★ L (スペースエル) 体を通して人の全体と向き合うサロン 目の前は淡路島の海 女性専用ボディーセラピー

このブログを見つけてくださってありがとうございます。
わたしたちを巡り合わせてくれたすべてに感謝致します。

プロ養成講座 2期終了

2012-12-30 03:33:02 | プロ養成講座及び受講生のサロン

母玉サロンのすぐ前に広がる須磨海岸

2期のプロ養成講座は、今月初旬に終了しました。
セラピストさんたちの凄まじい吸収力と応用力に助けられ
3か月間にわたる講座を完遂することができました。

う~んと昔のことのように感じる反面、
つい昨日のことのように、嬉しさと喜びの余韻にも浸れます。
サロン開業に向けいよいよ前進していくセラピストさん達を、
そのサロンとともにご紹介できる日がとても楽しみです。

受講日にセラピストさん達が我が家にいらっしゃると、
おのおの個性的なエネルギーが竜巻のように渦巻いて
それはもう圧巻の ”場” が出来上がりました。

ちょっと油断すると昇天してしまいそうな場、というと伝わるでしょうか。
かなりの揺さぶりに遭う分、
逆にしっかりと自分自身にグラウンディングでき、(しなければならず)
そのグラウンディングが深まれば深まるほどクリーニングが起きるという、
肉体的にはちょっとつらいですが、とても頼もしい循環が生まれました。
心身ともに毎回の変化が顕著でしたから、
自分の身に、次はどんなことが起きるのか、
そんなことも楽しみの一つでした。

来年 2013年は、講座のフォローアップとして
1期 2期合同のセラピストシェアリング界を設けます。
またあの素敵なセラピストさん達が集って
次はどんな ”場” を織りなすのかな、今からとても楽しみです。
そしてその ”場” で、さらなる練磨に励みたいと思います。

講座が終わってみれば、ところでわたしは何をした? というくらい、
セラピストさん達同士で刺激し合い発酵していった様子しか思い出せません。
笑い顏も、そして泣き顔も見せてくれたセラピストさん達の美しさを
わたし自身の糧にして、母玉活動に邁進して参ります。
ありがとうございました。


施術時間は 130分です

2012-12-29 13:33:33 | 予約関連

母玉サロンのすぐ前に広がる須磨浜から明石海峡大橋を臨む

かなりの長文です。
お読みいただきありがとうございます。

『サロンのメニューは、全身 70分のみとなっております』
と、これまでホームページに記載しておりましたが、
この 70分という時間、実際はかなりの誤差がありました。
先程ホームページを訂正しましたので、その旨お知らせです。
改めました時間は、全身 130分です。

130分というのは、お客様にベッドに横になっていただき、
最初にお身体さんを触って現状をチェックした後、
わたしの 「では始めます」 の宣言からカウントして、
「以上で終了です」 と宣言するまでの所要時間です。

このなかには、施術の合間におとりいただく 10分休憩や、
オイルの拭き取りを兼ねたタオルワーク等も含まれております。
施術途中のトイレの時間も含まれるか? ですか?
排泄行為も、施術の内と捉えていただけたらと思います。

ちなみに、施術中にトイレに行かれるお客様はとても多いです。
直前に必ず 1回済ませていただくのですが、
施術中に 1回、10分休憩中に 1回、帰られる前に 1回。
平均して 3,4回行かれます。
排泄は、お身体さんの調整が進んでいる証ですので、
我慢せずむしろ積極的に行かれてくださいませ。




1時の約束で、5分遅れて到着したのは仕方がないとして、
施術とどんな関係があるのかできれば逆に質問してみたい
家族構成やら家族の年齢やら細かい記入にかなりの時間をとられ、
暗い部屋で慣れない紙ブラジャー、くしゃくしゃで構造がよく分からず
こうか、こうなのかと着替えに手間取り、
やっと施術が始まりました、と思ったらエもう終わりました?

はずした紙ブラジャーを今度は天井のライトに透かしてじっくり眺め
ゆっくりトイレを済ませ時計を見たら、まだ 2時にはなっていない。
熱いお茶をようやく飲み終えた頃確かに 2時になったけれど、
60分の施術をお願いしたのになぁ...と、
ロスタイムを計算してしまったわたしがよく言うわですが、
母玉サロンの施術は、大体 130分くらいね、と、
ゆるめのご理解をもっておいでいただければありがたいです。





これまでの実績でいうと、以前の母玉サロンでは、
こちらからお客様に時間延長をご了承いただいて
気付けば 150分、180分ということもありました。
ところが、ある時期からピタっと、
どのお客様も 130分程で完了するようになりました。
施術はその都度違いますし、体の反応も各各違うのにです。

単純に、施術の質が向上したから、なのは間違いないですが、
(ここは自分を褒めて伸ばさせてください)
もっと直接的な、何よりの恵みは、
お客様が貴重なお時間を惜しみなくご提供くださったことです。
そのおかげで、時間に合わせたペース配分ではなく、
施術本来のペースを身に着けることから入っていけましたから。




最初は、この施術はどういう効果をもたらすのかな? と、
触っている箇所の変化を微細に感じとることに努めていました。
それがすばやく捉えられるようになってくると、今度は、
全身へ広がるバランシングの波が感じられるようになりました。
わたしが意図しようがしまいがそんなことまったく関係なく、
触れればそこから刻々と波紋していく生命の波と、安らかな呼吸の波。
それこそわたしが何よりも触れたかったもの、生命の神秘でした。

この感動に出遭ってからは、施術そのものが重要なのではなく、
人が気持ちいいな~と感じているときの呼吸こそが、
お身体さんが本来備え持っている治癒力や調整力を
大いに発揮させるんだということに気づきました。
なるほど、気持ちいいな~と感じる時、
人は必ず、その人本来の呼吸になっているんだと。
と同時に、わたし自身がわたしの真の意図に気づくことができました。
わたしの意図は、生命の神秘に触れること。より明確になりました。



「この施術で、困ったお身体さんをなんとかする!」 
と、傲慢さの潜んだけな気さで真剣に活動していた昔と比べ、
「何が功を奏するかわたしには分かりませんが、
 気持ちいい~のその先の呼吸に触れさせてください」と、
目の前のお身体さんがどんな神秘を提供してくれるか
それを楽しみに施術している今、とても軽快です。
施術は、お身体さんとスピリットとわたしが繋がるツール、
そんな実感のなかで活動するようにもなりました。

この体験から、(施術の ”質” の如何を差し引いても)、
時間設定に関しては常に二つの思いが交錯しております。

一つは、どんな施術になるか、その施術に何分かかるかは、
その場その時のお身体さんとの協調で決まること、
わたしが事前に設定できる領域ではないという思い。

もう一つは、いったん施術が始まれば、
何が何でも 130分で終わらせる施術ではなく、
どんな状態でも 130分で完了できるようなシンクロが働く、
終了した時点で 130分後の時空間にシフトするようになっている、
という思いです。

そういうわけで、
「大体 130分で終了」 か、「きっかり 130分でシンクロ」
わたしにとってはどちらもありですので、
サロン当日、お客様のお後のご都合により、
大体かきっかりか、事前にご宣託くださいませ。 

(*130分以内で終了することはありません、今のところ)

具体的には、
背中、腰、足全面、腕、首、デコルテ、のオイルマッサージ、
足裏リフレクソロジー、腸セラピー、ヘッド&フェイシャルケア、
身体エネルギーのベクトルに沿ったライントレーシング、
以上が、全身 130分の基本の施術になります。

本腰入れて長文にお目通しいただき、ありがとうございました。
2013年もどうぞうよろしくお願い申し上げます。


2013年 1月の須磨浜

2012-12-11 11:35:58 | 須磨海浜公園

母玉サロンの目の前に広がる須磨浜




2012年12月の須磨海浜公園

2012-12-01 06:17:54 | 須磨海浜公園

母玉サロンの目の前に広がる須磨海岸