情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士(ヤメ蚊)日隅一雄

知らなきゃ判断できないじゃないか! ということで、情報流通を促進するために何ができるか考えていきましょう

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

民主党内での反対派の意図は?

2005-04-27 00:32:47 | 人権擁護法案(原則必要派)
民主党一部議員が人権擁護法案に反対する会を立ち上げたらしい。
【わが会派でも、来週26日夕刻に、櫻井よしこ氏、政治両論家の屋山太郎氏をお迎えしての勉強会を開催します。
 この法案は、そもそも、3年前廃案になったものがほぼそのまま提案されようとしたことに国会の権威が損なわれています。
 改めて問題点を示しますと、大きく2つあります。一つは、メディア規制です。このままの法案が通ると、自由な言論、報道は出来なくなります。(修正案で規制は撤廃する密約もあるようですが・・・)二つ目は、人権擁護の意味です。この規定があいまいなため、法律の解釈の幅が大きく、恣意的に悪用される危険性をはらんでいます。
 わが会派にも様々な考え方があるのも承知しておりますが、一政治家として、国政を担う責任からして、正々堂々と主張して参ります。
】http://www.shinnpei.com/diary/index.html

とのこと。

二つめの議論て、結局、自民党の反対派と同じことなのでしょうか…。勘弁してほしい。
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 4月25日 | トップ | 有事法制に基づき、テレビ局... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ちょうどいい機会を与えて頂いたので… (ヤメ蚊)
2005-05-04 11:52:49
「そして僕はぼやき続ける(BLOG)」さんから、下記のようなトラックバックを頂きました。



せっかくの機会なので、弁護士会の人権擁護活動について、ご紹介します。



概要は、http://www.nichibenren.or.jp/jp/katsudo/katsudo/jinken.html をご覧下さい。



定例記者会見で具体的な事案の紹介などもしています。例えば、http://www.nichibenren.or.jp/jp/katsudo/katsudo/kaiken/050329.html のようなものです。



弁護士会は人権擁護救済申立事件だけでなく、さまざまな立法について、市民の側に立った政策を実現するよう政府に働きかけています。例えば、http://www.nichibenren.or.jp/jp/katsudo/sytyou/iken/index.html のようなものです。



これを機に、皆様が、ときどき、弁護士会のHP(日弁連だけでなく各単位会のもあわせて)をご覧になり、取り組みを知って頂ければ幸いです。叱咤激励大歓迎のはずです。



コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

人権擁護法案(原則必要派)」カテゴリの最新記事

トラックバック

人権擁護法案の問題点 (そして僕はぼやき続ける(BLOG))
「人権擁護法案、法務省が修正案」自民党の反対派が指摘する「特殊な政治集団、在日外国人集団による恣意的な運用の可能性」対策なんだろうが、そもそも「委員は弁護士会など人権擁護を目的とする団体から推薦する」でいう「人権擁護を目的とする団体」とは何なのだろう?と