獅子丸のモノローグ

☆気まぐれ不定期コラム☆

サッポロ生ビール ナナマル

2024年07月19日 | モノローグ


待ちに待った、フライデイ晩酌タイム。
俎上に上げたのは、「サッポロ 生ビールナナマル
いつものスーパーにて、税込209円で購入の品だ。


【糖質・プリン体2つのオフを訴求する日本初のビール】
痛風予備軍である私にとって、健康と美容的に、ジャストミートと思われる⚾


アルコール分は、中庸な5%である。


その、しっかりとした、酸味と甘み。
それは、同社の「黒ラベル」と遜色ないテイストだと、私個人は思う。
しかしながら、「キリリ感」や「スッキリ感」には、やや欠ける。
その辺が、自称アサヒビール派である私との相性が、やや合致しない。
結局のところ。
私が普段たしなんでいる「贅沢ZERO」の牙城は揺るがなかったのであります。
ご、御免m(__)m

コメント (2)
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「牛ヒレヒモステーキ」BBQ with キッコーマン「超 焼肉のたれ 中辛」

2024年07月18日 | 我が家の食卓


3連休最終日。
初日2日目と「海鮮系」だったので、「肉系」となるのは当然の帰結である。
なのでその日は、「オーストラリア産牛ヒレモモステーキ」を用いて。
「お庭でBBQ」と、相成った🥩


たれは、スーパーの陳列棚の中で最もウマそうだった。
キッコーマンの「超 焼肉のたれ 中辛」をチョイス。


たまねぎ・にんにくの香味野菜を効かせ。
りんごやレモンの果実の風味が、そこに加わっているのだという(ヨダレ)


17時33分。
炭がイイあんばいの熾火になったので、牛ヒレをそこに整然と並べる。




そして、17時43分。
それらは、喰い頃に仕上がった


ヒレ肉というのは。
決してオイリーではなく、なおかつしなやかで、実にヘルシーな食材である。
体育会系の、ワイルドかつアブラギッシュな肉感ではないものの。
その上品かつピュアな旨みは、文科系の私にとって、心地よく口中を撫でる大和撫子七変化
そして、選んだキッコーマンのたれは。
正直「期待値ほど濃厚では無かった」ものの、肉そのものの旨みを活かす、でしゃばらないスタンダードでデリ~シャスなテイスト◎
純情・過剰・極上の、BBQディナーでありました

コメント (2)
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

3連休2日目の増毛ドライブ🚘

2024年07月17日 | レガシィ2.0i(5MT)


3連休2日目の朝、8時56分。
我々夫妻は、レガシィ2.0i(5MT)に乗り込んだ。
目指すは、「増毛(ましけ)」である🚘





そして、北へ向かうこと約2時間。
マイレガシィは、増毛町の旧駅舎駐車場に、到着。


前日の給油以降、走破した距離は、106.0km。


そしてその時点での燃費計数値は、なんと16.8km/L
しばらくぶりの、リッター16km超えである


増毛駅の旧駅舎を徒歩で通り抜け・・・


お目当ての「寿司のまつくら」にたどり着いたのは、11時12分だった。


まあ、人気店だけに予想はしていたとはいえ・・・
我々夫妻が着いた時点では、すでに👆の行列状態(^^;
暑かった、この日。
並んだ列が日陰だったのは、不幸中の幸いだった。


そして、12時04分。
ようやくにして、列は入り口前まで進んだ。


暖簾の前に着いたのは、12時18分。


店内の中待合を経て・・・




12時27分に、ようやく小上り席に着席できた。
いやあ、長かったなぁ・・・(^^;


私のオーダーは、「特上生ちらし」。


そして妻は、「松(生9貫)」🍣
妻はマグロを食すことが出来ないので、他のネタに変更をお願いしたところ、快く応じてくれた。


さらにはオプション的に。
「甘えびの天ぷら」も、オーダーしちゃうことに🦐


「あがり」をいただきながら、待つこと少々。


12時39分。
まずは、そそり立つ「甘えびの天ぷら」が、お目見え👏


いやはや、この天ぷら。
衣はサクッとふわっと。
えびの甘みが口中に拡がり、ウマすぎる
尻尾もサクサクと、軽快に咀嚼のリズムを刻むのだ


そして、12時42分。
妻ご注文の「松(生9貫)」が登場。
妻の苦手な「マグロ」は、「甘えび」に変換された模様。


そして、ほどなく。
私オーダーの「特上生ちらし」が、目前に🙌


この「ほたて貝柱」が、肉厚ですんばらしい
ぷりっとした甘みが、お口の中を洗浄するかのようにオブラートする


カリッとコリッとの、「あわび」。
むにゅりと甘い「ほっき」。


「甘えび」の、みずみずしい甘み
やはり、増毛の今は、これが旬なのです🦐


きゅっとした歯ごたえの、「いか」🦑


プチンと弾ける「とびっこ」。
甘みと潮味のハイブリッド「うに」。
そして、卵黄的な旨みを感じる「いくら」。


「かずのこ」も加えて、最強の「魚卵カルテット」である


「本まぐろ」&「サーモン」は、まさに寿司ネタ界の「横綱」&「大関」


海老頭のお出汁が効いた「味噌汁」が、これまた美味しいんですよね~


新鮮な「そい」は、上品かつ艶やかな旨み◎


むにゅっとしながらも、みずみずしい潮味の、「たこ」。


まぐろ2枚を、一番最後まで残しておいたのは、私のたしなみ。
「好きなモノは最後に取っておく」タイプなのです。


13時01分。
シアワセなランチは大団円を迎えたのであります







ゴージャスなランチを終えた後の、13時22分。
我々夫妻は、「港町市場」へとなだれ込む。


そこで目に留まったのが、👆の「増毛産 ボタン海老 中上」。
このエビたち、その日の朝に獲れたのか、まだウニウニと動いていた
迷うことなく、お買い上げである



13時40分には、再び「旧増毛駅」へ。


そして、駅舎内の「孝子屋ぐるめ食品」にて、「たこやわらか煮」を購入。
お店の方によると、これにから揚げ粉をまぶして揚げれば「たこザンギ」になるとのことなのだ🐙



そして、16時24分に、帰宅。


増毛までの往復で、この日は200km以上を走破した、マイレガシィ。


いわゆるオロロンラインは、信号がほとんど無く、クルマの流れがとても良い。
それゆえか、燃費計数値は、なんとなんとリッター17km超え





そして妻は、19時ちょっと前に、晩ごはんを作ってくれた。
「たこ軟骨のやわらか煮」に、


「チキチキボーンの素」をまぶして揚げると・・・


まごうかたなき、「たこザンギ」


衣は、カリッとサクッとで、なおかつ程よくスパイシィ。
そして内面のたこは、むにゅりとくにゃっとで、なかなか嚙み切れない。
まさにコレは、「エクセレントな海鮮ガム」なのであります👏


さらには、活きて売られていた、「ボタン海老」。


やや小振りだったが、旨味と甘みが、むしろ凝縮されて詰まっている💮
後味の「んまかった感」が、じんわりと尾を引く、このエビさん🦐
増毛グルメ堪能の、素晴らしい3連休2日目でありました

コメント (2)
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

3連休初日の石狩ドライブ🚘

2024年07月16日 | レガシィ2.0i(5MT)


7月の3連休初日。
妻との協議の結果、ランチは石狩市の「佐藤水産サーモンファクトリー」で、いただくことに。






そこの2階の「レストラン オールドリバー」に潜入したのは、11時25分。
受付番号は、30番だった。




我々夫妻の狙いは、「うに丼」。
ここでは、うに丼が「比較的安価」で、いただけるのだ
しかしながら。
今年は海水温が高いためか、ウニの生育が芳しくないようで、「エゾバフンウニ(赤)」は選択できず・・・(無念)
とはいえ、「ムラサキウニ(白)」も、まごうかたなき「ウニ」であることは間違いない。
ちなみに、この日ここで供されたウニは、「寿都産」であった。


11時44分に、着席。
そうすると、すぐさま。
「汗をかかない保冷タンブラー」で、「シャッキリと冷えたお水」が、供された。


そして、11時48分。
ご注文の「うに丼(白)」は。
リーズナブルというか、迅速と言っていい待ち時間で、供された🙌


目に眩しいオレンジの、ムラサキウニの海原🌊
真ん中にポツンと置かれたワサビの緑が、好対象で輝きを見せる


お新香に、


味噌汁。
和食の素晴らしさを、あらためて確認する瞬間だ。




ワサビの辛さと、うにの甘みが、お口の中でシアワセのフュージョン📯




その雑味のない潮味に、お口でとろけるように拡がる甘み。
ああ、夏にうにをいただけることの、素晴らしさ。
このような食の文化が、未来永劫続いてほしいと、心より願いつつ・・・


12時02分に。
我々夫妻は、シアワセを胃袋に格納いたしました






レガシィ2.0i(5MT)を、北に向けて走らせ・・・


道の駅石狩「あいろーど厚田」に着いたのは、13時08分。




我々夫妻を出迎えてくれたのは、猿回し職人さんが操る「みかん」ちゃん🐵


13時10分。
まずは、「Lico Lico」のジェラートで、体内のクールダウンを試みる。


私のチョイスは「ダブル」。
「石狩市浜益産 きむら果樹園 100年リンゴのソルベ」&「石狩市厚田産 小笠原農園 ななつぼし」のカップリングとした🍧


清廉な甘さでシャッキリ食感の、リンゴシャーベット🍎
組み合わせたななつぼしアイスに包含された「ひきわりのお米」が、クランキーチョコのモルトパフ的に、カリッとアクセント
この2種の組み合わせチョイスは秀逸だったと、私は私を自らホメる💮




そして妻のチョイスしたソフトは、「大人なコーヒーソフト」だった。
コレも、じつにウマそうで。
次回ココに来た時は、私もコレを注文したい。






13時30分。
天候にも恵まれ。
空の青と海の青とが、相乗効果で私の気分を晴れやかにする。






帰る道すがらの15時50分に、給油した。


6月22日~7月13日の間。
前述の中距離ドライブがあったゆえか。
燃費計数値は12.9km/Lと、悪くない数字。




満タン法燃費は、613.2km÷50.54km≒12.1km/L。
2005年式のガソリンエンジンAWD車としては。
悪くない数字と、いえましょう○



そして、今回の戦利品。
サーモンファクトリーにて購入の・・・


「ロッキーサーモン」


「サーモンオリーブ」


「秋乃鮭さざ浪漬切身バラ」


「さばさざ浪」である。
これらのインプレッションは、今後、小出しに紹介する所存です。





その日の夜は。
3連休初日を記念して、「リッツパーティ」を開催した🎉


まずは、長女がお土産に買ってきてくれた「みそマヨほたて」を、トッピング。


販売者は、青森県むつ市の「(有)みなみや」である。


缶を開けると。
マヨネーズの海の中に、ほたてのヒモが、芸術的な幾何学模様を描いていた。


そして、食べてみて印象的だったのは、ほたてのヒモの力強さ
濃厚なみそマヨに、そのほたては負けていないのだ💪
ほたての旨味がガツンとしっかりで、そのヒモ感が咀嚼の歓びを醸し出す💮






さらには、「サーモンオリーブ」。


鮭自体が持つ潮味に、オリーブオイルの滑らかさが活きている👏
私なりに表現すれば、コレはまさに「イタリアンな鮭の塩辛」。
ああ、すんばらしい、3連休初日の夜
そして、「リッツ」というロングセラークラッカーの存在に、あらためて感謝なのです

コメント (2)
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「ゴンバーガー」の「タンドリーチキンバーガーセット」

2024年07月15日 | モノローグ


日曜の午後、12時40分。
我々夫妻は、ジョイフルAK内のフードコートに居た。
減った小腹を満たそうという、算段である。




初めての、「ゴンバーガー」🍔


色々とメニューはあったのだが・・・


12時44分。
我々夫妻は、共に。
期間限定の「タンドリーチキンバーガーセット」に、目が釘付けになった
冷静に考えれば、なかなかのハイプライスなのだが、その場の勢いでそれをオーダー。


「呼び出しベル」を渡されて、待つことしばし。


12時53分に、注文の品を、テーブル席に運んだ。


ファストフードに似合うのは、やはりコーラ。
しばらくぶりの「ペプシコーラ」である。


塩味強めなポテトは、私の嗜好にジャストミート


そして、主役の「タンドリーチキンバーガー」。




メキシカンで、かつ、じゅわっとジューシィ🌞
クミンコリアンダーが爽快なそのテイストに、気分は逃亡者。
ゴンバーガー、個人的には、モスバーガーと双璧です💮

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

藤原製麺 北海道 山わさびざるそば

2024年07月15日 | 麺’s倶楽部


我が家において。
土日のおうちランチは、たいてい「麺類」である。
夏到来の日曜日に食したのは、藤原製麺の「北海道 山わさびざるそば」。
コープさっぽろにて、税込268円で購入の品だ。


「おいしい召し上がり方」は、👆のとおり。


藤原製麺(株)」は、旭川市の企業。
これまで、「小熊出没注意 バター醤油味ラーメン」「札幌円山動物園ラーメン」「ゴールデンボンラー麺」「いそのかづお札幌ブラック」「函館ラッキーピエロラーメン(塩味)」等で、私を愉しませてくれた、優良企業である◎


パッケージの中身は、👆のとおり。
この写真を撮った時点で、めんの量がちょっと少ないんじゃないかな~と・・・
育ち盛りの私は、やや不安を抱いた(^^;


今回は・・・というか、今回も。
妻が、調理してくれた。


添付の「辛み油」には。
「※お好みで量を調整してください。」と、注意書きが記されているが・・・


余してもしょうがないので、全てを投入してしまうのが、私のたしなみである。


ここで、妻より進言が。
「天かすいれたら、おいしいかも!」と。


なので、それをおつゆの中に投入し・・・


いざ、実食であります。


蕎麦粉のかほり良好な、そのお蕎麦◎
たれも、一見では量が少ないように見受けられたのだが・・・
お味が甘じょっぱく濃厚で、お蕎麦全体を喰いつくすのに、ちょうどイイあんばい。
そしてワサビの辛味もほどよい刺激で、私好みのロング・ホット・サマーである👏


しかしながら・・・当初の想像通り。
その絶対量は、育ち盛りの私には、案の定、やや少なかった(^^;


なので、オプション的に。
ヨーロピアンシュガーコーンで、胃袋の隙間を満たした私なのでありました🍦

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

スプリングバレー サマークラフトエール

2024年07月14日 | モノローグ




今は夏なので。
「夏限定」のビールを、飲まないワケにはいきますまい。


キリンのクラフトビール。
「スプリングバレー」の「サマークラフトエール」🌞
「希少ギャラクシーホップ使用」というのが、ギャランドゥだ。


アルコール分4.5%は、一般的なビールにおいては、やや低め。


このビールは「シャンパングラスに高い位置から注ぐ」のが、オススメとのこと。


しかしながら、シャンパングラスという洒落たモノは、我が家には無い。
なので、ビアジョッキに注いで、いただくことに🍺


基本はスッキリ系の味わいでありながらも。
そこはかとなく、クラフトビールらしいというか、地ビール系の滋味がある。
そして後味に残るのは、ハーブっぽいかほりと、甘みと苦み。
口中を潤す、そこはかとないまったり感は、クラフトビールゆえの醍醐味である◎
7月の夜を、あでやかに彩ってくれました

コメント (4)
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

チキチキボーンⓇの鶏皮フライ

2024年07月14日 | モノローグ


チキチキボーンのテイストは、ケンタッキーフライドチキンのそれと同じように、媚薬的である。
そう評価する方は、きっと私を含め、少なくとも日本国内に100人は居ると思う。
そんなチキチキボーンのおつまみタイプが、この「チキチキボーンⓇの鶏皮フライ」なのだ。


その食品分類的名称は、意外にも「そうざい」。
そして「米粉」が使われているのも、これまた意外である。


かりんとう的に、ざっくりとした、その食感。
スパイシーかつオイリーなそのテイストは、まごうかたなき「チキチキボーン」の、それ。
ビール(第3)にひたすら似合うことは、言わずもがなで、ないものねだりの子守歌だ。


しかしながら・・・
その絶対量は、育ち盛りの私にとって、あまりにも少なかった。
ビールが空くはるか前に、無くなっちゃいました(^^;

コメント (5)
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

おやつカルパス ヤンニョムチキン味

2024年07月13日 | モノローグ




ようやくやって来た、金曜日。
ビール(第3)のお伴は、いつものスーパーで見つけた「おやつカルパス ヤンニョムチキン味」である🐼
いつものスーパーでのお値段は、税込430円。
40本入りなので、1本当たり10.75円。
「うまい棒」とのコスパ比較では、なかなかの好勝負と思われる


原材料の「ヤンニョムシーズニング」が、お味の決め手なのは間違いない。
そして「豚コラーゲン」の存在は、私の肌のつるつる感と保湿に、寄与すること請け合いでありましょう。


40本入りなので、1日1本に規制すれば、1ヶ月以上愉しめる・・・
とは、絵にかいたような、「机上の計算」である。




まあ、とりあえず
ちまちまと、1本喰ってみようじゃありませんか。


そして、それは。
明快にスパイシーかつスモーキーで、後味は、ちょっと甘い。
ブランド名は「おやつカルパス」だが、おやつというよりは、まさに極上のおつまみ🍺
「おつまみカルパス」の称号を、私はこの製品に捧ぐ🏆

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

マルちゃん やきそば弁当 室蘭やきとり味

2024年07月13日 | 麺’s倶楽部


私には、カップめんの目新しいモノを見つけると、ついつい購入してしまうという性癖がある(^^;
今回妻より、「買い溜めておかないでそろそろ食べなさい!食品庫が溢れちゃうでしょ!」という、教育的指導をいただいた⚽


なので、その日のランチは。
マルちゃんの「やきそば弁当 室蘭やきとり味」。
いつものスーパーにて、本年2月に、税込138円で購入の品だ。


「からしinソース」が、「室蘭やきとり」を表現するお味の決め手。


賞味期限は今月24日と、余裕のよっちゃんでセーフ。


作り方は、👆のとおり。
やや煩雑といえば、煩雑かもしれない。


別袋は3袋4種。
先入れの「かやく」。
後がけの「液体ソース」
そして、やき弁の記号である「もどし湯で作る中華スープ」&「ふりかけ」である。


まずは下準備として。
マグカップを用意し、そこに「中華スープ」を開けておく。


しかるのち。
「かやく」をめんの上に開け・・・


お湯を注いで、液体ソースをフタの上で温める。


3分後。
戻し湯をマグカップに注ぎ、


めんに液体ソースを掛けて撹拌し、


ふりかけを掛けて、出来あがり👏
そのふりかけは、粗挽き胡椒&ごまの組み合わせだった。


そいでは、いっただっきま~す(^^)


甘じょっぱいソースに、辛子&ふりかけの辛さが、まさにフュージョン📯
そのテイストは、まごうかたなき「室蘭やきとり味」と、私は認定する㊞


そして、中華スープ
これの存在が、そこはかとない充実感というか、弁当感を醸し出す
北海道民に「愛される理由」が、ここにあるのです👏


存在感はやや希薄ながらも・・・
キャベツ&挽き肉の役割も、決して見逃せない


そして、ほぼほぼ喰い終えた後。
容器内に分散したカスっぽいモノを、容器の隅に集める。
これをいただく瞬間が、実に愉しく、充実したひとときなのだ◎


いやあ、大満足です
この商品、「やき弁の変わり味」の中では、個人的にはナンバーワンです👑

コメント (2)
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

カルビーポテトチップス 焼きのりしお味

2024年07月12日 | モノローグ


「長女よりの父の日プレゼント」である「プレモル」を、飲りながら🍺
カルビーのポテチ「焼きのりしお味」を、ついばんだ。
泣く子も黙る、「数量限定」商品。
手稲のBOSCOにて、税込127円で購入した。


そのネーミングからも明白だが。
「ノーマルのりしお」との違いは、「焼きのり使用」である点だ。


また、「あおさ」が使われていないのも。
「ノーマルのりしお」との、大きな相違点である。




では、私なりの感想を、ここに記しておこう。
コチラの方が、塩味&ごま油が効いて、海苔の香ばしさがドライなイメージ。
「あおさ」が使われていないゆえか、「のりのり感」は薄いともいえるが・・・
ビールにより合うのは、この「焼きのりしお味」だと、私個人は認定する㊞
そして、私と共にこれをついばんでいた妻は・・・
「私はノーマルうすしお派」と、あらためて宣言していたのでありました🥔

コメント (2)
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「らーめん優月」の「エスカレーらーめん」

2024年07月12日 | 麺’s倶楽部


私は「らーめん優月」と、LINEともだちである。
「何回でも使用可能の30円引きクーポン」の有効期限は、なんと2037年の3月まで


それを活用すべく。
この前の土曜日の、11時03分。
妻とともに、そこの暖簾をくぐった。


11時05分に、小上り席に着席。
夏には、「辛い系」が喰いたくなるものだ。
てなワケで、私のオーダーは「エスカレーらーめん」。
そして妻は、「辛味噌REDらーめん」を、チョイスした。


カウンター席の上に貼られた、有名人の色紙の数々を眺めながら、待つこと少々。


11時12分。
まずはレディファーストで、妻注文の「辛味噌RED」が運ばれてきた。


そして、ほどなく。
私の「エスカレーらーめん」も、着丼👏


紅いスープと、水菜の緑のコントラストが、美しい。


麺を持ち上げたとたんに、カレースパイスの香ばしいかほりが、ふわっと拡がる👏
さがみ屋製の中太ちぢれ麺は、まさに「札幌スタンダード」
そのプリプリプリティな食感は、私にはまさに「ど真ん中のストライク


しっかり辛いカレースープだが、そこには甘みも同居する。
それは「ホッキ貝」から抽出されたものではなかろうかと、私は予想する。


海苔・水菜・・・


味の沁みたメンマ、


そして、黄身がほどよいとろみの、煮卵🥚


そして、ずっしりとした存在感を放つ、バラチャーシューである。
それは、トッピングの1枚だけではなく・・・


どんぶりの底にも、もう1枚🙌
表面にカリッとした焼きの入ったそれは、脂身若干多めながらも・・・


その肉厚さが、至福の噛みごたえで、私の口中をグラマラスに満たす


しっかり辛くて、しっとり甘い、このスープのお味は。
エクセレントでエスニックなのに、そこはかとなくジャパネスク💮


11時27分。
大満足の、ラーメンランチでした




そして、しっかり、30円引きです
とはいえ、昨今の物価高で、ラーメンもお高くなりましたなぁ・・・(^^;


この「らーめん優月」というお店。
ラーメンはもとより、カレーもウマいのだ。
遠くない将来、体調をしっかり整えて。
「厚切りカツカレー」を、ガツンと喰ってみたいと思う

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

銀だら西京漬

2024年07月11日 | 我が家の食卓


その日は、私が夕食当番。
妻よりのオーダーは、「銀だら西京漬」を焼いてほしいとのことだった。
トドック」で購入の、この品。
製造者は、札幌市手稲区の企業「栄興食品(有)」である。


まずは「米味噌」を、菜箸でさっと拭いとる。
そうしないと、焼いた時に、焦げ付いてしまうのだ。


しかる後に。
我が家のかしこいIHクッキングヒーター「パナソニックKZ-T363S」の、「切身/干物」モードを用いて・・・


ほぼほぼ「ほったらかし」で、焼き上げる。




そして、それらは。
👆のように、イイあんばいで、焼きあがった👏


妻があらかじめ作り置いてくれた「なすの焼きびたし」に、「永谷園のお吸い物」を添えて。
「ザ・和食」な、夕食である🍚


もちっとした、その身の食感
米味噌の甘みが、銀だら自体が持つ潮味と、相まって。
ご飯は、ワシワシワシワシと進む
佐藤水産の「さざ浪漬け」に、相通じる美味しさでした💮

コメント (2)
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

特撰 山えのき

2024年07月11日 | 我が家の食卓


「えのき茸」は、一般的にはホワイトだが。
我が家で食するそれは、ブラウンな「特撰 山えのき」である。
1年ほど前に、妻がいつものスーパーで見つけ。
それ以来、我が家では定番化したのだ。


やはり、味噌汁でいただくのが、もっとも似つかわしい。


フツーのえのき茸よりも、お味がはっきりくっきりで。
しかも噛みごたえも、キュッとして心地よい◎
毎日の食卓が、ちょっと贅沢になるのです

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

菊水 北海道ほたて塩だれ焼そば

2024年07月10日 | 麺’s倶楽部


日曜昼の、おうちランチ。
妻が「北海道ほたて塩だれ焼そば」を、作ってくれた。
余談だが、「焼そば」って表現するのは、北海道弁なのかなぁ?
フツーに変換すると「焼きそば」なので、私はわざわざ単語登録している。


めんは、「北海道産小麦ゆめちから」使用。
そして塩だれには、「ラウシップ塩」「北海道産ほたてエキス」「羅臼昆布エキス」を使用。
道産食材てんこ盛りである👏


製造者は、北海道における生麺製造のトップシェアを誇る、「(株)菊水」🍜


基本的な作り方は、👆のとおりである。


今回妻は、冷蔵庫に残っていた「シーフードミックス」と、


「レタス」を活用して、こしらえてくれた。


その完成した姿が、👆である。


薬味として「紅生姜」をトッピングし、いっただきま~す


その麺は、「二郎系」とまでは言わないが、結構な太麺。
そのがっしりとした麺に、潮味濃厚な海鮮風味が、しっかりと絡む◎
具材に加えたシーフードミックスが、まさにそこにジャストミート⚾
海鮮の旨味というか「おいしかった感」が、いつまでも口中に残る。
じつにプレミアムな、おうちランチでした💮

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

チャロ君写真館 ’08.12.1~’10.11.28

チャロ君写真館 ’10.12.18~’11.12.24

チャロ君写真館 ’12.01.01~’12.12.24

チャロ君写真館 ’13.01.01~’13.12.29

チャロ君写真館 ’14.01.01~’14.12.27

チャロ君写真館 ’15.01.01~’15.12.27

Waterlogueチャロ君

チャロ君写真館 ’16.01.01~’16.06.25

チャロ君写真館 ’16.07.29~’16.12.28

チャロ君写真館 ’17.01.01~’17.12.21

チャロ君写真館 2018

チャロ君写真館 ’19.01.01~’19.09.07

チャロ君写真館 ’19.09.22~’19.12.31

チャロ君写真館 ’20.01.01~’20.04.27

チャロ君写真館 ’20.05.01~’20.08.26

チャロ君写真館 ’20.09.02~’20.12.31

チャロ君写真館 ’21.01.02~’21.07.21

チャロ君写真館 ’21.09.02~’21.12.31

チャロ君写真館 ’22.01.01~’22.04.30