夢地蔵

田舎の映像作家の備忘録

8㍉フィルム エリアルイメージテレシネの条件出し

2020-08-04 15:16:52 | Weblog
Premiere Pro2.0が言うことを聞いてくれないのは後回しにして本気でテレシネの条件出しに掛かりました。
エリアルイメージはフレームバイフレームには負けますが理想的なシステム。ですが条件出しが大変です。猛暑の中、設定を変えて追い込んでみました。

ランプの光を拡散させるスクリーン(映写するスクリーンじゃありません)はプラバン二枚重ねにしました。一枚では狙っているF8より明るすぎるので重ねたんです。この状態でカメラのAWBを動作させました。3000K。


最初カメラのゼブラを100%に設定、アイリスをF8にして試したら液晶画面のヒストグラム表示は良好でしたがメモリースティックに記録した静止画を見るとアンダー気味でした。
次に液晶を見ながら明るい部分にゼブラが出るようにアイリスを若干開きました。HVR-Z5Jのマニュアル絞りは液晶画面に値が出ますがリニアに変わるので慎重に。

これは液晶画面です。ここに出るヒストグラムは目安程度なのであまり当てになりません。


映写機を回して調子を見るためにメモリースティックに何枚も静止画を記録。
「新宿1975,冬」のトップシーンです。以下の画像は元データの1440x810pixelを幅640pixelで切り抜いて左右反転。補正は一切かけていません。
























良好な結果が出ました。これなら実用になります。
ひとつ問題は画面右下の暗い部分です。恐らくランプの位置を調整すれば解決するでしょう。
今日は暑いのでここまでにしておきます。

カメラの位置を正確に合わせて光軸を一致させたら解決しました。
コメント

今日もテレシネ装置の改良

2020-08-03 17:12:53 | Weblog
Premiere Pro2.0が言うことを聞かないのは別途やっつけるとしてハードを改良しました。映写機/中間レンズ/カメラを光軸方向から見るとカメラがズレていました。画質にはそれほど影響しませんが面白くありません。

カメラのサポート部を改良することにしました。ホームセンターにこんな都合のいい金具があったのでこれを加工。


気まぐれに寄ったハードオフでこれを買ってきました。楽器のキーボードを載せる台だと思います。


安かったんです。


金具の加工を終えて取り付け。


キーボードスタンドは用途にピッタリ。長さが可変できるので便利です。


ちらかり放題の部屋は見なかったことにしてね。


カメラがグラグラするのはこのサポートで解決。これは16㍉でも使えます。


もうひとつ改良というより追加したことがありました。窓からの外光が中間レンズに反射するのを防ぐのに何かないかと探したらネックウォマー(っていうんだったかな?)があったのでこれを使うことにしました。


今までは折りたたみのテーブルに載せていたので不安定でしたが今度は安心です。
おっと、装置が台から落ちないように何か対策しないと。
コメント

HDVでテレシネしたテープからのキャプチャで悪戦苦闘

2020-08-02 14:41:56 | Weblog
先日は常用のワークステーション(Windows7)のPremiere Pro2.0でキャプチャができなくて、Windowsなんてそんなもんだろうと焦りもしませんでしたが対策として別のXPワークステーションのPremiere Pro2.0でキャプチャ、そのデータをタイムラインに置いてデュレーション機能で速度を90%に落とし、左右に黒いマスクを入れ、タイトルも入れてレンダリング。
レンダリングは古いワークステーションには負荷が掛かって時間を要しました。(タスクマネージャーで見るとCPU使用率は100%)そこまで進みましたが書き出しで問題発生です。2時間以上掛かって書き出したデータは90GBオーバー!。しかも縦横比が変です。
急遽常用のワークステーションに変更。先日キャプチャが出来なかった件はその後出来るようになりました。(HDVカメラもちゃんと認識しました。何で?)
まだPremierePro2.0を信用したわけじゃありませんがキャプチャ。

キャプチャは当然リアルタイムで完了。問題はその後です。キャプチャしたデータは自動的にビンに乗りますが、


右下にこの忌々しいのが現れてグラフが行きつ戻りつ。


要はMPEGファイルを最適化しているんでしょうが一体いつまで掛かるんだい。
タスクマネージャーで見るとメモリーはそこそこ使ってるけどCPUはフル稼働しているわけじゃないし。
キャプチャデータを置いたHDDはそれなりに暖かくなってるから真面目に働いているんでしょう。


昼食の時間です。このまま放っておきます。

2時間経過しても”インデックス”ファイルを延々と作り続けています。


こんなのは待っていられないので中止。Windows Media Playerでは開けるので違うソフトで読み込んでなんとかします。
フリーの"Shotcut"で挑戦中です。
コメント

久しぶりのウォーキングで気分一新、そしてバッテリー購入

2020-08-01 17:16:21 | Weblog
前回のウォーキングは一ヶ月前。今日は雨が降らないので久しぶりに隣りの信濃町の4㌔コースを歩いてきました。ずいぶん休んだので太ももと膝にきますねえ。

午後、中野市の「コメリ」へ行って農業機械用バッテリーを買ってきました。中野市は新型コロナウイルスの感染者が複数出ているので当然マスク着用、店の入り口で手を消毒し、出る際も消毒。買ってきたバッテリーは家に入る前に開梱して持ち込みました。そして念のため石鹸で手洗い。
3管カメラとUmticの組み合わせで撮影するには大容量電源が安心です。先日今までの11年前に買ったバッテリーがご臨終ということで更新です。
前にコメリに寄ったときは確か¥3,780だったんですがあれは特価だったらしく今日は¥5,000オーバーでしたがBPバッテリーを買うより遥かに安いからまあいいか。


昔の軽自動車で標準だった30A19(L)ですがこの手の鉛バッテリーとしては軽量の7Kgで持ち運びには好都合です。


買った状態で電圧をチェック。


お決まりの初期充電です。何度も紹介していますがケースの中にDC/DCコンバータを収めてあってXLR4pコネクタ3個のひとつは15Vが出ます。


充電が始まりました。しばらくこのままにしておきます。


やりたいことは山ほどありますがこれもそのひとつ。8㍉のテレシネで磁気録音したフィルムの音声を取り出すためのアダプタを作らないと。
HVR-Z5Jは外部マイク用のXLR3pコネクタがあってMIC/LINEが切り替えられます。映写機のMONジャックから音声を入れるためのコードが必要なので作らないと。

カメラ側がバランス入力なのかアンバランスなのかは知りませんがジャックを付けておけば間の接続は融通が効きます。

外装の向きを間違えたりして苦手の半田付けを再三やり直し。接続は市販品のマイクで調べました。


出来上がりました。


そろそろバッテリーは充電をやめてもいいかな
コメント

8㍉フィルムのテレシネ開始

2020-07-31 16:25:21 | Weblog
1975年、昭和50年に撮って10年前にYouTubeにアップした”新宿1975,冬”は再生回数40万回を越えました。
あれは映写機からスクリーンに映写した映像をビデオカメラ(得意の業務用3管カメラ)で撮影したもの。スクリーンプロセスですね。今回作ったエリアルイメージのテレシネ装置で改めてデジタル化に挑戦です。
カメラから常用のワークステーションに入っているPremiere Pro2.0で直接キャプチャしようとしたら嫌がって言うことを聞きません。アンインストールして入れなおしても「お前の言うことなんか聞くもんか」。
Premiere6.5は素直な性格だったのに。
対策は色々あるようですが面倒臭いし時間の無駄です。隣りの古いワークステーションでやりましょう。XPですがそっちはちゃんとPremiere2.0でキャプチャできます。

カメラがせっかくHDVですからダイレクトキャプチャじゃなくテープに録画することにしました。
カメラの設定を変えて60分テープに何度も録画。今日は液晶テレビに映像を出してフォーカスを合わせました。


色温度の設定を液晶テレビで見て合わせたのは失敗でした。テレビで合わせた3000Kではアンバー系になっちゃいました。テレビは一般的に色温度が高目ですからね。あ、PCモニターもその傾向でした。
今回のフィルムは全体に露出オーバー気味でF8では明るすぎるのでランプとフィルムの間に入れたスクリーンを変更。

これが元は何だったかは忘れました。

途中でトラブル発生! フィルムのパーフォレーションが一箇所破れてしまいました。貴重なフィルムなのに。


エディターはフィルムを収めるためです。


テープ式のスプライサーの出番です。


痛んだ部分をカットしてつなぎました。


確認の必要もないんですが。


フィルムの扱いで気をつけるのはホコリです。テレシネの前にレンズ用のクリーニングクロスで拭いたらこれは逆効果でした。繊維質の物はNG。結果的に映写機の送り側リールから巻き取り側リールに直接送って指で軽くつまんで回すのが有効でした。今後何本もテレシネ作業をするのでこの辺は何か考えないと。

計5回テレシネ作業をして最後はうまくできました。
カメラの設定はこうです。


XPのワークステーションでPremiere2.0を使ってテープからキャプチャしましたが、HDVデータは負担が掛かるらしくDVのようには進みません。
キャプチャが終わってもPremiereの右下にこんなのが出ます。


続いてこんなのが。


数分後、キャプチャした映像ファイルがPremiereのビンで認識されました。
タイムラインに置いて編集、タイトルも入れてワークエリアをレンダリング。非力なワークステーションがヒーヒー言いながら頑張っているところです。
まだ66%って、いつになれば終わるんだい?
コメント

8㍉テレシネ 設定を詰める

2020-07-30 10:35:04 | Weblog
HVR-Z5Jの説明書を詳しく見たら x.v.Color という、「動画空間の国際規格のひとつです。現行の放送規格より広い色彩が表現できます。」
これでどうなるか試してみる価値あり。

メモリースティックに記録するので24コマは解除しました。最初はこの設定。おっと、カメラの電源はせっかくアダプターを用意したのにバッテリーだった。



感覚的に色が豊かになった感じですが、


ホワイトバランスが合ってないかな。

次はこんな設定。ヒストグラムが明るいほうに寄っていたので絞りました。



違うなあ。色温度の設定を下げすぎました。


スクリーンに映写したイメージと違う感じです。もっとハイキーなはず。

3回目の挑戦。

アイリスをF8に、色温度を2700Kにしました。


良さそうです。


いい感じです。夏の空が白飛びしないでしっかり色が出ました。

何事も試してみるもんですねえ。

ところで昨日、またハードオフで衝動買いしちゃいました。AIWAのステレオマイク。¥330です。
さっそくテストしたら音が出ません!!!
開いたら線が切れていました。


即修理。


アンプにつないだら強烈なハウリング。直りました。


本当はSonyのワンポイントステレオマイクが欲しいんですがまあいいか。


Jrが持っているmarantz PMD660にこのマイクを使おうという訳ですが、このマイクはアンバランス型。PMD660のマイク入力はバランス型でXLR3pです。
アンバランス→バランス変換は難しく考えると面倒臭いことになります。いくつか案はありますが結果が出たら公開しましょう。
コメント

8ミリのテレシネテストは佳境

2020-07-29 10:48:27 | Weblog
16㍉8㍉兼用テレシネ装置が完成しました。
16㍉用のベースに8㍉用アダプタを載せて映写機の位置決めステーもバッチリ。


映写機/中間レンズ/カメラをセット。


最初はこの設定です。


結果は

色温度が合っていません。右上の空が青味がかってるのは窓からの光が中間レンズに入ったためです。
ランプ単体だと3200K程度ですが拡散スクリーンで色温度が下ります。

HVR-Z5Jをマニュアルモードで色温度を2800Kに変更。PP(ピクチャープロファイル) はPP3(PRO COLOR)です。PP4(PD COLOR)でも良さそうですが色が派手になるのでこれにしました。


これはメモリースティックに書き出したままです。元の画像サイズは1440x810。

Cam:ELMO C300 Film:Kodachrome25 double super8
今度は色温度がいい感じです。

640x450ピクセルでトリミング、左右反転。VGAサイズの4:3ではありません。640x480では左右が見切れてしまいます。


元データから640x640の範囲を切り出してフォーカスの確認です。

フィルムの粒状感が見えるということはフォーカスは合ってるようです。
これをPremiereで輪郭強調なんかしたら台無しです。

テレシネで一番問題になるフリッカーはHVR-Z5Jのシャッター速度を1/60にして映写機の速度を調整すれば解消します。SCAN TYPE の項目に24コマがあるのでこれを使うとどうなるかはそのうちやってみますがその場合メモリースティックに静止画で書き出せないので痛し痒しです。

実際にテレシネに掛かる際は撮影に使ったフィルムとカメラの種類によって最適な設定を詰める必要があります。同じ8㍉でもシングル8のフジフィルムとスーパー8のコダクロームでは色味がまるで違いますしカメラ(レンズ)でも違いがあります。かつて8㍉は数千フィート回しましたが、個人的にはELMO C300で撮ったコダクローム25のコントラストの弱い”甘くて柔らかい”映像が一番好きです。フジフィルムはコントラストが強すぎるし青味が強くて馴染めませんでした。

当時の生フィルムが手元に残っています。


1975年当時¥3,200と高価でしたが往復200feet撮れます。S8 4本分!


もちろん期限はとうに切れています。


8㍉のテレシネは出来そうです。今までスクリーンプロセスでデジタル化したフィルム資産は全部やり直しです。
午後HVR-Z5Jを24コマに設定してどうなるか、テストしました。

このモードはPHOTO機能が無効なので液晶画面を見て映写速度を調整した結果をコンデジで撮りました。シャッター速度は1/60じゃないと速度に関係なくフリッカーが出ます。1/30にすると絞りがF11でも明る過ぎ。
いけそうです。24コマで撮ったフィルムを24コマで受けられれば理想的です。
カメラの電源はバッテリーでは残量が気になるのでAC ADAPTOR/CHARGER AC-VO850からDK-415経由に変更しました。

コメント

テレシネ装置8ミリ兼用化は着々と

2020-07-28 15:05:13 | Weblog
何はともあれSH9映写機の位置決めが必要です。テレシネ作業の度に映写機の位置を調整したんじゃ能率が悪いじゃないですか。
ベースの板に穴あきアングルを取り付けました。上の板はSH9を載せる台で下駄になっています。ねじはノブ付きで工具不要。


フロント側は下駄にM4の鬼目ナットを打ち込んで固定はローレットねじ。


映写機の台の位置が決まったら映写機本体の位置決めです。先程近所のホームセンターでこんな金具を買ってきて加工。


映写機正面側の足は高さが調整できるようになっています。そのねじの首がこの金具に収まります。固定は最後に。


横方向の位置決めはこの金具を使います。映写機の位置を正確に合わせたら固定。


この映写機SH9はサウンド映写機です。でも実際に音を出してみたことがなかったので、先日来テストに掛けているフィルムが磁気録音なのにVRを上げても音が出ません。
壊れているのかとMONジャックにイヤホンを入れたら、ちゃんと音が出ています。
横に放り出してあるフロントカバーに目をやると、なーんだここに付いてるじゃないか。


もう一件。裏のカバーに物入れがあります。
開けたら正規の12V100W映写ランプがティッシュに包んで入っていました。私が失くさないように入れたんです。ずさんな性格ですが気が向くとこういうことをするんです。


テレシネの準備は着々と進んでいますが、夕べテストしていて考えました。8ミリフィルムをスクリーンに映写した映像とテレシネ映像は性質が違うんです。
本来フィルムの映像をデジタル化するのはかなり無理があります。通常PCで扱うデジタル写真/映像は所詮256階調。アナログである銀鉛写真/フィルム映像をデジタル化すると諧調が大幅に制限されます。アナログの無段階は表現できっこありません。これは夕べ改めてフィルムからテレシネ経由静止画で記録したサンプルです。

それでも、256階調であってもフィルムの実力の片鱗は見られます。
書いていることが矛盾していますがこの静止画を最初に見たとき、8ミリってこんなに甘い映像じゃなかったと思いました。HVR-Z5Jのフォーカスが正確に合っていないのかと思いましたが良くみるとフィルムの粒状がちゃんと出ています。
これは甘いんじゃなくてデジタルの写真や映像を見慣れた、言い換えれば輪郭を強調した硬いのを見慣れた目にはそう見えてしまうんだと思います。

アナログって、いいですね。それがデジタル化したものであっても。
コメント

テレシネ用8ミリ映写機でトラブル発生

2020-07-27 15:49:08 | Weblog
夕べ、テレシネのテストをしていたら突然SH9映写機から「ガー」という異音発生。裏カバーを外してみました。
なんと、プラスティックの歯車がひとつ脱落しているじゃあありませんか。


軸に入っていたはずのEリングが外れたんです。電気系に落ちていてショートしたら一大事!
映写機を持ち上げてあんなことしたりこんなことしたり、ゴミといっしょにEリングが落ちました。


ゴミは古いベルトの残骸です。ハードオフで買ってきてテストしたとき映写ランプが点かなかったのは接触不良で解決しましたが、ベルトもボロボロでモーターのベルトはOリングで代用したんです。


リール系のベルトは熱誘着のなんとかいう奴で作って交換したんです。忘れていましたが。


Eリングは4mmです。ネジ類のガラクタを探しましたが6mm用しかありません。
Eリングは一度抜いたら再使用しないのが原則です。それでもとりあえずなんとかしようとしたんですがなにぶんにも小さなリングなので映写機の内部に落として探したり。で結局安い物なので今日買ってくることに。
ついでなので内部を掃除したり含油軸受けにエンジンオイル、プラの歯車には模型用のセラグリスを塗布しておきました。

Eリングセットを買ってきました。


ところがセットを間違えちゃいました。一番小さいのがこれ。右が脱落した物です。4mmじゃなく3mmなんですね。


こうなれば奥の手です。脱落したのを修正していれちゃえ。


映写機をテレシネ装置に載せてテストです。実は前回映写レンズが定位置に入っていなかったので今日は確認しました。

「高速道通過絶対反対」の立て看板の文字がはっきり見えるようになりました。
スクリーンに映写した場合はもちろん鮮明に見えます。

少女のTシャツとピンクのスカートの右に出ていた青ハロは消えました。


カメラ(HVR-Z5J)のアイリスは6.8。8だとヒストグラムが低めだったので開きましたが8で良かったかな。


画面が傾いているのはカメラのセッティングの問題です。


徐々にセッティングが決まってきました。次は映写機の位置決め。微調整して決まったらストッパーを付けます。
カメラも位置決めしたら三脚の雲台じゃなくもっとしっかりした物を作ろうっと。
コメント

テレシネ装置で悪戦苦闘

2020-07-26 11:45:23 | Weblog
12V20Wのハロゲンランプに反射鏡を付けてテストしましたが問題発生です。
せっかく改良したのに明る過ぎてカメラ(HVR-Z5J)のND FILTERを "2"(1/16)または"3"(1/64) にしないと露出が極端にオーバーしちゃいます。
反射鏡による集光が効き過ぎました。
それでもとフィルムを掛けてカメラのPHOTOモードで撮ってみました。NDは2だったか3だったか忘れちゃいましたがヒストグラムが良好な設定です。

これじゃあスクリーンプロセスのテレシネの方が遥かに良好です。しかも少女のTシャツとスカートの右側に"青ハロ"が出ています。(スクリーンプロセスは3管の業務用カメラで撮影すると信じられない画質が得られます)

もう一枚。これも納得がいきません。


反射鏡取り付け前は明らかに光量不足だったのはなんでだろ?

研究者じゃないので考えていても進みません。反射鏡はやめて元の方式に戻しましょう。
毎度毎度のアルミ板で工作です。ランプ取り付け板をリメイク。


ランプを取り付けて


映写機に戻しました。


とりあえずフィルム無しで明るさを見ました。映写機のシャッター後部の窓に光を拡散させるプラ板を付けてあります。
HVR-Z5Jはありとあらゆる機能があって便利ですが設定変更は煩雑でまごつきます。シャッター速度が長いとPHOTO機能は使えないので液晶画面です。このカメラに慣れている人ならどんな設定かおわかりでしょう。


設定を変えてみました。この方式でも中央部が明るい傾向が見られます。


ではフィルムを掛けてテスト。
まだこのフィルム本来の情報量は再現されていませんがかなり改善されました。

CAM:ELMO C300 FILM:ダブルランスーパー コダクローム25


CAM:ELMO C300 FILM:ダブルランスーパー コダクローム25


CAM:ELMO C300 FILM:ダブルランスーパー コダクローム25


CAM:Canon DS8 FILM:ダブルランスーパー コダクローム25

どれも1975年に撮った自主映画のカットです。この作品では途中からCanon DS8(新品!)を買って切り替えました。DS8の方がレンズの性能が遥かに上で素晴らしい映像でしたがC300独特の味は出ませんでした。レンズって、性能だけじゃないとこの時知りました。
どうですか、これを見てもデジタルでは絶対表現できないフィルムの味が見事に出ています。輪郭の強調ではなく豊かな諧調表現、これはフィルムの独壇場。

フォーカスはカメラの液晶で見てそこそこ合わたましたが、外部モニターを使えば正確に合わせることができます。画面両サイドの青ハロに関しては光軸と中間レンズ(引伸ばし機から外した物)の角度調整で解決するかも知れません。
次の作業はランプの後ろに平面の反射鏡を取り付けてみる事です。
Z5Jのセッティングに関してもプロフィールやシャッター速度も含めて試行錯誤が必要です。

午後ランプの後ろにステンレス板の反射板を作って取り付けました。


フィルム無しで様子を見ました。GAIN 0dB,ND OFF,シャッター速度1/60 手振れ補正はもちろんOFF。


今日はここまで。
コメント