★ L (スペースエル) 体を通して人の全体と向き合うサロン 目の前は淡路島の海 女性専用ボディーセラピー

このブログを見つけてくださってありがとうございます。
わたしたちを巡り合わせてくれたすべてに感謝致します。

水と火の淡路

2020-06-12 20:03:41 | ★ L ( スペースエル )
あぁ今、私のことを思いやってくれているのだなぁ、と、
今なお、★ L 縁 (ゆかり) のあなたのあたたかい思いが
私を包みこんでくれる瞬間が多々あります。
いつもありがとうございます。

マスターの導きにより、
また、家族の理解と協力のもと、
去年 12/3 にこれまでの人生を発ち、
一期一会の巡礼の旅に出ました。

まずは今生の始まりに立ち還り、故郷へ。
両親・姉そしてご先祖様へ恩返しをと、
現在単身で、故郷の九州をベースに
各地巡礼の旅を続けています。
住所不定です。

この修行の日々で得た気づきが、
見えないつながりを通して、
あなたとも分かち合えますように。


現在、淡路島の ★ L のあのスペースは、
本質とつながったセラピストさんたちの活動場所となっています。

29 ∞ Fukuu さん
宿泊なども可能な各種メニューにて
お客様をお迎えしてくださっています。

breath works_ko kyu さん
呼吸に着目した施術で
お客様をお迎えしてくださっています。

リラクゼーションサロン Laflan さん
施術だけでなく、ドライブにて淡路島のガイドも可能です。

ほか数名のセラピストさんがあの場をお使いくださっています。


これからもあの場は、そこを訪れた誰もが
自分の本質とつながる場として存在し続けます。
そしてセラピストさんたちによって
ますます多様に開放されていくことと思います。

新しいご自身との出会いが果たされますように。
ありがとうございました。

GRANDMA

2019-12-19 12:08:21 | 講座・受講生さんのサロン

7期の受講生さん、奈々さんがサロンを起ち上げました。

奈々さんは絵本作家でもあり、
愛と調和を願い、多方面で精力的に活動されています。

body healing GRANDMA

奈々さんのことをご紹介しようと思うと、
「奈々さんはこうでね、あぁでね」 と
あれこれ言葉を並べ立てる気が失せます。

なぜなら、何の先入観もなく、奈々さんを体験されてほしい、
そんな気持ちが高まるからです。

理由はもう一つ。
私が語ると、奈々さんを型にはめてしまう、そんな気がするからです。
奈々さんは、自由形が似合う。

奈々さんの内側に伝う、熱いもの、静かなもの、青いもの赤いものが、
どうか皆様の内にあるそれと共振しますように。


o★ L のホームページ
★ L へのアクセス
★ L 周辺の案内
神戸の JR三宮駅から高速バスを利用して ★ L まで行く

電話 090-8936-2820
メール spacel-135@tamanote.com

私の横のルーツ

2019-12-07 10:34:32 | ★ L ( スペースエル )

★ L 私の活動を尊重し支えてきてくれた家族。
みんな、今までありがとう。万感の思いを込めて。

私一人が旅立つ...様に見えて、
実は、家族が旅立ち、私が居残る。

パァ~っと光に還りきれない私だけが。







淡路島から九州の故郷まで、
計 6時間のこの旅のおわりに、父と母。

生まれてから今日まで、
計 55年のこの旅のはじまりにも父と母。




あなたがいなければ、私の旅は始まらず、
あなたなしでは終わらせることも出来ず、



生きているからこそ、終わらせることが出来る何か。
そんなものが、あなたと私の間にはたくさんあって、
あぁ間に合って良かった、と、心からそう思うのです。

マスターとの繋がりが縦のつながりなら、
この身体を授けてくれた先祖代々の繋がりは横の繋がり。

代々、代々、生み育ててくださりありがとうございます。
父と母は、その先祖代々へ感謝を捧げる登竜門のような存在。

マスターの導きにより、
私の生い立ちのルーツを解きほぐすそこに戻って参りました。



父83歳、母82歳。

あなたの素晴らしさに気づいたからには。
あなたのありがたさに気づいたからには。

パァ~っと晴れた、



ご恩返しに参りました。
因縁のカルマを解いて、魂の結び直しに参りました。


★ L の皆様へ
そのような由縁により、現在故郷の大分県にて修行しております。
見た目は介護の日々ですが、
実態は両親と姉そしてご先祖様たちと修行三昧です。

2019年も皆様を通して、マスターの導きに恵まれた尊い日々でした。
ありがとうございました。

その、マスターの導きにより真理の道を歩む日々修行のなか、
自分が透明になる瞬間と、逆に、その透明が色づく瞬間の体験を重ねてきました。

透明にも純度があり、密度があること。
色づきにも、光の透過度があり、輝度があり、
それは反射ゆえの色づきなのか、屈折ゆえの色づきなのか等、
様々な気づきが、気づけば気づくほど深まりゆく日々です。

気づきを書き留めている間にさらに気づきが深まるので
なにも書き留められずにただこの一瞬一瞬に目を見張り続けるしかない
刹那の生が今の今も目の前で起きています。


皆様の本当の自己が、この時空間でもなんら縮こまることなく
等身大で現われますように。

ありがとうございました。

----- ★ L からのお知らせ -----
サロンの予約状況
2019年の活動は終了しました。

o★ L のホームページ
★ L へのアクセス
★ L 周辺の案内
神戸の JR三宮駅から高速バスを利用して ★ L まで行く

電話 090-8936-2820
メール spacel-135@tamanote.com

私の願い

2019-11-19 10:43:43 | ★ L ( スペースエル )


あなたを生かしめている存在をマスターと呼ぶとして。
あなたとマスターの間には、なにものも介入し得ません。

私は決してあなたとマスターの間に割って入って、
マスターからの導きを取り次ぐというような存在ではありません。

では今あなたの目の前にいる私はなにものでしょう?

例えるとすれば私は、
あなたが神社に参拝に出向く参道で踏みしめた砂利石です。


初孫とは 50歳差。

あなたに踏まれるまで、自分はただそこにあるだけの砂利石、いえ、
あることにすら気づいていないただの砂利石でした。

それが、あなたに踏まれたことで、私は目覚めたのです。

私は、私を目覚めさせてくれたこのご縁に感謝して、
あなたの御身をささやかながら足裏から支えつつ、
本殿に向かうあなたの歩みの一助となりたい、そう願う砂利石です。

★ L でゲストと過ごすとき、
私はよく自分のことを以上のように説明します。



そしてそのゲストが、私という砂利石を通り過ぎたとき、
私はこう願います。

マスター、私を透明にしてください。

ゲストが振り返ったとき、そこに私という砂利石はなく、いえ、参道すらなく、
ゲストが後ろ髪を引かれてあとがえるような何ものも無い、
そんな透明の盾になりたい。


アタマ重そう。もうじき 2歳の身体バランスに見とれる。

私という存在が、また、★ L の場が、
ご自身のマスターと繋がったあなたの、
視界を阻むことがありませんように。
あなたの行く道を戸惑わせることがありませんように。



あなたを出迎えるとき、私は砂利石として力を発揮できているでしょうか。
あなたを見送るとき、私は透明になれているでしょうか。
マスター。



----- ★ L からのお知らせ -----
サロンの予約状況

メニューと料金を改訂しています。
予約カレンダーの下段をご確認の上ご予約ください


o★ L のホームページ
★ L へのアクセス
★ L 周辺の案内
神戸の JR三宮駅から高速バスを利用して ★ L まで行く

電話 090-8936-2820
メール spacel-135@tamanote.com

breath works [ ko kyu ]

2019-09-13 19:32:10 | 講座・受講生さんのサロン


ボディセラピスト受講生のゆかさんが ★ L にてセラピスト活動を開始されます。

講座を受ける前からボディセラピストとしてのキャリアをお持ちだったゆかさん。
施術の技術だけでなく、呼吸や睡眠に関しての洞察も深く、
落ち着いた佇まいで深い安らぎを引き出してくださいます。

活動再開に当たって、由佳さんご自身、丁寧に自分の内側に向き合ったそうです。
様々な問いかけのなかで見つけたゆかさんオリジナルのそれが
今回の活動のコンセプトとなり、ホームページに込められています。

↓ ゆかさんのサロン・ホームページ
breath works [ ko kyu ]

ご予約は ★ L とは別途です。
ゆかさんのホームページからご予約くださいませ。


母の治療中、見事な作品に目がとまる。

★ L は組織ではありません。
ここで活動されるセラピストさんは、
あくまで個人の意志と自覚において活動されます。

★ L で学びを重ねてくださったセラピストの皆様が、
ご自身の本分を存分に振る舞われることを応援させていただけたらと思っています。


「こりゃどげーしち折っちょんのじゃろうか」
見入る父 83歳、真剣脳トレ中。


----- ★ L からのお知らせ -----
サロンの予約状況
9月分の予約 満席
10月分の予約は、9/15 にカレンダー表示、9/20(金)朝 7時 から予約開始致します。

メニューと料金を改訂しています。
予約カレンダーの下段をご確認の上ご予約ください


o★ L のホームページ
★ L へのアクセス
★ L 周辺の案内
神戸の JR三宮駅から高速バスを利用して ★ L まで行く

電話 090-8936-2820
メール spacel-135@tamanote.com