Okoshiロード練習日記

~ 挑戦あるのみ!~

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

休養日

2008年03月31日 | その他
程よい脚の張り。
今日はやるべき事多く、思い切って完全休養。

三段ベッドが届き、ついに子供部屋を明け渡すことに。
子供たちは大喜びだが、追い出された自転車関連は
仕方なく寝室へ移動することに。
現在、家の中に自転車5台+ホイール3セット。
タイヤ臭いと言われるし、肩身が狭い。。


福田周回練~坂東練

2008年03月30日 | 上村練
走行距離 138.1km
走行時間 4:49:43
最高心拍 194

昨日、物見山の強豪、上村さんのブログに早朝練の募集が。
前々からすごく気になっていた『福田周回』狙いと、
新たな刺激を求め、即立候補させていただいた。

家からすぐ近くで、しょっちゅう子供を連れて遊びに行ってる
公園の辺りとのこと。どんな周回かとても楽しみ。
勿論、上村さんにお会いできるのも。
(上村さんのブログ文章は自分の中で好感度NO.1なのです。)

ん?しかし5:30スタートということは、考えてみたら家出る時は真っ暗のはず。
暗い時間帯は一切走らない自分は、ライトという代物を持っていなかった。
マズスギル・・・
考えた結果、引き出しに埋もれていたオモチャみたいな懐中電灯を、
結束バンドでハンドルに縛り付けてみた。これで完璧!

3:30に起き、ウダウダしつつ、たらふく食べ、5:00に家を出る。
何とオモチャの懐中電灯は光量が少なすぎて殆ど役に立っていなかった・・・。
でも意外と街頭の灯りで問題なし。車も全然走ってないし。良かったぁ。

15分ほどで到着し、姿がなかったのでちょっと辺りを流してから
再度公園駐車場に向かうと、前からポンズジャージのロードの方が。
ご挨拶を交わし、早速周回コースを案内していただく。
想像していた通りの、とってもとっても感じの良い方だった。

アップダウンのある3kmコース。コースも分かりやすい。
近くにこんな良い所があったのかと、目から鱗。
では10周30kmでという事ですぐにスタート。

最初はゆっくり目で走るのかと思いきや、上村さん速い速い。
今年からチバポンズで実業団登録、JCRCはもちろんSクラス。
これはマズイと、自分は下ハンに持ち替え、いきなりマジモードに。
でもどこで先頭交代するべきかなあ、と考えていたらズルズル1周終了。
すると手を差し伸べてくれたので、前に出ていく。これで1周交代が決定。

上村さんと同じ位のペースで引いてみるも、かなりキツイ。
平坦に見えた区間も若干上っているし、ペース配分も分からない。
何より3kmの1人引きはかなり堪える。そして最後にトドメの上り。

6週目あたりが一番キツかったが、その後は徐々に持ち直してくる感じ。
そして「次ラストです」のお声を聞くと、嬉しくて一気に元気に。
最終回、でも最後はバトル的な事はあるのだろうか?と前を引きながら思う。
お初の方に対して自分から暴れるのも何だし。という事で、
とりあえず最後にピークになるよう段々スピード上げて行くことに決定。

すると残り2kmくらいで突然上村さんがアタック。
条件反射的に反応し、必死に食らい付く。速い!
少し落ち着くと再度の二段アタック。強すぎ!
このアタックで、この方が本当に強いという事が良く解った。
ここで行かないと失礼になる、とすぐさまこん身のカウンター。
さすがに二段アタックしたすぐ後なので、これが決まってしまう。

引き離したまま公園に下っていく。
最初のコース案内の際に「上り切ってゴール」と聞いていたのに、
何故か駐車場近くで踏むのをやめてしまうボケな自分。
かなり迫られ、慌ててラストの上りで踏み直し、最後はもう一発もがいて終了。

でも正直、自分のカウンターより、上村さんの二段アタックの方が凄かったな。
それにしても相手が強いお蔭で、とっても良い練習が出来た。苦しく嬉しい。
ありがとうございました。
また時間が合えば、是非ともお願いしたいです。

【福田周回練】
走行距離 30.3km
走行時間 0:50:29
平均速度 36.0km/h
最高速度 50.6km/h
平均心拍 177(89%)
最高心拍 194(97%)
平均ケイデンス  99
最高ケイデンス 113
(何故だか今日のポラール、絶好調)

2周ほどダウンした後、利根川CRから芽吹橋を渡り、坂東市の街道へ。
とても田舎で車も少なく、すごく走りやすい。そして適度なアップダウン。
のんびりサイクリングかなと思っていたら、やはりお強い人には
そんな甘っちょろい練習はないようだ。
良いペースで先頭交代を繰り返していく。
1回使い切った脚には結構堪えたが、とても気持ち良く走れた。

1時間ほど走って、やっと利根川に戻る。そこはもう関宿だった。
江戸川CRに入っておしゃべりしながら南下。
物見山方面の大変興味深い、沢山のお話を聞けてとても楽しかった。

龍Q館に到着し、ここでお別れ。
でもまだ8:00でびっくり。
なのでUターンして再度関宿へ。
関宿折り返す頃には、脚がまた復活。
帰路の最後は結構踏んでしまった。
時間も早いし、まだまだ走れそうだったが、
今日のところは腹八分目にして気分良く帰宅。

うーん、やはり練習はノンストップでなきゃいけないな。
コメント (2)

オッティモ朝練

2008年03月29日 | オッティモ練
走行距離 80.9km
走行時間 2:59:06
最高心拍 ?

心拍の異常表示にも慣れてきてしまった。
というより完全に諦めモード・・・。
でも体調の方は引き続き良好。

第一集団、今日は少なめ5人スタート。(+松丸プロ達追走組3名。)
最初から5人ローテにしてはハイペース。
布瀬の信号までは余裕あったが、農道入り向い風になっても
ペース落ちず、だんだんキツくなってくる。

カンナに入ってから1人落ちていき、4人ローテに。
T尻さん、E藤くんはいつも通り、余裕のオーラ。
数年前までフランスでレース参戦していたというS本さんも、
ブランクを乗り越え、最近徐々に調子戻してきてるもよう。
今日も良く脚が回りイイ感じに見える。

という感じでカンナ中盤、待ってました?のE藤くんアタック。
強烈だったが、皆予測していたのかしっかり反応する。
しかしその後すぐさまE藤くんが二段上げし、何と3人置いて行かれてしまう。
最近のE藤くんは本当に強い。これもすべて練習の賜物だろう。

前を逃げるE藤くんとの差は僅かだが、なかなか追いつかない。
後ろはローテ回す余裕なく、3人1列で長めに引きながらの追走。
左折し県道に入ってやっとE藤くんを捕らえる。
ダラダラ坂は誰も掛けず、珍しくローテで上っていく。
その後も4人で回し、2周目へ。

カンナは動きなかったものの、ペースは依然衰えず、
自分はローテ回すだけでギリギリ。皆キツイんだと言い聞かせ、何とか堪える。
でも左折し県道入ると、とうとうローテから外れだしてしまう。
すぐ2回目ダラダラ。最初S本さんが上げ、すぐE藤くんが上げ返す。
続いてT尻さん、自分と前に出てペースアップ。
ここでS本さんが力尽き切れてしまう。

上りきって少し行くと、またもやE藤くんがアタック。
T尻さん、さすがの反応。自分も集中切らさず反応できた。
普段掛けない場所だったので危ないところだったが、油断しなくて良かった。
でももう少しで付き切れしそうな程のスピードだった。うーん凄い。

その後も良いスピードで進み、自分はだんだんハイになってくる。
不思議といつもこの辺りから覚醒する感覚?があり、キツさが少し和らぐ。

あっという間に手賀の丘を越え、平坦区間を抜け、タネ屋坂。
E藤くん、自分、T尻さんの順でピークを越える。
左折し下り切ってからT尻さんの鬼引き。
本当なら道中一番弱い走りだった自分がするべき仕事。
申し訳ないです、と恐縮しながらも、T尻さん緩めると同時に
坂手前から番手の自分が発射していく。
回転でモガキ続けるも、直線向き、ドッカンとE藤くんに大ギアで捲られゴール。
内容、スプリントとも、気持ちいいくらいの完敗。
でも今日も良い練習させていただき嬉しいかぎり。

【オッティモ練】
走行距離 38.2km
走行時間 0:59:12
平均速度 38.7km/h
最高速度 55.0km/h
平均心拍 ?
最高心拍 ?
平均ケイデンス 100
最高ケイデンス 117

明日は物見山の上村さんにお世話になってきます。

ローラー練

2008年03月28日 | トレーニング
三本ローラー
走行時間 1:00
最高心拍 127? 

10分 アップ
45分 52-23T 93回転 平均心拍110?
 5分 ダウン

リカバリー。
低気圧のせいで首が痛重い。

公園周回練

2008年03月27日 | トレーニング
公園周回インターバル練
・アップ 10km
・(300mもがき+500m流し)×12
・ダウン 5km
・(300mもがき+500m流し)× 6
・ダウン 4km
・ストレッチ
・ダウン 2km

走行距離 36.1km
走行時間 1:22:01
最高心拍 ?

シーズン入りすると、今年も聞こえ出すであろう、様々な「言い訳」。
数ある言い訳の中で最もひどいのが『練習不足』だと自分は思う。
「練習してれば本当は速い」と言わんばかり・・・

ええええ?
レースって、どれだけ練習したか、どれだけ努力してきたかを競うものでは?
その『れば・たら』だけはないだろ、といつも思ってしまう。
みなに与えられた二十四時間。
強い人は皆、何かを削り、何かを犠牲にしてまで練習してる。

意外にも、結果をきちんと受け止め、自身を客観視しできる人は少ないようだ。
自分自身の弱さに向き合えず、「次は頑張ります」で終わってしまう人が殆ど。
頑張らなくてはいけないのは、次のレースではなく、
負けた翌日から、あるいは当日からの練習であるはず。

と言う自分も、偉そうなこと言える程ではないか。
「人のふり見て我がふりなおせ。」
今後も常に気をつけていかなければ。


公園周回練

2008年03月26日 | トレーニング
公園周回インターバル練
・アップ 10km
・(300mもがき+500m流し)×12
・ダウン 5km
・(300mもがき+500m流し)×12
・ダウン 4km
・ストレッチ
・ダウン 2km

走行距離 40.9km
走行時間 1:30:44
最高心拍 183?

体調良いので連日の追い込み。
やっぱり回復力って大事だな。
同じ距離乗っても、内容が全く違ってくる。

何故だか今日はポラールの調子良かった。
でも本来よりタイムラグが大きく、低めに出てる感じ。
月末にでも本体の方の電池替えてみるか。

公園周回練

2008年03月25日 | トレーニング
公園周回インターバル練
・アップ 10km
・(300mもがき+500m流し)×12
・ダウン 5km
・(300mもがき+500m流し)×12
・ダウン 4km
・ストレッチ
・ダウン 2km

走行距離 40.8km
走行時間 1:33:25
最高心拍 ?

朝、脚の張りは殆どなし。実に嬉しい。
肉体が若返ってきてる?的な勘ちがいをし、追い込ませてもらった。
でも走り終えた後の疲労感はいつもの5割増しだった。
身体の疲れはまだ少し残っていたよう。

それにしてもポラール(心拍)が全くダメ・・・。
もしかして不整脈がどんどん酷くなってきてるのか?
でも屋内ローラー時は問題ないんだよな・・・

ローラー練

2008年03月24日 | トレーニング
三本ローラー
走行時間 0:55
最高心拍 123 

 5分 アップ
45分 52-23T 91回転 平均心拍110(55%)
 5分 ダウン

なぜか脚の張りは大した事ない。明日かな?
軽く回して、たっぷりストレッチ。

毎日楽しみにしているNaraさん日記。
愛読者も相当な数のはず。
そこに何と、超未熟者の自分の名前が。
こっ恥ずかしい。でも何だかちょっと嬉しい。
ん?だけどあの時、おはサイの話なんかしたっけ?
まさか自分の日記を?
まさかね・・・。

筑波山自走練

2008年03月23日 | 筑波山練
走行距離 145.7km
走行時間 5:26:40

(筑波山コース)
不動峠~スカイライン~つつじヶ丘~つつじヶ丘(下り)~風返し(下り)~
ユートピア~湯袋峠~風返し~スカイライン~不動(下り)

オッティモさん7時集合。
暖かくなるのを見越して薄着で出たので結構寒い。
震えながら5分前に到着。
今日は嫁さんが子供達を置いて出かける用事があり、
絶対に絶対に12時40分まで帰宅しなければならない。
死人になる確率大なのに、時間制限はかなりのプレッシャー。
たぶんノンストップ、休憩なしになると思われるので、
CCD入りボトル2本、ゼリー2個、アップルパイ(小)1個と万全の準備。

武末さん到着するも、塚野さん、ラベネロ河野くんが一向に現れない。
(今日はチーム練ではないので実名で書かせてもらいます。)
するとお店の電話が鳴り、塚野さんから・・。つ、痛恨の寝坊とのこと。。
河野くんも来そうもないので、7時10分、2人きりで出発・・・。
更に死ぬ確立が上がってしまったが、おきなわ3位の超実力者と
マンツーマンで筑波なんて、考えてみれば願ってもないチャンス。
最高の練習させていただこう。

往きは弱い向い風。34~5km/hのギリギリ気持ちよく走れるペースで
先頭交代を繰り返していく。少し道を間違え、遠回りしてしまったが、
それでもお店から大池まで1時間35分で着いた。意外に早い。
若干疲労感あるが、脚はまだまだ大丈夫。

すぐさま不動峠。武末さんが初めてタイムをとるとの事なので、
一応自分も計ることに。いつも不動はアップで登るので、
タイムとるのは1年半ぶりになる。その時は超気合入れての12'57。
試しに行けるとこまで武末さんに付いていってみようとスタートするが、
さすがに速い速い。シッティングのままグングン登って行く。
たった700mで自分は一杯、置いて行かれてしまった。
超オーバーペースだった為、千切れてからはヘロヘロ。
中盤から徐々に自分のリズムを取り戻し、何とか脚が回り出す。
最後の勾配10%区間は全力でダンシング。ゲロゲロでゴール。

全くダメだろうなと思ったが、12分46秒で一応記録更新していた。
自己比ではかなりダメな走りだったが、自転車も軽くなったし、
体も絞れているおかげか。ちゃんとアタックすれば12分半は余裕で出せそう。
で武末さんは、通勤仕様+コスミックで楽々11分25秒・・・。
さすがだ。決戦仕様で本気でやれば間違いなく10分台出すだろう。
改めて次元の違いを確認できた。こんな方と練習できて幸せ。

自分が登り切ると、そのままスタート。
スカイラインは登り一辺倒でないので、割と得意な方だが、
ここでも何か盗む間もなく、あっという間に置いて行かれる。
スカイラインを過ぎ、つつじヶ丘の登り途中からかなり脚にきだす。
山頂までの長いストレートは何とかもがきを入れるも、スピード感なし。

「お待たせしました。ゼーゼー。」ですぐ折り返す。
下りはコース慣れしている自分が先頭でガンガン攻める。
山練初めてのカーボンフレーム、下りコーナーリングもかなり良い感じ。
脚もみるみる回復。
と思ったが、ユートピア登りに入るとやっぱりヘロヘロ。
湯袋はおしゃべりしながら一緒に登り、最後の登り風返しへ。

自分の為に武末さんが前でペースを作ってくれ、
千切れそうになると檄を飛ばしてくれる。
おかげで最高強度の練習ができた。感謝感激です。
でもゲロゲロ。。

大池まで戻るともう11時近く。トイレだけ行き、すぐさま出発。
なにせタイムリミット12時40分。かなりギリギリ。
でも風は味方してくれない。
風向き変わってお約束の向い風に。しかも少し強まってくる感じ。
自分の都合で急がせてしまっているので申し訳なく、かなり頑張って引く。
死ぬかと思われた帰路だが、意外とまだまだイケル感じ。嬉しい誤算。
2人でかなりイイペースで先頭交代し、道も完璧で順調そのもの。
順調すぎて新大利根橋までとても近く感じたほど。

利根川に出て武末さんとお別れ。お世話様でした。
普通ならここからのんびりサイクリングと行きたいところだが、
許される訳もなく一人利根川CR爆走。左ふくらはぎがピクピクしだしたが、
それも一瞬で済んでくれ、最後まで垂れずに走りきった。
12時37分無事帰宅。大池から自宅玄関まで1時間40分。
家庭崩壊回避!

休憩なしで脚も攣らずに走りきれ、非常に満足。
以前とは比べ物にならない程タフになっている様。嬉しい。
晩飯はタンパク質たっぷり。

オッティモ朝練

2008年03月22日 | オッティモ練
走行距離 79.0km
走行時間 2:51:30
最高心拍 ?

朝っぱらから心拍表示が異常。
何でなんだろう。非常にストレス。
でも肝心の脚の方はかなり良い感じ。

第一集団、7人スタート。
今日の登録者はT野さん、T末さん、E藤くん、ラベネロK野くん。
もちろんあとのお二人もとてもお強い方。

コースに入ると、あれ?何だか脚が重い。おかしいな。
と思ったら、いつもと違い結構な向い風だった。
それでも皆さんイイペースで回していく。
布瀬の信号でのストップ時、自分も含め結構みんなキツそうなご様子。
T末さん以外は。。。

カンナに入り、みんなの期待通り(恐れていた通り)、T末さんのアタック。
かなりキツかったが、しっかり反応。
しかし続いてのE藤くんのカウンターには反応できず。
T野さんと少し遅れてしまう。
その後すぐ自分は前に追いつくが、T野さんは完全に切れてしまった。
なんとも珍しい。かなり調子が悪いようだ。
残ったのはT末さん、E藤くん、M地さん、自分の4人。

県道入ってからは殆どT末さんが引く。そしてそのままダラダラ坂へ。
いつも通り坂手前からT末さんがギア掛けぶっ飛んでいく。
自分はピッタリと食らい付き、続いてE藤くんもしっかりとついている。
ここでM地さんは切れてしまった。
ゆうゆう40km/hオーバーでの超強烈な引きだが、
この上りでのスピードにもだんだん免疫がついてきたかも。
メチャキツイはキツイのだが、千切れそうな気は全くしなかった。
もちろん、前に出て行ける気も全くしないが・・・。

上りきってからは3人で回していき、2周目へと突入。
カンナに入ると、1周目で千切れた?K野くんが待ち構えていて、合流。
自分はだんだんローテがきつくなり、出たり入ったりの繰り返し。
大きな動きなく、あっという間の2回目ダラダラへ。

またもやT末さんの強烈掛け。
そして先程と全く同様の食らい付き。(43km/hを表示・・・)
だがE藤くん、K野くんが切れてしまっていた。
ピークを過ぎてからもかなりのペースだったはずだが、
しばらくして何とE藤くんが単独で追いついてきた。
これには正直ビックリ。
改めて、E藤くんのパワーと根性の凄さを見せられた。
おそらく平地のスピード力はBR-1レベル。

3人で手賀の丘を越えていき、残りは4キロ。
たね屋坂でもT末さんが引いていき、ピークでE藤くんが前に出る。
下ってからの平坦区間では車が多く、スピードが乗っていかない。
しかも高校手前で車に捉まり、今日も『なし』の雰囲気。と思ったら、
急に坂下で左折して行ったので、急遽そこから全開で踏んでいく。
E藤くんはヤル気なくしてたようで今日は参戦せず。
T末さんと自分、2人での叩き合いに。
しかしT末さんのギア選択ミス。横に並びながら重スギなのがよく分かる。
それに助けられ、最後はきっちり差し切ることができた。
もちろん内容は、今日も足元にも及ばなかったが。

【オッティモ練】
走行距離 38.2km
走行時間 1:01:06
平均速度 37.5km/h
最高速度 53.8km/h
平均心拍 ?
最高心拍 ?
平均ケイデンス  99
最高ケイデンス 122

明日はT末さんとT野さんに誘われ、自走で筑波。
たぶん、いや、間違いなく死ぬな・・・