです。 小路の奥に進んでいくとモスクが現れました。 小路では子供たちが遊んでいました。 これもモスク。 職人街に戻ってきま . . . 本文を読む
コメント

さすらいの風景 カシュガル その1

2013年12月04日 | 海外旅行
カシュガルの市内観光のため、ホテルの前を素通りして、週末バザールに向かいました。 人民東路を東に向かうと、毛沢東像が置かれていました。カシュガルは、新疆ウィグル自治区の西端の重要都市ですが、中央政府から遠く離れているため、権威を見せつけるために毛沢東像が置かれているような気がします。天安門広場の肖像画を別にして、中国の他の町で毛沢東の銅像が置かれているのは見たことがありません。 カシュ . . . 本文を読む
コメント

さすらいの風景 ブルン湖からカシュガル

2013年12月03日 | 海外旅行
カラクリ湖を後にし、カラコルム・ハイウェイを進みます。 雪山も車窓に見え続けました。 ブルン湖に到着し、下車して風景を楽しみました。ここで標高3200mあります。 砂丘が岸際まで広がっており、その影を映した湖面は不思議な色を見せています。 景勝地ですが、天然の湖ではなく、2007年に出来た水力発電用のダム湖です。 湖畔には土産物を売るキルギス族の小屋が並んでいました。 . . . 本文を読む
コメント

さすらいの風景 カラクリ湖

2013年12月02日 | 海外旅行
スバシ峠を越して高原を走っていくと、湖面が現れました。 この湖はカラクリ湖と呼ばれ、標高3600mの高地にあります。ムスタグ・アタ山(7546m)が目の前に聳え、湖面に影を映しています。 東に遠くコングール山(7649m)を望むことができます。 湖の周りには、観光客用のラクダも歩いています。 左のピークがコングール山(7649m)の最高峰のようです。 コングール山(7 . . . 本文を読む
コメント