信の信州からの贈り物

信州で単身生活 6年、その間に魅せられた信州の大自然。そして関東周辺の自然と花々を織り交ぜて発信しています。

埼玉県民の森でオオマシコ観察

2021年02月09日 | バードウォッチ


お早うございます、信です。
緊急事態宣言の結果が、ここへきてようやく出てきたようです。

昨日の感染者数は東京が276人、北海道が50人、大阪が119人、埼玉が121人、国内で1,216人でした。
一時の何千人の時から比べると、ようやく出口が見えてきたかなと思います。

このコロナ禍の最終出口は、勿論国民全体の集団免疫ですが
あともう少し二度のワクチン接種まで、耐えて、耐え抜いて命を勝ち取りましょう。

さて今朝からは埼玉県民の森のもう一つのお楽しみ、小鳥観察です。
展望台から降りて、暖かい日差しをたっぷり浴びながらランチ・パンを頬張り
いそいそと水筒に入れてきたコーヒーで流し込みました。


展望台から下って、真直ぐ中央広場へ行く途中の東屋です。

家から重い荷物を担いで、それから芦ヶ久保駅から600mm望遠、そして三脚、イチガンの重い荷物を担いで登った甲斐があったかどうか
でもこの日は馬鹿ヅキでした。行って10分もしないうちに・・


1










大猿子(オオマシコ)雄の登場です


2











相変わらず格好良い風貌


3









はりさんの髭にも負けません


4


大猿子(オオマシコ)
中央シベリアから東シベリアにかけての亜寒帯の地域で繁殖し、冬季はモンゴル、中国東部、朝鮮半島に渡り越冬する。
日本では、冬鳥として本州中部以北に渡来するが、数はそれほど多くない。

体長約17cm。日本産のマシコ類では大き目の体である。V字型の尾は他のマシコ類に比べるとやや短い。

雄成鳥は、頭部と背中、胸から腹にかけて鮮やかな紅色であり、額と喉に銀白色がはいる。
また背と肩羽に黒い縦斑がある。雌は全体に淡褐色で、頭部、背中、胸、腹が淡く紅色がかっている。喉から胸のあたりまで細い褐色の縦斑がある。
(wikiより)

猿子と云うのはサルの古語らしいのです。



この日もコゲラがご相伴


5










でもボスが目を光らせてます


6










コゲラの特集はまた別途


7














8











雌がやって来ました


9










ぴょーん


10












11













12










首を傾げてますが


13









「何かご用?」


14













15













16










これは若いオス?


17













18










「ワシじゃ!」


19













20













21










ちと貫禄が違うような・・


22












23












24











色んなところで 目を光らせてます


25













26




明日も続きます。


 撮影日: 2月6日
 撮影場所:埼玉県民の森


それでは皆様、ご機嫌よう。






コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 丸山展望台にて | トップ | 埼玉県民の森 オオマシコと... »
最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (はりさん)
2021-02-09 13:21:02
こんにちは。
重たい機材を担ぎ上げた甲斐がありましたね。
どの写真もお見事です。
オオマシコ、見たことはありませんが格好いい鳥ですね。
(髭も確かに格好いいです。負けました。)
本州中部以北とあるので関西では見られない野鳥ですね。
しかし、なんとも良い所に止まってくれましたね。
小枝などの遮るものもありませんし
雪景色というのも良いですね。
オオマシコが本命だったのなら本当にラッキーでした。
立派な髭 ()
2021-02-09 18:51:12

はりさん>

こんばんは。
>髭も確かに格好いいです。負けました
大変失礼しました。
しばらくお逢いしていないので、つい書いてしまいました。
またはりさんの立派な髭に会いたいです。

オオマシコ。
ベニマシコに似ていますが、その生態はかなり違っているようです。
ベニマシコは関西でも見られると思います。
どれくらい日本に渡って来るのか分かりませんが、30年前には比叡山、佐々里峠、八丁平、芦生で見られたようです。

素晴らしい山景の後で、重たい思いをして担いだ望遠・三脚で
狙い通りにこの幸せ呼ぶ赤い鳥に会えました。
コメント有難うございます。

埼玉県民の森で (ヒトリシズカ)
2021-02-10 04:24:23
信さん

まだ残雪がある埼玉県民の森まで、重たい機材を持って上られ、お目当てのオオマシコを見事に撮影なさっています。

埼玉県内の山地に残雪がある点でも驚きです。貴重な画像です。

オオマシコはここで冬を過ごし、体力をつけて、春にはまた北に帰ります。
撮影機材9kg ()
2021-02-10 08:22:28

ヒトリシズカさん>

お早うございます。
1月末には20~30cmほど雪があったようですが
もう殆ど溶けて頂上付近に少し残っている程度でした。
でも午前中は凍っていて、丸山に登山に来た人は皆さん苦労して登っていました。
芦ヶ久保駅からはかなりの急登で、撮影機材やら水筒やら、弁当やらで
9kgくらいのザックを担いで登りました。
良い運動になりました。

遠くシベリアから越冬しにきたオオマシコ
ここで逢える奇跡に感謝しながら、一生懸命撮りました。
コメント有難うございます。

コメントを投稿