新しいもの好きのブログ

タイトルに反して結局熟成したものを買う小心者です。

Androidでbluetooth PAN接続(クライアント側)

2010-12-26 18:46:26 | モバイル
iPhoneにデータ定額SIMを挿し、テザリングしてHT-03A(アンドロイド側)をクライアントにしてAndroidもネットに繋がるようにする方法を考えました。

<なぜそんな事が必要なのか?>
1.iPhoneには脱獄せずに無線LANでテザリングする手段が無い事。
2.HT-03Aを無線ルーター化するとバッテリーの消費が激しい事。
3.iPhoneをwifi接続で使う場合、スリープ状態時のメールのプッシュ通知が15分間隔になってしまうため、リアルタイム性が悪くなる。
4.会社で無線LANを使うのは良くない。
  IDのバッティングも心配だし出来れば無線LAN以外の手段が良い。

そんなわけでiPhoneのBluetoothテザリングに目を付けました。
このテザリングはPANで接続する機能なのでクライアント側でPANのセットアップを出来ればいいわけです。
しかしこんなニッチな要求がないため、なかなか情報が見つからない。
逆にAndroidをPANサーバにしてiPhone/iPod Touch/iPadをクライアントにする方法はありましたが。(要JB)
海外サイトを調べるとヒントになる情報が見つかった。
どうやらrootを取ったAndroidでコマンドラインで操作したらいけると分かった。
なかなか上手くいかなかったけど、なんとか手順が確立できたので記録として記載しておきます。

<前提条件>
1.SIMフリーiPhone(JBしてるならそもそもこんなことをしなくても使えるので)
2.SIMフリーiPhoneで使えるSIM
3.root化したBluetooth内臓のAndroid端末(私はHT-03A Android2.2)
4.pand(多分wireless tether for root usersに入っているはず。)

<設定手順>
1.gscript liteをインストールする。
  シェルスクリプトをAndroid上で実行するためのアプリ。
  /SDCARD/gscript 以下に置いたファイルを実行できる。

2./sdcard/gscriptに以下のスクリプトを配置する。

pan-on.sh
------------------------------------------------------
pand -s -r PANU -c xx:xx:xx:xx:xx:xx ←iPhoneのbluetoothIDを指定する。
sleep 5 ←念のため
/system/bin/ifconfig bnep0 down 172.20.10.2 up
/system/bin/route add default gw 172.20.10.1 dev bnep0
/system/bin/setprop net.bnep0.dns1 220.159.212.200 ←dnsサーバ名を指定する。
/system/bin/setprop net.dns1 220.159.212.200
/system/bin/ifconfig rmnet0 down
------------------------------------------------------
※バージョンによって割り当てられるIPアドレスが違います。要注意。
172.10.20.*(iOS 4.1の場合)
172.20.10.* (iOS 4.2の場合)
DNSサーバはどこでもいけると思いますが私はmoperaのを使っています。


pan-off.sh
------------------------------------------------------
/system/bin/ifconfig bnep0 down
pand -K
/system/bin/ifconfig rmnet0 up
------------------------------------------------------

3.gscriptに上記2つのスクリプトを登録する。

4.iPhoneとHT-03Aのbluetoothベアリングを登録する。
  お互いの端末でbluetoothを有効にしたら出来ると思います。

これで準備完了。

<使い方>
接続する場合は、gscriptからpan-on.shを実行する。
これでiPhone側にテザリングと出れば成功です。
切断する場合は、gscriptからpan-off.shを実行する。


なお、HT-03Aからブラウザやgoogleマップは繋がりましたがアプリによっては
繋がらない場合がありました。
コロプラアプリはネットワークが見つからないとエラーに出てアクセス出来ませんでした。
不思議なことに一旦Wifiで繋いだ後は、Wifiを切断しても繋がりました。
最初の起動時のみネットワークの存在をチェックしているようです。
とりあえずこれで運用してみようと思います。


<2010/12/28 追記>
コロプラアプリがエラーになる件で追加設定をしました。
原因はおそらくネットワークが繋がっているかどうかをコマンドで見ているためです。
起動時および地点登録を行うタイミングでチェックしているようです。

ようは3GまたはWIFIで繋がっているように誤魔化せたらいいのですがそういったツールは
Androidには無いようです。
iPhoneには「3g unrestrictor」と言うツールがあるらしいですが。
3Gで実際に通信が出来なくても繋がっていたらOKなのではないかと思い考えました。
案の定、いけましたのでその方法を追記します。

今回の方法はドコモのSIM(音声、データ専用どちらでも可)+moperaU契約専用の手順となります。

1.まずはmopera Uが使えるようにライトプランUを契約する。
  iモード契約していたらISPセット割で特に追加費用は不要なはずです。

2.接続先APNを「0120.mopera.ne.jp」にして接続する。
  いわゆる設定用無料APNです。(多分・・・明日MyDocomoで確認予定。)
  ※12/31 何故か二日で51パケット4円かかっていました。もう少し調査します。
  ※1/5 それ以降は無料でした。有料APNの設定が残っていたのでそっちに繋がっていたのかも。

  接続さえ出来ればいいのでこれで十分です。

3.前述のiPhone Bluetooth PANと接続しておく。(pan-on.shを実行する。)


4.3Gネットワークインターフェイスを停止する。
  ここがポイントです。
  3G接続は有効ですが通信は不可にしておきます。

  # ifconfig rmnet0 down


以上。
これで3G接続をしているとシステムは認識するが、ルーティングはBluetoothPANになっているため、
パケットはiPhone側に流れます。
こんなことが出来るのは無料APNのあるドコモくらいかもしれません。
B-Mobileも登録用の無料APがあったような気がしますので出来るかもしれません。
4のコマンドは3のpan-on.shの最後に追記したらいいと思います。

これで電話とコロプラはAndroidで、ネットやメールはiPhoneで出来る環境が整いました。
iPhoneの方が操作性が圧倒的に良いのでほぼ理想的な構成になりました。
AndroidはAndroidで持ち運べるLinuxって感じで楽しいです。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

HT-03Aにインストールしたアプリ

2010-12-19 18:39:30 | 日記
とりあえずHT-03Aにインストールしてみたアプリ。

BBar
U300を使うなら必要。
標準のアンテナは立たないので代替手段として使えます。

Wireless Tether
マーケットのは少し古いので2.0.5を公式サイトからダウンロード。
このバージョンはAPモードが使えます。
当面はメインでHT-03Aを使いつつ、ブラウジングやリスニングNewsなどiphoneの方が便利な
アプリはiPhoneにテザリングして使おうと思います。

Skype
以下のサイトより入手しました。
現在のバージョンは1.0.0.659です。
http://www.freewarelovers.com/android/app/skype
HT-03Aカスタムロムでは何故か着信音が小さいです。
心配はバッテリー消費ぐらいか。

En2ch
2chブラウザ。
HT-03Aは画面が小さいのでフォントサイズをデフォルトの13ポイントから18ポイントくらいにすると見やすかった。

TigerSnes
無料でクイックセーブ、ロードに対応している。
フレームスキップなどがほとんどカスタマイズできずHT-03Aでは遅くて遊べないので惜しくもアンインストール。

snesoid Lite
Tigerの代わりにインストールした定番アプリ。
そこそこ動くけど、タッチパネルキーを押すとちょっと遅くなる。
HT-03A(Android2.2)ならマルチタッチで遊べます。これはうれしい。
でもアクションゲームは厳しい。
RPGくらいなら気軽に遊べます。
フリー版はクイックセーブが出来ないだけでゲーム上のセーブは使えます。


Android2.2はほとんど標準状態で使えます。
旧バージョンではバイブレーションとか、バッテリー表示とかささいなところで困っていたようです。
なかなか熟成してきたなと思う。
操作性の気持ちよさは圧倒的にiphoneが良いけど、今の流れではそのうち逆転されるかもしれないと思った。
iphoneもメールのPUSH配信や着信音関連の改善を期待したいところです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ドコモ定額データプラン契約(長文)

2010-12-19 00:00:06 | 日記
定額データプラン契約
12月末日までに契約したらドコモのデータ通信が最初の1年間だけ最大4,410円で使える契約です。
このプランは大抵キャッシュバックやPC購入割引がセットになっており、ただ単に専用端末とSIMを契約するのは勿体無い。
11月までならドスパラで3万円の現金キャッシュバックがあったのでかなり美味しかったのですが、
残念ながらもう終了しています。
今のb-mobileの契約が1月で終了してしまうのでそれまでに手に入れないといけない。
キャッシュバックを待てず現状で一番割の良いところで契約する事にした。

大抵、L-05A+2年契約+PC3万円割引が主流でしたが難波のLABI1が41,500円割引をしていた。
条件はとにかく新品PCに限る事のみでした。
キャッシュバックが無くとも4万円前後のPCを購入して3万円で流せたらありかなと思いつつ、
適当に売値のよさそうなPCを探す。
どれもこれもぱっとしなかったが、ひとつだけ気になったものがあった。
Lenovo IdeaPad S10-3tです。
マルチタッチが出来るタッチパネル搭載で画面が回転してタブレットのように使えるネットブックです。
不恰好だけど大容量バッテリーを積んでて長時間充電なしで使えるのも良いところ。
売値も結構良さそうで当初の予定を下回るけど、正直自分自身で使ってみたいと思ったのでこれに決める。
Thinkpad X40の調子があまり良くなく、そろそろ新しいノートが欲しかったところなので丁度良い。
これについては後日レビューしたいと思います。

肝心のドコモのデータSIMです。
b-mobile u300との比較です。
比較に使った端末はiPhone3GSです。
1.メールの送受信、あまり変わった感じがしない。
2.BB2Cの読み込み、あまり変わった感じがしない。
3.ニコニコ動画、3G接続を認識してレートを落とすので違いがない。
4.skype、普通に使えます。u300ではさすがに駄目だった。
5.産経新聞、速い。これなら事前にwifiで読む必要もなし。
6.リスニングNEWS、ダウンロードが速い。気になった最新ニュースがすぐに聞けるのが良い。

小容量のデータを扱う場合はあまり変化が感じられず、
大容量のデータは圧倒的にドコモが速い。
ブラウザは最初にひっかかった感じで途中でパッと画面が表示される。
初動に時間がかかる感じです。
今のところ、禁止されているskypeは使えてます。
感想としてはテキストデータ中心の利用ならU300で十分に感じます。
しかし今回はskype利用者が回りに増えてきた事と、英語の勉強を兼ねてリスニングNEWSの
重要度があがったため、乗り換えを決意しました。


その他、u300と違った点
1.GPSの他に基地局測位が出来るのでコロプラの地点登録が屋内でも出来る。(HT-03Aで検証中)
2.アンテナが表示される。→バッテリー消費が抑えられる(体感上違いが分からない。)
3.圏外地域から圏内に戻った時のアンテナ再取得がしやすくなった気がする。
4.帯域制御に悩まされずに済む。データSIMも決して早くないけど遅くはないです。

以上、普通なら3万円のキャッシュバックを考慮したらほぼU300と同じ値段で1年間使えるので
悪くはない選択肢だと思います。(2年目は月1000円で塩漬けして違約金無しで解約した場合の計算)
今まで躊躇していたのはU300と二重契約になる点と、来年のSIMフリー化された時にドコモの
料金プランがどうなるかを見届けたかったからです。
いろいろ検討した結果、今回はキャッシュバックに釣られて切り替えてしまいました。
新しく手に入ったHT-03AとS10-3tと組み合わせていろいろ楽しめそうです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

iphone3GSとHT-03Aの二台持ち

2010-12-18 16:25:00 | 日記
iPhone3GSと、b-mobile U300を導入してはや6ヶ月。
いろいろ不便なところがありつつも使い続けています。
一番困るのはコロプラアプリがソフトバンクの回線でないと使えない事。
公開当初はWIFIがOK。つまりソフトバンク以外のU300でも使えましたが、
あの、11月11日、コロプラの日(w 以来、使えなくなりました。
一旦はドコモのガラケーでパケホーダイを契約して戻しましたがいつまでも
この状況はよくない。

いろんな方法を考えた結果、とりあえず意外と対応が早いAndroid携帯でプレイする事を思いつく。
いまやどのキャリアもAndroidで華やいでいます。
既にiphoneを買ったので今更買えるわけは無いです。
そんななか初期型のHT-03Aなら無料で手に入ると言う事が分かりました。
しかもそれはroot化はもちろんカスタムROMによってAndroid2.2で動いたり、wifiテザリングも出来る。
基本スペックが低くてもこれだけ遊べて無料ならありだと思い早速機種変更をする。
欠点は無料でも内訳は端末サポート2万円が含まれているので2年以内に機種変をするとそれが解除されて支払いが発生する事。
どうしても欲しい端末が出たら白ロムで買えば機種変更にならないので問題ないだろう。

そんなわけでHT-03Aを購入しました。
機種変更なのに0円。
オプションは2つ強制だけど2ヶ月で解約できる。
噂通り遅いです。使えない事はないけどもっさり。
iphoneで事前にタッチパネルに慣れてなかったら投げていたかも。
ある程度素の状態(Android1.5)を把握した上で、早速2.2へバージョンアップ。
既に複数の方がブログなどで公開されているので手順は割愛。
少しLinuxの知識が必要です。
2.2に上がっても相変わらずもっさりしてるけどオーバークロックで少しはマシになった。
それにかゆい所に手が届く感じ。結構細かな設定も出来ます。
すぐに分かる良さはgmailの着信がほぼリアルタイムになった事。
これがクラウドの強みかと。
コロプラの動作確認をしつつぼちぼち触ってます。

もうひとつ、u300の期限切れが迫っているのでドコモのデータSIMもついに購入しました。
最初の1年間だけ4410円で使えるあれです。
最低でも今後1年間はこっちを使う事にします。
こっちはまた後日書こうと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加