新しいもの好きのブログ

タイトルに反して結局熟成したものを買う小心者です。

iPhoneとAndroidの2台持ちしたい方へ

2011-12-20 18:03:49 | 日記
iPhoneとAndroid、2台のスマホを月額7000円以下で運用する方法
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/pickup/20111216/1039036/?P=1

雑誌の記事なんで半分宣伝なんでしょうが、上記に対抗して私なりの
やり方をまとめてみました。
上記の方法は端末代無視なので私も端末代を無視した金額を書くと、
最低限4350円~5925円で運用できます。
以下、その流れ。

(1)SIMフリー iPhone4(4S)入手する
 テザリング&ドコモで利用するため、SIMフリー版を入手する。
 60,000円~100,000円

(2)Docomo Xi音声SIMを契約する
 SIMだけで契約できますがせっかくなら新規orMNPで
 契約してLTE対応Androidを入手する。
 機種変更はほぼ定価ですが、それより端末代が安かったり、
 キャッシュバックがもらえたり、月々サポートが付けられます。

 auやsoftbankで4Sを購入するより、DocomoにMNPしてCB+端末
 売却益でSIMフリーiPhone4Sを買う方が得になる可能性があります。
 例えばCB2万円+LTE端末売却3万円で成立した場合、4S 16GBが6万円
 ちょっとで購入可能なので後1、2万円出せば購入出来ます。
 更に月々サポートが残るので毎月の支払いも抑えられます。
 
 Xiにねん 780
 Xiパケホーダイフラット 4410(5985)
 mopera Uスタンダード 525
 月々サポート -1365円(SC-03Dの場合)
 --------------------------------
 月額 4350円 2012/5以降 5925円

 機種変更の場合は、諦めてください。
 格安のXiスマホを見つけるか、売るか、
 月々サポートを諦める。
 
 Xiにねん 780
 Xiパケホーダイフラット 4410(5985)
 mopera Uスタンダード 525
 月々サポート なし
 --------------------------------
 月額 5715円 2012/5以降 7290円
 
 ブラック覚悟ならauにMNP⇒翌日docomoにMNPで
 auのCBと端末を貰って、更にDocomoのCBも狙う。
 解除金、契約金等で片道15,000円ほどかかるので
 往復で30,000円必要。
 それ以上のCBが出るなら損はない。

(3)(2)で入手したLTE対応Androidで運用するも良し、
 好きなAndroidを別途用意するのも良し。
 私は2台持ちでも邪魔にならないXperia rayを使っています。
 
(4)iPhone4(4S)のテザリング機能でAndroidを運用する。
 Androidでも常に通信したい場合はイオンSIM980円を兼用する。
 回線速度が必要な時のみテザリングする。
 Androidでもテザリング出来るので逆もOK。

(5)iモードメールを使いたい場合
 以下のどちらかの方法でiPhoneでもプッシュ受信が利用可能です。
 ・「モバセク」でgmail等プッシュ通知対応メールに転送する。
 ・レンタルor自宅サーバを立てて「imoten」でgmail等に転送する。

 ドコモのAndroidなら初回時のみSPモードで接続してSPモードメールの
 設定する。その後はWifiかイオンSIMでも受信可能だったと思う。
 
(6)050plusを活用する。
 Xi音声契約は無料通話がないので帯域が安定しているXiパケホーダイを
 活用して050plusを利用する。

コメント

b-mobile 1GB定額 vs docomo Xiパケホーダイ

2011-12-14 20:47:23 | 日記
ついに050plusを主回線として会社や友人に伝えました。
メールアドレスもgmail一本化しました。
これでキャリアに縛られず、
データ専用プランでも使えて、
iPhoneかAndroidかハードウェアも選べて
あらゆる縛りに縛られる事無くその時々で一番最適なインフラと
端末を選べる環境が出来ました。
NTTコムとgoogleには縛られますが日本でも海外でも使えるし、
キャリアや端末の制限はほとんどなくなります。

現在、縛りがなくIP電話の制限がなくかつ安価で使える
b-mobile 1GB定額が最適と判断して契約しました。
しかし、過去の日記で掲載したとおり、混み合う時間帯はかなり
帯域が絞られます。
12月に入ってから更に厳しくなり、頻繁に音声が遅延します。
相手の声はくっきり聞こえるのですが、こちらが話してから
1.5秒くらい遅れて声が届くようで、よく「もしもし?」と
聞き返されてしまいます。
多分上りの回線が追いついていないものと思われます。
19時頃に電話した時は相手の声もまともに聞こえない事もありました。

これはダメだと言う事で1GB定額に見切りを付けて本命のXi音声プラン
を検討しました。
もう説明不要でしょうが、Xiパケホーダイ+moperaUでSIMフリーiPhone
でも使える、テザリングをしても追加料金不要の最強プランです。
とりあえず2012年4月までは縛りなしで4410円で使えます。

実は丁度1年前にHT-03Aを端末購入サポートでもらってきたので
今Xiプランに変更すると解約金がかかります。
幸いドコモがスマートフォンに機種変更する事でこれを免除する
キャンペーンをしていたのでこれを機に機種変更しました。

注意点はこれです。
FOMAスマホ機種変更 ⇒ Xiプラン契約変更 ⇒ 月々サポート消失
Xiスマホ機種変更 + Xiプラン契約変更 ⇒ 月々サポート可能

格安のFOMAスマホで端末購入サポートをキャンセルしても、
Xiプランにすると月々サポートが引き継げません。
それに格安スマホを探すのも大変です。
いろいろ考えると直接Xiスマホに変更するのが得策だと私は判断して
Xiスマートフォンへ機種変更・契約変更をしました。

前置きが長くなりましたがベンチマークの結果です。

テスト実施時刻:2011/12/14 19:08
テスト実施場所:大阪市浪速区 難波近辺
①b-mobile 1GB定額
 使用端末:iPhone3GS
 ping  :644ms
 download:50kbps
 upload :90kbps

②Xiにねん+Xiパケホーダイフラット+moperaUスタンダードプラン
 使用端末:Xperia ray(SO-03C ※FOMA専用端末です)
 ping  :220ms
 download:1975kbps
 upload :303kbps
 
圧倒的でした。
最低でも上下200kbpsあれば使えると思っていましたが、
1GB定額はそれが出ない事が多いのでこの時間帯は
実質050plusが使えません。
一方ドコモなら速度的に不満もなく、しかも当面の間、
無料で公衆無線LANまで使えます。
手のひら返しになってしまいますが、b-mobile押し中止で
ドコモ押しに戻ります。
今度は定額データプランと違って縛りがないので安心です。
気に食わなかったら定額中止して他のプランや他社に移れます。
強いて言えば定額中止したら月々サポートも終了してしまうので
簡単には中止出来ませんが違約金は必要なしです。

たった今Xiで050plusの通話テストを行ってみましたがまだ
遅延が発生していました。ただし、聞き返されるほど遅くは
ないようです。普通に会話できました。
音質はかなり良好です。AcrobitsSoftphoneのG.711コーデック
でもOKです。
しばらくこれで様子見したいと思います。
コメント

念願のXperia ray(SO-03C)をてにいれたぞ。

2011-12-05 01:02:55 | 日記


去年HT-03Aを無料で手に入れましたがXperia rayが手に入ったので世代交代です。

(1)触った感想
 小さい。軽い。HT-03Aと同じくiPhoneと二台持ちするのに最適です。
 動きも非常にサクサクですが不満なところもあります。
 iPhoneとの決定的な違いは画面に触った瞬間です。
 iPhoneは指に張り付いたように画面がスクロールしますがAndroidはワンテンポ
 遅れます。なので吸い付くような感じがありません。
 一度タッチした後、数秒間は吸い付くように動くので省電力モードのような
 動きをしてる気がします。
 気にしなければいいんですが非常に大切な部分でもあると思います。

(2)使い始める前にまずやる事。
 ①rootを取る
  何をやるにもrootがないと始まりません。今は簡単です。
  Xperia 2011 Easy Rooting Toolkit
  http://forum.xda-developers.com/showthread.php?t=1320350

 ②テザリングのAPN強制を解除する
  b-mobileでテザリング利用する場合、APN強制解除をしないとつながりません。
  以下の手順で解除可能です。(要初期化)

  /system/etc/customization/settings/com/android/settings/custom_settings.xml
  をダウンロードしてファイル内から以下の5行を削除する。
   <setting key="tether_dun_required" runtime="false">1</setting>
   <setting key="tether_dun_apn" runtime="false">docomo tethering,dcmtrg.ne.jp,,,,,,,,,440,10,0,*</setting>
   <setting key="invisible_apn_required" runtime="false">true</setting>
   <setting key="invisible_tether_apn_required" runtime="false">true</setting>
   <setting key="tether_message_required" runtime="false">true</setting>

  adb push custom_settings.xml /sdcard/
  adb shell
  su
  mount -o rw,remount /dev/block/mtdblock3 /system
  chmod 644 /sdcard/custom_settings.xml
  mv /sdcard/custom_settings.xml /system/etc/customization/settings/com/android/settings/

 ③初期化する。
  ②を反映するためにXperiaの初期化を行う。

 参考にさせていただいたサイト様。そちらを見ていただいた方が早いです。
 http://d.hatena.ne.jp/naba_san/20111125

(3)いろいろ
 コロプラをやってみましたがHT-03Aに比べて位置登録が結構しっかりしている
 ように思います。GPSの挙動が正しい気がします。HT-03Aはぜんぜん拾わない時
 や、さっきまで居た場所を示したり、昨日行った場所に移動したりしました。

 Snesoidは音声付きで快適に動きます。psxoidはゲームによるけど実用レベルです。
 サガフロンティアがわりと快適に動いたので暇つぶしに遊べそうです。

 BBar、Battery mix、ときこ、en2chいつも利用させていただいてます。
 速度的な不満は無くなったしこの機種でがんばりたいと思います。

コメント

MNPはお得(寝かせ回線の使い道)

2011-12-05 00:45:01 | 日記
去年契約したドコモの定額データプランの割引期間が終了したのでb-mobileの1GB定額に
移行して、定額データ スタンダードプランは残りの1年間を毎月1,000円で寝かせる事
になりました。
そのまま、寝かすと12,000円支払った後に解約となりますが回線をただ眠らせるのは
勿体無いと思いうまく利用する方法を調べてみました。

以前からMNPがお得というのは知っていました。
MNPした場合にキャッシュバックが貰えたり、端末代が新規契約より割安だったり、
一括0円でスマートフォンが購入できたり、お得な場合が多いです。
なお、「一括0円」と「実質0円」はまったく意味が違いますのでご注意ください。

ドコモの定額データプランはそのままではMNP出来ませんが、タイプSSバリュープラン
に契約変更したらその場でMNPの申し込みが出来ます。
MNPの特典と定額データプランの契約変更を組み合わせれば、ただ寝かせるよりも
旨みがある場合があります。
但し、定額データプラン スタンダード割の契約をしている場合は契約変更時に高額な
解約料がかかりますので余程の好条件でない限りは満期を待つほうが良いです。


auにMNP転入するなら一括0円のスマートフォンが狙い目です。
ダブル定額を契約する事を条件に毎月の基本料から端末代を割り引いてくれます。
毎月割の割引金額は以下で確認できます。
http://www.au.kddi.com/ryokin_waribiki/waribiki/maitukiwari/service/waribiki.html
2011年12月現在、INFOBAR A01、IS12SH、IS11SH、IS04FVが狙い目です。
上記端末を購入した場合、基本料(980円+2100円)から2845円割り引かれます。
つまり毎月200円ちょっとでau回線が維持出来ます。
もし上記端末を一括0円で手に入れれば、初期費用は事務手数料だけで済みます。
維持費も毎月200円、スマホもただで貰えた事になります。
更に店舗によってはキャッシュバックとしてJCBの商品券がもらえたりします。

定額データ契約が無い場合でも踏み台契約をして即MNP転出する方法があります。
すでにドコモ利用者なら2in1のBナンバーをオプション契約します。
そのまま利用するなら月850円ですが、違約金などなく即MNP転出できます。
これを使ってMNPするのも可能です。
この方法は仕組み上即MNPが可能ですが、ブラックリスト行きの可能性もあるので
自己責任で利用してください。

各社ナンバーポータビリティ開始後に電話番号での縛りが出来なくなってから売り方が
巧妙になったように感じます。長期利用してもらうために2年契約+違約金で縛る。
でも他社から無理やり転入してもらうために、違約金と手数料を上回る割引制度を
設ける。ドコモのチェンジ割15,750円なんてまさにそれ。
新規やMNPは割り引きテンコ盛り。2年ごとにキャリアを変えていく方が安上がりとか
定価で機種変更するのが馬鹿らしくなります。

きっとお手軽MNPは規制されるんじゃないかと思います。2in1とかお手軽すぎるし。
とりあえずこんな方法もありますよって事で今回は終了です。
コメント