飄(つむじ風)

純粋な理知をブログに注ぐ。

JFKの演説「秘密結社と報道の自由」

2016-06-12 17:04:19 | JFケネディー

JFK=ジョン・フィッツジェラルド・ケネディーのことである!
43歳にしてアメリカ合衆国第35代大統領、
1963年11月暗殺された・・・。
理由はいろいろあるだろうが、
極め付きは秘密結社の存在と、
それに対する警告をアメリカ国民に明かしたことであろう・・・!

 

秘密結社(secret society)は、

今でこそ多くに人々に流布されるようになったが、

まだまだ、少数派である。

ましてや、

1960年代アメリカ社会にそういった認識は極めて希少であった。

その当初、退任するアイゼンハワー大統領が、

警告として「軍産複合体」について、

退任演説した位だろう。


 

それは当然である。

秘密たる所以だ。

その事を知ったケネディー大統領は、

諸悪の根源はこの秘密結社(secret society)にあるとして、

ラジオ演説を行い、警告を発すると共に国民の協力を頼んだ。

その後、

ダラスに於いて凶弾に倒れた・・・。



<2世も同じく飛行機事故を装った事故で・・・>

 

暗殺の全ての原因(理由)は様々に憶測されているが、

実は、全てはこの秘密結社(secret society)弾劾演説に包含される。

そして、

秘密結社(secret society)を論じるならば、

今でも、

陰謀論者として嘲笑される。

「陰謀論」の言葉そのものが、

既に議論の排他性を象徴するレッテルとなってしまっている。

 

マスコミメディアもそのコントロール下にある。

だから、

「報道の自由」はある様でないのである。

一ジャーナリストはそうではないとしても、

編集者やその発行人には影響力が及ぶ。

実際に取材された内容と、

公開された内容が大きく違うということが頻繁するのだ。


 

一度、文字化されたり、

映像化されると自律機能が働き、

歴史の中に既成事実化されるので、

その影響力を削ぐのは難しい。

同時に、

反論したり、

真実情報を拡散する以外には無いが、

それもメディア支配の現状では困難を極める。

 

今は、

インターネットメディアが発達して来ているので、

秘密結社(secret society)について暴露が始まっているのだろう。

1960年代、

ケネディー大統領の時代は想像を絶する困難を感じたのだろう。

それが、

ラジオ演説に於ける秘密結社(secret society)弾劾演説となった

ものと思われる。

 

「陰謀論」の言葉は捨てて、

「真実追及」と言い換えなくてはならない。


 

一体幾つの秘密結社(secret society)は存在するか?

秘密だから分からないというのが、

論理の帰着であろうが、

真実追及者は苦心惨憺の果てに、

そのほとんどが解明されつつある。

知らぬが仏という人々が圧倒的に多いが、

JFケネディーともあろう稀代の大統領を死に至らしめた経緯を知れば、

無視は出来ないだろう。

 

実は、

今や、アメリカばかりではなく、

日本にとって最大の敵は秘密結社(secret society)である。

何処でもそうであろうが、

アメリカはほぼ手中に収めた。

その他各国は直接の支配は兎も角としても、

その手先は要衝を固めている。


 

日本で言えば、

ジャパンハンドラーズの面々だ・・・。

官僚からマスコミに至るまで、

草の者は忍ばせて在り、

コントロールに事欠くことはない。

といった状況であろう。

 

それにしてもケネディー以外にこうした警告は聞かない。

やはり、殺されるのが怖いのだろう。

しかし、

綻びは目に見えて広がり、

秘密が秘密で無くなり、

結社は自ら進んで公開を建前のように振る舞うが、

その腹は同じである。

表向きの公開をよそに、

陰謀はさらに巧妙化する。

 

表向きとはグローバリズム(国際主義)であり、

裏は、主権の民営化である。

司法・行政・立法という国権の三権は、

TPPをはじめとする民営三法に置き換える算段が進む。

その内、

FEMAに見られるように、

軍事も民間あるいは国際機関と称する、

セキュリティーシステムに取って置き換えられる動きがある。

 

それも、

大要は暴露されており、

国民の目覚めを待つ段階に至って居る。

 

JFKの演説「秘密結社と報道の自由」

 

J.F.ケネディ大統領による秘密結社の弾劾演説

秘密主義というまさにその言葉は、自由で開かれた社会にとって、非常に不快なものです。
そして、私たちは元来、歴史的にも「秘密結社」の「秘密の誓い」と「秘密の議事録」に反対した民族といえます。

私たちは、遠い昔から度を越した不当な関連情報の隠蔽は、遥かにそれらに正当性を与えるために考慮される危険があると判断してきました。
今日、根拠のない制約によって、閉鎖社会の脅威に反対するということはほとんど価値はありません。

今日、私たちの国の生存を確実なものにするために、私たちの伝統がそれで存続しないなら、ほとんど価値はありません。
そして、報道されたセキュリティ強化の必要性が、公的な検閲と隠蔽のまさしくその範囲を限界まで広げることを切望している者たちによって、廃止される、まさしくその重大な危険性があります。

私は、私のコントロール下の範囲で、このようなことを許可する意図はない。
私の政権のどのような職員であっても、彼の地位が高いか、または低いか、民間人であるか、軍人であるかにかかわらず、私の今晩ここでの言葉を、ニュースに ついて検閲し修正したり、まともなことをもみ消したり、私たちの誤りをごまかすために、マスコミや民衆が知るに値する真実を抑制するする口実としてはなら ない。

私たちが世界中で反対されているのは、主として影響圏を広げるための密かな手段なっている、一枚岩的で冷酷な陰謀にあります。
侵入の代わりに浸透、選挙の代わりに転覆、自由選択の代わりに威嚇、日中の軍隊の代わりに夜間のゲリラ。
それは、膨大な人的・物質的資源を軍事、外交、情報、経済、科学、そして政治上の操作をするため結束の固い、高性能マシンに結合する徴収するシステムです。

その準備は隠され、公表されません。その過ちは葬られ大スクープとなりません。その反対者は黙らされ称賛されません。経費は質疑されず、風評は出版されません。まったく秘密は明らかにされません。
どの大統領も市民監視を恐れるべきではありません。そうではなく監視から理解が生じるのであり、その理解から、支持か反対かが生じます、そして、両方が必要です。

私は政権を支持することをあなたたちの新聞にお願いしていません。しかしアメリカの人たちに情報をあたえ、注意をよびかけける大変な仕事をお願いし ています。それは、私が、私たちの市民が完全に情報が行き渡ったという時には、彼らの行動と献身があるという完全な確信があるからです。
私はあなたがた読み手の方たちに論争を止めさせられないだけでなく、それを歓迎します。

この政権は、誤りに誠実であろうとします。賢人が一度言ったように「あなたが、過ちを正するのを拒否するまで、過ちは過ちにならない」からです。
私たちは私たちの誤りに全責任を負うつもりです。そして、あなたがたが、私たちがそれを見逃したとき、それらを指摘してくれると期待します。

討論、批評がなければ、どの政権も、どの国も成功することができません。そして、そしてどの共和国も生き残ることができません。
これはなぜアテネの立法議員スローンが、どんな市民も論争を避けるのは犯罪であると判定したか、すなわち、なぜ私たちの報道機関が最初の修正案で保護され たかである。合衆国憲法により保護されたアメリカの唯一のビジネスは、主として、面白がらせたり、楽しむためでなく、些細さと感傷的を強調するためでな く、単に民衆に民衆が聞きたいことを与えるのでなく、知らせ、立ち上がり、反応して、私たちの危険と私たちの機会をはっきり伝え、私たちの危機と私たちの 選択をはっきり示し、形成し、教育して、時には怒らせさえして世論を導くことである。

これは、国際報道のより広い適用範囲と分析がもう遠い海外でなく、近くローカルであることを意味します。
それは、情報の伝達と報道の理解に関する改善に、より大きな注意を持つことです。それは、最終的に政府が国家安全保障上最も狭い範囲のこと以外、すべてのレベルにおいてあなたに最大限可能な限りの情報を用意する義務を満たさなければならないということである。
だから新聞雑誌の印刷者へ、庶民の記録者へ、良心を持ち続けている者へ、ニュースの配達人へ、私たちが強さと支援を求めている。

あなたの助けにより、人は人として生まれたものとなると確信している。

自由と独立。

J.F.ケネディ

 

名だたる秘密結社・・・

 

10 Most Mysterious Secret Societies

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「 ブルックリンのバーニー」... | トップ | フェイク(偽りもの)か? ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

JFケネディー」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事