あみものOTOKO

編み物・手芸好きなOTOKOが ご紹介

藤枝市指定有形文化財

2017-03-07 22:30:38 | 日記
画像にアップした物が、先程ちょっと書きこんだ 「 御殿飾 」 京都御所を形取った江戸時代の 雛飾りです・・ 画像には収まりきらずに まだ画像の左側の方に 沢山あるんですけど・・まあ 見事なものですねェ~・・・展示してある、柏屋 の 主である 山内家 所蔵の雛人形です・・・大体 4畳位の 広さになっているでしょうか・・・ 建物の中にも 軟体も並べられて居て・・さぞかし 飾るの大変だろうな・・・・ というか・・・・ 先程の 等身大雛人形もそうですけど・・ これだけの飾りを しまっておく場所があると言う事で・・・この雛飾りと 先程の 等身大雛人形が飾られている建物は、かつての 宿なので、庶民の旅人が 寝泊りしていた部屋や 台所などまるで 自分の家の中を歩き回るように 展示されている物を 観る音が出来ます・・2階に上がる階段も ビックリする位 幅が狭く急になっていますし、旅人が玄関先で 脚を洗っている様子や 2階で 二人の男の旅人が お女中さんの給仕を受けながら 食事してる様子が人形と共に、音声で会話してるのが聞く事も出来るんですけど、 何と言うか びっくするのは、その横に座る事もできれば もちろん触る人は居ませんけど、着物や手荷物などが その辺の隅に 普通の生活の様に置かれている状況・・・家の主人が座る 長火鉢の前に実際に座ってもいいというか、良かったら 座ってみませんか? みたいな表示まであるような・・また 簡略カツラや 着物、手荷物など 「 実際に着てみかせんか・・ 」 のような場所もあって 昔の姿見のある部屋と言うか 区切られた場所で 身に付けて建物内で 写真撮影もできるんですよねえ~・・・ こんな博物館・・個人所有じゃなきゃ 無理でしょうねェ~・・・ 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 等身大 おひなさま | トップ | 竹雛 ・  押絵雛 »

コメントを投稿