夢地蔵

田舎の映像作家の備忘録

ホームページ作成の合い間にベーカムデッキを動かしたら

2021-01-22 15:35:25 | Weblog
昨日のことです。これを書いているワークステーションもセットしてあるラックのベーカムデッキ BVW-70 に収録済みのテープを入れて再生、したら「あれっ」。映像が出ません。


このデッキは前に一度ヘッドが詰まって再生不良になったことがあるんです。それは奥の手で解消しましたが以来時々回してやることにしています。


こりゃまたヘッドかなと思って不安になりましたがもしかするとモニター系に入れてあるセレクターの接触不良かも。


セレクターの押しボタンスイッチを何度も切り替えたら映像が出ました。やはり接触不良。接点復活剤の出番です。取り外して開きました。


これが切り替えスイッチです。手前のスイッチが問題児。


これを使って SC カードが融けたことがありますが構うもんか。


スイッチを観察すると隙間から接触部が見えます。密閉構造じゃありません。少量吹き付けました。ついでに他のスイッチにも。


スイッチを何度も切り替えてテスターで導通を計ると徐々に良くなって 0.3Ω 程度になりました。正常なスイッチと同じです。
このセレクターは単にスイッチで入力を切り替えるパッシブタイプで、何年か前にハードオフで確保したものです。


スチールケースに入った単純で頑丈な作りは私好みです。映像端子はもちろん BNC。


これで大丈夫なのはわかっているので元に戻して


テープを再生。頭のカラーバーが出ました。何回か切り替えても大丈夫です。


前より映像がシャキッとしたように見えるのは思い込みでしょうか。


本系統は別のラインで Canopus ADVC-500 にコンポーネントで入れてあるので重大な問題ではありませんがトラブルがひとつ解決しました。
ホームページ作りに戻ります。
コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« ホームページ作りの合間に Fi... | トップ | IllustratorCS2 でまごつきな... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事