★ L (スペースエル) 体を通して人の全体と向き合うサロン 目の前は淡路島の海 女性専用ボディーセラピー

このブログを見つけてくださってありがとうございます。
わたしたちを巡り合わせてくれたすべてに感謝致します。

何でも有りの、何にも無し

2010-04-19 04:56:58 | 予約関連

犬目線の須磨コーストタワー

母玉サロンご予約の際は、住所・本名・年齢・職業など、
個人情報の記入については、特に要求しておりません。

世間的な個人情報を把握することが、
お客様との確かな繋がりになるとは考えておりません。
母玉サロンの活動は、お客様のご心身のためなら何でも有りですが、
それ以外のことは何にも無し、それでいいと思っています。

それと、ご予約のキャンセルについてですが、
特にキャンセル料金などはいただいておりません。
が連絡なしの場合、お宅の便器から手を出します。
「さぁこっちへ来ーい」 って。



夕日の明石海峡大橋

予約した日に、果たしてそれを実行できるかどうか、
状況的に、あるいは精神的に、先のことは不安定な方へ。
どうぞ、その不安定さを持ったまま、ご予約ください。
わたしは、あなたという人間がこの世界に存在している、
そのことに気づきたいです。

ご家庭をお持ちの方などは、ご家族の病気や突発的なご都合で、
急遽身動きできなくなることも多々あると思います。
働かれている方も仕事の都合でやむなく、ということがあると思います。
そんな場合は遠慮なくキャンセルしていただいて大丈夫です。

いえ、たとえそういう物理的な事情でなくとも、
たとえば、どうしても今日は表に出るのが怖ろしい、
そんな心持ちも、お客様の立派なご事情です。
キャンセルしていただいて大丈夫です。

たとえお客様と物理的にお会いしなくても、
その存在に気づいた時点で、繋がりができます。
繋がりあえば、影響しあいます。
影響しあえば、変化しあいます。
変化があれば、繋がり方が違ってきます。
まさに、バランシング & コネクティングは始まっています。
物理的にお会いできる日も、少しずつ近づいてくるでしょう。

キャンセルの場合は、極力お電話でのご連絡をお願いいたします。
せめてお声を聞かせてくださいね。

この生があるうちに、あなたという存在と繋がれますように。

大切な他

2010-04-15 08:00:46 | 意識とからだ

母玉サロンの目の前にある須磨海岸

身体は、知れば知るほど叡智の宝庫。
複雑かつ繊細な身体の仕組みに触れるたび、
逆に施術は、どんどんシンプルになっていきます。

足裏や手、顔面が、全身を反映しているように、
また、普段の何気ない行為が人生に反映するように、
部分にすべてが映し出され、
すべては部分を合算した以上の存在。

一人ひとり、肉体に現れる現象は違っていても、
対処すべきことは、結局一つです。
それは、バランスとコネクト。
あ、二つでした。

バランスは、他とつり合おうとする働き。
コネクトは、他との繋がり。
この 「他」 という言葉のなかには、
臓器や脳、筋肉、骨などの肉体の器官だけでなく、
過去・現在・未来、自分を取り巻く空間なども含まれます。
もっというと、感情、心、精神、意識、ソウル、
そんなものも含んでいます。
すべては繋がり、互いにつり合おうとしながら変化しています。



初めてのお客様は、↑こちら 1階ロビーまでお迎えにあがります。

母玉サロンまでの道中は、ぜひ時間の気遣いを忘れ、
ご自身と繋がっている 「他」 を楽しまれてくださいね。
そこにある空気、自分を支えるアスファルト、
道に咲く花、行き交う人、車窓からの風景、
ふと胸をよぎる思い出なども、大切な 「他」 です。
緩やかな時の流れに身を任せて、
「他」 との繋がりを確かめていただけたらわたしも嬉しいです。

母玉サロンを目指し行動し始めた瞬間から、
お客様自身によるトータル・バランシング &コネクティングは始まっています。
大切な 「他」 とご一緒に、母玉サロンにおいでくださいませ。

癒しスタジアム御礼

2010-04-11 23:55:31 | セミナー&イベント情報
今日も皆様のおかげで、楽しいイベント出展となりました。
あ、今日は 30分程遊んだだけで、
あとはずっとブースで任務遂行していました。幸せです。
ありがとうございました。
とりいそぎ、御礼まで。

エンジェル・フェスティバル御礼

2010-04-11 06:38:07 | セミナー&イベント情報
昨日は、『エンジェル・フェスティバル』にお越しいただき
ありがとうございました。

同行してくれた高2長女に見張られながら、
あっちのブースで足裏施術を受け、
こっちのブースで音魂ヒーリングを受け、
さらにブース巡りをして遊びまわっていたら
しまいに 「母ちゃんやる気あんのか」 と叱られてしまいました。
...か、母ちゃんは、自分をシェアしてただけですよ。

お客様をお迎えするときも、自分がお客様の立場になるときも、
わたしが為せることは、自分をシェアすることだけ。
本当最近づくつくそう思います。
がしかし昨日は高2長女のおかげで、
イベント出展本来の任務を忘れずにすみました。

「あ、この方とはまた出会える! 」 という
嬉しい予感がする出会いをたくさんいただきました。
サロンのお客様もいらしていただき、とてもとても幸せです。
ありがとうございました。
帰られた後に、ハグを忘れたことに気づき、それが心残り。

また、母玉の近隣ブースの皆様には、
当ブースが足裏を施術するスペースについて
窮屈な思いをさせたかと思います。
ご迷惑おかけしました、そして快諾いただきありがとうございました。

皆様と、ハーバーランドという素敵な空間を共有できましたこと、
とても楽しかったです。
ありがとうございました。


今日は、三宮のサンボーホールにて、癒しスタジアムに出展します。
ご都合つかれる方は、ぜひ 2階の母玉ブースにもお立ち寄りいただき
お声をかけてくださいね。
ちなみに高2長女は今日も同行するそうです。見張り役で。

では、本日もどうぞよろしくお願いいたします。

前世と現世の間

2010-04-09 19:08:59 | 日記

母玉サロン前、砂浜に続く松林

昨日は、末娘の中学校入学式でした。
つい 3週間前には、小学校の卒業式があり、
そこでこれまでの6年間を振り返り、
「忘れたくなーい」 「別れたくなーい」 と
まるで過去にしがみつくように、オイオイ涙したばかりでした。

がその 3週間後 (昨日) の中学入学式では、
過去のことはキッパリと胸の奥に納め、
未知なるこれからに胸を膨らませる娘がいました。
「今、まっさらな気持ち」

小学校から中学校に上がるまでの 3週間という期間に、
娘は、これまでのことを整理し、
これからに向け、何かをそぎ落とし、何かを得、変化し、
大きく成長したようです。
新たな門出に立ち、ニコニコ笑う娘を見て、
あらためて、3週間という期間の重要さを思い知りました。

そんな昨日だったからでしょうか。
前世にアクセスしようとしたら、誰かから頭をこづかれ、
「そんなことより、前世を去ってから
 現世に現れるまでのことを思い出しなさいよ」
と言われている夢を見ました。


松林と砂浜の間にある時計台

今週末、土日と連続で、母玉サロンはイベントに出展します。
土曜日は、神戸ハーバーランドで、
日曜日は、三宮のサンボーホールです。

プライスレス & タイムレス

2010-04-06 13:12:51 | 日記

サロンから徒歩 15分程 須磨離宮の和庭園

2009年 11月、大阪から一家転住し、
神戸・須磨で、母玉ホームサロンを再開しました。
土地の良さと、お客様のご愛顧と口コミのおかげで
わたしは大好きなボディケア活動を続けられています。
ありがとうございます。

お客様にとって、母玉サロンに出向いた日は
一体どんな一日になっているのかな。
わたし自身は、お客様から
プライスレス そして タイムレス な一日をいただいています。

『プライスレス そして タイムレスな一日を提供する』
これは、母玉当初のサロン・ポリシーでした。
が、活動を始めて間もなく、
わたしこそがそれをもらっている! と気づいたんです。

わたしは、人体の神秘に惹き込まれるのが大好きです。
幼い頃から、身体に関わる出来事や情報に触れると
ワクワクしてゾクゾクして身震いするほどでした。
わたしがこんなにもマッサージが好きなのは、
「人に喜んでもらえるから」 というよりは
マッサージしていると、その人その人の小宇宙の
見事な在り方に感動する瞬間が必ずあるからです。
それがやみつきになっちゃったの~、という好きさ加減です。

わたしはただ、大好きなマッサージを通して
生命の神秘に触れさせていただいているだけで、
意図してお客様に提供できるものは何も持ち合わせていない。
ふとそのことに気がついた時、
自分がどれほどまわりから支えられ、
お客様から尊いものをいただいているかが見えてきました。
ありがとうのあまり、なにもかもを抱きしめたくなる衝動。
それはもうプライスレス & タイムレス以上、無上の喜びです。
お客様や家族をマッサージするたび、
ありがたいことだなぁと、つくづく思う毎日です。




施術時間は 70分ですが、気になる箇所があるたび、
エネルギー的に納得いくまで施術しています。
そのオーバー分と、施術後のフィードバックで
あっというまに時間が経ってしまいます。

そういうわけで、母玉サロンご予約の際は、
マッサージバカでタイムレスなわたしのためにも、
くれぐれもお時間の余裕を見込んでおいでくださいね。

移動する青空サロン 『お母しゃんの玉の手』 ホームページに戻る